Hatena::ブログ(Diary)

mA Blog

2014-09-22

掲載

建築JTのアンケートに寄稿しましたが、考えていたことに対して他の建築家の解釈が聞けることは、良いものです。

つたない文章ですが、みなさん読んであげて下さい。


住まいの設計 やっと出ましたね。

嬉しいことに表紙を飾っています。
鈴木編集長が見たいということで、日程を調整したことを思い出します。

ローカルな環境で建築を伝えていく為に、雑誌の力をお借りしていますので助かります。


では、今後も精進していきます。


川本あ。

住宅特集

新建築 住宅特集という建築誌の「建築・建設の現状と課題」という企画に、コメントが掲載されています。

建築 住宅特集10月号

f:id:mA-style:20140922135950j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

住まいの設計

住まいの設計という雑誌に、「緑縁の栖」が掲載されています。

住まいの設計 11-12 2014 No.655

f:id:mA-style:20140922115643j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

建築家と建てた家

ニューハウス出版のここが自慢!建築家と建てた家という雑誌に、「緑縁の栖」が掲載されています。

ここが自慢!建築家と建てた家

f:id:mA-style:20140922115612j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-09-21

建築の力

吉岡賞の批評が素敵過ぎる!

403おめでとう!

新たな建築の可能性を感じるとともに、1つの建築や1つの写真から感じる可能性を信じたい気持ちがフツフツ滾る。

言葉にならない感覚を追い求めたい。


川本あ。

2014-09-20

職人不足

さ〜大変。。。

名古屋呑みに行ってる場合ではないです。

建築でも緊急アンケートを組むなど、建築業界の状況が切迫している模様ですが、mAでもリアル体感中です。

関東圏の職人不足が異常で、鉄骨から木造へ設計変更しても見積調整がコントロールしきれず、元請さんが決まりません。

建主に気苦労ばかりを掛けています。
ある程度の目処が見えれば、前進してる感があるのですが、現実を目のあたりにして後退感がいなめません。

が!が!が!きのう仏様が光臨しました。
まだ、気が早いですが、
別件の見積でフラッとmAに寄った監督の加藤さんが相談に乗ってくれて、神奈川は隣県でもあるので何とか静岡の人材を使いながら建築が可能であるか?模索をしてくれるとのこと。

建設会社や業者にとって多くのリスクが伴うことは承知していていますので、感謝しかありません。

建築家として出来る事は諦めずに考えていくしかありません。
全責任をかけて道を探しております。


川本あ。

2014-09-18

eaves house

検討事項や施工図、机の上に山積みィ=3=3=3
・・・ワタシが追いつかないドスッ<<<

けど、現場は順調そのもの!!!

f:id:mA-style:20140918150131j:image:w360

f:id:mA-style:20140918150120j:image:w360

f:id:mA-style:20140918150110j:image:w360

では、明日も検査、打合せ、行って参る(笑)


川本ま。

2014-09-12

eaves house

eaves houseは、構造部材のほとんどが露出して空間をつくるため、上棟後は外部を覆うのに必死です。

f:id:mA-style:20140912164057j:image:w360

急勾配なので、大工さん、「常にアキレス腱伸ばしをしながら仕事してるんだッ!」って言ってました(苦笑)
ご苦労様でござるm(_ _)m

けど、迫力あります♪


川本ま。

ミスミの壇

ミスミの壇も残すところ竣工まで1ヶ月ほどになってきましたが、わりと時間がかかったなぁ+++

少し壇の様子が見えてきましたね!

f:id:mA-style:20140912163739j:image:w360


明日は、施主塗装!
さて、これからこれから〜


川本ま。

2014-09-10

まりも?たわし?

髪を切って、すこぶる評判の悪い僕です。


10年前のアフロ以来のパーマをかけてきました。

建築家らしい絵心で美容室への依頼書を作成

f:id:mA-style:20140910204953j:image:w360

まんまジャン仕上がり! 

では、会った際のお楽しみで!


川本あ。

eaves house

ブログ、ご〜〜〜無沙汰の川本ま。失礼します!!!


