如星的茶葉暮らし別館

神慮の機械日記、お相手は維如星にて。
本家と同一内容+αです。詳しくはこちら



 
 | 

2009-05-03-日

簡易版・同人誌の作り方実録編 第2回「イベントドリブン」

| 簡易版・同人誌の作り方実録編 第2回「イベントドリブン」を含むブックマーク

最近作成した本を題材にお届けしている「簡易版・同人誌の作り方実録編」前回は「着想を得て企画を漠然と認識する」ところ、そして「まずは出すイベントを考え予定を立てよう」というところまで書いた。「まず作る!」より先に「まず計画!」という辺りに違和感を覚える方もいるかもしれないが、ま、平凡人の意欲を考えるとこれが妥当なのである:)

以下目次。

2.計画(承前):イベントドリブン!

というわけで「イベント合わせ」のための「イベント選び」だが、あまり深く考えることは無い。「申込締切や実際のイベント日までの日数と、執筆期間+印刷期間の兼ね合いをとり、直近で面白そうなイベントに決める」と、一言で語ることも出来る。

実際には、当人の活動形態やら今回配布する本の位置づけ、ジャンル、申込済イベントとの兼ね合い等々さまざまな条件分岐を経て決定されているのだが、これを真面目に説明すると「簡易版」の枠を超えてしまう。もちろん、日頃はそんな複雑なことを考えずに条件分岐を無意識下でこなし、感覚的に3分で決めているのだが。てなわけで今回はあくまで、今回の如星がどう選んだかの説明で「その感覚」を掴んでもらえればありがたい:)

それだけでは身も蓋も無いので、軽く「作り手から見たイベント」について触れておこう。大体本をイベントで頒布しようとすれば、選択肢は大きく分けて2つ。

  1. 定期的に申し込んでいる中規模以上のオールジャンル即売会で出す
  2. 突発的に中小規模のオンリー即売会に申し込んで出す

実際にはこの組み合わせ、というパターンが多いと思う。「組み合わせ?」という点は後で説明するとして、とりあえずもう少し詳しく説明しよう。

オールジャンル即売会

分かりやすく言えばコミケサンクリなど。最近ではComic1があったばかりかな。(余談だが、もはやコミティアは「一次創作縛りのオールジャンル」と言ってもいい気がする)

メリット
  • どんなジャンルの本でも突っ込める(オールジャンルと言っても、男性/女性向中心ぐらいの区別はあったりするので注意な!)

  • 多ジャンルが集まるので必然的に一定以上の規模になって定期開催・定番化しており、既存の読者さんも来やすいし、新規読者獲得も期待できる

デメリット
  • その規模ゆえに申込締切は数ヶ月から半年と早く、計画的に申し込まざるを得ない

  • 当然申込時に配置希望ジャンルを申請するので、主活動ジャンル(の予測)で申込済状態なのが常。突発ジャンル対応は出来ない。

    もちろん主ジャンル本と合わせて突発本を置くのはアリというか良くやるけど、ジャンルエリア違い本の頒布が届くのは各サークルについている既存読者層が中心となり、「対象原作のファン層」はあまり来てくれないのが実情。ちなみにエリア違いの本は、有名サークルで無い限り新規さんには本当に数出ないです。対象エリアの斜向かいですら(実体験)(涙)

    ただし「男性向け創作(エロの別名)」の場合、このジャンル違いデメリットがあまり発生しないので気にせず突っ込むことも可能……らしい。俺とは縁が無いけど!

オンリー系即売会

今回自分が申し込んだ「とらドラオンリー」等、特定作品やヤンデレ等の特定属性に特化したイベント。

メリット
  • 中小規模イベントが多く、申込締切が1-2ヶ月前程度と短いものが多い=突発的に動ける
    (ティアや東方系、クリーンヒット中の女性向けジャンルのような化物を除く)

  • そのジャンルを愛している濃い読者に届けられる。特に勢いのあるジャンルの場合、下手にオールジャンル系に出るよりも数の面でも多く出たりすることも(コミケクラスにゃあ勝てないが)

デメリット
  • 実はあまり無い。「ジャンルを問わないいつもの常連さん」に届きにくい……かも。

  • マイナージャンル、終息ジャンルだと一般参加者も少なく、サークル同士の同窓会状態になることも。これはこれで楽しいけど、「なるべく多くの読者に読んで欲しい!」という欲は満たせない。

さて、今回の如星が本を出そうと決めたのは3月末ごろ。もちろん夏コミには申込済だが、流石に8月=5ヵ月後合わせではあまりに機動力が無い。夏コミ以前で申込済or今から申込可能なオールジャンルイベントは無し。……となれば、残るはオンリーの可能性である。

一応、目算はあった。5月のGWは同人好きにとってはお馴染みのイベント・ウィークである。ばばっとぐぐって見れば、案の定GW開催のとらドラオンリーを発見。イベント日は5月6日、申込締切は……4月6日! まだいける。加えて

  • GW直(イベントが集中しており、地方上京者も参加しやすい)

  • 都産貿開催(併催イベントが多く、行脚する人が多い)

  • 募集50sp→100spに拡大(オンリーとしてはそこそこの規模だし、申込みも実数があるってこと)

と、なかなか勢いもある模様。頒布してナンボの同人誌、これぐらいの勢いがある方が作る側としても気合が入る。

また先ほど「組み合わせ」という表現を使ったが、実際このオンリーイベント→その少し後にオールジャンル、という流れは、ある種理想的な即売会の並びでもある。まずオンリーで当然新刊をご披露、ジャンルを愛する人々に手渡すことができ、そのすぐ後に夏コミにて「コミケ初売り」として、この手の「定期開催大型イベント」にしか参加できないような、普段あまりオンリー等に足を運ばない人、地方在住の方々等にもフレッシュな本を直接手渡す機会が得られる。うむうむ、いいじゃないですか、これ。

Next Step

っと、だがここで決めてしまうのはまだ早い全プロセス予告編でも書いた次のステップ──「仕様決定」が、計画の一部として登場するのだ。5月6日までに本当に本が刷り上がるのか。それを、確認していこう。

……いや今回は他に選択肢もほとんど無いし、コピ本という奥義もあるので決定前提で進めたんだけどね。ま、説明のためということで一つ。

次回に続く!

http://luxin.blackcats.jp/diary/200905a.html#d05030

 | 

 
<< 2009/05 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

main-side menu

Connection: close