Hatena::ブログ(Diary)

mA Blog

2016-09-30

レクチャーイベント

JIAのイベントが名古屋大学にて行われる。

ちなみに本日の夕方。

http://www.jia-tokai-aichi.org/cms/2016/09/30/2541

DIGの吉村さんが主体となって、

建築をつくっていく上で社会に対して何ができるのか?

社会に対してつくられた建築がつくる社会とは?

などなど、

パネラーを呼びながら、多くの議論が交わされる。

今回ですでに5回目。

まったく参加できていないが、

建築家として何ができるのかという帰路に立たされている自分も、深く考えされられる。

正直言うと、自分は社会というものに余り興味がない。

建築ができたことによって、心地よいと感じてくれて、人が集まり対話したり、食事をしたり、そんな建築が理想だと思っている。

それが、強いては社会にほんの少し貢献できれば、結果よい。

だが、こういった議論があること、議論の場をつくること、

それが、良い環境や関係性を生むことは間違いない。

現場畑の自分にとって、建築家ってすげ〜なと改めて思うし、

近くに良い建築家がいることに感謝している。



川本あ。

2016-09-29

近況

10月は2件のOPEN HOUSEを行う予定ですので、都合の良い方は是非。

どちらとも駐車場が限りがあるため、ご予約を!

HP上で地図をUPしないので、参加希望の方はmAまでメールor電話下さい。


年内は、あと別の2件の住宅が完成予定。

こちらは、まだまだ現場にて奮闘中であるが、良い建築ができそうな感じですので、お楽しみに。


いくつかのPLANが停滞中なので、良い方向に向かうことを祈りつつ、滋賀案件をPLAN中。

こちらは、単純な計画だけに、きりなく追及できるので割と時間が掛かっている。

決まれば早い=単純な建築なので、よく検討をしていきたい。


最近、遠方に出かけることも多いので、スタッフに建主との打合せや現場監理を任せることが増えた。

正直、良くやってくれているし、感謝している。

ま〜たまに建主から、ぼやきメールも届くが、

自分もそうであったように、建主に教えていただくことのほうが重要。

そのほうが、自分の説教よりはるかに成長も早い。

建主の目線というのはプロ以上に厳しい。

それは当然自分の家だから。



以下のこのことは、建主にもよく話す内容。

自分たちも建築家としてプロとして依頼を受けて建築をつくるが、けっして自分が住むわけではない。

もちろん、設計段階では、自分自身が住むことを想定して設計しているが、

自分たち建築家の判断も決して建主にとって、すべて良いということではない。

例えば、建築家的には外部からのつながりで、内部に土間をつかえば広がりが生まれるが、当然建主にとっては寒い。

こんな感じで、絶対ではない。

だからこそ、建主は自分自身で判断する必要がある。

合理的な既製品を購入しているわけでないからこそ、

良い意味でも悪い意味でも、建築家と一緒に悩んで判断していき、

良い共犯関係を築きながら、出来上がる過程を楽しんで、良い建築として成長していくのだと思っている。



ま〜くさい感じであるが、いろいろと良い建築をつくるためには、重要なことなので伝えている。

さて、近況報告の予定が、脱線してきたので終了。

また、現場状況は写真と共にUPしていきます。


川本あ。

2016-09-28

住まいの設計

住まいの設計 11-12 2016 No.667 に「azmaya house」が掲載されています。

住まいの設計 11-12 2016 No.667
f:id:mA-style:20160928213701j:image:w360



mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

マチノスキマ

本日は1日お施主さんの塗装工事のお手伝い。

今回で4回目くらいですが、よ―――やく塗装工事の終わりが見えてきました。
やっぱり段差、隙間だらけだと塗るところも盛りだくさんです。
お施主さんにもお手数お掛けしております...。

現場も設備機器が付き始めてもうすぐ完成です!
手間がかかってる分、面白くなっておりますので、オープンハウスへ是非!!

