Hatena::ブログ(Diary)

blotter - lunarmagic annex

2017-03-16 Your Name

[]『君の名は。』

f:id:lunarmagic:20170320162407j:image

東京四谷に住む高校生の瀧(たき)は、ある朝に目覚めたら、岐阜県飛騨の山奥で巫女として暮らす高校生、三葉(みつは)になっていた。一方、三葉は、ある朝に起きたら、東京東京四谷の高校生、瀧(たき)に入れ替わっていた。

翌日は通常の自分に戻ったがその後も週に2〜3回のペースで入れ替わるようになり、互いに状況を認識し、入れ替わっている間の出来事を携帯電話のメモに記しておくことにして、元の体に戻った時も困らないようにした。会ったことはないものの徐々に打ち解けていく2人。しかし、ある時を境に突然入れ替わりはなくなってしまった。瀧は記憶の中の景色を頼りに三葉が住むと思われる地域に行くことにした。たどり着いたのは岐阜県の糸守町。そこでは3年前に、1200年に一度地球に近づくティアマト彗星の破片が落下して住民500名が死亡したということを知る。瀧は三葉と共同して住民を避難させ隕石落下による災害から救う計画を立てる・・・

2人の人間の入れ替わり、隕石落下、時間のズレ、といったファクターを織り込んだストーリーは良くできていて面白かった。日本独特の動きの少ないアニメーションは慣れてないのでアニメーションというよりイラスト本のページをめくっているような感じだった。

2016年の夏に封切られた作品だが、いまだに劇場で上映されており、それも満席という人気が一番驚いた。

2017-03-02 LA LA LAND

[]ラ・ラ・ランド

f:id:lunarmagic:20170304141911j:image

売れない女優ミア(エマ・ストーン)と売れないジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴスリング)がハリウッドのお膝元ロス・アンジェルスで出会い、夢を追う姿に惹かれ合う。お互いに激励しつつ夢を追う。

ミアは限りなく落ちるオーディションにくじけて夢を諦めそうになるし、セバスチャンはお金のために自分の追っているジャズとは異なる音楽を演奏するバンドでピアノを弾き成功をおさめるも蟠りはある。

そんな2人が運命の糸に翻弄されつつも成功していく、というストーリーのミュージカル。

ミュージカルって普通の会話の途中でいきなり歌を歌い出したり踊り出したりする唐突さが好きになれないのだが、この作品は普通の会話がほとんどなので観やすかった。それでも、何かというと踊り出すところは、わたしにはイマイチだった。ただし、映像は美しい。夢と現実を映像で表現したところは見事。

エマ・ストーン(好きな俳優)が本作でリーディング・ロールのオスカーを受賞したが、わたしとしてはライアン・ゴスリングの方が良かったなあという感想。

2017-02-15 World Trade Center Station

[]ワールド・トレード・センター

f:id:lunarmagic:20170223061325j:image

ウォール・ストリートで所用を済ませたあと、ワールド・トレード・センターWTC)駅まで歩く。徒歩5分くらい。

WTCの新しい地下鉄駅は未来的デザインでとても綺麗。

2016-12-17 Wintry Morning

[]初積雪

f:id:lunarmagic:20161217085807j:image

今シーズン初の積雪
夜中から降り始めた雪は朝には5cmくらい積もっていた。

但し、10AMくらいから雨になったのでセントラル・パークに行き雪遊びをするチャンスもなくぐじゃぐじゃに。

2016-11-28 Central Park Foliage

[]セントラルパークの紅葉

f:id:lunarmagic:20161130214139j:image

晴れた日の午後、セントラルパークを歩く。

紅葉はピークを過ぎたがそれでもまだ美しい色を楽しめる。
犬を散歩させている人と木々が良いハーモニー。
風が吹くと一斉に散る木の葉はまるで秋の雪といった様相

街のまんなかにこういう公園があるのは優れた都市設計だと再度感心する。

黒田 潮黒田 潮 2016/12/03 21:52 いい写真ですね。ビルが見えていることで、一層公園が穏やかに感じられます。

東京にも「○○中央公園」という場所がいくつかありますが、あまり静寂を感じられない所が多いです。

ま、東京には代々木公園、神宮外苑、新宿御苑がありますから、ありがたいです♪

LunarmagicLunarmagic 2016/12/18 10:37 黒田 潮 さん、

コメントありがとうございます。
東京にも良い公園がいくつもありますが、やはりセントラルパークに勝るものは無いのでは、と思っています。
まあ、住んでいる者の自己称賛バイアスがかかっているのかもしれませんけれど。