檜山正幸のキマイラ飼育記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

キマイラ・サイトは http://www.chimaira.org/です。
トラックバック/コメントは日付を気にせずにどうぞ。
連絡は hiyama{at}chimaira{dot}org へ。
蒸し返し歓迎!
このブログの更新は、Twitterアカウント @m_hiyama で通知されます。
Follow @m_hiyama
ところで、アーカイブってけっこう便利ですよ。

2018-11-08 (木)

偉大なり、米田

| 13:20 | 偉大なり、米田を含むブックマーク

米田の補題は(名前は「補題」ですが)、圏論の中心的な概念です。その重要さはジョークのネタにされるほどです。

米田の補題の米田信夫さん(肖像のお写真はコチラ)は、エンド/コエンド〈end/coend〉とグロタンディーク構成〈Grothendieck construction〉の創始者でもあるんですよね。

エンド/コエンドに関しては、ロアギアン論文から引用します。強調(太字+下線)は檜山。

The original definition of a co/end for a functor T : Cop×CD, as a universal object ∫T(c, c) ∈ D satisfying a certain property was apparently given by N. Yoneda (who used an integral sign –see §1.2– to denote them for the first time, even if his notation for coends was reversed: today, ∫cT is an end for T, and ∫cT a coend, whereas Yoneda writes ∫cT for the coend, and ∫*cT for the end), and then refined by Mac Lane in his [ML70] with applications to the "tensor product" of two functors, that generalizes the well-known description of M¥otimesRN as a coequalizer for MR and RN right and left R-modules.

グロタンディーク構成に関しては、ハーパズ/プラーズマ論文から引用します。強調(太字+下線)は檜山。

According to [MM, §I.5], this construction was first used for diagrams of sets by Yoneda. It was later developed in full generality by Grothendieck in [Gro] and became a key tool in studying categories which "vary in families".

引用内に登場する文献への参照は:

  • [MM] S. MacLane, I. Moerdijk, Sheaves in geometry and logic: A first introduction to topos theory, Springer (1992).
  • [Gro] A. Grothendieck, Reve^tements e'tales et groupe fondamental, Institut des Hautes Etudes Scientifiques (1964).

エンド/コエンドとグロタンディーク構成に関しても、マックレーン、グロタンディークよりも先に、米田さんがアイディアを出していたようです。偉大だ。

カブカブ 2018/11/14 14:51 刺激的な記事、いつも楽しく読ませていただいてます。この記事を見ていて昔、大学院のとき先生に教わったジョークを思い出しましたので、初めてコメントします。
Yoneda Lemma is important because Yo(u) ne(e)d a Lemma.
(早口で発音すると、それらしく聞こえる^^)

m-hiyamam-hiyama 2018/11/14 17:43 カブさん、
You need a ≒ 米田 、なるほど。
ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/m-hiyama/20181108/1541650835