昨日は、eaves houseの上棟!
もちろん、普段の行いがとってもよろしい晴れオンナ・・・ってわけだが、まぁ〜朝から過剰な新陳代謝<<<
汗ダックダック===333

さて、eaves houseは、
全体は1階のボリューム群によって空間構成される小さな案件ですが、その上に掛けられた大屋根の架構がつくり出す懐の深い領域が、立体的にも平面的にも繋がり、開放感や閉鎖感や領域の交錯といった空間体験を得ることができる住まいです。

全体構造は木造ですが、部分的に鉄骨やSPFを使用して、構造でありながら様々な用途を担う部分となっているため、納まりや施工手順や精度確保、そして意匠の見通し判断など、事前協議はハンパなく大変でした。
この上棟を迎えるまで、ホント眠れない日々を過ごしていた(苦笑;)・・・かな。

けれども、この日ばかりは順調そのもの!圧巻でした!

f:id:mA-style:20140910141253j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141238j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141154j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141139j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141052j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141224j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141209j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141031j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141424j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141403j:image:w360

無事一日でここまで組み上げて、正直ホッ!
これも、お施主サンの期待と信頼と気遣いが監督や大工さんたちに伝わり、この現場を成功させよう!という切磋琢磨する姿勢のあらわれでもあります。
それに、笑いも絶えない上棟でした。(大笑)

f:id:mA-style:20140910141107j:image:w360

この場所にようやく姿を出しちゃったので、これからはご近所と馴染みながら徐々につくり上げていきたいです!
お施主サン、うま〜いお弁当とうま〜いお菓子、心からありがとう★

これからも頑張って参るぞッ!!!


川本ま。

2014-09-08

のんびり日曜日

錦織!ヤベ〜〜〜です!
昨日から今日の朝まで、NEWSは錦織ばかり。
何回見ても良いですが、明日が勝負!がんばれ!

錦織とジョコビッチの胸のユニクロマーク目立ってましたね。
めっちゃくちゃ宣伝なってました。
オイラには、まったく関係ないですが。

土曜日は、友人とのんびり朝ラ〜+ゴルフ打ち放し+BBQ

日曜日は、川本ま。が友人と自分磨きボルダリングに出かけたので、川本い。を誘ってララポに映画鑑賞にGOです。

見たのは、「トランスフォーマー ロストエイジ
基本ドンパチSF映画が大好きなのですが、最近のSF映画クオリティーの高さハンパないです。
珍しく寝ずに鑑賞できたので、よかったです。

その後は、御前崎港に釣りタイム!
餌は、青イソメ
釣果は、河豚*2、小さな鯛みたいなヤツ*1

写真を忘れたので、残念。

オールフリー*2+コンビニつまみ、川本い。もオロナミンC+菓子で一杯やりながら、のんびりダラダラ。

夜は、今更ながらの「24」シーズン1より鑑賞中・・・完全な寝不足。。。


くだらない日曜日の1コマでした。


川本あ。

2014-09-05

archicree

フランス建築誌archicreeに、「光の郭」と「緑縁の栖」が掲載されています。

archicree 367

f:id:mA-style:20140905170706j:image:w360

f:id:mA-style:20140905170927j:image:w360

f:id:mA-style:20140905170634j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

狭小

長閑かな環境なので広い敷地の設計が多いのですが、狭小地の案件も増えています。

f:id:mA-style:20140905130427j:image:w360

まだタイトルは未定ですが、mAでは珍しく3階建ての案件です。
建築は断面に解けていくと面白くなりますね。


川本あ。

のんびり釣りでも。

HPを変更したいなと思って手付かずのまま更新ができず・・・
釣りをしながら、バーベーキューをしている今日この頃です。

f:id:mA-style:20140905115613j:image:w360

息子の川本い。を誘って、男はサバイバルに生きろ的な感じの男のロマンを完全な押し売りしています。
釣ったものを焼くぞ〜と意気込んでいくのですが、ヘタクソなので河豚しか釣れず、今だ魚を焼けないのでビールばかり呑んでいる完全ダメオヤジです。

