如星的茶葉暮らし別館

神慮の機械日記、お相手は維如星にて。
本家と同一内容+αです。詳しくはこちら



 

2012-08-08-水

夏コミ新刊「フェアウェル・ノート」@3日目東ヨ-08a

| 夏コミ新刊「フェアウェル・ノート」@3日目東ヨ-08a - 如星的茶葉暮らし別館 を含むブックマーク

お待たせいたしました! 当「神慮の機械」コミックマーケット81に無事当選しております!

3日目(日)東ヨ-08aにて、以下新刊を持ちまして皆様のご来場をお待ちしております。

……なお、毎度のことではございますが同人誌は買うのも大好き維如星、当日も午前中は席を外している可能性が大です。当人は主に午後スペースにおりますので、何卒よろしくお願いいたします。

新刊「フェアウェル・ノート」

新書68p 2012.08.12発行予定

維如星を中心としたオルタを愛する物書き野郎ども「フライド・チキンズ」がお届けするマブラヴ・オルタネイティヴシリアス系本格二次創作小説集第5弾。

今回は「フェアウェル・ノート」と題し、BETA日本帝国本土上陸前夜の漢ども描いた「帝国・二人の代理人(Vicars of the Empire)他、「彼女」の最期を描いた短編や、ちょっとしたおまけコンテンツを盛り込んだ如星個人誌となっております。

今回のカバーイラストは前作「アンリミテッド・テイルズにて我が愛娘・桐ヶ谷千夏さんをキリリと描いていただきました、「まりりん」こと桜塚暁さんに再び頂戴いたしました。前回とは違ったしっとりとした千夏さんの微笑、ご堪能ください:)

現在メロンブックス通販にて予約受付中夏コミ後には各店頭でも委託販売予定です。当日夏コミにお越しになれない方はこちらをご利用くださいませ。

一部作品紹介
帝国・二人の代理人Vicars of the Empire

「今回の帝都防衛計画は『維号想定17』、という認識で間違いありませんか」

維号計画──それは帝国政府が極秘裏に策定している、BETAによる本土失陥の危機を想定し、国家維持を主眼とした国土放棄を含む行動計画である。

「馬鹿な……光州の悲劇を自国でも繰り返すおつもりか!? 帝国軍人たる者、皆が皆このような犠牲を看過し得るとは到底思えませぬ! 国は、政府は、また最前線の軍人に全ての責任を押し付けようと言うのですか!」

「そうしないが為のこの会議──そうですな、榊総理」

オッサンばっかだよ! 何なの!

……もとい。この物語は1998年7月、BETAによる日本大侵攻前夜から、その後の顛末までを2人の男の視点を通じて描いた物語になります。「帝国の代理人」、そう呼びうるただ2人の人物──すなわち日本帝国国務全権代行・政威大将軍、そして日本帝国内閣総理大臣。そして彼らから様々なものを受け継ぐことになる次代政威大将軍たる煌武院悠陽の視点を交え、日本における混沌の時代の始まりを描き出します。乞う御期待。

なお本当に、本当に大変申し訳ないのですが、肝心の表紙に描かれた桐ヶ谷千夏さんの物語は今回執筆が完了せず次回収録となりました……。時代は日本が未だ健在であったオルタ前夜に遡り、千夏・吾郎・柳峰・咲月の4人の基礎となる物語をお届けする予定でした。こちらは今しばらくお待ちくださいませ……。

さあ、夏の宴の始まりです! 当日現地にお越しいただける方、共に気合を入れてこの大戦(と書いておおいくさと読む)を乗り切っていきましょう!

http://luxin.blackcats.jp/diary/201208a.html#d08080

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/luxin/20120808

 
<< 2012/08 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

main-side menu