外科医の育つまで

2012-10-01 独り立ち

 2003年8月に「外科医の育つまで」という日記を書き出した。その時に考えていた一人前の外科医というのは、その施設のチーフである外科医。上司がいない、自分の部下しかいない地位で手術をする外科医のこと。それまでの日々を書こうと思って、日記を綴っていた。使っていた「さるさる日記」のサイトが閉鎖されたため、それとともに日記も終えた。

 「外科医の育つまで」終了から1年3ヶ月。引き続き外科医としての修行は続けていて、だんだん後輩を相手に手術をすることや、後輩の助手として手術指導をすることが増えてきた。もちろん院内のどこかには上司がいるわけで、困った時に助けるのを求めるのは可能ではあるが、少しずつ独り立ちに近づいて行っていた。

 突然の人事異動であった。開業する人の穴埋めの形で、この10月から市中病院の呼吸器外科のトップとして赴任することになった。かつて考えていた一人前の外科医のポジション。37歳13年目という思ってもいなかった早い時期にそのポジションになってしまった。

 実際にそうなってしまうと、これがゴールでも何でもないことがわかった。これからも勉強していかないといけない。上司がいない分、今まで以上に勉強していかないと自分が伸びて行かない。自分で情報収集しないと情報が入って来ない。これからも努力していくことがたくさんある。一人前といえば一人前なのかも知れないけれど、一流までは程遠い。そしてまだまだ目指して行くところはたくさんある。

 突然、終わってしまったサイトの、その後のご報告。

外科医の育つまで外科医の育つまで 2012/10/29 21:20 時代はFacebook, Twitter, mixiになってしまっていて、ブログなんてマイナーな存在になってしまっていました。僕が「外科医の育つまで」を書き始めた頃には、まだブログが普及する以前の時代だったというのに。

呼吸器内科医呼吸器内科医 2015/03/10 16:54 さーじゃん様
ご無沙汰しております。2008年に私がまだ医学生でありましたころ、呼吸器外科医になるか呼吸器内科医になるかを悩んで、メール相談させていただいたことのある者です。
今は、呼吸器内科医6年目になり、某がんセンターでレジデントをしております。
外科医の育つまでを再開されたとのこと、折に触れブログを拝見したいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lungcancer/20121001