如星的茶葉暮らし別館

神慮の機械日記、お相手は維如星にて。
本家と同一内容+αです。詳しくはこちら



 

2010-12-26-日

冬コミ新刊「オルタネイティヴ・ストーリィ3」

| 冬コミ新刊「オルタネイティヴ・ストーリィ3」 - 如星的茶葉暮らし別館 を含むブックマーク

お待たせいたしました。冬コミ新刊最新情報のご案内です。

先日参加を告知したとおり、今冬CM79、西ね-18a「神慮の機械」にて、マブラヴオルタネイティヴ二次創作小説集「オルタネイティヴ・ストーリィ3」を発行いたします!

今回も私・維如星他、実力派執筆陣による計4名にてお届けします。カバーは素敵モニカの蒔島梓さん、もちろんネタ帯も健在です。乞う御期待。

収録作品・著者紹介

Grenadier「烈士・徐小紅Brave Little Scarlet

「フーフェン各機、聞いてのとおりよ! 各隊陣形そのまま、一気に岳陽を解放するッ!」

重なる十の了解。随所で組まれた楔が敵の手に落ちつつある都市に照準を合わせ、進撃の足を速める。当然のようにその先陣は、小紅が務めていた───

前回北欧を舞台に共産っ娘を描いてフライドチキンデビューを果たしたGrenadier氏、今回も赤色娘にてご登場。舞台は統一中華戦線、二国制度とプロパガンダの狭間で苦しみながらも戦い続ける一人の少女、そしてそんな彼女を複雑な位置から見守る男の物語です。……何気におっさんミーツガール?

内田弘樹「レッド・スカイ・モーニング」

……右の肩口に記されたマーキングはさらに奇妙だった。ソ連軍の所属であれば、白帯で囲まれた赤い星が描かれるのが定番であったが、そこに記されているのは長方形の白地に赤い星という、世界中のどこにもない国家のマーキングだった───

次はお馴染み内田弘樹氏より、図らずも赤色作品が続きます。舞台は極寒の地シベリアソビエト政府にすら見捨てられた戦線で、歴史に忘れられた者たちは何を語るのか──前作の王道(?)ボーイミーツガール「彼女の人生の物語」から一転し、皮肉のスパイスがたっぷりと利かせられた「何処か懐かしい」赤い日本人の物語をお届けします。

有栖山葡萄「京塚食堂繁盛記Master Chief Never Surrenders

「あぁもう煮え切らないね、童貞こじらせて死んでいく気かい! あんたはあたしの飯が食いたいだけなのか、それともあたしと一緒にいたいのか、一体どっちなんだい!!」

今回もフライドチキンズへの新たなる参加者の登場です! 10年来の君望二次創作小説作家、有栖山葡萄氏より、情念溢れる最強曹長(ザ・マスター・チーフ)、京塚志津江ストーリーを頂戴いたしました! ……戦闘モノ、戦術機モノを主領域としてきた本シリーズではある意味異色となる、しかし確かなオルタ世界の一部である後方、人間ドラマを中心に据えた物語となっています。おっさんだけは、読んでくれ。

維如星「ローマの終日ROMANI MUNDI FINIS・前中編」

『──待機中の戦術機部隊は直ちに出撃せよ。繰り返す、全機、直ちに出撃せよ。海を渡れ!』

海を渡れオルトレ・イル・マーレ。そうだ、彼女は海を渡るのだ──逸る心がフットペダルに僅かな圧力となって伝わり、トルナードの敏感な管制システムが更なる推進剤を跳躍ユニットへと流し込む。排気ノズルが男根を求める膣口の如く蠢き、噴出の瞬間を今かと備えている───

ラストは私、維如星がお届けするモニカ・ジアコーザの物語「ローマの終日」、前作に続く中編となり、後半エピソードへの中間点となる彼女の心の葛藤が描かれます。また本作はご要望のあった戦闘シーン他、全面的な加筆・改筆を行った「前編」が含まれておりますので、前作をお持ちで無い方も本作より読み始めることができます。

ちなみに今回はロリヒゲ大尉とは別のおっさん隊長大活躍。ジラソーレ中隊長、レオーネ・ヴィルノ大尉にご期待ください。「神慮の機械」はおっさんミーツガールを応援しています!

以上、それでは12月は31日の大晦日、冬コミ会場でお会いしましょう! なお如星は主に午後中心で自スペースにいるかと思いますので、おっさんの面を眺めてみたい奇特な方はその辺りの時間でお願いいたします!

http://luxin.blackcats.jp/diary/201012a.html#d12260

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/luxin/20101226

 
<< 2010/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

main-side menu