Hatena::ブログ(Diary)

mA Blog

2018-02-19

近況

すっかりご無沙汰です。

先々週は、美容院の提案。

イメージはOK、後はセット面の配置を検討してもらう予定。

画像の方は、また今度。


先週末は、大阪までプレゼンに馳せ参じてまいりました。

f:id:mA-style:20180219120843j:image:w360

ここで待合せ。

そのあと、駅近くの商店街の怪しいビルに連れていかれる。

f:id:mA-style:20180219120951j:image:w360

このビル、完全に夜行くお店ですがと思いつつ、

入り口のポストの中に、カギがある。

そのカギを持って、エレベーターに乗って、入ったのはBAR???

まだ、午前中ですが。


そ〜昼間は、レンタルスペースとして貸し出しているようで、

模型がおける広めのスペースをということで、建主が準備してくれました。

f:id:mA-style:20180219124402j:image:w360

肝心のプレゼンはというと・・・建主からのメールを待って報告します。

気に入ってくれているとは思いますが。。。



その後は、滋賀のテントハウスへ。

晴天が続いたので、雪がなく、無事に到着。

f:id:mA-style:20180219124623j:image:w360

足場もばれて、テントのお披露目。

ていっても、見た目は完全な倉庫。


f:id:mA-style:20180219124815j:image:w360

内部は、光と構造のコントラスト

もう少しで仕上がりなんですが、寒波の影響で土間打設が順延しているようなので、遅れ気味。

ま〜急いでないので、ラフな感じこそ丁寧に。



さて、そ〜言えば、3/1より友人たちとインドへ行ってまいります。

けっして遊びではありませんが、まじめに建築他国の文化にふれてきます。

この話は、また今度。


川本あ。

2018-01-26

近況

最近メチャメチャさみ〜です。


テントハウスを担当してくれているIから写真が、

f:id:mA-style:20180126095934j:image:w360

雪がヤバイことになっている。

建築自然環境から生活を保護するためにつくっていると改めて感じる。


近況は、和風の住宅を美容院に改装する計画のプラン中。

それと、大阪案件をプランしている。

美容院の方は、なるようにしかならないので、まずは、動線や必要スペースの確保といった間取りを何度も考えている。

あとは、お店としての表現。

近隣の住宅地に対して、ど〜建ち現れるか。

なじむは簡単だが、お店感も表現しつつ、良い感じに浮きたい。

大阪の方は、新しい建物と古い建物が混在している

駅周辺の住宅地にありそうな環境。

最初のきっかけを見つけていくスタディーを重ねているが

今だ腑に落ちるきっかけは見つかっていない。

もう少し時間がかかりそうであるが、日々もがいている。


東原の家は、ちょこちょこ寄っているが、異種の取合が難しい。

逃げがないので、業者さんには感謝。

他の現場も順調に動いている。

さて、本日は島田の家の打合せ。

建主がお忙しかったので、久々。

少し復習をしておきます。


多くの現場が動いているが、ど〜みてもスタッフが必要な状況。

切実に募集をお待ちしております!


川本あ。

2018-01-19

東原の家

図面ゾーンが少し落ち着いたので、現場監理へ。

現場は、屋根を仕上げたり、床の木組みをやったり、ガラスを入れる準備をしたりと、細かい作業が多く大きく見た目変わってないですが、順調順調!

f:id:mA-style:20180119204717j:image:w360

現場が順調なので、僕らもしっかり施工図のチェックと打合せを進めていかなければ!



STAFF Y

2018-01-15

Casa BRUTUS

Casa BRUTUS 理想の家ベストサンプルに、「海辺の丘」が掲載されました。

Casa BRUTUS MY HOME2018

f:id:mA-style:20180115160347j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

MY HOME100選

MY HOME100選vol.19に、「azmaya house」が掲載されています。

MY HOME100選vol.19

f:id:mA-style:20180115155609j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

スタッフ募集

新年早々に風邪をひきまして、しばらくの間くたばっておりましたので、

順調に遅れている図面も、さらに順調に遅れています(汗)

そんな訳でというのも何ですが、スタッフを募集します!


とくに女性の方を募集しています。

やる気があれば男性でもよいのですが、女性のほうがしっかりしているという、圧倒的な偏見です。

以前のmAに比べて、ガツガツというより、丁寧に建築を考えていこうという感じですので、

とても良い環境かと、アピールしつつ、

ぜひぜひ、ご応募ください!


