Hatena::ブログ(Diary)

mA Blog

2016-02-12

ヒカリノコヤ

マチノスキマの地盤調査を確認後は、ヒカリノコヤへ。

現場は、スチール階段が収まり、ラーチを張り始めました!
ダイニングテーブルとキッチン天板も打設が終わり、
すごい存在感を醸し出しています。

ラーチの下見板張りも、いい感じになりそうで一安心。

f:id:mA-style:20160212004404j:image:w360

f:id:mA-style:20160212004337j:image:w360


ヒカリノコヤは、着工ラッシュが始まった頃に竣工を迎えます。
新規物件も楽しみですが、こちらの完成もご期待を!




STAFF Y

マチノスキマ

減額調整中のマチノスキマです。

二重層の住処に続き、こちらも旗竿型敷地の2世帯住宅です!
同じ2世帯で旗竿型でも、全然空間の作り方、光の取り入れ方など、
全く異なった住宅です。

乞うご期待!!

f:id:mA-style:20160212003027j:image:w360

今日は、地盤調査でした。



STAFF Y

2016-02-05

二重層の住処

いよいよ着工です!!

“二重層の住処”!!!



敷地はいわゆる旗竿型。

お隣には畑や庭があり、周りの住宅が差し迫っている程ではないものの

四方を囲まれた環境です。

道路から見ると建物が少しのぞくような感じです。

f:id:mA-style:20160205135246j:image:w360


現場は解体が完了し、地盤改良→基礎着工へと進んでいきます!


建て主さんとは同じ苗字でご縁を感じます!

会話の中でたまに誰の事か分からなくなりますが、、、笑

みなさん明るくとっても優しい素敵なご家族の二世帯住宅です。


夏の竣工に向け、気を引き締めて参りたいと思います!!!


mAはもうすぐ着工ラッシュを迎える模様です。

それぞれの物件の施工検討会が続き、そのあとを追う減額調整の打ち合わせ、さらにプレゼン!!!と

バタバタした来週となりそうです!!


お久しぶりのSTAFF I でした

ヒカリノコヤ

ヒカリノコヤは壁に断熱材が入り、床組みが始まっております。

床のラインが出てきたり、ダイニングテーブルの型枠が作られてくると
高さや大きさが、はっきりしてくるので生活する風景が想像できます。

f:id:mA-style:20160205005509j:image:w360

リビングのベンチは、いい感じに低く仕上がり、
ダイニングテーブルは、広く大きくいい感じの存在感です。

竣工が待ち遠しい限りです!



STAFF Y

2016-02-02

プレゼン

プレゼンゾーンが続きます。

(仮)浜松の家のPLANも無事OKをいただき、只今基本計画中です。

こちらも実は、年末にプレゼンをしているのですが、基本計画中にPLANをやり直したほうが良いのでは?・・・という思いにいたり再PLANをお願いして、現在にいたります。

f:id:mA-style:20160202095015j:image:w360

基本計画もまとまりそうなので、こちらも実施図面に突入です。


川本あ。

2016-02-01

中縁の格子

週末に「中縁の格子」の地鎮祭を執り行いました。

f:id:mA-style:20160201030745j:image:w360

f:id:mA-style:20160201031307j:image:w360

「中縁の格子」は、化粧品+健康商品を販売する店舗と住宅の2階建ての建物です。
建物の構造であるこの格子は、店舗の商品を陳列したり、本棚として利用されます。

最終図も完成し、いよいよ着工していきます!!
乞うご期待です☆

デキ杉

2016-01-30

岩井基地

PALNもOKをいただき、ついに岩井基地の始動開始です!

場所は、何と南房総

遠路はるばる基地をつくりに行きます。


ちなみに、こちらは年末のボツPLAN・・・

f:id:mA-style:20160130001657j:image:w360

f:id:mA-style:20160130001831j:image:w360

ちょっと名残惜しいのでチラリ。


OKなPLANは、もっと良い感じなのでお楽しみ。

さて、図面をやらねば。


川本あ。

2016-01-25

ヒカリノコヤ

さっ寒い〜

めっさ寒い

ま〜雪までは降らないんですが。

さて、PLANゾーンも第一弾がOK。

ひとまずホットしております。

他の現場は、図直しに手間取っておりボチボチスタート。


さてさて、ヒカリノコヤは建主さんによる塗装工事

今回は、お父さんにも参戦していただき恐縮です。

f:id:mA-style:20160125100756j:image:w360

川本あ。は、塗装工事を横目に家具形状の変更提案

出たよ! 得意の現場変更。

建主さんと現場はいい迷惑ですが、図面段階から危惧していた点なので現場にて要確認。

やはり、家具サイズが空間ボリュームに対してデカイ。

状況説明をして、快諾の変更。

毎度、すみません。


監督さん。取り急ぎ建具を入れてあげてください。

現場が寒そ〜です。



これから、多くの現場が動き出すので、BLOGもマメにUPしていく予定です。


川本あ。

2016-01-14

PALN PLAN

只今、多くのPLANの真っ最中!

