檜山正幸のキマイラ飼育記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

キマイラ・サイトは http://www.chimaira.org/です。
トラックバック/コメントは日付を気にせずにどうぞ。
連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org へ。
蒸し返し歓迎!
このブログの更新は、Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama
ところで、アーカイブってけっこう便利ですよ。

2007-06-27 (水)

レトラクションとベキ等自己射

| 14:28 | レトラクションとベキ等自己射を含むブックマーク

「圏論勉強会 復習」の続きみたいなハナシ。話題はレトラクション。

レトラクション対(retraction pair)とは、r:X→Yとi:Y→Xの対(r, i)で、i;r = X(idXを単にXと書く)を満たすもの。rのほうを(狭い意味で)レトラクションと呼んで、iを埋め込み(embedding/imbedding)と呼ぶこともあります。rをレトラクションと呼ぶ場合でも、対応する埋め込みiの存在を(暗黙にでも)必ず仮定しています。

実例は「レトラクションの起源(かな?) 」で述べました。他の例も出すべきだと思うけど、今日は書かない(って、いつか書くのか?)。今日はレトラクションとベキ等自己射*1(idempotent endomorphism; f;f = f である射*2)の関係。

(r, i)がレトラクション対であるとき、f = r;i とすると、

 f;f 
 // fの定義
 =(r;i);(r;i)
 // ;の結合性
 =r;(i;r);i
 // (r, i)がレトラクション対
 = r;X;i
 // 恒等射の性質
 = r;i
 // fの定義
 = f

よって、fはベキ等。

f:X→Xがベキ等であり、f = e;m とエピモノ分解可能だとします。つまり、e:X→Y はエピ、m:Y→X はモノとします。このとき、

  f;f = f
  // fをe;mとエピモノ分解
  (e;m);(e;m) = e;m
  // ;の結合性と恒等射の性質
  e;(m;e;m) = e;(X;m)
  // eがエピなので(e;u = e;v ⇒ u = v)
  (m;e);m = X;m
  // mがモノなので(u;m = v;m ⇒ u = v)
  m;e = X

よって、エピモノ分解可能なベキ等自己射は、そのエピモノ分解によりレトラクション対(e, m)を定義します。

どんな射もエピモノ分解可能であるような圏では、レトラクション対とベキ等自己射が“ほぼ”1対1に対応します。「ほぼ」はup-to-isoってことですが、正確に述べるには、subobjects概念を出したほうがいいのかもしれません。

*1:「じこしゃ」は「事故車」に変換された。まー、当然だわな。

*2:f;f = f が意味を持つなら、fが自己射であることは必然的。

m-hiyamam-hiyama 2007/06/30 16:05 注釈内の「事故車」に反応してキタよ、スパムTBが。しかし、本来の文脈では自己射(endomorphism)だからなー、自動車解体は関係ないと思うぞ。「ベッキー」は、「冪」をカタカナ書きした「ベキ」に反応したのか。そうですか。