如星的茶葉暮らし別館

神慮の機械日記、お相手は維如星にて。
本家と同一内容+αです。詳しくはこちら



 

2008-05-29-木

ひまわりレビュー(1):構成で読ませる物語と序章の重要性

| ひまわりレビュー(1):構成で読ませる物語と序章の重要性 - 如星的茶葉暮らし別館 を含むブックマーク

先日からの日記やはてダを見てお分かりの通り、この辺りで発見して以来、同人ゲーム「ひまわり」に思いの外ハマっている。いわゆるギャルゲに属するゲームだが、ここ数年その手のゲームは僅かな例外を除いて途中で投げてしまう如星が、半年振りに寝食を忘れて読み耽ってしまった。巧いシナリオとゲーム構成に、程よく効いたSFスパイス。まさに“Two Thumbs Up!”でお勧めの一作だ。ちなみに今回はネタばれ無しで。

シナリオと構成で魅せる、というと、思い出すのが昨年同じようにハマった「シンフォニック=レイン」である(作品自体は2004年のもの)。単なるギャルゲのループフォーマット・マルチエンドを超え、同じ時系列の物語をループさせつつ表裏一体で描き、その結果としてレイヤーを重ねたかのような鮮やかさで結末を導き出し、しかもその結末にさえ「嘘」を紛れ込ませる──そんな神域の構成を持っていたのがSRという物語だが、本作「ひまわり」はそのSRを髣髴とさせる。いや、流石にあの域にあるわけではないのだが、それでもやっと巡りあえた「同じ系譜の者」と言っても過言ではない。

多分言うまでもないが、「ロリっ娘宇宙人同棲ノベルゲーム」という謳い文句は釣りも甚だしい。それでいて実は別の意味で真実を突いてもいるのだが──それはさておき、本作はまず

  • 宇宙開発の町とロケット打ち上げに勤しむ少年二人

  • 突然空から落ちてくる少女と同棲(まさにテンプレ)

  • 少女を追ってくるもう一人の謎の少女、狂言回しの幼馴染

  • 向日葵と青い空をモチーフとした、夏の空気

などを要素とした、「スタンダードなボーイミーツガール」として物語を展開する。

その後2周目で視点と舞台をガラリと変えて一気に読み手を深奥に引きずり込み、そして3周目で最初と同じ時系列と視点に戻って「表裏一体の物語」を語り、4周目で緩やかなエピローグを語る、そんな構成になっているのだが……。この「一章の終わりで話を急展開させる」という進行自体は、君望等で既にお馴染みにすらなりつつある展開だ。しかし、如星はその物語全体の評価や考察の前に、この一章の造りを最初に評価しておきたい。「ひまわり」の一周目は「ロリっ娘宇宙人同棲ノベル」の看板をさほど裏切らず、王道ゆえに結構読める少年少女の色恋モノになっているのだ。

……なんだ当たり前じゃないかと思う莫れ、「本編」展開に力を入れるあまり「導入編」が目的感もないダルい造りになっていたり、伏線を散りばめようとし過ぎて仄めかし電波文だらけになり、読み進める気力が萎えてしまう作品は枚挙に暇が無い。かつて如星がAirを投げ、その後いくつかのギャルゲを投げ、あるいはアニメ視聴を2話で止めたりしている原因も実はここにある。「壮大なテーマ」や「急展開」が流行った一方で、受け手を物語に引き込む「掴み」の部分が疎かになり、かつ「どうせ途中で止めないだろ」と言わんばかりにそれで良しとする風潮が目に余るようになっていた。受け手にとって、物語の初期に各キャラの心理状態が分からないこと自体は当然だけど、それで如星がよく皮肉に使う「電波ミーツ電波」、行動原理があまりに意味不明だったり理不尽だったり、物語が何処へ転がっていくかを欠片も示さなかったりする「シナリオ」を展開するに至っては、とても「読者に読ませる」ことを想定しているとは思えないのだ。舐めていると言っても良い。

そうではない。本来そういった「本編展開」を持つ作品の「一章」がやるべき事は、展開に備えて読者をキャラにのめり込ませることである。「涼宮遙」を心底彼女だと思えるように。「アリエッタ」を自分が裏切っていると心底思えるように。そしてこの「ひまわり」は──本展開に至らずとも「アリエス」の痛みを理解し、共に歩みたいと思わせる、その役目を見事に果たしている。これら全ての作品に共通するのは、「第一章」が「第一章」だけでも立派に物語として成立しうる点にある。安定した文章力に支えられ、ちょっと狙い済ました萌えっ娘にギャグシーン、少年ロケット物を思わせる舞台装置をキチンと生かしてボーイミーツガールを展開し、それでいて「本展開」の伏線がこれでもかと散りばめられている事に後で気が付ける。

敢えて本稿ではネタバレなしで「一章」について語ってみた。これはこのゲームを勧めるにあたり、最初からお楽しみいただけますよ、という如星からの強いメッセージである:) ロリっ娘良し、宇宙部良し。一章だけでも気持ちの良い読後感はお約束できるので、是非ともこの機会にプレイされては如何だろうか。大体何と言っても──ナンテコッタイ──1300円で20時間はお楽しみいただけるのだ。

ネタバレ覚悟OK、あるいはプレイ済の方は以降のレビューを待て次号。

ちょっと閑話に続く。

http://luxin.blackcats.jp/diary/200805c.html#d05290

mmasudammasuda 2008/05/30 03:57 強くプッシュされても今アキバ地区には在庫が無い模様(先週末からほぼ毎日見て回っているらしい)。
# とらのあな再入荷したのかな?今日観にに行ってくる

luxinluxin 2008/05/30 07:19 俺もたまに見てますが、秋葉とらの物理店舗には無い模様。通販で押さえるか、来月のSC40に参加するよーなのでその付近で再出荷があるかも、ですねー。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証


 
<< 2008/05 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

main-side menu