クライアントが自宅でキャンプするからという要望があって、せっかく新築を建てるんだから〜なんて思っていたんですが、最近気持ちがよく分かります。

形から入るので、キャンプ道具を買いあさっているのですが、肝心のテントが決まりません。何を基準にするのかさっぱり分かりません。


そんな川本い。と夏休みの課題

f:id:mA-style:20140905111017j:image:w360

ショボショボすぎるペットボトルロケット。これ小学校低学年レベルの出来栄えです。本人、中学生ですが心配な限りです。


川本あ。

2014-09-01

近況報告4

eaves houseは、ホームコネクターという金物+接着による構法を採用して、RC+鉄骨+木造の接合を試みておりますので、現場はヒ〜ヒ〜悲鳴をあげており、川本ま。の携帯は鳴りっ放しの質問攻めです。

まずは、ホームコネクターのレクチャーから。

f:id:mA-style:20140901102843j:image:w360

f:id:mA-style:20140901102910j:image:w360

f:id:mA-style:20140901103014j:image:w360

配筋状況です。

f:id:mA-style:20140901103230j:image:w360

f:id:mA-style:20140901103445j:image:w360



現場は、基礎工事が完了し、建方の準備に入っています。
RC・鉄骨・木 と別々の業者さんが準備しているので、施工図の量がハンパありません。

シバタさん! ありがとうございます!


川本あ。

近況報告3

ミスミの壇も順調に進んでおります。

f:id:mA-style:20140901100333j:image:w360

天井の納まりで、大工さんの丁寧な仕事ぶりが伺えます。

f:id:mA-style:20140901100519j:image:w360

屋根工事も完了していますが、川本ま。の割付のこだわりを感じます。

ミスミの壇は500峩瓩敷地ですが、やみくもに広い庭は維持管理が大変になるので、適度な庭サイズを建築に取り組みながら、敷地の余白は周囲との関わりをつくることを考えている建築です。

長閑な地域で設計をしていると、ここまでが自分の敷地ということを誇示することより、周囲の環境とつなぎ合わせることで、建築敷地という小さな単位を越えて、周囲の環境も含めて居心地の良い環境をつくれないかと・・・建築家らしい思想を描いております。

10月ころにオープンハウスを予定していますが、おそらくHP告知になりそうなので、要チェックしておいて下さい!


川本あ。

近況報告2

3年ほど前にリニューアルした「和ダイニング助六」さんから、更なる改装の相談があり、お手伝いしていました。

f:id:mA-style:20140901095735j:image:w360

改装の様子は、呑みに行ってのお楽しみということで!

流行っているようで嬉しい限りです。


川本あ。

近況報告1

サボリにサボっていたBLOGをまとめてUPです。

まずは、KAZAGURUMAの現場状況です。

f:id:mA-style:20140901094132j:image:w360

軒天が予想以上に苦戦を強いられたので、現場も遅れ気味ですが、大工さんが一生懸命がんばってくれていますので、建主さんも納得の工期延長です・・・すみません。

大工さんも内装工事に突入していますので、監督さん建具急いで下さい!

古い分譲地の規則正しい建並びに対し余白=庭が生まれ、良い感じに仕上がってきております。



川本あ。

2014-08-29

さ〜考えよう

建築ができることを考える必要がある。

政治や経済論理で考えていくと新築を建てず、建築ストックを利用していく流れに向うことは容易に想像できるが、数年前に直島や豊島でみた、建築アートの力により、愛されるまちづくりができている好例を思い出し、なんでも新しくすれば良いということではなく、土地の記憶やアイデンティティを尊重し、融合させていく必要があるのではないかと・・・


すでに頭から湯気が出っ放しであるが、いまだ執筆に追われている。


川本あ。

2014-08-18

執筆に追われる・・・

さ〜もっとも苦手な執筆業務に追われています。

なので、BLOGも怠り気味です。

難しい論語で考えていると、すぐキャパを超えます。

建築を難しくしているのは建築家であり、建築家でない人々は、そんなこと だ〜れも知らない。
これからの良い建築は、みんなが愛着のもてる建築
住宅のようにお金を出す人間が、真剣に考えた建築は愛着が持てる。
税金で建つ公共建築も住民がお金を出しているわけだから、真剣に考えて参加できる建築が必要になる。

ま〜そんなことを思考していますが、頑張ります。


川本あ。

2014-08-11

オープンデスク

本日より、オープンデスクの学生さんが参戦。

自分より15歳も若い・・・

経験は、まだまだ、これからなどと思っていると、最近の学生さんは情報やPCに対する性能がハンパない。

15年若い=15年も性能の高い人間だから、教えるより教えてもらうほうが多そう。。。


ま〜まずは、目標をもって、分からない事を見つけていきましょう。

そんな課題を用意しておきます!