川本あ。

2018-01-10

新年の挨拶

明けましておめでとうございます!

f:id:mA-style:20180110120655j:image:w360


毎年恒例の年賀状を送らずという不義理な対応を謝りつつ、

みなさん本年もよろしくです!

2017-12-25

年末のご挨拶


建主の皆様、現場の監督さんはじめ職人さんたち、おおくの方々に支えられ、良い年を過ごさせていただきました。

感謝です!


年末年始ですが、12/29(木)〜1/7(日)までお休みをいただきます。
おそらく自分は仕事をしているかと思いますが、
スタッフの労いで、長めの休暇です。

毎年のことですが、年始に新しい建主との出会いが多くあります。
おそらく、お正月の家族会議で、そろそろと住まいを考えねばとの話し合いがあるのでしょう。

その際は、是非気軽にご相談を!
年末最後の営業トーク(笑)

クリスマスに年末の挨拶という、ちょっと早い気もしますが、
年末までバタバタなので、悪しからず。

では、皆様、本年もありがとうございました!
良いお年を〜

川本あ。

2017-12-21

HOUSING

HOUSING bySUUMOの2月号に、「azmaya house」が掲載されています。

HOUSING bySUUMO2月号


f:id:mA-style:20171221195107j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2017-12-19

新建築住宅特集

新建築住宅特集の1月号に、「マチノスキマ」が掲載されています。

新建築 住宅特集1月号


f:id:mA-style:20171219094135j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2017-12-18

大阪へ

滋賀経由で大阪へ。

新規のクライアントとの打合せ。

クライアント静岡浜松生まれということもあり、mAに縁を感じて依頼をしてれた模様。

当然、建築も気に入ってくれた上で。

f:id:mA-style:20171218154821j:image:w360

さて、場所は駅周辺の住宅地。

昔から建っているだろう住宅とメーカーによって建売分譲された住宅が入り混じる。

そ〜建築をつくっていく上でのきっかけを見つけることが難しい環境である。

さて、ど〜したものかと思いながら敷地を確認し、

クライアントからご要望をヒアリングする。

予算をふまえて、できることやできないこと。

どんな日常生活を送りたいのか・・・などなど、いろいろ聞く。


遠方案件というのは、つい特徴的な環境を探そうとするが、

やることは変わらない。

そ〜変わらない部分を見つけていくこと。

さて、設計業務がバタバタしているので、まずは脳内PLANのスタートです。


川本あ。

テントハウス

滋賀のテントハウスへ。

いきなりのハプニング。

建主は打合せ場所を名古屋だと思い、こちらは現場へ。

高速ですれ違うという、申し訳ない限りの感じ。

名古屋よりとんぼ返りをしてもらって、2時間遅れの打合せ。

こちらの連絡不足で、すみません。。。

打合せは、外構の確認とテント等に関して。

外構は、凝りすぎず、シンプルな感じが良いだろうという事で、内部の素材を用いての提案。


f:id:mA-style:20171218151050j:image:w360

テントの工事は大方終わっているので、細かな確認をする。

外観だと分からないが、内部はテント幕を通した柔らかな光に包まれる感じ。

くもりでも明るく一安心。

遠方の現場であり、テント幕という初めての素材であるが、

スタッフと監督さん、業者さんが検討してくれている過程の密度が高いので、

安心して要所のみをチェックできる。

感謝しかない。

さて、あっという間に完成しそうなので、今後も要監理です。


川本あ。

東原の家

出張の合間をぬって、東原の家に参上。

本日は板金の打合せ。

図面段階でピントの合ってない箇所の確認。

完璧に記載しているつもりでも、ま〜あるよね〜。

現場の反射神経で決めるとロクなことがないので、

反射で出した回答と図面で描いた回答が同じかを再確認しながら、

違った場合は、なぜこう描いたのかを思い出しながら、ベストを指示。


f:id:mA-style:20171218150422j:image:w360

f:id:mA-style:20171218150447j:image:w360


端部の納めが大変な建築ですので、今後も図面で検討した内容を現場でも再検討しながら監理を進めていきます。


川本あ。

2017-12-15

中部建築賞

名古屋は、中部建築賞の授賞式!

