檜山正幸のキマイラ飼育記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

キマイラ・サイトは http://www.chimaira.org/です。
トラックバック/コメントは日付を気にせずにどうぞ。
連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org へ。
蒸し返し歓迎!
このブログの更新は、Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama
ところで、アーカイブってけっこう便利ですよ。

2008-06-13 (金)

プルトニウムの半減期

| 10:45 | プルトニウムの半減期を含むブックマーク

「ゴルゴ13」*1の第483話・前編のお話。旧東独の原発で事故が起きたという設定; なんと、許容できる年間被爆量の4万倍の放射能が漏れてしまったのです。その原発の責任者がこういうことを言うのです。

「この事故は、プルトニウムの半減期である2万4千年後まで隠蔽し続けねばならん。」

漏れた放射能はプルトニウムが原因のようです。それで、えーとですね、半減期ですから、2万4千年たったところで許容できる年間被爆量の2万倍の放射能は残っているのですよね。2万4千年後にも基準が同じだとすると、このことを公にすると、やっぱりこの責任者は糾弾されちゃうと思うけどな。

えっ、責任者生きてないって? それを言うなら、100年ほど隠蔽すれば済むハナシでしょ。

*1:僕は、どうしても「ゴルゴ・じゅうぞう」って読んじゃうんだよね。サーティーンなのね、実は。thの音が云々はともかくとして、中学校の先生が「サッ、ティーーーン」みたいな読み方していた印象が強くて、それだと「ゴルゴ・サッ、ティーーーン」 -- うーん、「じゅうぞう」のほうがいくね?

うーうー 2008/06/13 11:56 異常な放出量の放射能を隠蔽できるんであれば、そもそも危険性も問題もないわけですよね。。。
完全に隠蔽するには世界中の人々の抹殺をゴルゴに頼むのが一番かと思いますが、
私が彼なら一人一人ライフルで狙撃するのは面倒なので、核兵器=放射能を使うと思います。

m-hiyamam-hiyama 2008/06/13 12:06 うーさん、
> 異常な放出量の放射能を隠蔽できるんであれば、そもそも危険性も問題もないわけですよね。。。
いやいや、隠蔽するのは事故が起きたという事実と、その原因である設計ミスです。保身のためですね。危険があるのに知らんぷりするって魂胆です。
> 核兵器=放射能を使うと思います。
椅子からのけぞりました。
ゴルゴよりゴジラの放射能のほうが話がはやいかも。

nucnuc 2008/06/14 01:20 なんかうるさいことを言うと単位があっていない気がします。
年間被爆許容量は、単位がまあ質量あたりのエネルギーなので。

m-hiyamam-hiyama 2008/06/14 09:58 nucさん、
> 単位があっていない気がします。
どうもすみません。それは僕の落ち度なんでしょうか? それともやっぱり、原発の責任者が悪いんでしょうか。

タナカコウイチロウタナカコウイチロウ 2008/06/15 08:28 2万4千年後、には科学技術が発達して、リスクの少なく、安価なプルトニウムの方法(廃棄方法?)が出来ている(ので、一応の対策として、あの責任者の発言が出てきた)…のは、安易な考え方か、私の愚考なのか。

m-hiyamam-hiyama 2008/06/16 08:27 タナカコウイチロウさん、
科学技術(プルトニウム処理技術)が十分発達するまでの時間と、プルトニウムの半減期が一致する根拠が不明です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/m-hiyama/20080613