頭の中はフルスロットル状態。

PLANというのは、一番楽しくもあり、苦しい道のり。

いろいろな要望や予算、法律や構造、多くのアイデアや情報が揃って、検討に検討を重ねると、蛇行してグルグル巡っていた道筋が、一本に向かう瞬間がある。

この瞬間に早く出会いたいと思うが、中々こちらの都合よくは来てくれない。

待っていても来ないので、歩き続けるしかない。

さて、本日も歩き続けますか!

クライアントの方々! 少々お待ちください。


川本あ。

2016-01-05

ヒカリノコヤ

明けましておめでとうございます!

長い休みを頂き、今日からmAは始動致します!


今日は早速現場確認へ。
年末のばたばたで、現場を最後見れておらず、
今日は確認、注意しておくことだらけ。

だけども現場は大工さんや監督さんが気を使って
作業してくれている分きれいな仕上がり!!

f:id:mA-style:20160105232557j:image:w360

手間がかかってる分、完成が楽しみな物件です。



STAFF Y

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本日よりmAは業務開始!
それぞれ決意新たに今年も切磋琢磨して頑張って参りたいと思います!!!

本年も皆さまどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2015-12-28

年末年始休暇のお知らせ

毎年ですが、あぁ〜〜〜一年過ぎ去るのがめちゃ早いな…と感じています。

今年の始め、『衣食住に関わる人間活動と建築』というコトを念頭に、少しでも人間力を高めていこうと取り組んできましたが、今どうだったかな?!?!と振り返りながら書き込んでいます。
私自身としてまだまだ大きな一歩を踏み出せた実感を得てはいないのですが、一歩ずつ一歩ずつ前を向いている中、感謝という言葉が今まで以上に大きく感じた一年はもしかしたらないかもしれません。それだけ多くの人に支えられた一年でありました。

もちろん、まだまだ続く我が人生!
こうやって一年を振り返りながら新しい年を迎える心の整理と準備は、ホント、節目としてとても良いコトだなと思います。


さて、mAの年末年始休暇のお知らせです。

12/29(火)〜1/4(月) 7日間

上記期間中、電話やメールでのお問合せにお応えする事ができませんので、予めご了承下さいませ。1/5(火)より通常業務再開します。


では、みなさん良いお年をお迎え下さい。
来年も笑顔でスタートしたいと思います。笑笑


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2015-12-18

塀の住処

いよいよ今年最後となるOPEN HOUSEです。

f:id:mA-style:20151218143254j:image:w360

玄関アプローチの写真。

最近、太田造園さんイイ感じ。
腕あがってるわ〜。

ウナギの寝床状の敷地で、塀=隣地境界との関係を考え、敷地を最大限に活かしながら、塀によって切り替わる、高窓と地窓の関係性をつくっています。

建築体験が全てです。

是非、気軽に参加してください。

今回予約制なので、メールorTELください。


川本あ。(tel: 090-3953-7105)

ヒカリノコヤ

明日の上棟に向けて、大工さんの加工は大詰め。

f:id:mA-style:20151218141011j:image:w360

9mの隅木。想像以上にデカイ。

f:id:mA-style:20151218141030j:image:w360

先日、浜北の山奥まで行って決めてきた丸太柱。
皮付きの柱を探していたのだが、デメリットが多すぎて断念。
それでも味わいある感じ。

ラストスパートよろしくです!