「海辺の丘」と「光庭の棲」の2作品の入賞をいただきました。

f:id:mA-style:20171215143054j:image:w360

f:id:mA-style:20171215143123j:image:w360

f:id:mA-style:20171215143142j:image:w360

建主に代わり、表彰状の授与。

栗生審査員長とパシャリ。

担当だったデキ杉くんも参戦。


建主さんはじめ関係者の方々に感謝です!

よい建築をつくるということ。

そしてつくり続けるということ。

今後も精進していきます。


川本あ。

バケラッタ

ハイ!皆様 ご無沙汰!

久々にBLOG更新です。

今週は、東京名古屋大阪 3大都市を横断予定の出張+出張

図面が進まんわ。。。と思いつつ。

まずは東京から。

友人建築家バケラッタ森山さんにお誘いをいただき、

少し早めのクリスマスパーティーに馳せ参じてまいりました。

え〜仕事でなく、呑みです。


建築家はじめ、デザイナー、家具メーカー、雑誌の方々などなど、豪勢なメンツばかり。

オイラの周辺は、椎名さん、横河さん、矢板さん・・・巨匠建築家ばかり

緊張するわっ!

と思いつつ、ワインをガブのみ。


f:id:mA-style:20171215141544j:image:w360

f:id:mA-style:20171215141619j:image:w360

f:id:mA-style:20171215141642j:image:w360

f:id:mA-style:20171215141704j:image:w360


我ながらブスな顔がUPで、お見苦しい限りですが、

楽しんでまいりました!

森山さん、バケラッタの皆さん、瀧波さん、黒田さん・・・

準備してくださった方々に感謝です!

ありがとうございました!


川本あ。

2017-12-02

東原の家

祝上棟!

前日なんだか不安な天気模様でしたが、当日は無事快晴!
監督さんの雨男っぷりが発揮されず良かったです。

f:id:mA-style:20171202154631j:image:w360

f:id:mA-style:20171202154627j:image:w360

大工工事がそれほど多い物件ではないので、監督さんの段取りが要になります。
細々と手間っくいな物件ですが、監督さんよろしくお願いします!!

私もしっかりサポートできるよう気合を入れて監理していきます。



STAFF Y

2017-11-29

東原の家

先日は東原の家にて上棟を行ってきました!

上棟と言っても建築吉日を見ての、仮の上棟です。
本番はまた金曜日に。

f:id:mA-style:20171129192313j:image:w360

まだ、土台と柱が少し乗っただけですが、何だか面白い風景になりそう!
金曜日には現況に大きな屋根が掛かってくるので、風景が一気に変わっていきます。

乞うご期待!



STAFF Y

2017-11-27

A2F

只今、絶賛筋肉痛

先週末に、A2Fなる東海建築関係の組織事務所・アトリエ工務店・大学が参戦するフットサルの大会に参加してきました。

集まったチームは16チーム、200人以上。

f:id:mA-style:20171127120627j:image:w360

毎度思う事だが、運動せねばと。。。

毎年反省するが、行動はせず。。。


さて、結果はというと・・・・・予選敗退。

みなさん年々本気でスケット呼びすぎでしょ。

強すぎます。


ま〜結果はど〜あれ楽しんできました。

その後は、当然の建築談義 1次・2次・・3次・・・

オイラにとっては、サッカーより、こちらがメイン?



何はともあれ。

大会を企画+運営してくれているCO2WORKSの皆様に感謝です。


川本あ。

2017-11-21

テントハウス

雨で順延していたテントハウスの上棟で滋賀に参上です。

上棟が平日だったこともあり、日曜日に前入りをして建主と打合せという名の呑み!

建主の行きつけの焼き鳥屋さんにお邪魔して、ここに至るまでの思い出話に花が咲く。


すでに琵琶湖周辺に住まいをもつ建主にとって、

今回の計画週末住宅というより趣味のための倉庫の計画

いかにお金を掛けず、趣味に埋もれた倉庫をつくるかがテーマ。

そこで提案したのが、テントハウスとガラスハウス。

テントハウスは文字通りのテント膜を使用した倉庫のような住まい。

もう一つは、既成の農業用のガラスハウスを住める環境に変えるというもの。

センスのあふれる方なので、良しも悪いも伝えて一緒に悩んできたし、

楽しんできた。

ま〜ま〜そんな話を夜な夜なと。

焼き鳥ゴチでした!

写真忘れて美味しさ伝わりませんが、うまかったです!

