Hatena::ブログ(Diary)

ありのままに生きる Twitter

2017-05-05 黄金週間七日目

晴れ

 今日も良い天気でもったいなかったけれど、お疲れモードなので読書してゴロゴロしておしまーい。

ファインマン物理掘‥甜Уこ

ファインマン物理学〈3〉電磁気学

ファインマン物理学〈3〉電磁気学

第3章 ベクトル積分 メモ

3-1 ベクトル積分;∇φの線積分

・場の量の変化がgradであるため、変化の率を積分すれば変化の総量を得る

スカラー場φ(x、y、z)があるとし、二つの任意の点(1)と(2)で関数φは

 それぞれφ(1)、φ(2)になるとする

・(2)は点(x2、y2、z2)を表しφ(2)はφ(x2、y2、z2)と同じ

・(1)と(2)を結ぶ曲線をΓとすると

 定理1:   φ(2)−φ(1)=∫[(1)→(2)](∇φ)・ds~    (3.1)


 一つのベクトル∇φと、曲線Γの微小の線素ds~((1)から(2)へ向かう方向の)

 とのスカラー積を曲線Γにそって(1)から(2)へとった線積分


3-2 ベクトル場の流速

・ある面を通って流れる総熱量を求めるには、すべての面素からの寄与を集めれば

よい

   Sを通って外向きに流れる熱量=∫[s]h~・n~da   (3.11)


 この面積分を”面を通るh~の流速”と名付ける。


電場の場合に一般化し、流速という言葉をベクトルの”法線成分の面積分”に

拡張する

   面Sを通るE~の流速=∫[s]E~・n~da    (3.12)


・熱量が保存されるならば、

   ∫[s]h~・n~da=−dQ/dt    (3.13)


 Qは内部の熱量であり、Sを通り流れ出る熱の流速は、Sの内部の全熱量の時間

に関する変化率のマイナスに等しい。


3-3 立方体からの流速;ガウスの定理

・無限小の立方体について

  ∫[立方体]C~・n~da=(∂Cx/∂x+∂Cy/∂y+∂Cz/∂z)?x?y?z

             =(∇・C)?V     (3.17)


・無限小の立方体の面から出る流速は、ベクトルのdivに体積をかけたものに

等しい

・点Pにおけるベクトルのdivとは、Pの近傍における、単位体積あたりの流速―

Cの外向きの”流れ”である。


ガウスの定理

   ∫[S]C~・n~da=∫[V]∇・C~dV    (3.18)

  ここにSは任意の閉曲面、Vはその内部

会話もメールも英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

CHAPTER 2 <「3語の英語」は動詞が決め手> メモ


★「具体的な動詞」でスピーディーに伝える

・1語だけで、動作がわかるかどうか

・具体的に何をするのかわかりにくい動詞

  ↓

 do(する)、perform(行う)、make(作る)


・具体的で明快な意味を1つだけ持つ動詞

(1)We do company visits.

    ↓

  We visit companies  


(2)X companay made an approach to Y company.

    ↓

  X company approached Y company.


(3)Z company performed shifting of its production to Taiwan.

    ↓

  Z company shifted its production to Taiwan.


動詞はできるだけ具体的に表せるものを選ぶ。

動詞として使うべきものが、名詞の形で隠れていることもある。


★ダイナミックで明快な「他動詞」を使おう

・他動詞:後ろに他の単語が必要

 I like Einglish

・自動詞:自分だけで使える動詞

 I go.

 goの後ろに情報をつけ加える場合

 I go to university.


動詞enterと見比べる

 I go to university.

 I enter university.

・enterは自動詞の使い方に加え、他動詞の使い方ももつ動詞

 動詞の直後に動作の対象となるuniversityをおくことができる。


・ダイナミックで明快な他動詞の例

(1)He is a leader of the project.

    ↓

  He leads the project.

(2)The program results in time saving.

    ↓

  The program saves time.

(3)The new yer will be a good year for you.