さてさて、明日はOPEN HOUSEであるが、川本あ。は上棟立会いのため、川本ま。にお任せです。

みなさん、是非是非参加して下さい。


川本あ。

2015-12-16

骨格をつくる

使い続けるということ。

使い続ける価値を生み出すこと。

これは、建築家として、作家として、職人として大切にしているということです。

そのために、まずは、骨格をつくることなんです。

インテリアや空間の使い方等は、後々でも変更可能です。
建築における変れないモノに関しては、自分たちの意思を骨格としてつくらなくてはいけません。

骨格というのは、構造であり、屋根であり、床、光や風、環境との関わり方などなど、自分にとって骨格となる大切にしている事柄になります。

当然それらに付随するように、間取りや人の活動など、同時に考えていけない箇所は多く存在します。

人と同じで骨だけ丈夫でもダメで、筋肉から内臓など諸々も大切であるのと同じような感じです。

インテリアは、人にとっての服みたいな感じで、気分によって変えれるのがベストと考えています。


最近、自分が考えている事柄を整理するように努めています。

まだまだ途中ですが。


川本あ。

2015-12-14

使い続けるということ

消費社会の世の中、新しいものをつくり続けること以上に
建築を使い続けるためには、ど〜したらいいのかに興味がある。

これは、長持ちする素材を選定するということではなく、修理できるということ、すなわち修理すれば良いという価値を生み出すことが大切なのだと考える。

自分も含めてだが日本人は、修理しながら維持管理していくこと、修理にお金をかけることがヘタクソである。

建築も手を掛けてあげることで、より良い建築となるし、住み手らしい建築へと馴染んでいく。

では、そのためには建築はど〜したら良いのか?
ここから考えることが今、自分に置かれている大きな課題である。

当然ながら、居心地がよい場をつくること。
上棟の状態に近い建築の現れ方。
構造の隙間が、環境へと繋がっている。
地域や自然、環境に馴染む建ち方→建築は木に隠れるくらいでよい。
住み手が、手を掛けられる余白をつくること。
長く維持できる納まり=ディテール。

これら、細かな方法論については、また説明していくとして、
建築家は作為的に導く必要性があるからこそ、いろいろと考えていかなくてはいけないし、伝えていく必要がある。



都市のように資本原理が主体となって街を構成していく状況は、地方においても変わらなくなってきている。

建築も資本原理によって考えられたものは、往々によって時代と共に消費される。
使い続けられる建築を目指すということは、長い時間軸の中では文化と呼べる建築や街並みへと変貌する可能性を探る行為なのかもしれない。
文化などという大げさなものでなく、建築こそ、修理し続けることで価値が見出せるモノであることが大切であると感じる。

こんな時代であるからこそ、新築以上に新築をつくる意味を考えていく。


川本あ。

2015-12-11

中部建築賞

47回中部建築賞にeaves houseが入賞しました。

建主さん・工務店さん、mAと関わりのある方々全ての人に感謝です。

自慢ですが、

何と!6年連続です。

6年連続ってスゴクないっすか。

2回言いたくなるほどです。

f:id:mA-style:20151211132421j:image:w360

建築家の新居千秋氏が審査委員長になって4年目、やっと顔を覚えてもらいました。
事務所名はエムエーナンチャラまでですが・・・

そんな新居先生も任期は今回まで、来年はどんな方が審査委員長になるのか?

f:id:mA-style:20151211132548j:image:w360

その後の建築談議。

やはり、この場が一番の勉強になる。

批評の基準だったり、仕事のとり方などなど。

建築家としてストイックな姿勢にただただ感服です。


その後は佐々木さん・木村さん・竹内さんたちと名古屋の夜の街へ・・・

健全な建築談義の続きですよ!


川本あ。

基地

基地の敷地確認のため関東方面へ。

川本ま。の運転の横でグ〜スカ ピースカ寝ている間に着きました。

イヤイヤ遠った?・?・かもしれません。

f:id:mA-style:20151211130734j:image:w360

生憎の曇り空でしたが、素敵な環境の敷地です。

敷地の持つアイデンティティを引き出しながら、

素朴さと素直さを持ち合わせた建築を目指していきます。


川本あ。

2015-12-08

ヒカリノコヤ

打設前の配筋,型枠,コンセントの位置等を確認しに現場へ。

上棟を来週末に控えているため、現場はばたばたとしております。
なかなか天候に恵まれない現場で、
いろんな工程を急いでもらうことが多々。そのためばたばた。
監督さんの雨オトコっぷりには困ったものです。

上棟はカンカンに晴れますよーに!



進めながらいろんなところで悩まされる現場ですが、
その分自分の力になってると考えると悩み甲斐があります。
監督さん、職人さんにも感謝です!

f:id:mA-style:20151208224515j:image:w360

さて、あとはちょこちょこ直して打設へ!
綺麗に打てるよう目を凝らして現場管理です。




STAFF Y

2015-12-05

塀の住処

ヒカリノコヤの後は塀の住処へ。

こちらは竣工に向かい外構工事が進んでおります。
白とグレーのモノトーンな内部空間に、
緑が変なレベルで見えてくるとやっぱり変な空間体験

f:id:mA-style:20151205114334j:image:w360

ちょっと植栽が入り始めただけで全然見え方が変わってきました!
写真では分かりにくいですが...。

仕上がりが楽しみです!!


