Hatena::ブログ(Diary)

幻祭夜話 このページをアンテナに追加

14/03/03

年間ベストアルバム7選(2013)

気が付けば3月に突入。遅ればせながら去年のMyベストをば。

以下、アーティスト名 / アルバム名 /(2013年以外の)年代です。

Perfume / LEVEL3

f:id:lysis:20140303224646j:image

とにかく音のアップデートが素晴らしい。こんなかっこいいアルバムをありがとう!(感想)

キリンジ / Ten

f:id:lysis:20140303224647j:image

前作『SUPER VIEW』と併せて聴いてほしくなる佳作。弟脱退の感傷はないけど、そこかしこに優しさがある。(感想)

Mayer Hawthorne / Where Does This Door Go

f:id:lysis:20140303224648j:image

ファーストから変わらないメイヤーくんの美メロぶりはもちろん、ジャンルを飛び越えてポップスの延長で聴けるところが素晴らしい。

Justin Timberlake / The 20/20 Experience

f:id:lysis:20140303224649j:image

ソロ名義は全部聴いているもののさほどファンではなかったのですが、「Suit & Tie」で完全にノックアウト。美しいファルセットボイス。

James Blake / Overgrown

f:id:lysis:20140303224650j:image

ジャケットそのままの、凍てつくような真冬の空気がとてもよく似合うアルバム。

Keith Jarrett, Jan Garbarek, Palle Danielsson & Jon Christensen / Sleeper: Tokyo, April 16, 1979(2012)

f:id:lysis:20140303224651j:image

まさか大御所がバリバリ現役時代の「Personal Mountains」のライヴ音源があったとは!「So Tender」もうれしい選曲ですね。

tofubeats / lost decade

f:id:lysis:20140303224652j:image

世間的にもトーフ君イヤーだった2013年。トーフ君が作るメロディはどこか甘酸っぱくて国産なかんじがするところがいいですね。

雑感

2013年はとにかく各方面で熱かった!新譜をほとんど追わなくなった自分でさえ次点がいくつもあるくらい。全体の印象は、いただきもので知ったThe Weeknd、Rhyeに、ファンのKREVAライムスター藤井隆などなど全体的に男性ボーカルものが豊作でした。とくにポップスに愛されすぎている男こと、藤井隆にはフルアルバムを作ってほしかったな。サントラ部門だと「ザ・マスター」がよかったですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lysis/20140303/p1