    ↓

  The new yer will treat you well.

  treat(〜を扱う)を用い、「年があなたをうまく扱う」という無性物

  を主語にした文


・ダイナミックに表せる他動詞を探し、知っている平易な動詞を使い、

シンプルに、明快に表す


受動態ではなく、短く力強い能動態を

受動態:「動作を受けるものが主語」の文

 English can be used by anyone.

能動態:「動作をする人やモノ(動作主)が主語」の文

 Anyone can use English.


受動態と能動態が与えるインパクトの違い

受動態>

Tohoku was hit by the great earthquake in 2011.

能動態>

The great earthquake hit Tohoku in 2011.

受動態の英文は、語数が多く、弱い印象を与える。

能動態を使った英文は、短くシンプルで強力な印象を与える。


・具体例

(1)The project was started by the manager.(受動態)

    ↓

  The manager started the project.(能動態)


(2)Tax is included in the price.(受動態)

    ↓

  The price includes tax.(能動態)


(3)I can be reached at 000-1234-5768.(受動態)

    ↓

  You can reach me at 000-1234-5678.(能動態)


・主語を変えずに、受動態を避ける

 This product can be used for many applications.

   ↓

 This product has many applications.


 This app is very convenient. This app can be used to many

things, and so is very good.

   ↓

 This app has many uses.

 I like it.


・動作主を主語にした能動態を使う。

・「人」を主語にした能動態、「モノ」を主語にした能動態の両方可能。


★否定を肯定表現に変える3つのアプローチ

・「否定文」とは、notを使った表現

 I don't like English.

 I don't have any idea.

 I didn't have breakfast this morning. I didn't have time.


・「否定」を使いたくない3つの理由

 1.単語数が多くなるので減らしたい。

 2.ネガティブな印象を避けたい。

 3.英語は、否定の内容を肯定表現する方法が豊かである。

・否定の内容を肯定表現するための方法

 1.「肯定形+no+名詞」で表す

 2.反対語を使う

 3.動詞部分の発想を変えて表す

(1)I don't like English.

    ↓

  I dislike Einglish.


(2)I don't have any idea.

    ↓

  I have no idea.


(3)I didn't have breakfast this morning. I didn't have time.

    ↓

  I skipped breakfast this morning. I had no time.


・否定の内容であっても肯定形で表現する。

・語数が減り、力強く明快に伝えることができる。

・ほとんどの否定語は肯定表現できる。


★ぼやかさず、具体的に言い切る

・結論をはっきりさせる

 Our new policy is thought to be effective for increasing sales.

    ↓

 Our new policy will increase sakes.

 動詞にincreaseを用い、is thought to は助動詞willに変更


 This book is good for students.

    ↓

 This book helps students.

 Thsi book helps students to learn English.


★whenやifを使う文も「3語の英語」にできる

 If you have questions, you can ask now.

   (サブの部分)    (メインの部分)

・「3語の英語」に変える方法?

  ーメイン節を前に出す

 If you have questions, you can ask now.

   (サブの部分)    (メインの部分)

    ↓

 You can ask now if you have questions.

(メインの部分) (サブの部分)

    ↓

 You can ask questions now.

冠詞theは、「すでにそこにあるもの」、「コミュニケーションの双方

にとってわかっているもの」を指す

冠詞theを使わずにquestionsを表すことにより、「そこにないもの」、

つまり「もしあったとしたら」というifのようなニュアンスが出る。

・後ろにif節をつけ加えてもよい。

 You can ask quesitons now if you have any.


・「3語の英語」に変える方法?

  ー動作を主語にする

 When you watch TV, I get irritated.

   ↓

 Your watching TV irritates me.


 When you touch the door handle, the door will be unlocked.

   ↓

 Touching the door handle will unlock the door.

・ここでの主語は、動作を表す動詞(watch, touch)にingをつけて動詞

(〜する)を名詞(〜すること)として働かせた「動名詞