話しの内容はハショッタ感が否めませんが、肝心の上棟の様子


f:id:mA-style:20171121144826j:image:w360

f:id:mA-style:20171121144942j:image:w360


昼休憩中に、現場から車で15分のこちらへ。

f:id:mA-style:20171121145344j:image:w360

f:id:mA-style:20171121145426j:image:w360

がっつりサボって、藤森建築を体感+お土産を購入。


上棟は無事完了。

とても小さな建築ですが、ミニマム好きにはたまらない。

遠方になりますが、信頼できる担当と監督さんなので、

任せすぎないように監理していきます!


川本あ。

2017-11-06

近況

週末のプレゼンに向けて最終調整。

mAでは、お会いした後、割と早めの段階で資金計画書と工程表をつくる。

これらはあくまで目処であるが、できる限り守りたいと思って努力はしている。

が、最近は工程に遅れるケースも多い。

原因は、プレゼンまでに多くの時間をいただいているから。

思いつかないのに、工程通りにプレゼンをしても全く意味ないし、

工程を伸ばしすぎても、これまた意味がない。

だって、追い込まれないと脳が活性化しないから。

その影響もあり、実施図面も遅れるという悪循環。

オイラが詳細図の全てを書いているから、なかなか進まない。

2年くらいの間、スタッフに任せながら、チェック担当に回っていたが、

はっきり言って、性格的にチェックが下手くそ。

任せるとピントがぼやける。

ま〜なんだかんだ遅れている言い訳をあげてみたが、

多くの方をお待たせしているのが、心苦しいのは変わらない。


さて、今週末は、テントハウスの上棟もある。

f:id:mA-style:20171106105515j:image:w360

順調に進んでいる。


ふじさん住宅さんは、只今見積中。

おそらく建築家案件は、はじめての業者さんも多いだろうから、

さぞや苦労するであろう。

まずは、理解をすることから始めてください。


東原の家は、いよいよ立ち上がりの打設準備。

ここが全てといっても過言ではない。

やるべきことをやって、打設にのぞみたい。


さて、現場から実施設計まで、多くの物件が同時進行しているが、

さすがに、スタッフを募集しなければいけない。

みなさん、こぞって応募してください。



川本あ。

近況

週末、脇坂教授と東北大学の小野田教授と佃さん夫妻を海辺の丘に案内。

JTで以前から知ってくれていたようで、興味深く見てくれた。

その後は、静岡建築家も集まり、浜松にて建築談義。

建築議論を交わすというのは、やはり面白い。


ホテルに一泊し、次の日、教授たちが見学予定のROKIに無理を言って便乗。

一度体感してみたかった建築

何と、学会賞の関係の見学会だったので、設計者である小堀さんのレクチャー付き。

同行されている方も著名な方々ばかり。

f:id:mA-style:20171106102708j:image:w360

f:id:mA-style:20171106102738j:image:w360

f:id:mA-style:20171106102813j:image:w360

f:id:mA-style:20171106102846j:image:w360

内観写真は、研究施設なので悪しからず。


まず感じたのは、設計者の熱量。

パナイ労力がかかっていることは、すぐ分かる。

体感は、光の郭に似ているが、もっと抽象的である。

光の郭が直接光なら、雲みたいな感じ。

天窓の下にROKIでつくられたエンジンフィルターを通しているので、

光がボヨンとしていて、やわらかい。

空間にも陰影が生まれ、心地良い場所を選びながら

社員が仕事をしているそうだ。

建築の在り方が、人の行動や働き方も変えているということ。

建ち現れ方や敷地建築の関係性も良い。

建物が建つまでのプロセスを聞いて納得。

当然、学会賞をとるほどの建築だから、良いに決まっているが、

オイラが興味がある環境と建築が混在している状態にある。

すなわち、建築と環境が混在することで、建築が消え、

人の暮らしが主題になっている。

これだけ、構成が強いと技術やデザインが主題となったドヤ建築になり易いが、

すべての技術やデザインが人のために活かされていることがよく分かる。


ご無理を言って便乗した甲斐があった。

良い建築を体感できて、感謝です!


川本あ。

2017-10-31

東原の家

毎度のことながら、雨模様。

今回はコンセントコンクリートに埋め込まれてしまう箇所のチェックのため現場へ。
特に大きな変更もなく。

f:id:mA-style:20171031163640j:image:w360

テントハウス同様、こちらも雨にて思う様に進みませんでしたが、ようやくここまできたか!といった具合。
天気にはどうしても勝てませんが、ここまで順調にすすんでおり何より!

