ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

セラピスト日記

2017-07-10 セミナー報告と四国旅行

m-tamaki2017-07-10

 暑くなってきました。皆様体調はいかがでしょうか?夏バテぎみ…と思っていても実は夏本番はこれからなんですよね…。特にここ最近の夏の気温は異常な高さなので熱中症など注意しつつ体調管理には気を付けましょう。

 6月半ば、7月頭とセミナーに参加して来ました。一つは脊柱の調整をアジャストではなく膜の動きを利用して行うもの、もう一つは頭蓋から全身のどこに問題があるか評価するというものです。

脊柱の方は以前にも受講しましたが、精度を上げるためとバリエーションを増やす為、頭蓋からの評価はある意味所属する会のメインテーマと言いますか、症状がどこであれ身体のどこにその原因があるか?を評価する一つの方法でより感覚と精度が要求されます。実は今回の7月はベーシックの内容で、8月にはアドバンスがあります。アドバンスになりますと、頭蓋に手を当てるだけで脳の血管や身体の神経に至るまでその動きや硬さに問題がないかを評価しなくてはいけません。当然一朝一夕に出来るものではなく、今までの積み重ねとこれからも毎日毎日鍛錬が続くわけです。

しかし、その方法論を手に入れる事が出来ると可能性が大きく広がっていきます。ここがオステオパシーの魅力であり、人間の手、感覚というものの神秘です。まだまだやりたい事は無数にあり楽しみですし、それが来院頂く方のお役に立つ訳ですから、本当に有意義に仕事をさせて頂いていると感じます。

 とはいうものの、一般的楽しみや息抜きも必要という事で、神戸でのセミナー(土曜日)の後、日曜日を臨時休業頂き、通常定休日の月曜と合わせて二日間で四国を周って来ました。

神戸明石大橋徳島鳴門室戸岬高知市内→しまなみ海道→呉の約1000キロのルートでした。久々の長距離運転でしたが運転は嫌いではないので音楽を聴きながら良い息抜きが出来ました)^o^(

実は5年間ほどサラリーマン時代を過ごしたことがあるのですがその際四国の支店で高松や徳島高知などは1ヶ月づつ位過ごした事があり、その際の思い出や学生時代のドライブの思い出が詰まった地域です。室戸岬もその一つですが島々が続く瀬戸内海に住んでいると、初めて太平洋の水平性を見たときは随分と感動したものです。

また、高知市内で今回一番の目的、「おらんく家」という有名なお寿司屋さんがあり、そこでのお寿司、そしてひろめ市場という様々な飲食店がはいった場所で頂いたカツオのたたきは、分厚く豪快でとてもおいしかったです)^o^(

 今年も半年過ぎ、暑い夏を乗り切りながらなんとか自分のテーマを達成しつつ、健康に良い仕事をしながら乗り切りたいなと思っています!

2017-06-05 五月のあれこれとのどか予約システムについて

m-tamaki2017-06-05

 今年も早くも6月。もうすぐ梅雨の季節となりそうです。先日珍しいピンク色のアナベルを見つけ、思わず購入してしまいました。去年植えた通常よくみる白いアナベルが今年は大きくならず…、その部分をどうしようかと思っていたので早速植えました(*^_^*)

 4月から5月は個人的に一番好きな季節でゴールデンウィークを含め今年は結構遊ばせて貰いました。

ゴールデンウィークは1日お休みを頂き、フラワーフェスティバルの地域物産展で生涯一美味しかったと言っても良い台湾かき氷を頂きましたし、マツダスタジアムもお店の患者さんからチケットを頂いて毎月より多く観戦に行かせて貰いました。月末は尊敬するアーティストの一人、山下達郎さんのライブに行きました。その音楽に対するストイックなまでの情熱と職人肌は、オステオパスも参考にすべき部分が沢山あると思います。

 そんなこんなで予約状況もややタイトになり予約がとりづらく来院される方に少しご迷惑をお掛けしましたが、最近は有り難い事に自分でスケジュールをコントロールして自分の心身のメンテナンスもうまくさせて頂いております。

10年前くらいは呉と倉敷のお店を掛け持ち、約6年間定休日なしで倉敷広島を毎週往復していたので今は夢のような話です。

 そんなところで、丁度良い機会なのでのどかの予約スケジュールについて簡単に書いておきます。

 基本は毎日マックス8名様の受付で10時から21時までの営業、月曜日は定休日です。土日は営業ですが、セミナー参加などでちょくちょくお休みになったりします。

 最近は有り難くマックス前後を毎日対応させて頂く事が多いのでそうなると年齢的なものもあってか(ー_ー)少々体力的にきつい時期もあります。そうした時はお休み時間を長めにとらせて貰ったり少し早めに帰らせて貰ったり自分なりに甘えのない程度で調整をしています。