川本あ。

2014-08-04

事務所移転・・・妄想。。。

事務所を移転しようかと真剣に考えているが、まだ現実味がない。

会社帰りに一杯やって帰る生活にあこがれているが、車社会の田舎の場合、駅まで車で30分。住まいを駅周辺に構える必要があるので、いろいろ無理そうだ。

だから、妄想のみ!

でかい空間

でかいキッチン+テーブル

近所に旨い酒場、もしくは旨い飯屋と同じスペース。静岡D&DEPARTMENTみたいな感じ。

あ〜引っ越して〜!


川本あ。

2014-08-01

シェアハウス

この前、成瀬・猪熊さんのシェアハウスを見せていただき、これ御前崎にいいじゃんと思う。

ド田舎ですが、世界的ウインドサーフィンのスポットなので、割とワンルームアパートが多い→ほぼサーファーが利用なので、セカンドハウス的なシェアハウスが良いという結論になる。

大屋さん的な地元のサーファーが管理して、シーズンはみんなで集まって住もうよって感じ。

土地がほぼ0円だから、建物費用のみで、かなり家賃抑えれるから、田舎でも可能性がありそう。

田舎に新たな住まい方が生まれると、新たな建築が誕生する予感。

f:id:mA-style:20140620195745j:image:w360

ワークショップのような環境で、土地が広くて、景色が良くて、ランドスケープと空間が重なって、人が集まり繋がる、そんなシェアハウスができたら、素直に気持ち良さそう!

今度、成瀬、猪熊さんにお会いしたら色々聞こ!

まずは、オーナーを探さねば!


川本あ。

スタッフ募集

スタッフ候補の大学生が、8/11よりオープンデスクに参加してくれます。

が、まだまだ慌しい仕事状況ですので、引き続きスタッフ募集しています。

設計事務所に勤めているけど、アトリエ事務所を経験したいな・・・みたいな感じの静岡県民の経験者がいれば幸いです。


川本あ。

夏季休暇

夏季休暇のお知らせです。

8/22(金)〜8/26(火)をお休みをいただき、建築旅行に出かけてきます。

海外と言いたい気持ちですが・・・諦めて国内・・・東へ向おうと思います。

でわ!


川本あ。

2014-07-31

510

510が独立して処女作となる建築を見せていただく。

まずは、お疲れ様!
独立1年目で、仕事があることだけでも良いこと。

写真は非公開ということで・・・

さ〜感想は・・・
表面的な印象をうけた。
きれいで何なの?

先日、東海住宅建築賞でお邪魔した4+1の建築との対比を感じた。
繊細なディティールと呼ばれるものは無かったが、本人が思う気持ちよさを追求した心地良い建築だった4+1に対して、510は、上手な納まりだけで、ショールーム的な建築にしか感じなかった。

少し責任を感じた・・・

でも、お互い同じ立場の建築家である以上、建築談議を重ねながら、スタッフ時代に伝えきれなかった思考を少しづつ話せればと思う。

器用より不器用であれ!
上手より下手で上等!
自分らしくあることが大切!

ま〜何より、今後の活躍に期待したい。


川本あ。

ナガタ☆ロッソ

ナガタ☆ロッソさんから『ロッソてん』のお知らせが届いた!

f:id:mA-style:20140731184641j:image:w360

mAが独立したばかりのころ、仕事がなくて毎週マシマさんのアトリエに集って、よく呑んでいた。

ナガタさんとの出会いもその時で、リリーや前田さん、室長などなどコイ〜連中が集まっていたものです。

ナガタさんのアトリエを設計したのが、友人の青木君のお父さんで、いろいろ繋がっていて・・・

ちょっと懐かしかったので。

9/2〜9/15 ギャラリーパンプキン 

遊びに行ってみよ!