気になる方は是非オープンハウスへ!

http://d.hatena.ne.jp/mA-style/20151128/1448678024




STAFF Y

ヒカリノコヤ

今日は2度目の配筋検査。

ようやく1階の基礎に入れ、全体の広さが掴めてきました。
いい建築になりそうでワクワク!


f:id:mA-style:20151205112738j:image:w360


ここに5mの丸太柱が建ち、8mの隅木が掛かってる絵を考えると
今から上棟が楽しみです!!



STAFF Y

2015-12-03

基地スタート

東京クライアントから土地契約の連絡が届く!

やっとPLANがスタートだ。

さてさて、これはヤローどもの秘密基地

秘密基地といっても家族も利用するから秘密ではないが、つい秘密と言いたくなる。

それは、そこに男のロマンがあるから。



環境は海辺。

まだ土地を視察に行っていないため、早めに行かねばと思いつつ、

普段から、海辺で生活しているオイラにとっては、イメージは容易に想像がつく。



そ〜言えば、このクライアントからLINEによるやりとりを勧められた。

いつでも持っている携帯からやりとりが可能でレスポンスが早い。

当初は、当初といっても1ヶ月前は、そんなLINEにも慣れず、クライアントから連絡があって気付くのに1週間を要していた。

レスポンスが早いはずのLINEなのに、いやはやビックリ。

仕事も飛ぶわ! と感じたほどだ。

そんなLINEを見ていたら、佐々木さんからもLINEが入っていることにビックリ。

まだまだ、LINEには慣れないが、便利さは痛感している。



スタッフも成長し、日常にゆとりが取れている。

男のロマンを設計するのに大切なことは、遊び心。

デザインなど必要ない。

そこには、ワクワク感が大切なのだ。

それは、いかにオイラが遊んでいるか。イヤ楽しんでいるかが全てである。

男のロマンの勉強と称して、久々にオヤッサンに船でも乗せてもらって釣りでも行こうかと考えている。


まずは、土地視察に行ってきます。


川本あ。

2015-11-30

近況

筋肉痛も大分治まり、図面に追われている今日この頃。

現場は、塀の住処が年末の引渡しに向けて、ラストスパート中。
植栽の打合せも完了し、後は監督次第。
工程頼みます!

OPEN HOUSEには、みなさん是非ご参加して下さい!

ヒカリノコヤは、地下+防水工事が完了し基礎工事中。
打放しの割り付け、設備位置、逃げ等の入念な確認をしております。

いくつかの物件が見積調整中。
その内、海辺の丘が、見積調整が完了し、先日、請負契約に至る。

建築は場所性の影響を7割受けると思っている。
その土地や環境が持つポテンシャルを最大限生かすように努めた結果、埋まった。
当然デメリットも存在するが、それ以上の価値が存在すると思っている。
建主には、粘り強くお付き合いいただき感謝しかない。
メイン工事は、来年からスタートである。
RC+地下案件であるため、まずは確かなコンクリート躯体をつくることを徹底する。

昨日は、シーラカンス伊藤先生のOPEN HOUSEがあったのだが、参加できず・・・
mAの業者さんも参戦していただけに、見に行きたかった。

昨日は、マチノスキマの見積前の最終図提出。
が、まだ終わっておらず・・・
段取り大好きなオイラは、時間に遅れることが大嫌い。
でも良い図面は、検討に検討を重ねる。
ディテールに関しては、10割オイラが考える。
スタッフには、まずは理解し、検討を重ね、変更をして欲しいと常に伝えているが、まだまだ。

ミスの修正、チェックのために時間を割きたくない。
ミスがない図面であれば、建築の検討に時間を割けるからこそ、良い建築ができる可能性が膨らむ。


さて、今週も建築を考え続ける。


川本あ。

2015-11-28

塀の住処

  • 塀の住処- OPEN HOUSE


静岡県藤枝市に、「塀の住処」という住宅が完成します。

この度、お施主様のご理解とご協力により、完全予約制にて内覧会を開催させて
頂くこととなりました。
ご興味のある方は、下記概要を御覧頂き、是非お問合せください。
この内覧会はmAとの家創りに興味がある方々のみに限定させて頂きます。
建築関係者及び学生は、ご遠慮下さいますようお願い致します。ご了承ください。

