Hatena::ブログ(Diary)

あわわ

2018-06-10

真贋


今野敏2016年双葉社刊行
初出「小説推理」(2015年2016年)
あまり主役になることはない捜査三課刑事の物語。
犯人はプロがほとんどのこと。
今回は贋作ということもあり捜査二課のちょっと風変わりな刑事も登場。

若者たちは成長していく。自分たちは老いていく。それが人生だ。
だから人は何かを伝えようとするのだろう。

俺はね、俺が培ったノウハウ舎人のようなやつに学んでもらって感謝してるんだ
将来あんたが指導する立場になったとき、
若くて才能と実力があるやつに出会ったら、
きっと俺の気持ちがわかるはずだ

経験を伝えることの大切さがよく分かる。
あまり押し付けがましくならないように注意しないといけないけど。
その塩梅が難しい。

真贋

真贋

@2017年@図書館

2018-06-02

回帰 警視庁凶行犯係・樋口顕

今野敏2017年幻冬舎刊行
初出「日刊ゲンダイ」(2016年)
樋口顕シリーズ。第何弾かはよく分からない。
日本を安全な国というのはもう危ういかもしれない。

それが公安の考え方だ。
万が一国がなくなったら、人権もへったくれもなくなる。
そして、テロリストたちは間違いなく人権なんてことは考えていないんだ。
我々はそういう連中と戦わなければならないんだ

テロリストに立ち向かうため平和ボケな考えを改めないとと思う。
でもこれは樋口顕シリーズ。

平和ボケと言われようが、私は加羅夢の人権を尊重すべきだと思います。
すでにかなり人権侵害をしていると思います

これが前提であるとは思う。
娘の交渉術には舌を巻いた。
ここまでしっかりしてればきっと大丈夫かも。
@2017年@図書館

回帰 警視庁強行班係・樋口顕

回帰 警視庁強行班係・樋口顕

2018-05-07

2018年4月まとめ

読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3061ページ

トッカン 徴収ロワイヤルトッカン 徴収ロワイヤル
読了日:04月26日 著者:高殿 円
刑事の怒り刑事の怒り
読了日:04月25日 著者:薬丸 岳
甦る殺人者: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)甦る殺人者: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)
読了日:04月20日 著者:知念 実希人
人間の未来 AIの未来人間の未来 AIの未来
読了日:04月17日 著者:山中 伸弥,羽生 善治
レッドリストレッドリスト
読了日:04月13日 著者:安生 正
【2018年・第16回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】 オーパーツ 死を招く至宝 (『このミス』大賞シリーズ)【2018年・第16回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】 オーパーツ 死を招く至宝 (『このミス』大賞シリーズ)
読了日:04月12日 著者:蒼井 碧
風神の手風神の手
読了日:04月06日 著者:道尾秀介
道標 東京湾臨海署安積班道標 東京湾臨海署安積班
読了日:04月03日 著者:今野敏
海馬の尻尾海馬の尻尾
読了日:04月02日 著者:荻原浩

読書メーター


9冊で約3000ページ。一日100ページくらいか。
『刑事の怒り』(薬丸岳)、『トッカン 徴収ロワイヤル』(高殿円)が面白かった。
@2018年@まとめ

2018-04-06

2018年3月まとめ


3月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3494ページ

狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部
読了日:03月27日 著者:門田 隆将
正義のセ正義のセ
読了日:03月23日 著者:阿川 佐和子
婚活中毒婚活中毒
読了日:03月22日 著者:秋吉 理香子
クリスマスを探偵とクリスマスを探偵と
読了日:03月20日 著者:伊坂幸太郎
セブンズ!セブンズ!
読了日:03月18日 著者:五十嵐 貴久
インフルエンスインフルエンス
読了日:03月15日 著者:近藤 史恵
波濤の城波濤の城
読了日:03月14日 著者:五十嵐貴久
棲月: 隠蔽捜査7棲月: 隠蔽捜査7
読了日:03月09日 著者:今野 敏
ヒトラーの試写室 (角川文庫)ヒトラーの試写室 (角川文庫)
読了日:03月07日 著者:松岡 圭祐
マスカレード・ナイトマスカレード・ナイト
読了日:03月04日 著者:東野 圭吾
政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)
読了日:03月01日 著者:葉真中 顕

読書メーター



11冊で3500ページぐらい。またちょっと増えた。
良かったのは『棲月: 隠蔽捜査7』(今野敏)、『波濤の城』(五十嵐貴久)、『婚活中毒』(秋吉理香子)かな。
今月は面白い物語が多かった!

棲月: 隠蔽捜査7

棲月: 隠蔽捜査7

波濤の城

波濤の城

婚活中毒

婚活中毒

@2018年@まとめ

2018-03-29

アンカー

今野敏2017年集英社刊行
初出「小説すばる」(2016年2017年)
スクープシリーズ第四弾。(第三弾は『クローズアップ』。)
いつものとおり布施の感の鋭さに驚く。
何に何故違和感と持ったのかというのは読んでいても気になる。
ニュース・報道番組とバラエティ番組の違いなど最近気になる事柄も描いている。

形を守るのが伝統じゃない。
常に新しいものを模索する。
その姿勢こそが本当の『ニュースイレブン』の伝統だったんだ。

この姿勢はいつまでも忘れないようにしないといけない。
変化を取り入れた上で伝統を守ることが出来ればなといつも思う。

アンカー

アンカー

@2017年@図書館

2018-03-05

自覚 隠蔽捜査5.5

今野敏著 新潮文庫刊行
2014年単行本(新潮社)、2017年文庫化

  • 漏洩
  • 訓練
  • 人事
  • 自覚
  • 実地
  • 検挙
  • 送検

解説(大矢博子)あり。
単行本でも読んでいるので再読。
分かっていてもスッキリする。
竜崎のようにブレずに判断できるようになりたい。

人事を尽くしたからだ。

つまり、すでに天命を待つ段階だった。

一生懸命、人事を尽くすことを全うしたい。
また、解説にあるように次は竜崎の妻・冴子さんのスピンオフを読みたい。
どのように操縦しているのだろう。

自覚: 隠蔽捜査5.5 (新潮文庫)

自覚: 隠蔽捜査5.5 (新潮文庫)

@2017年@図書館

2017-03-22

隠蔽捜査6 去就

今野敏2016年新潮社刊行
初出「小説新潮」(2014年〜2016年)
隠蔽捜査シリーズ第8弾とのこと。
このシリーズは結末も分かっているんだけど、とても面白い。
竜崎のぶれない姿勢がとても心地よい。
分かっていても楽な方に流れてしまう自分が情けない。

指揮官のコンディションが悪いと、正しい判断が下せないし、判断に時間がかかる。
常にコンディションを良好に保っておくのも、君たちの義務なのだ

若いころ他の人より寝ないで働こうとしたとき先輩に言われたことだと思い出した。
リーダーは

判断をし、責任を取る。
俺たちにできるのは、それだけなんだ

ということなんだろう。

だが、黙っていると相手の言い分を認めたことになる。
それが討論の原則だ。
日本人は、黙っていても相手が意思を汲んでくれると期待しがちだ。
だが、実証を重視する世界では、その思いは通用しない。

というのは心に留めておこう。
自分の主張は常に言葉にすること。
タイトルの「去就」は次回作への布石なのかな。
とても楽しみ。

去就―隠蔽捜査6―

去就―隠蔽捜査6―

@2016年@図書館