寄生虫ひとりがたり

2016-09-27 停滞

午前中は公務、午後からは送られてきた他人様のサンプルを検査したがムシはなし。その後、返送されてきたワークステーションをセッティングしてLinuxのソフトウェアインストールをやろうとして挫折し(まずはOSの構造理解から始める必要があった…)、気が萎えたのであとの時間は組合のニュースレターなど作って過ごす。やるべきことはいろいろあったがあまり進展感のない一日。

2016-09-26 わかっちゃいたけど

今日確認したこと。私が1、2回生に一所懸命教えている基礎講義の中身は、上回生になる頃には全部忘れられている。

2016-09-25 うーん(伸び)

久しぶりにエンジン全開で頑張って,論文の草稿が1つ完成。さて、もう一つあるんだが、今週はもう着手は無理かなあ。

2016-09-23 そうなのよ

朝日新聞。

福岡の生サバはあたらない? 秘密はアレの違い

http://www.asahi.com/articles/ASJ8Y5213J8YTIPE010.html?iref=comtop_8_01

福岡教育大にいた時分、オープンキャンパスで高校生に生きた寄生虫を見せようと思い、手っ取り早くアニサキスでよかろうと魚屋にサバを注文しました。当日、魚屋さんが満足そうに「良いのが入ったよ!」と見せてくれたのは鮮度抜群、ピカピカの玄界灘産サバ。それを研究室に持ち帰り、オープンキャンパスにやってきた高校生たちを集めて、さあ寄生虫を見ましょうね、と意気込んで解剖を始めたのですが…

…(解剖中)…

アレ?

…「寄生虫、いないね」…

…「すっごく美味しそうなサバだね」…

という顛末になりました。

LimnologyLimnology 2016/09/24 11:26 その時に内蔵を調べたら、アニサキス出てきたハズでしょうか?

m-urabem-urabe 2016/09/24 15:46 いえ、内臓(体腔)にアニサキスがいなかったのです。この記事では筋肉への移行が少ないと書いてありますが、アニサキスそのものが少ないように感じました。

LimnologyLimnology 2016/09/25 14:35 なぜなんでしょう?仮説とかは出ているのでしょうか。また、鯖だけでなく、他の魚貝類も日本海側は寄生虫が少ないのでしょうか。

m-urabem-urabe 2016/09/25 16:40 アニサキスは似たような生活間を持つ数種の線虫の総称です。こちらのサイトによりますと,日本海側には狭義のアニサキスAnisakis simplexは少なく、別種のA. pegreffiiが多いため,その種による生態の違いと解されているようです。ただ、福岡のサバの感染強度が低い訳ではなく、筋肉移行虫体が少ないとの結果ですから,私が解剖したサバにアニサキスがまったくいなかったのは「まぐれ」だったのでしょうか。http://www.tokyo-eiken.go.jp/assets/issue/health/webversion/web28.html

m-urabem-urabe 2016/09/25 16:42 大分のサバには本当にアニサキスが少ないようですが、アニサキスの中間宿主はオキアミですから、瀬戸内のような内海で少ないのは納得できます。私が解剖したサバも、もしかすると瀬戸内に近いところ(関門海峡付近など)で採れたのかもしれませんね。

LimnologyLimnology 2016/09/28 16:14 なるほど。とても勉強になりました。どうもありがとうございました。

2016-09-21 本のお勧め

[] 21:05

貝類学会にはとんとご無沙汰のm-urabeですが、中嶋さんの編集になる、最近の若手研究者による面白い研究トピックの数々を面白く読みました。貝という一見のんびりとした生き物が、けっこう(というより、想像を絶するほど)凄まじい「貝生」を送っていることに衝撃を受けます。貝に対する認識が変わること請け合い。

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらき

ミミズと土と有機農業―「地球の虫」のはたらき

新刊書ではありませんが、福岡時代にとても役に立った本で、先日本屋で見かけたのでまた購入しました。一見、ありがちな有機農法の本かと思われますが、ミミズの分類・生態・解剖についてしっかりしたデータを示した、立派な専門書です。特にミミズの検索表と解剖図の使いやすさはピカイチ。なんで今更この本を紹介するかというと、実は私の本のスタイルの参考にしたのがこの本だからです。

2016-09-20 デスクワーク

昨日取れたムシの文献調査とDNA抽出。一応全部既知種らしいが、1960年代以降、全然情報が更新されていないらしい。さて、形態の再記載などはする必要があるだろうか。

