Hatena::ブログ(Diary)

lunaの東亜日記

2007-05-21 高給取りの慰安婦問題

lunakko2007-05-21

高給取りの慰安婦問題

トラックバック:2007-04-22 kmiura - [keyword] キーワド化の予定(編集中)従軍慰安婦の報酬について。

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20070518/1179450559

はてなキーワードになる予定ということで、kmiuraさんからTBを貰っていました。公正に評価したいので記事じゃないんですが、少し質問を。

kmiuraさん、もし見ていただけたなら、コメント欄にコメントお願いします。

第三者の意見もどしどし募集します。よろしくお願いします。

ウェブ魚拓

http://megalodon.jp/?url=http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20070518/1179450559&date=20070521095921


終戦と同時に紙切れである軍票で給料が支払われたので高給ではないという見解

慰安婦問題おさらい http://d.hatena.ne.jp/lunakko/20070422/1178987694 の私の日記記事

「8.慰安婦は職業売春婦なので高給取り。経営者との収入配分比率は40〜60%、女性たちの稼ぎは月 に1000〜2000円、当時の兵士の月給が15日〜25円なので破格といえよう。因みに当時の貨幣価値からすると、1000円で小さな家が建ちます。因みに現在の貨幣価値からすると、月給約130万円。この給料に関しては、アメリカ情報部が調べた結果で証拠としてあります」

に対して、

通貨の価値等を考えることのできない単純バカな虚妄である。この”給料に関しては、アメリカ情報部が調べた結果”とは、あちらこちらでたびたび引用されるJapanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49.(日本人捕虜尋問報告書第49号)のことである。なお、旧ビルマでの慰安婦たちへの支払いは軍票で行われた。終戦と同時に紙切れである。」

とkmiuraさんは書かれています。


終戦と同時に紙切れである軍票で給料が支払われたのですね(旧ビルマのことしか書いてありませんが・・・)。よって、慰安婦は高給取りではなかったのですね。では、何故、慰安婦の預金通帳に2万円を越す現金が残っているのですか?

通貨の価値が内地と戦地では違うという見解

f:id:lunakko:20070521095658j:image:w250

上の写真は慰安婦を募集した1944年の新聞記事です。(http://photo.jijisama.org/ianfu.htmlより。)

慰安婦至急募集 月収300円以上(前借3000円まで可)と書いてあります。

kmiuraさんは、戦地での円の価値が内地よりも約二十分の一低いので、「つまり慰安婦の月収750円とは1944年初頭の内地換算で38円となる。」と書かれています。(当時の下士官の月収が約30円)

そこで質問です。

慰安婦達は何故そんな安い給料で働こうとしたのですか?日本に騙されたのなら、何故、金銭面での訴えがないのですか?
また、一月38円の給料で2万円を貯金するために必要な年数をお答えください。

とりあえず、以上の二点、回答よろしくお願いします。

科学者さんだそうなので、論理的にお願いいたします。

できれば、証拠もお願いいたします。

タクラマカンタクラマカン 2007/05/21 12:15 これって、いくら現地での円の価値が20分の1であろうが、現地で稼いで内地に持って帰れば価値的には同じなんじゃないかな?と、思うのは俺だけでしょうかね。

lunakkolunakko 2007/05/22 09:26 タクラマカンさんだけではないと思いますw

ni0615ni0615 2007/05/27 06:50 それは為替取引きが自由な交換制度の今だからいえることです。
現地の円(軍票または南発券のルピー)は、内地に持ち帰っても、日本銀行券の円には交換できません。外地の超インフレが内地に及ばないように、交換できないようになっていたのです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証