f:id:mA-style:20160928202132j:image:w360


STAFF Y

2016-09-27

近況

昨日は現場廻り

まずは、補修中の現場へ。

f:id:mA-style:20160927092824j:image:w360

駐車場を石敷きで施工していたのだが、目地に詰めた砂が雨で流れてしまう。

まずは、目地をモルタルで補修したが、その夕方に予定外のスコール・・・

目地のモルタルが流れてしまう。。。残念で極まりない。

結果、ALL土間コンクリートにて施工。

イヤイヤ大変だ。

この前も話したが、いろいろと考え方が違う。

建主の言い分も分かるし、言っていることは間違っていない。

しかし、造園屋が悪いとも思えない。

やはり、建築は難しい。


さて、新規の物件(仮)SUPER STOIC これ、お店の名前。

自動車屋さんのオーナーさんの自宅。

f:id:mA-style:20160927093555j:image:w360

基礎完了。

割と基本的な基礎形状。

これから、プレカットの打合せが大詰めを迎え、上棟へ。

さらなる良い建築を目指していきます。


その後は、静岡市へ。

完成間際のマチノスキマに参上です。

モルタルとラワンは風合いの相性いいですね。

f:id:mA-style:20160927094449j:image:w360

良い感じに仕上がってますので、

オープンハウスに是非ご参加ください。

用事が出来たんで、ここまで。


川本あ。

2016-09-26

普通ということ

新規の方から、「普通のはつくってないんですか?」って言われた。

というより、実は前から割とよく言われる。

このことは最近よく考えていること。

自分たちも、アクロバティックな変わった建築をつくりたいわけでない。

その場所性や建主を読み解きながら最適な回答をだしている・・・つもり。

只、とあるキーワードやコンセプトに特化すると、

上手くいけば面白い建築になるのだが、それが返って無理やりコンセプトの中に住めと言っているようで、違和感に感じるときもある。

大切なのは、あくまで設計しているの日々の日常。

日常は、そんなにスペシャルな感覚は必要ない。

病気の時もあれば、落ち込んでいる時もある、それも日常である。

だから建築もすべてスペシャルである必要はない。

その日常がいかに心地よいと感じれるかが、自分たちの大切な設計趣旨。

それと共に建築が建つことで、地域や周辺環境がちょっと豊かになるように努めている。


普通というのは、大切であり、とても難しい課題。

特別なことをしていないのに良い建築というのはたくさんある。

また、建築家提案したスペシャルなことが新たな普通になる瞬間もある。

大切なのは、心地よいということ。


普通について、考えている今日この頃です。


川本あ。

2016-09-23

マチノスキマ

静岡県静岡市に、「マチノスキマ」という住宅が完成します。

この度、お施主様のご理解とご協力により、完全予約制にて内覧会を開催させて
頂くこととなりました。
ご興味のある方は、下記概要を御覧頂き、是非お問合せください。


□ 日時 : 平成28年10月15日()・16日(
       ・10:00〜10:30
       ・10:30〜11:00
       ・11:00〜11:30
       ・11:30〜12:00
       ・12:00〜12:30
       ・12:30〜13:00
       ・13:00〜13:30
       ・13:30〜14:00
       ・14:00〜14:30
       ・14:30〜15:00
       ・15:00〜15:30
       ・15:30〜16:00
       ※各時間帯2組までご案内させていただきます。

□ 場所 : 静岡県静岡市葵区(場所詳細については、下記までお問合せください)

□ 連絡 : 株式会社エムエースタイル建築計画 川本宛
        tel.0548-23-0970 fax.0548-23-0971
        mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

二重層の住処

愛知県豊明市に、「二重層の住処」という住宅が完成します。

この度、お施主様のご理解とご協力により、完全予約制にて内覧会を開催させて
頂くこととなりました。
ご興味のある方は、下記概要を御覧頂き、是非お問合せください。
この内覧会はmAとのイエづくりに興味がある方々のみに限定させて頂きます。
建築関係者及び学生は、ご遠慮下さいますようお願い致します。ご了承ください。

□ 日時 : 平成28年10月9日(
       ・10:00〜10:30
       ・10:30〜11:00
       ・11:00〜11:30
       ・11:30〜12:00
       ・12:00〜12:30
       ・12:30〜13:00
       ・13:00〜13:30
       ・13:30〜14:00
       ・14:00〜14:30
       ・14:30〜15:00
       ・15:00〜15:30
       ・15:30〜16:00
       ※各時間帯2組までご案内させていただきます。

□ 場所 : 愛知県豊明市(場所詳細については、下記までお問合せください)

□ 連絡 : 株式会社エムエースタイル建築計画 川本宛
        tel.0548-23-0970 fax.0548-23-0971
        mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2016-09-20

