くもすけが行く

2017-06-24

仮面ライダーの逸話

f:id:luvaqa:20170624120954j:image


今から46年前、

暗いライダースーツに虫のような目玉の異形のヒーローが現れた。

赤いマフラーをなびかせて、バイクに乗って怪人を倒していく・・

仮面ライダー


日本のヒーローとして

現在も形は違えども仮面ライダーが活躍しています。

今のライダーはゲームライダー

初代ライダーの姿からすると

まるで違うキャラクターです。

原作者の石ノ森章太郎によれば

時代の空気にあったインパクトのある姿を求めるべき

ということで

生前の頃から様々なモチーフを使ってライダー像を作り上げてました。


f:id:luvaqa:20170624121003j:image



ストーリー上でかならず使われるフォーマット、

1号ライダー、2号ライダーの存在。

主役ライダーに負けないくらいの2人目のライダー

必ず登場します。

このフォーマットのおかげでライダーが現在も人気があるといって

過言ではありません。

これには放映当初の大きなハプニングが関わっています。


初代の主役 本郷 猛の役を演じていた

藤岡弘、さんが撮影中にバイクで大けがをしたのです。

すでに放映も始まっています。

主役がいない・・

大変な事態です。

数回の放映は人間体なしでストーリーを展開していましたが

それも長く続けるわけにはいきません。

そこで苦肉の策、「別の役者を連れてこよう」

けれど本郷猛藤岡しかいない・・

では助っ人として仮面ライダー2号を登場させようとなりました。



f:id:luvaqa:20170624121117j:image




ライダーの放映当初はミステリー展開で画面が暗く

それほど人気がありませんでしたが

助っ人 2号ライダー 一文字隼人で

子供たちの人気に火がつきました。

ストイックで硬派な本郷猛と違って

一文字隼人は陽気なカメラマン。

2号ライダーは身体にラインを入れるなどキャラクターの改善しました。


逆転の発想がここまでの人気が続いたんですね。

ちなみに今は日本の役者の重鎮である藤岡弘、さんですが

当時は新人。

2号ライダーを演じた佐々木剛さんは

当時、売れっ子俳優で頭をさげてお願いしたらしい。


子供だった私は2号ライダーが大好きでした。


ライダーの主役を演じた人たちが

役者として大活躍していますね。


さて、次のライダーは何をムチーフにするんでしょう。

2017-06-16

鴨居 玲(かもい れい)

f:id:luvaqa:20170616170038p:image


鴨居 玲(かもい れい)という画家をご存知でしょうか。

1928年に生まれ1985年に57歳で亡くなるまで

自分の魂を削りながら描き続けました。


鴨居 玲を知ったのは私がまだ社会人になった頃。

仕事の相方に

「スゴい画家がいる」

と教えて貰ったのがきっかけです。



f:id:luvaqa:20170616170154j:image



晩年、神戸を居を構えたこともあり

相棒の地元とあって知る事になったらしい。


亡くなって数年後、

姫路市立美術館で回顧展が開かれた時に

絵を観にいきました。


ご本人は俳優になってもおかしくない端正な顔立ち。

ともすれば、明るいスポットライトを浴びる人生を浴びそうな印象ですが

それとはまるで逆の人生。



f:id:luvaqa:20170616170155j:image


f:id:luvaqa:20170616170156j:image




絵は重く、孤独を感じます。

レンブランドという光と影の強いコントラストを描くのに似たものを感じます。


題材は街の光のあたらない所に居る男や

ピエロなどが多い。

赤い背景にのけぞるようにコチラを睨むピエロを描いた

「ピエロ」1983年作は

強烈な印象です。



f:id:luvaqa:20170616170157g:image




自画像もたくさん描かれています。

自分の顔を仮面をはずすように描かれた「肖像」1985年作

も強烈なインパクトを感じます。



f:id:luvaqa:20170616170158j:image



好き嫌いが分かれる作家かもしれません。


今までたくさんの画家の絵を観にいきましたが

観賞後、ひどく疲れたのはこの時が最初で最後かもしれません。


便利だけど気薄になった人間関係の今の中。

鴨居 玲の描く世界がより見直され

評価が高まるような気がします。



f:id:luvaqa:20170616170159j:image

2017-06-10

舞洲 ゆり園

f:id:luvaqa:20170610121601p:image


大阪で2025年万国博覧会の誘致活動が始まりました。

1964年の東京オリンピックの6年後

1970年に大阪万博博覧会が開催されたことを考えると

万博よ再び!と力が入ります。

先日、誘致のためのロゴが発表されました。

今度はパクリの問題はなさそう。


f:id:luvaqa:20170610114322j:image

f:id:luvaqa:20170610114325j:image


候補地は大阪ベイエリアにある夢州(ゆめしま)

