短い節目を重ねるアジャイル開発手法とJavaEE6でムリ・ムラ・ムダを無くすブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

いままでに読んできた中で良かった書籍 2011年度版の一覧はこちら

2012-09-16

[][][][]Ubuntu ServerにJIRA5.1をインストール。

ubuntu-12.04.1-server-amd64.iso をUSBメモリに書き込んでインストール。
・インストール時にOpenSShをインストールするように指定。
・インストール後に最初に行う設定。
文字化けしないように ~/.bashrc に以下を追加

case $TERM in
linux)LANG=C ;;
*)LANG=ja_JP.utf8 ;;
esac

ネットワークを設定
/etc/network/interface を以下のように固定IPの設定に書き換える。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
#iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
address 192.168.1.19
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1

# This is an autoconfigured IPv6 interface
#iface eth0 inet6 auto


以下を参考にNTPを設定。
http://debianj.com/ubuntu/install/ntp.html

Ubuntuをアップデート

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

SSH接続に使用する暗号鍵をクライアント側で作成し、サーバーにコピーする。

ssh-keygen
ssh-copy-id アカウント名@192.168.1.19

<||

SSHをポートは20022、暗号鍵による接続のみに対応するように設定を修正。
>|sh|
sudo vi /etc/ssh/sshd_config

# 設定を以下のように修正。
Port 20022
PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no
UseDNS no #fail2Ban用に追加する設定

sudo service ssh restart

ファイアウォールを設定する。この設定に合わせてルーターの設定も変更する。

sudo ufw enable
sudo ufw allow 20022
sudo ufw allow http
sudo ufw allow https


進入防止ソフトFail2Banをインストール

sudo apt-get install fail2ban
sudo cp /etc/fail2ban/jail.conf /etc/fail2ban/jail.local
sudo vi /etc/fail2ban/jail.local

# 設定を以下のように修正。
ignoreip = 127.0.0.1/8
bantime  = 600
maxretry = 3
findtime = 600
backend = polling

# ssh、ssh-ddosのenabledプロパティをtrueにする。


sudo fail2ban-client reload
sudo fail2ban-client status



gitをインストール(参考:http://d.hatena.ne.jp/katz_24/20120725/1343224830

sudo apt-get install git git-core git-daemon-run


公開レポジトリー用のディレクトリを作り、/etc/sv/git-daemon/run に設定されているbase-pathを変更する。

sudo mkdir /var/git-repos
sudo vi /etc/sv/git-daemon/run


/etc/sv/git-daemon/runを以下のように修正。

#!/bin/sh
exec 2>&1
echo 'git-daemon starting.'
exec chpst -ugitdaemon \
  "$(git --exec-path)"/git-daemon --verbose --reuseaddr \
    --base-path=/var/git-repos --export-all --enable=receive-pack

gitのデーモンを起動。

 sudo sv restart git-daemon


gitとSparkleShareを使ったDropBoxのようなファイル共有サービスを作る。


sudo adduser --disabled-password git
sudo mkdir /home/git/.ssh
sudo touch /home/git/.ssh/authorized_keys
sudo chmod 700 /home/git/.ssh/
sudo chmod 600 /home/git/.ssh/authorized_keys
sudo touch /home/git/.ssh/authorized_keys
sudo chmod 600 /home/git/.ssh/authorized_keys
sudo git init --bare /home/git/MyShare
sudo chown -R git:git /home/git


#クライアントにインストールしたSparkleShareが生成した暗号鍵を /home/git/.ssh/authorized_keys に追加する。
# クライアントのAddresにはgit@192.168.1.19、 Remote Path には /home/git/MyShare を設定する。


Java7をインストール。(参考:http://ankyo.blog.so-net.ne.jp/2012-01-18http://shirangana.info/115/?page_id=678

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install oracle-jdk7-installer
sudo mkdir /usr/java
sudo ln -s /usr/lib/jvm/java-7-oracle /usr/java/default
sudo update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/default/bin/java 100


次の環境変数を~/.bashrc と ~rrot/.bashrcに追加。

export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH



PostgresSQLの設定を行う。(参考:課題管理システム JIRA入門)

sudo su - postgres
psql
(psqlを開始)
create user jirauser password 'jirauser' createdb login;
create database jiradb encoding='UTF-8' template=template0 owner=jirauser;
(psqlを終了)

psql -h localhost -U jirauser jiradb

\l
\dt
(jiradbにテーブルが作成されていないことを確認)

JIRA5.1.5をインストール。(参考:課題管理システム JIRA入門http://www.ricksoft.jp/document/pages/viewpage.action?pageId=144637976)
http://www.atlassian.com/ja/software/jira/download から atlassian-jira-5.1.5-x64.bin をダウンロードし、サーバーにアップロードし、実行する。

chmod u+x ./atlassian-jira-5.1.1-x64.bin
sudo ./atlassian-jira-5.1.1-x64.bin

# 全てEnterを押していればよいはず。

sudo ufw allow 8080
sudo ufw allow 8005

# この時点で http://192.168.1.19:8080/ にアクセスするとJIRAの設定画面が表示される。

# /opt/atlassian/jira/conf/server.xml を編集し、http://192.168.1.19:8080/jira でJIRAにアクセスするようにする。
# 編集する場所は http://www.ricksoft.jp/document/pages/viewpage.action?pageId=144637976 の「3.server.xmlの修正」を参照。
sudo vi /opt/atlassian/jira/conf/server.xml
service jira stop
service jira start



http://192.168.1.19:8080/jira をブラウザで開く。

http://www.ricksoft.jp/document/pages/viewpage.action?pageId=144637976 の「4. JIRAセットアップウイザード開始」以降に従ってJIRAのセットアップを行っていく。
最新言語パックのインストールと日付書式の設定を行ってJIRAのインストールが終了。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

リンク元