設計は難しい

設計は難しいとツクヅク感じる。

建築JTでもある建築家の失敗あるあるである。

最近も庇が短いため、玄関ドアを開けると雨が吹き込む・・・と。

上部に大きな開口があるので、庇の控えがつけれずサイズに制限が生まれる。

意匠性を追求しながら、サイズも限りなく大きくした。

現場の時には、3度もつくり変えた庇である。

意匠方からすれば、多少の吹き込みはしょうがないと思いつつ、

建主からはなぜ雨が? という質問がある。

これは、建主の悪口でなく、価値観や住まい方が人それぞれ違うから、設計とは難しい と言いたい。

あることを行うために、ある日常的な機能を損なう。

これが、建築家にありがちであるが、この時こそ住まい手と共犯になれるような価値観の共有が必要である。

でも日常にある機能は出来る限り損なわないように努力はしたい。

建築は芸術でなく、日常の設計であるからだ。

しかし、クレームだけを考えた合理性だけでない価値観を設計していきたい。

あ〜設計は難しいから、それ以上に楽しい関係をつくりたい。


川本あ。

2016-09-17

海辺の丘

内部も外部も徐々に仕上がりつつある「海辺の丘」です。

仕上げ工事の打合せを行いました。
特に車庫に関しては、配置の段階から何度も何度も検討を重ね悩んだ箇所です。
悩んだ甲斐もあり、建て主にも納得していただき最善の状態になったと思います♪

f:id:mA-style:20160917225854j:image:w360

ようやく丘の工事に入っていきますが、まだまだ課題は山積みです…。

一つ一つ整理しながら確実に答えを導くように思考あるのみっす!!


デキ杉

キルコス国際建築設計コンペティション2016

名工大の北川先生のお誘いで、キルコスの国際コンペの審査員やります。

http://www.circos.jp/

『キルコス国際建築設計コンペティション2016』

20組の審査員一人ひとりが、金賞・銀賞・ 銅賞・佳作を選定する国際建築設計コンペティション
テーマ:「鉛直 / 水平 Explore beyond the Boundaries of Verticality and Horizontality」
応募期間:〜2016年10月31日(月)24時(日本時間)
審査講評発表:2016年12月25日(日)12時〜(日本時間)
審査員:五十嵐淳五十嵐太郎/川本敦史+川本まゆみ/小川次郎/北川啓介/倉方俊輔/郡裕美/近藤哲雄/鈴野浩一+禿真哉/長坂大/南後由和/畑友洋/前田圭介/松島潤平/加茂紀和子+曽我部昌史+竹内昌義+マニュエル・タルディッツ/宮本佳明/山口陽登/山崎亮/吉村靖孝/彌田徹+辻琢磨橋本健