人工島です。

大阪では湾岸にたくさんの人工島があるのですが

いまいち有効に使われていないのが現状。

世界的な娯楽施設となったユニバーサル・スタジオ・ジャパンや

人気の水族館海遊館」もベイエリアにあります。


今回の万博の誘致にあたり

万博終了後はカジノの街として発展させたいと

考えているようです。

賛否がありますが、海外の観光客にとっては

大阪の遊べるベイエリアとして

喜んでいただけるかもしれません。


その夢洲の北側にある人工島「舞洲(ゆめしま)」では

今の時期「大阪舞州 ゆり園」が開催されます。

海辺に一面に250万輪ものゆりが咲き誇ります。


f:id:luvaqa:20170610121838p:image


大阪湾に色とりどりのゆりが咲き

なかなかの迫力です。

花の香りが漂います。

ゆりは同じように見えて

色や形が違います。

発色が鮮やかで控えめな印象のゆりですが

何のなんの、主張しています。


f:id:luvaqa:20170610121837p:image


f:id:luvaqa:20170610121836p:image



ヘリコプターでのフライトや

気球体験もできるそうです。

会場近くに陶器教室や販売もされています。


USJ海遊館も良いですが

ゆり園もオススメです。

2017-06-03

京野菜

f:id:luvaqa:20170603124913p:image


いよいよ夏本番を迎え、夏野菜が店頭に並び始めています。

関西では京野菜のブランドが付く店が大流行り。

京野菜というのは

京都府で生産され京都の雰囲気を醸し出す京都特産の野菜のこと。



f:id:luvaqa:20170603124932j:image

f:id:luvaqa:20170603124525j:image




その中でも筆頭なのが九条葱(くじょうねぎ)。

青い葱の一種で口当たりがやわらかで甘味があり、

葉の内部にぬめりがあります。

ラーメンのトッピングによく使われていて

九条ネギラーメンを売りにした店があるくらい。



f:id:luvaqa:20170603124925j:image



京なす(賀茂なす)も有名ですね。

まん丸でかわいい形をしています。

京料理にはかかせない食材。

果皮が薄く、肉質は緻密で弾力。

味噌田楽や煮物などに使われることが多いです。

洋食にも相性がよくてフランス料理イタリア料理にも使われます。

少し話がそれますが、

ナスという呼び名が正しいことが大人になって初めて知りました。

子供の頃からナスビと呼んでいたからです。

関西独特の呼び方だったようです。

意外に北海道もなすびと呼んでいるらしい。



辛味大根、青味大根などの大根類や

万願寺唐辛子などの唐辛子類も有名。



f:id:luvaqa:20170603124541j:image



京都円山公園付近にある洋風屋敷があります。

長楽館というレストラン&結婚式場。

そこの「夏野菜カレー」が絶品でした。

少しお高めでしたが

素揚げされた野菜が甘くて

濃厚なカレーにぴったりでした。

残念ながらもうメニューから外されてしまいました。



f:id:luvaqa:20170603124550j:image



以前、京都にある錦市場にある京野菜を扱う店に

不思議な野菜? が店頭に並んでいました。

黄色くて指の長い女性の手のような不気味なもの。

撮影しようとしたら店員が飛んできて

撮影禁止と注意されました。

調べた所「仏手柑(ぶっしゅかん)」という果物。

柑橘類なんだそうです。

果実の形が手の指の形に似ており、

千手観音を思わせるところから名付けられたそうです。


これからお野菜や果物が美味しくなる季節、

じゃんじゃん食べたいものです。

2017-05-26

カール

f:id:luvaqa:20170526154950p:image


先日、明治製菓のヒット商品「カール」が

一部の種類を生産中止し、

生産を縮小というニュースが流れました。


カールと言えば、カールおじさんの素朴でかわいい絵を思い出します。

三橋美智也さんの歌声が頭に浮かぶ人は

そこそこの年齢の方かな?


f:id:luvaqa:20170526154710j:image



チーズ味、うすあじ、カレー味と

コーンのサクサクとした歯ごたえと

濃厚な味付けが食べ出したらあとをひいたものです。

カールの人気に陰りが見えてきたらしい。

全国的に西日本は人気があるそうです。


f:id:luvaqa:20170526154951j:image



特にうすあじというのは

関西限定で販売する予定が全国に広がりました。

関東以北はチーズ味が圧倒的人気なのですが

西にいくほどうすあじが逆転人気。



f:id:luvaqa:20170525171536j:image



大阪と言えば道頓堀グリコの大看板ですが

実はカールおじさんも頑張っているのです。

地元とはいえ、観光地の道頓堀へは

よほどのことがないかぎり行きませんが

カールおじさんのどでかい看板には

驚いてしまいました。


子供の頃にはあたりまえにあったお菓子も

いつの間にか店頭から消え

忘れていってしまいます。


カールは無くならないでほしいなぁ。