Hatena::ブログ(Diary)

lydian2420の読書日記

2019-01-26

引越し

Hatena blog に引っ越しました。

2019-01-18

『生きるぼくら』 原田 マハ ***

生きるぼくら (徳間文庫)

生きるぼくら (徳間文庫)

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」マーサばあちゃんから?人生は四年ぶりに外へ!祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた―。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。(「BOOK」データベースより)


再読

2019-010

『ボクの町』 乃南 アサ ***

ボクの町 (新潮文庫)

ボクの町 (新潮文庫)

警視庁城西署・霞台駅前交番巡査見習いとして赴任した高木聖大は、研修初日から警察手帳に彼女のプリクラを貼っていたことがバレるような、今風のドジな若者。道案内、盗難届の処理、ケンカの仲裁などに追われるが、失敗の連続でやる気をなくしていた。が、所轄の同期見習いが犯人追跡中に大ケガを負ったことで俄然、職務に目覚める。聖大の成長をさわやかに描くポリス・コメディ。(「BOOK」データベースより)


再読

2019-009

2019-01-13

『いちばん長い夜に』 乃南 アサ ***

a21966a0

ペットの洋服作りの仕事が軌道に乗ってきた芭子と、パン職人の道を邁進する綾香。暗い場所で出会い、暗い過去を抱えながら、支え合って生きてきた。小さな喜びを大切にし、地に足のついた日々を過ごしていた二人だったが、あの大きな出来事がそれぞれの人生を静かに変えていく。彼女たちはどんな幸せをつかまえるのだろうか―。心を優しく包み込む人気シリーズ、感動の完結編。(「BOOK」データベースより)


再読

2019-008

2019-01-11

『すれ違う背中を』 乃南 アサ ***

a21966a0

パン職人を目指して日々精進する綾香に対して、芭子はアルバイトにもなかなか採用されない。そんなある日、ビッグニュースが!綾香が商店会の福引きで一等「大阪旅行」を当てたのだ。USJ道頓堀、生の大阪弁たこ焼き等々初めての土地で解放感に浸っていた彼女たちの前に、なんと綾香の過去を知る男が現れた…。健気な女二人のサスペンスフルな日常を描く人気シリーズ第二弾(「BOOK」データベースより)


再読

2019-007

2019-01-10

『告発 ~日本で原発を再稼働してはいけない三つの理由』 蓮池 透 **

a21966a0

東京電力は万死に値する。東電で働いた三十余年の体験から提言する亡国企業解体論。(「BOOK」データベースより)


蓮池 透氏がこの本を書いてはいけない理由も三つくらい思い浮かぶようなきがします。まあもっと面白い本を読みたいので、時間がもったいないということで、半分くらいからは斜め読みになってしまいました。誤解のないように書くと内容が間違っているということではありません。

2019-006

『悪党町奴夢散際』 乾 緑郎 ***

a21966a0

慶安三年、町人の悪党集団「町奴」の頭領・幡随院長兵衛が何者かに殺された。対立する旗本の悪党集団「旗本奴」の頭領・水野十郎の仕業ではないかと疑う町奴側は報復を画策。お菊という女をめぐって両者の関係はさらにこじれ、楊枝屋の女侠客お吟、凄腕女剣士佐々木累らを巻き込んで、全面抗争へと発展していく。一気読み必至の痛快時代小説! (「BOOK」データベースより)


時代小説のようで心配したのですが、今回も乾緑郎さんの世界を堪能できました。現実と空想が入り混じったような不思議な味わいがあります。次はどんな世界を見せてくれるのでしょうか。

2019-005