□ 日時 : 平成27年12月19日()・20日()2日間
       ・10:00〜10:30
       ・10:30〜11:00
       ・11:00〜11:30
       ・11:30〜12:00
       ・12:00〜12:30
       ・12:30〜13:00
       ・13:00〜13:30
       ・13:30〜14:00
       ・14:00〜14:30
       ・14:30〜15:00
       ・15:00〜15:30
       ・15:30〜16:00
       ・16:00〜16:30
       ※各時間帯2組までご案内させていただきます。
□ 場所 : 静岡県藤枝市 (場所詳細については、下記までお問合せください)

□ 連絡 : 株式会社エムエースタイル建築計画 川本宛
        tel.0548-23-0970 fax.0548-23-0971
        mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2015-11-24

A2F cup 2015

すさまじい筋肉痛に襲われている川本あ。です。

皆様ご無沙汰しております。

快晴の日曜日。愛知県建築関係の方々によるフットサル大会=A2F cup 2015にmAも馳せ参じて参りました。

https://www.facebook.com/events/1052334288123436/


メンバーはmAのALLスタッフ+川本い。+OBのゴマサです。

20年ぶりのまともなサッカー試合。
反射神経と言われる神経はどこにいったのか、そして3秒動けば乳酸満タンになる足腰、揺れるメタボ産の浮き輪、フル装備で参戦です。


16チーム参加で、4ブロックに別れ上位2チームが決勝トーナメントに進める感じです。
ちなみにチームには女性と35歳以上の人が参加というルール。
女性の得点は2得点になります。

mAの1戦目は学生チームの北川研。
いやはや当然あきらめていましたが、何とSTAFF Iの逆転ゴールで2-1で勝利!

f:id:mA-style:20151124120110j:image:w360

次は、藤尾さん率いる構造軍団。
ボスの藤尾さんが所用でいなかったので、無事に勝利!

f:id:mA-style:20151124120136j:image:w360

予選リーグ最後は宿敵studio velocity!
ここを勝てば、決勝リーグ進出という良いシチュエーション。
結果は、川本ま。のゴールで逆転勝ち。

f:id:mA-style:20151124120203j:image:w360


えっ3連勝。。。割と強いの?
ゴマサとSTAFF Yはサッカー経験者ですので、良く動く。
デキ杉くんは、元野球部で、50m走=5.7秒という快速の運動神経の持主。
※50m走のタイムは、自己申告ですので。
息子の川本い。は、現役の中学サッカー部
川本ま。も女子サッカー部
STAFF Iも運動部で予定外に良く動く。
そ〜です。川本あ。さえ出なければ割と強いんです。
ちなみに川本あ。も元サッカー部=当然のキーパーであったことは、伝えておきます。


決勝リーグ一回戦は諸江さんチーム。
メンバーは学生さん主体ですので強そう。
諸江さんもなぜか?割と動いているし、やれてる? そんなハズでは。
結果は1-1でPK戦

ここで元キーパーの腕の見せ所と思いきや、鼻息をフーフーさせて気合を入れているデキ杉くん。
運動神経が良いほうが良いので、任せよう。

お互い決めたり外したりして、川本あ。と諸江さんのボス対決。
止まってるボールは、大丈夫なので、柄にもなく落ち着いて決めた川本あ。に対し、期待に応えて外してくれる諸江さん!

勝ちました!


f:id:mA-style:20151124120223j:image:w360


次は、準決勝。
対戦チームは間宮事務所。
なんか、このチーム怖い。
本気のやつらが2人ほどいる。
女性に対する当りもハンパない。
セクハラ禁止されています!

ここでmAも力尽き敗退。。。残念です。

f:id:mA-style:20151124131941j:image:w360

が、3位決定戦は、
な!何と。前回の覇者である佐々木さんチーム。
予選の様子を見ていたが、やはり強い。
佐々木さんとの1on1で、ボールが脚につかず敗れたのが、この大会での心残り。


f:id:mA-style:20151124120242j:image:w360

すごい集まり!

裏方+運営をしてくださったCO2の中渡瀬さんスタッフさんお疲れ様でした。感謝です!


当然の夜な夜なの懇親会。
100人近く参加していた模様。すげ〜な。

久々に楽しみました!

みなさん改めて感謝です!


川本あ。

2015-11-22

azmaya house

建築住宅特集という建築誌に、「azmaya house」が掲載されています。

建築 住宅特集12月号

f:id:mA-style:20151124120121j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