審査員が話し合って一つに絞るという形式ではないコンペ。

審査員も審査されている感じ。

ま〜なにごとも経験です。

日々勉強です。


川本あ。

週末のプレゼン

週末というか、もうすでに今日か・・・10時間後のプレゼンを準備中。

ま〜毎度のことながら、ギリギリです。


どんな建築かというと、ざっくり植物と家具と人について考えている。

家具はクライアントの趣味みたいな感じ。

ヒアリングの際に伝えてくれたのは、ほぼ持っている家具。

だから、家具を大切にした建築を考えたかった。

家具だけ考えると、ど〜してもインテリアになってしまう。

でも、周りは長閑な茶畑で、ほとんどプライバシーも気にならない。

今ある植物や新しい植物もたくさん植えて、植物と家具の間で生活が出来ないかと考え始めたのがスタート。

好きな植物や家具に囲まれながら生活で来たら楽しそうだから。



OKがでたら、また画像UPします。


日曜日は、裾野市へ。

新規のクライアントの土地視察。

買うかどうかの検討中なので、的確なアドバイスをしてきます。


さて、来週は関西方面へ。

予定がはっきりしないが、調整中。


BLOG書きながらスケジュールを整理している感じ。。。

さ〜プレゼン プレゼン

やらねば、終わらぬ。

それにしても、また腹が減ってきた。


川本あ。

2016-09-16

近況

名古屋に頻繁に出没する。

当然、現場監理のついでに建築談義。

けっして建築談義のついでの現場監理などとは言うはずもない。

f:id:mA-style:20160916210144j:image:w360

光庭の棲

写真は少し前の状況。

各所取り合いが遅れ気味。

STAFF Iがかなりプレッシャーをあたえているが、難しい納めに各業者さんが苦戦中。

だが、やるしかないし、やらなきゃ進まない。


写真を撮り忘れた2重層の住処は、少し遅れているが仕上げ工事+外構工事に突入している。

植栽が入ると2重層がよりはっきりしてくる。

10月初旬にOPEN HOUSEを予定しているので、またUPします。


静岡の各現場も仕上げに突入しているので、要チェックな日々が続く。


さて、名古屋ナイツのさらに夜な夜な。

みなさんがご帰宅になって泊りのオイラは、まだまだバー巡り。

そこで気の合うおっさんに遭遇。

おっさんといっても同じくらい。TV関係の仕事をしているらしい。

音楽とマンガと映画の話に火がついて、マスターもひっくるめて盛り上がる。

f:id:mA-style:20160916211603j:image:w360


これだけ映画を見るオイラであるが、恋愛ものだけは見ない。

だって感動すると涙がでるから。

お勧めされたのが、この映画。

音楽+シーンがたまらないからと。

しょうがないTUTAYAにいって、ハンカチの用意をしますか。


川本あ。

2016-09-10

マチノスキマ

昨日のことですが、現場にて塗装第二弾!

今回は天井と家具の塗装です。
今週から内部の左官工事が入っているため、
養生がいたるところにされており、出来る範囲での塗装でした。
それでも奥さんと自分2人で塗ること4時間!結構かかりました。

隙間とレベル差で空間をつくっているため、天井が多いこと多いこと..。
職人さんも手間がかかるわけです。

f:id:mA-style:20160910105214j:image:w360

左官工事も壁が多い分、手間がかかってますが
きれいに仕上げてくれています!
竣工に向けて、ばたばたしてきておりますが徐々に雰囲気が出来てきており良い感じです!

ラストスパート頑張らねば!



STAFF Y

2016-09-06

光庭の棲

現場にて打ち合わせ!

業者さんは岐阜から、mAは静岡から、光庭の棲は
東海3県力を合わせて進んでおります!笑

現場は構造家さんの金物検査も終わったので
壁と屋根の断熱材、構造用合板を大工さんにせっせと進めてもらっています!

細かい所までひとつひとつ打ち合わせをしていると
あっという間に数時間、、、!
虫よけスプレーがかけられない顔面を蚊に何カ所も刺され
打ち合わせ後は、通りかかる女子高生に刺された顔を見られないよう、下を向いて歩く、、、笑
そんなこんなですが、蚊を気にしている場合ではなく
工程を軌道に乗せなければです!!!

来週も検査と打ち合わせが続きます!

STAFF I

二重層の住処

竣工まであと1か月です!二重層の住処!


足場解体前の外部チェックを念入りに!!

二重層だけあって足場が上下左右に入り組んでおります。

f:id:mA-style:20160906223905j:image:w360

内部は仕上げ工事も終盤を迎えようとしています!!

週末には植栽の最終打ち合わせ予定!


残り1か月、最後までしっかりと監理したいと思います!

STAFF I

2016-09-02

マチノスキマ

今日は現場にて諸々確認と打合せ。

この物件は隙間をわざと作り出しているため、家具や棚が隙間に出てきます。
そのため、家具屋さんとの打合せが多いこと多いこと...。
取り付け方だったり、作り方だったりを何回も確認して、
ようやく隙間にハマる棚が付いてきました。
見てる側としては、そんなの横から入れて終わりでしょ!と思っても、
長い棚を頑丈にするための工夫だったり、仕上げとの兼ね合いだったりで、
ま〜〜〜苦労を掛けてます。

f:id:mA-style:20160902213747j:image:w360

でも、無事にきれいに納まりそうで一安心です。
最後まで職人さんには、苦労を掛けそうですがラストスパート頑張りましょう!!