ここから先、大変な打設が待ち構えていますが、そこが上手くいけば面白みが更に増すはずなので、楽しみです。


晴れが続くよう祈るばかりです。



STAFF Y

テントハウス

こちらも雨で順延していた滋賀のテントハウスの配筋検査。

オイラは立ち会えなかったので、新婚さんの名古屋在中のIさん?もうTさんか! お任せして写真にて確認。

f:id:mA-style:20171031154053j:image:w360

写真は、構造家さんと監督さん。

電気のスリーブの@を確認して、他は問題なし。

しっかり者のTさんが担当してくれているので、安心しきってますが、

プレカット図とテントのディテールを確認+確認していきます。


現場は順調!順調!です。



川本あ。

美容室

mAで以前改装させていただいた美容室さんが移転するということで、

今度の移転先の建物調査へ。

f:id:mA-style:20171031152820j:image:w360


何と住宅で、素敵な日本家屋

※洗濯物は悪しからず。リアル住宅なので。

現状の質がよいので、現状の良さを活かし、添える程度のデザインをする感じ。

おそらく、ギャラリーなんかを併設しながら、品のある開かれた美容室を目指していく。


でも、クライアントに再依頼受けることは、素直に嬉しいですね。


川本あ。

2017-10-27

STAFF募集

スタッフを募集します。

http://www.ma-style.jp/Contact%20us/Contact%20us.html

上記の履歴書をお送りください。

いろいろな要項が書かれていますが、まずは応募を!


川本あ。

2017-10-26

御前崎の分家

雨で延びていた御前崎の分家が、やっと上棟しました。

f:id:mA-style:20171026104236j:image:w360

写真に入りに来た犬の後ろ姿が愛らしい。


化粧材があるので、慎重に構えていたのですが、上棟後も雨。。。

雨降りすぎ。

週末また雨そうなので、2日で屋根をまとめて、ルーフィングを急ぎます。


建主が職人さんで、大工さんをご指名という事もあり、現場の段取りはmAで進めています。

イヤイヤ監督業は楽しい。

ちょ〜合理的な性格のオイラに向いていると改めて痛感。

職人さんを遊ばせないように、ばっちし段取りしてきまっせ。

しかし、PLANを進めている案件も多いので、

右脳ではPLANしながら、左脳で段取りみたいな

脳みそフル回転で活動中。



川本あ。

2017-10-25

ふじさん住宅

台風とともに、ふじさん住宅さんの打合せのために富士まで北上。

由井が通行止めで大渋滞。

予定より若干遅れて富士に到着。

打合せの前に、ふじさん住宅さんの友人の方がファッションショ−をしているということなので、

先にそちらへ。

f:id:mA-style:20171025160841j:image:w360

https://www.mitsuishikawa.com/

素敵なデザイナーの方。

服の好みもズッポシ。

ギャルソン以外着ないmAですが、シャツを3枚ほど購入。

打合せをそっちのけで、普通に楽しんでいました。


さて、その後は食事をいただき、会社に移動して見積図の説明。

これから、大変なスケジュールですが気持ちを1つにして良い建築を目指していきましょう〜・・・といった感じで打合せ完了。


帰りは、さすがに通行止めが解除されているだろうと思いきや、

解除されていなくて、3時間かけて帰社。

疲れました。。。



川本あ。

祝!結婚!

先週末、スタッフIの結婚式に参戦してまいりました!

3年前に名古屋からmAに勉強にきたときから、本人からは彼氏がいると聞いていたのですが、

週末まで仕事してるし、出かけた話題は聞かないし、

おそらく妄想なのでは・・・と思っていたのですが、

本当にいたようです(笑)

付き合っていた彼女が数年勉強に単身で静岡へ。

イヤイヤ寛大な旦那さんです。


さて、少し前から結婚式のことは聞いていたのですが、

「公園で結婚式をやります」・・・と。

こだわりのある女性なので、素敵な結婚式の準備をしているだろうなと思っていたのですが、

で、雨の場合どうなるの?