 この仕事はお一人お一人に施術者が心身ともに健全な状態で挑まないといけないと思っています。ただ「こなす」という事は出来ないのです。そうすると意識、無意識にかかわらず患者さんに伝わりそうした方は通われなくなる…、つまり結局施術者自身、お店に悪い形で帰ってきます。

 そうした意味で僕は体調管理に非常に気を使っています。またご予約を受けるに当たっても自分なりのルールを作っていて、連続してご予約を受けるにしても最大4人様までと決めています。それ以上となると体力はもっても集中力がどうもうまくいきません。そんな状態でただ「こなす」仕事をしてしまうとその方にも失礼だし、そのあとのご予約の方にも影響が出てしまいます。

 また、最近のもう一つのルールとして基本的に「これからすぐ」といったご予約で特に新規の方はお断りしています(当日のご予約は問題ありません)。ご自営で予定が立たないとか子供さんの都合で予定が立たないといった事情が分かっているリピーターの方は別ですが、ご事情が分からない場合すぐにすぐのご依頼はお断りしています。

 理由は、自分自身の準備が出来ていないからです。1日のスケジュールを立てる中で空きそうな時間があればそれはそれで非常に貴重で施術以外の仕事や勉強をする予定を立てています。そこに急な予定が入るとすべてのスケジュールが狂ってきますし、それがほかの患者さんへの悪影響になりかねません。

また気持ちの面でも予約を入れて来院下さる方には、前回までの状況なり自分なりのシュミレーションをして万全の状態で準備をしておきたいのです。

 これが良いのか?融通がきかないというのか?わかりませんが、O型はマイペース人間で周りにはあまり影響されませんが自分のペースを乱されるのが苦手で結構頑固です(~_~;)。

 僕は自分の仕事をいい意味でサービス業だとは思っていません。誇りと自信を持って仕事をしたいし、それを持てる為に自分自身も勉強、人間形成に努力する、そうしたところからくるうわべじゃない本当のやさしさを持って患者さんにあたりたいなと思っています。

 う〜ん、長く、熱くなった。終わり。

2017-04-17 セミナー報告と京都旅行

m-tamaki2017-04-17

 3月中も例年より肌寒い日が続き桜の開花も遅れましたが、4月に入りいよいよ暖かさを増し例年より遅めの開花となった桜もいよいよ散ってしまおうとしています。

 僕は先週4月8,9日の週末で神戸でのセミナーに参加して、その足で月曜日の定休日に京都を小旅行してきました。

 セミナー時はよくあるコースですがもちろん毎回違うルートを行こうという事で午前中は本格的に行くのは初めての大原三千院に向かいました。京都市内の道中は桜が満開でしたが少し北に上がる三千院ではほとんど咲いておらず、桜満開の季節にあえて桜の無い地域に行くという皮肉なものとなりましたが、初めての三千院はなかなか風情があってよかったです。

その帰りすがら銀閣寺周辺に寄ろうと思ったのですがものすごい人*1 駐車場のスペースがなく、急きょ予定変更でおなじみ嵐山方面へ。そして3,4年前に行った広隆寺、そう弥勒菩薩像を拝観してから嵐山へ向かう事にしました。

何回観ても厳かで穏やかな弥勒菩薩像、ありがたい気持ちになりながら嵐山へ向かうと桜満開!何度も嵐山にはきましたがここまで満開なタイミングで来ることが出来たのは初めてです。人もいっぱいで賑やかです。トウモロコシなどを頂きながらみる山々の桜色は本当に綺麗でした。

 さて、目的だったセミナーの内容は手部、足部を含む四肢へのアプローチです。肩や膝、股関節といった主要な四肢は勿論、手先足先の非常に細かな関節までのテクニックをすべて網羅しているボリューム満点のセミナー内容でした。

勿論、手足のテクニックは沢山ありますし現在使っているものもあるのですが、所属する会のテクニックは非常に解放力が大きいですし、僕のベースとなる技術なので再確認も含めて非常に重要な内容です。

 改めて、手足の石ころほどの小さな骨の問題でも全身に大きな影響を与えるという事を痛感しましたし、日々見過ごしてはならないと新たなモチベーションとなりました。

 今年もテクニック、診断、臨床論…と重要なセミナーが多く開催されるので頑張っていきたいなと思います。

*1:+_+