アメリカのF君に4年前に送った寄生虫サンプルのデータがようやく論文になったので、早速送ってもらって内容をチェックし、今書いている論文に反映させる。

2016-09-19 水族館の裏で

[] 22:47

一昨日の夕方、某水族館から「○○が急死した」という知らせが入った。こんな貴重な機会を逃すわけには行かないので、昨日急いで滋賀へとんぼ返りして解剖の準備を整え、今日は朝から水族館へ出向いた。

f:id:m-urabe:20160919223413g:image

全身の写真を出すと世間から苦情が出そうなので、一部だけを拡大。

こんな体形の動物は魚にもいるが、魚の場合は体側筋が発達するので内臓塊の占める体積はとても少ない。しかし、○○は違い、意外なほど筋肉量が少なくて内臓が多く、肺や肝臓などの内臓にも体形の特徴がばっちり出ているのであった。解剖の最中に「長すぎる(by J. ルナール)」と呟きながら、魚ってマッチョな生物なんだなあと思う。

f:id:m-urabe:20160919223133g:image

ムシの方は,狙っていた吸虫が採れたので大満足。その他、肺からも面白そうなムシが出た。写真は肺の内部に寄生するえらく派手なハイダニの仲間(※ツツガムシの類らしい)。

夕方6時までかかって1個体をさばき、二生吸虫全体の進化史確定に貢献してくれるかもしれない重要なサンプルを抱えて帰宅の途につくことができた。某水族館様,ありがとうございました。

2016-09-17 食虫類だもの

3連休は帰省しています。実家にはハリネズミがいますが、家族が虫嫌いなので、食虫類なのに生きた虫を食べさせてもらったことがありません。それで、お土産にミールワームを持って行ったら(ハリネズミが)大喜びしました。家族は悲鳴でしたが…。

f:id:m-urabe:20160917212206j:image

家族が「今までに見たことがない」というほどの勢いで食らいついたあと、めちゃくちゃ懐かれました。手や肩に登ってきて、下りてくれません。

2016-09-16 南からの知らせ

昨日、今まで時々支援してきたインドの児童保護施設から、突然来月で施設が閉鎖になるという知らせが来た。現地からの手紙の訳文によると、インドの現政権がヒンドゥー至上主義の方針を持っており,キリスト教系の児童施設に対して、入所児童の選抜や職員の採用などを政府に任すべしという運営介入を行って、事実上閉鎖させているらしい。マザー・テレサの修道会が運営しているカトリックの児童保護施設も閉鎖に追い込まれたという。とはいえ、現に親元で暮らせず、施設に入居している子供たちが数多くいるわけで、政府はいったいどうするつもりなのだろうか。何よりも、多様さを受け入れない社会というのは不自由で悲しい。

2016-09-14 ミニクルージング

卒論の分析材料として島のカワニナが欲しかったため、夏の間に多景島へ採集に行くことにしていた。このところ、大気状態が不安定な日が続いたので「はっさか」が出航できなかったのだが、今日ようやく船を出してもらえた。琵琶湖はやや波があり、コンディションはよくなかったが、多景島の船着き場は風下にあるため、そのあたりなら大丈夫だという判断である。風速は3〜4mといったところだったが、船に強い私も「ちょっとヤバいかな?」と感じるほどの揺れで、多景島までの高々10分の航路が何だか長く感じられた。

f:id:m-urabe:20160914182942g:image

多景島の周囲は切り立った岸壁で,徒歩で採集できる場所はなく、どうしても潜水しなければならない。それで、採集は当の卒論をやっているS君(元水泳部)と同学年のH君、いずれも水泳の達者な2名に任せた。貝はたくさんいるので、採集そのものは15分ほどで終了した。本人たちの曰く「僕たちのやっていること、海女さんと同じですね」。ご苦労さん。

2016-09-13 道連れ

kensuke_nakataさんの新刊書が届きました。新しい生態学的知見を盛り込んだ、お子様にお勧めの科学絵本です…が、自分の本をお読みいただいた方々からエラーを既に何箇所か指摘されてへこんでいるm-urabeは、nakataさんの本にも少々エラーがあるのを見つけてホッとしているのでした(我ながら性格悪いです)。

mitsunorinakanomitsunorinakano 2016/09/13 21:14 どの位の学年(年齢)から読めそうな本ですか?

m-urabem-urabe 2016/09/13 22:27 絵を見るだけなら小学校低学年からいけそうですが、文章は高学年レベルです。

kensuke_nakatakensuke_nakata 2016/09/14 19:22 それ教えてくれないのもっと性格悪い

m-urabem-urabe 2016/09/14 20:04 本文じゃなくて挿し絵の方なんで。

mitsunorinakanomitsunorinakano 2016/09/14 20:49 ありがとうございます。姪っ子が小学校に上がる頃にプレゼントします(あと6年程ありますが)。

m-urabem-urabe 2016/09/14 21:11 このシリーズは3冊セットで、全部揃えたら一万円近いんじゃないかな。

2016-09-10 実態

行きつけのマッサージ屋で職場のグチをグチグチとこぼしていたらマッサージ師さんに「大学の先生ってそんな親みたいなことまでするんですか」と驚かれた。そりゃ驚かれるよね。

もろもろの雑用がようやく一段落し、論文書き再開態勢に入る。後期が始まる前に2本投稿したいけれど、無理かなあ。