如星的茶葉暮らし別館

神慮の機械日記、お相手は維如星にて。
本家と同一内容+αです。詳しくはこちら



 
 | 

2008-05-22-木

狼とお弁当と清浦夏実の声

| 狼とお弁当と清浦夏実の声を含むブックマーク

今更ながら、アニメ版「狼と香辛料」の主題歌だった清浦夏実「旅の途中」が好きすぎる。アニメ版ホロロレは「背景世界の丁寧な映像化」以外の物語面では正直得る物の少なかった作品だが、この曲を生み出し「狼と香辛料」の世界観と結びつけた一点を持って、原作に多大な貢献をしたと言ってもいい:) 音楽自体が持っている強いイメージと、強い力を内に抑えたあくまで静かな清浦夏実の歌い上げが、見事なまでに「香辛料」の世界観、いやホロの心象風景までを描き出している。

力強いイントロから一転して、あくまで静かな前半パート。「ただひとり迷い込む旅の中」という歌詞に頼らずとも浮かぶのは、地平線まで続く草原に夜明けを臨む茫漠とした風景──この感覚、ドラクエ世代なら「アレフガルドの荒野に一人放り出されたときの気分」といっても通じるかもしれない。勇ましいファンファーレの後、一歩フィールドに踏み出したときの感覚。何処まで広がっているのか分からない世界観。──やがて少しずつ夜は明け、広い世界に少しずつ慣れてきた頃合に、仲間を得て一気に展望が開ける瞬間が来る。期待に満ちた間奏の後に来るのは、哀しげな歌詞とは裏腹の、最初と同じ旋律でありながらしっかりと伴う者が存在する安定感だ。

多分、この曲で一番印象深いのは「巡る世界」を思わせる、サビ前の間奏めいた歌詞の部分だと思う。……けど、これが急に「追憶」に思えるのは何故だろう。直後に続くパート、歌詞は「二人でなら何処までも」という大変希望に満ちたものなのだが、如星にはこの部分、届かなかった願いを歌い上げているように聞こえてならない。手を繋いで何処までも行けると「思っていた」あの頃、共に世界を巡った記憶を歌うかのような。小説版でも未だ描かれていない、ホロとロレンスの旅路の先を暗示してるかのよう──というのは思い込みすぎだろうか?

ああそうだ。この曲はその冒頭以外、歌詞のトーンと曲調のトーンが裏返しなのである。それゆえに、歌詞だけにも曲調だけにも頼らず、相乗効果で深みが出てるんだろうなぁ。ホント、作品世界にここまでハマったOP曲ってのも珍しい。本来、常にそうであるべきなんだけどさ。

で、音楽に疎い如星、この清浦夏実という方はさぞかしベテランだろうと思っていたら、歌い手としては超ルーキー、しかも90年生まれときた(汗)。そして最近話題のほっともっと弁当CM曲「お弁当を食べながら」。……CM曲に無駄に全力を注ぐ(いや余技なのかもしれんが)菅野ミュージックにピタリとあう声。真綾よりも(若いのに)大人びた声質なので、むしろ今後も菅野ようこと仕事して欲しいなぁ、と思わせるに十分な「名曲」だったのだ。むしろ菅野+真綾復活の最新曲「トライアングラー」が今ひとつと感じたクラシカル真綾ファンとしちゃ、菅野+清浦夏実というコンビには妄想と知りつつも期待を掛けてしまうのですよ。いやホントに。

http://luxin.blackcats.jp/diary/200805c.html#d05220

 | 

 
<< 2008/05 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

main-side menu