あっ別の会場を用意してあるので、そちらで。


そ〜お察しの通り、週末は台風21号の関係で雨。

心配が的中。

土壇場まで、天気に期待していたため、別会場もおさえれず、

雨の中での公園での結婚式がスタートです。


会場は公園の中のテント。

f:id:mA-style:20171025153530j:image:w360

テントの中の様子は、立派な結婚式場

細かなセッティングにいたるまでオシャレ。

小さな気遣いがとっても心地よい。

f:id:mA-style:20171025153734j:image:w360

なんと司会進行は新郎新婦のお二人。

f:id:mA-style:20171025153900j:image:w360

mAファミリー

f:id:mA-style:20171025154031j:image:w360

公園なので気軽に来てくださいと言ったのを、真に受けて、

パン+サンダルで来た造園屋の太田さん(爆)



なっなんと!

貴重な写真を。

f:id:mA-style:20171025154309j:image:w360

ウエディングプランナーの台本があるだろう結婚式に余興をぶち込む

川本ま。 with B

f:id:mA-style:20171025154341j:image:w360

そして、会場は大爆笑・・・とくにオイラ!


とても、丁寧で心がホットする素敵な結婚式でした!

おめでとうIさん!

お幸せに〜!!!


川本あ。

独立

mAに7年在籍した、デキ杉くんが、めでたく独立しました!

入社当初は、ど〜しようもなかったヤツでしたが、

持ち前の明るく前向きな性格で、多くの方にかわいがられながら、

mAと共に成長をしてきました。

正直言って感謝しかありません。

デキ杉くんが抜けた穴を埋めることはmAにとっても大変なことですが、

それ以上に彼の次なるステップを応援したいと思います。


さて、そんな訳で送別会を。

デキ杉くんのリクエストで海辺の丘でのBBQ

まずは、会場を提供してくれた建主さんに感謝!

そして、監督さん・業者さん・建主さんの方々にもお集まりいただき感謝!

その様子。


f:id:mA-style:20170918101222j:image:w360

f:id:mA-style:20170918101251j:image:w360

f:id:mA-style:20171025151041j:image:w360

f:id:mA-style:20171025151120j:image:w360

f:id:mA-style:20171025151206j:image:w360

f:id:mA-style:20171025150730j:image:w360

f:id:mA-style:20171025150810j:image:w360

f:id:mA-style:20171025150831j:image:w360


実は9月末のこと。

バタバタでUPできず、すみません。



これからも、mAにいる時とは違う苦労もあるかと思いますが、

持ち前の明るさでがんばっていってください!



川本あ。

2017-09-30

ふじさん住宅

「ふじさん住宅」

富士市にある金属加工の会社が数年前より住宅業界に参入されました。

その会社名が「ふじさん住宅」

只今、その「ふじさん住宅」さんの展示場を計画しているという状況です。


まずは展示場を計画するにあたって、

近年、多様になる住まい方やニーズに答えるために

1つ1つの敷地を読み解き、要望を聞きながら、住まいづくりを進めていく必要があると思っている。

建築家であれば、これらの多様なニーズに対応することは当たり前であるが、

メーカーのような合理的な商品では、これら多様なニーズに対応しづらい。

そのため、メーカーと建築家中間的なポジションが着目されている。

今回の展示場は、そんなポジションかな。


さて、その中で、mAが、どのような展示場を計画するのが正しいのか?

ま〜ま〜とてもとても、悩みました。

単純に考えれば、どんなニーズにでも答えれる「おおらかな空間」

ワンルームに近いスケルトンをつくり、多様な建主に要望に応えながらリノベーションしていく方法がよいのか。

しかし、商品のような箱を提案することになり、

商品として消費さえてしまいそう。

おそらく都市では良いのだろうが、敷地が広い地方では、残地が困る。

やはり、庭と関わりある状態を提案することが、「おおらかな暮らし」

にとっては大切だと考え、縁側のある平屋を提案しました。

ベタな回答ですが、長い間、暮らしに寄り添ってきた場所ですから、

年齢層を問わず、敷地環境を問わず、対応できる。

だから、今回の展示場は商品でなく、「庭と関わりある生活」という

1つの体感の場。

そ〜すると困るのが、この展示場をみて依頼を得たら、ど〜していくのか?

商品であれば、営業マンが売れるが、この提案の場合、1つ1つを設計していく必要がある。

・・・

長くなりそうなので、ここからは次回!

f:id:mA-style:20170930095612j:image:w360

150坪ほどの広い敷地、ふじさん住宅さんからの要望で少し富裕層向けかな。

只今、実施図面作成中、少し待たせていますが、良い建築になるよう丁寧に進めて行きます!


川本あ。