Hatena::ブログ(Diary)

幻祭夜話 このページをアンテナに追加

19/01/15

lysis2019-01-15

人はいるべきところに流れ着くもの

友人に「結婚してからのはあちゅうさん、わたし好きなんだよね」という話をしたら、訝し気な反応だったので、就職サイトにあったインタビューをかいつまんで話すと、驚きとともにとてもほっこりして。

「今まで格付け社会で生き抜くために”見栄え”で武装していた(意訳)」というあっけらかんとした告白とともに「人はいるべきところに流れつくものだから、大丈夫」とエールを送る彼女は、これまで抱いていた良くも悪くもがむしゃらな印象とは正反対の、とても自然体な語り口で眩しかったんですよね。

インスタなどで日々綴られるしみけんさんとのやり取りは、色眼鏡を外すと、ごく当たり前の、ふつうの幸せを手にした女性のそれで。結婚の決め手になった「この人と一緒にいたい」というとてもシンプルな、でも(結婚において必要であろう)決断とその代償に対する意志があって、そこも強いなって。

外野が懸念しているであろう「離婚」を仮にしたとしても、今の自由な彼女がわたしは嫌いではなくて、やはり眩しいんですよね。

大人になると出来上がってしまった自我や価値観を変えるのって難しいし、勇気を出すことに臆病になってしまうものだけれど、「自分も変われるのかな?変わってみたいな」と思わされるエピソードでした。

※ちなみに参照インタビューは↓

「#生き方コンパスVol.1:はあちゅう「人はいるべきところに流れ着くもの。だから安心してください」

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/54184

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lysis/20190115/p1