川本あ。

JIA東海住宅建築賞

第2回JIA東海住宅建築賞2014の最終結果が郵送されてきました。

残念ながら奨励賞・・・

賞に入られた方々おめでとうございます!

暑い中、三重愛知静岡まで2日間で現地視察という強行スケジュールで、審査員の先生方お疲れ様です。

今回は事務局の一員という役得な立場で、2次審査に同行させていただき、生活後の住宅を見学させていただきながら、審査員の方々の批評を聞けるという貴重な経験ができました。

自分なりに感じたことは、またの建築談議の際に、勝手ながら一方的にお伝えできればと思いますので、お付き合いください。

9月28日(日)に、入賞された方々と審査員によるシンポジウムを予定しています。
審査過程の様子や入賞作品を題材とした建築の思考など、多くの批評が聞ける貴重な機会ですので、学生さん建築家の方々、是非是非ご参加ください!


川本あ。

2014-07-30

LW

韓国建築誌LWに、「緑縁の栖」が掲載されています。

LANDSCAPE WORLD Vol.71

f:id:mA-style:20140730212601j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-07-22

住宅特集

新建築 住宅特集という建築誌に、「ワークショップ」が掲載されています。

建築 住宅特集8月号

f:id:mA-style:20140722093056j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-07-18

パワーUP!

電気腹巻き効果を少しづつ実感しつつある今日この頃です。

川本ま。が、現場帰りに寄った薬局で僕にピッタリのものを見つけたよ〜!って教えてくれたので、早速買ってきました!!

f:id:mA-style:20140718133631j:image:w360

デキスギ!
集中力UPするようです?!^^;笑
これで僕もさらにパワーUPです!!

デキ杉。

銀行

先日のお話。

土地の購入前に資金計画書+仮図面を作成し、銀行の仮審査を受けるが、問題なくOK。

土地の契約を済まして、農地転用の準備に入る。
当然PLAN+融資証明が必要になるので、先にプレゼンに入る。

プレゼンも気に入っていただき、資金計画と工程表と図面をもって、融資依頼に行く。

すると、建主さんから電話があり、

建主・・・「銀行が請負契約書が必要って言っているんですが?」

川本あ。・・・「土地+建物を1本で借りるのではなく、別々に借りる場合は、必要ないはずですよ」

銀行・・・「別々で借りる場合は利息が上がりますので、このまま進める場合は、請負契約書を作成して下さい。それから半年くらいで家って出来ますよね〜」

川本あ。・・・「ハッ?」

こんなやり取りは、1度ならず、何度か経験がある。

モノゴトを順序だてて考えれば、この期間では不可能だということが分かるはず!

ですが、銀行の工程は全てメーカー基準の対応でしかない。

さすがに頭にきたが、大人の対応。

「他の銀行探します。」


せっかく土地を購入して、家創りを楽しんで欲しいのに、商品を買うような工程でないと、土地と建物を1本でローンが組めない仕組みは、少し検討して下さい! 

また、土地と建物を別々でローンを組んで金利があがるのは、仕事が遅い建築家が悪いみたいな感じはヤメて欲しいです!


この銀行だけか、ど〜かは知りませんが、時間は建築をつくる上で大切な要素ですから!


川本あ。

2014-07-16

建築談議

建築誌の編集長と毎度の友人と建築談義!

専門誌の在り方、様々な視点などを確認。

ゆるキャラ米ちゃんが編集長にイジられているのを楽しむ。

今後の別の企画についても色々と話し合い。
建築は孤独な戦いであるが、切磋琢磨できる良い環境をつくっていくことも大切な要素と考える。

studio velocityの栗原くんの新作について、色々聞く。
毎度ながらの刺激をいただきつつ、栗原くんをイジルことに喜びを得ていることに気付く。
良くシャベクル自分に反省するが、反省の色ナシ。

帰りに道、アレに気をつけながら帰社。
途中で監督さんがアレに補導されていて爆笑。

さ〜図面カキカキです。


川本あ。

2014-07-14

LiVES

LiVESという建築誌の「植物のある暮らし」で、「緑縁の栖」が掲載されています。

LiVES VOL.76

f:id:mA-style:20140714172245j:image:w360

デキ杉。