Hatena::ブログ(Diary)

セカイのフシギ〜セカイは僕らがつくるんだ〜 RSSフィード

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

2011-08-30

めっちゃ久しぶりに、ここに着地。

他の新しいブログを開設しようかと思ったけど、やっぱここはそれなりに

歴史がある。長男を妊娠していた時からの私の思いが一杯つまっているここで

ゆっくり、書けることだけを再開していこうと思う。


長い間書かなかった間に、念願の3人目の赤ちゃんを授かり

2011年7月16日に3060gの元気で健康な男の子の赤ちゃんを授かりました。

とっても嬉しくてたまらないはずなのに

産まれてすぐからマタニティーブルーに悩まされ、

今は産後うつへを発展していっっているようです。


私の場合、子供をどうにかしようとか言う思いはないんだけど、

気力が無く、感情がでてこなくなってしまって、まだ涙を流せる時が唯一楽になれる。

当然この小さい生命を育てていける自信も今はありません。

何度も自分が居なくなってしまいたいとも思ったし。

目の前にいる子供達を見ても笑顔すらでてこない。

このままこのトンネルからも出れなくて、ずっとこのままなんじゃなかと言う

不安で、毎日を過ごしています。

自分で一生懸命ポジティブなイメージを浮かべて、そんな思いを消してしまおうと

頑張っても、すぐに闇が襲ってきて心を支配していくんです。


かといって、当然それが私の本心ではないです。

妊娠中は、産まれてくる3人目を加えた家族5人での生活が

本当に輝かしくて楽しみでたまらなくて、それだけを便りに生活をおくって。

産まれてきた時も、本当に嬉しくて解放されたーって気持ちで一杯でした。

でも、出産した2日目の夜。普通のようにねようと思って

床についたとたん。心臓のドキドキがとまらなくて、顔が火照って熱く、

メガネをかけた端から曇ってしまって、もう居ても立ってもいられなくて

部屋をうろうろしだし、私はこのままじゃ気が狂ってしまう…コントロールできない…

もう死んでしまうんじゃないかとパニックになってしまい…

その日は看護婦さんを呼んでも対処をしてもらえなかったので

このままひとりで居ては危険だって思い、友達に電話をしてすぐに来てもらえました。

友達が来てくれて、薬を飲んで随分おちつきもとりもどしたけれど、

その日からもう心が自分の意思から離れて行ってしまうようになってしまったわけです。


入院中にガチガチだった母乳も薬で止めて断念し、その病院に居ることがもう

トラウマになってしまっていたので、1日早く退院し、

すぐにいろんな病院でみてもらい、薬を出してもらって今までやってきたのですが

合う薬にもまだ恵まれず、薬の副作用で2日倒れたこともあったりと

一向に光が見えてこない日を過ごす中で

少しでも自分の気持を整理できたらと、ブログを書き始めることにしました。


スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/luchia/20110830/1314759216
Connection: close