STAFF Y

2016-09-01

ななや

藤枝に用事があったついでに、『ななや』へ。

抹茶の濃さが1〜7段階あるアイスを売りにしているお茶屋さん。

f:id:mA-style:20160901144711j:image:w360

休日は、長蛇の列だそうだが、本日はすいている。

頼んだのは、7番と3番。

写真は、7番とほうじ茶


感想は、うん。濃い。

並ぶほどかと思いつつ、スタッフにお土産のアイスを購入。

ま〜みなさん一度行ってみて下さい。


川本あ。

近況

オープンデスクに来てくれている学生さんを連れて各現場廻り。

mAに来てくれる学生さんは静岡出身の方がほとんど。

身近に優秀な建築家が育っていることは嬉しいね。

f:id:mA-style:20160901101904j:image:w360

さて、各現場が中盤から終盤戦へ差し掛かっているため、検討することが多い。

監督時代から現場変更が大嫌いだったので、図面段階で検討に検討を重ねるが、それでも現場段階でもしつこく考えるようにしている。

最終的に良い建築になっていることがすべてだからって思えるようになってきた。


週末は名古屋の現場廻りと滋賀へ。

滋賀は小さなプロジェクトであるが、建主と気が合いそうで楽しみ。



そ〜言えば、先週はHOUSE VISIONに行く。

f:id:mA-style:20160901102049j:image:w360

未来の住宅を描いた展覧会であるが、普通な日常の生活を大切に描いたプロジェクトが多く共感が持てた。

おそらく未来であれ、人が居心地よいと感じる感覚はあまり変わらないから。

建築家の圧巻のディテールやアイデアも面白く、楽しかった。


良き刺激を受けたので、新規のPLANを考えますか。



川本あ。

2016-08-27

マチノスキマ

今日は現場にて打合せ+塗装作業です。

現場は順調に進んでおり、そろそろ大工工事から左官工事へと
移行していきます。
そのため、今日はお施主さんにお休みを返上していただき、
一緒に枠廻りや棚などの塗装作業です。

f:id:mA-style:20160827182153j:image:w360


やっぱり素人が塗ることで、少なからずデメリットな点は出てきますが、
それでも、お施主さんに時間を取っていただき一緒に作業をすることは、
建築をつくっていく上で大切だなと感じます。
少しでも作業をしていただくだけで、商品としての建築ではなく、
愛着のわくものへと変わっていけるのかなと思います。

まだまだ塗装箇所はあるので、頑張らねば!



STAFF Y

2016-08-26

海辺の丘

住宅の内部と並行して外構の方も徐々に進行中です!!

f:id:mA-style:20160826151350j:image:w360

テラスの素材をいろいろ検討しましたが、最終的に石敷きになって雰囲気が
格段に良くなりました!!

炎天下の中、造園屋さんがヒ〜ヒ〜言いながら作業してくれているお陰です。
本当にありがとうございます。



ちなみに、道路側の土の埋め戻しも結構進んでます!!

f:id:mA-style:20160826151351j:image:w360

もうひと踏ん張りですが、熱中症にならないように気を付けながら
頑張っていただきます!

デキ杉

2016-08-17

二重層の住処

外部も内部もどんどんと仕上がってきました!

お施主さんと悩みに悩んで決めた外壁!
1枚1枚丁寧に、そして整然と張られております。よい感じです!!

f:id:mA-style:20160817232224j:image:w360

見る角度によっても、天気や時間によっても印象が変わります。

あと1か月半!気を引き締めて監理していきたいと思います!

STAFF I

光庭の棲

脱型、鉄骨搬入も完了!

f:id:mA-style:20160817225840j:image:w360

お施主さんとの打ち合わせを済ませ、川本ま。と現場チェック。

図面段階で検討に検討を重ねた事でも、現場でまた悩むこともあります。

でも検討を重ねていたからこそ悩む訳で、、、

やはり良かったと確認することも
最善と思うことが変わることもあります。。
深いです。

かと言って悩んでばかりで現場に迷惑をかけては
本末転倒なので、意識を先へ先へと向かわせなければなりません、、、!

