如星的茶葉暮らし別館

神慮の機械日記、お相手は維如星にて。
本家と同一内容+αです。詳しくはこちら



 
 | 

2009-07-19-日

チキン・ダイバーズ「再」公開!

| チキン・ダイバーズ「再」公開!を含むブックマーク

大変長らくお待たせいたしました、「チキン・ダイバーズ」再公開です!

……と言っても、元の小説版ではありません。マブラヴラジオ等でお聞き及びの方もいらっしゃるかと思いますが、公認二次創作として昨年夏コミのオルタファンブック「LD1」に掲載されました軌道降下兵短編「チキン・ダイバーズ」がゲーム化され、今夏コミ・アージュブースにて販売の「LD3」に付属されることになりました!

その名も「アンリさんのダイヴ天国2フライド地獄」、迫り来るレーザーを照射警報を頼りに回避しつつ、衛星低軌道からメインシャフト最奥までを下りきるレトロ風縦スクロールアクションです。駆逐艦→再突入殻→戦術機→管制ユニット→強化外骨格と、レーザー照射を数回耐えられる鎧が次々と剥げ落ちていく中、スコアアタックモードでは延々と地球の中心まで落下可能でエンディングはありませんが、ストーリーモードでは凄乃皇弐型が自機ごとハイヴを薙ぎ払ってくれるまで落下すれば目出度くグッドエンドとなります。

って違えよ!

国連宇宙総軍軌道降下兵団待機軌道LE-521、高度500km地球低周回軌道。

──狭い空間に俺一人。当たり前だが、静かだ。俺はグラブの中に冷たい汗を感じ、触る必要も無い操縦桿を何度も小指から握り直す。

再突入殻に押し込められ、薄暗い地球を頭上に眺めながら、俺は人生三度目の軌道降下突入、いわゆるオービットダイブを毎度変わらぬ恐怖心で待ち続けていた───

チキン・ダイバーズ

改めまして。軌道降下衛士の孤独と熱情を描いた、マブラヴオルタネイティヴサイドストーリー「チキン・ダイバーズ」が、本編と同じAGESによってゲーム化されます。

元々が小説形式のチキン、今回はキャラ等への若干の変更を含むゲームシナリオ化、及び軌道降下の演出指定をやらせていただきました。……これがまた実に楽しい。元々如星はほぼ完全な動画が脳内に浮かんでモノを書くタイプなので、その脳内にある表現をどんどんとAGESの演出指定に落とし込んでいく作業は、絵心も無く動画なんて夢の果てという如星にとっては最強の「表現手段」になり得ました。いやこれはクセになりそうです:)

そしてキャラクターデザイントータル・イクリプスのイラストも手掛けていらっしゃる宮田蒼氏。主人公となる「アクイラ1」ことアンリ・ギーツェン大尉を始めとして、駆逐艦乗り「マザーグース1」ことリーナ・テルヴォ中尉、以下どうでもいい僚機の野郎ども等をゲームイメージ化していただきました。

……開発中、こちらの何気ない無頓着な指定が忠実に&即座にイラスト化されていくのは物書きとして何物にも換えがたい快楽でしたね:) 本当にありがとうございます。

また国連軍部隊用ということで、降下中に表示されるコクピット・ダイアログの類も英語版を色々と指定させていただいたのですが、それが上の画像のように実際に「あのオルタの」画面として再現されたとき、いやもう二次創作の出としては思わず涙が出そうになってしまいましたよ、ホント。「うわ本物だ!(笑)

なお「チキンダイバーズ」のようなオルタのサイドエピソードにつきましては、HobbyJAPANで連載中のTSFIAを含め、今後とも色々と展開していきたいなぁ……とアージュ様とは色々企画中でございますので、引き続き情報をお待ちいただければ幸いです。

……夏の本等々のお知らせは、また後日。

http://luxin.blackcats.jp/diary/200907a.html#d07190

 | 

 
<< 2009/07 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

main-side menu