日々勉強、日々精進です。

STAFF I

近況

盆休みは山へ。

微妙な天気になりつつ、藤枝の奥地へ。

釣り堀でヤマメ釣りをするも坊主・・・

ブルベリー狩りをするも、シーズン終わりで小粒・・・

ま〜天気同様の微妙な感じで休みを堪能。


さて、休み明けは各現場廻りから。

f:id:mA-style:20160817142606j:image:w360

各現場は、職人さんも少なく、まだ盆休みな感じ。


検討しなければいけない案件も多いので、駆け足で事務所へ。

新規の案を考えつつ、実施中の案件を再検討。

何だかんだで、いつもの日常がはじまった感じかな。


川本あ。

2016-08-10

盆休み

あち〜っす。

スーパー暑がりなオイラですが、エアコンの無い2階の部屋で扇風機にて孤軍奮闘しております。

我が家は、親父が極度な暑がりなため、1階は玄関から廊下まで、エアコンが効いている。
そのため、温まった熱は全て我が部屋へ向かう。

温まった熱は上にいくという物理的な論理を体感しております。

あと部屋が暑すぎると、扇風機は全く意味をなしません。

余談でした。


さて、mAの業務は本日まで。

明日の8/11〜8/15まで盆休みをいただきます。

メール等の対応ができませんので、悪しからず。


では、簡単ですが業務連絡まで。


川本あ。

マチノスキマ

建具等諸々の打合せも兼ねて、お盆休み前の現場チェックへ。

現場に行くたんび、ここどうする?ここどうなる?と質問攻めを
くらっていた現場ですが、ようやく大工工事の終わりが見えてきました!
何だかやっと!という感じですが、予定通り進んでおります。

現場で職人さんと話していると、自分のところに届く質問とは別で、
監督さんのところで解決してくれている問題だったり、
長く建築が持つための工夫だったり、図面では書き切れていない所が
まだまだ多々あるようで、監督さん様様です。
なので、現場ではもう少し現場よりの図面を書いてくれよ、
すこし意地悪気味に、でも優しさも込めて愚痴られています。

.........頑張ります。

f:id:mA-style:20160810105217j:image:w360

現場は、住宅らしくなってきたのでお楽しみに!




STAFF Y

2016-08-08

新規プロジェクト

久々の完徹で、愛知県までプレゼンに馳せ参じてきました。

f:id:mA-style:20160808095325j:image:w360

気に入ってくれた感じ!

まだまだ、乗り越えていく課題はありますが、ひとまず!



自分で言うのもなんなんですが、

最近のmAいい感じなんです。

今までは、自分の中で整理して答えを出していたのですが、

スタッフがPLANに参戦するようになって、ダメ出ししながら、やりたいことが整理されていく感じが良いんです。

やりたいことの純度を追いがちなmA建築ですが、

単純に心地よい場をたくさんつくることのための建築の純度であるように努めています。


そんな訳で、ノリにのってるmAに新規のPLANの依頼を!


川本あ。

近況

朝。。。コンビニで声を掛けられる!



五十代の親父に(苦笑)


「前からファンでした!」


「???」


ど〜やら、うちの建築が好きな模様。

朝からコンビニで10分、熱弁を聞く。

セブンコーヒーコンビニ内で飲み終えたわ!



さて、先週はバタバタ


財布を無くす。


それから...

警察行き〜の。

落としたであろうコンビニで、防犯カメラまで見してもらい〜の。

カード関係のストップを段取りし〜の。

布団引いたら、財布出てき〜の。


えっ?

安定の落ちです。


そんな訳で、どんな訳で?

今週もがんばります。


川本あ。

2016-08-02

JIA東海住宅建築賞

先週末、JIA東海住宅建築賞の2次審査となる現場審査がありました。

今回から現場審査後、そのまま公開にて大賞を決めるというハードスケジュール。

暑い現場から、熱い建築談義という、なんともホットな感じ。

f:id:mA-style:20160802134026j:image:w360

f:id:mA-style:20160802134156j:image:w360

これは、現場審査の様子。




さて、2次審査の結果は・・・



mAは残念。。。



まだまだという講評。

切られに切られるが、言われていることは、よく分かる。

勉強!勉強!

しかない。


結果が出るのが、審査。

建主には、なんか申し訳ない感じであるが、

建築的な考え方や審査員の建築論を軸に批評していますので、評価を受けない=悪い住宅ということではありません。



さ〜何はともあれ、

より良い建築を目指して考えますか!





川本あ。

2016-07-30

マチノスキマ

現場の進行状況を確認しに現場へ。

進み具合が分かりづらいほど手間がかかっていますが、
着々と進んでおります。

f:id:mA-style:20160729231808j:image:w360

玄関土間も打たれ、プラスターボードも徐々に張られ、
少しずつ建築の輪郭がはっきりとし始めています。

ワンカットの絵で見ると、隙間からはいろんな行為が垣間見え、
面白い絵が至る所で見えてきます。

まだまだプラスターの黄色い壁ですが、内装が仕上がっていけば部屋の内外で
素材が変わる為、また違う見え方に変わっていきます。

さて、面白い空間をつくるために、
細々した箇所をしっかりとブレずに決めていかなければ!



STAFF Y