Hatena::ブログ(Diary)

mA Blog

2015-01-29

円郭の住処 コンクリート打設

円郭の住処のコンクリート打設しました。

密実なコンクリートを打つ為、職人さんに混じって
今日は自分も「型枠叩き隊」に入隊してきました^^;
朝から夕方までぶっ通しで締固め、
久々の肉体労働の反動が既に体を襲来しております。。アイタタ

f:id:mA-style:20150129202151j:image:w360

f:id:mA-style:20150129201927j:image:w360

f:id:mA-style:20150129201928j:image:w360

やれる事はやりました!!後は脱型を待つのみです。
乞うご期待!

デキ杉

旗竿型の敷地

人は昔から、住宅に求める居心地の良さを感覚として知っている。
今もその感覚は変わってないし、おそらくこの先も変わらないだろう。
だから、建築はその感覚に素直につくりたいと日々考えている。

今、旗竿型の敷地プランニングをしている。
都市計画や経済的視点から細分化されてきた土地において、このような感覚をつくるには、光の取り入れ方や風の流れに対し工夫が必要になる。

光の郭の時に感じたことだが、ただ光が入れば良いということでなく、スケールと光が交わると光に対する感覚が変わる。

光の取り入れ方+スケールが大事なのである。
もやもやと考えながら、文章化することで思考の整理をしている。


建築を思考していく際に、建築はこうしないといけないとか自分の概念はという考え方はしていないが、居心地の良い感覚に素直につくりたいとは考えている。
それは、自分達が人間活動に興味があり、食事や服装、建築も同じように、人が楽しむ為のものであると考えているからだ。
旨い飯を食べたいし、ファッションも好きだし、心地良い空間に居たい。

やはり、建築に限らず良いと思うものに素直でありたいのだ。

脱線をしてきたので、プランプラン!

建主さん!もう少ししたら連絡します。


川本あ。

海辺の扉

海辺の扉の基本計画がまとまり、いよいよ実施設計に進んでいきます。

f:id:mA-style:20141213175602j:image:w360

ワークショップの隣の敷地と言うこともあり、その際に思考したことを継続的に捉えながら、新たにチャレンジした建築を模索しました。

施工ハードルの高い建築形態ですので、課題点を解決しながら、地盤調査⇒構造計画へ突入です。


川本あ。

2015-01-27

多世帯住宅

さっき問い合わせがあり、どうやら3世帯住宅を建てたいようだ。
当然100%mAに依頼があるわけではないが、興味がある家族構成である。

基本、建築的には大きな空間に多様な場がある状態が好きなのでワンルームに近いPLANを考えることが多い。

3世帯は難しいプランニングになるのは容易に想像できる。

しかし、住まいや家族関係を考えたとき、とても良い状態になりそうなのを想像できるし、この繋がりや関係性を再構築することが、建築的にも面白そうに感じている。

これは、建築が、建物の「形」を考えるのではなく、人と人との関わりや人のふるまいをつくる1つの要素であることを、最近は意識することが多くなった・・・のかな?


川本あ。

50:50

今まで夫婦間で話し合いながらPLANを決めることが多かったが、最近は、スタッフにPLANをお願いすることが増えてきた。

常にクリエイティブな環境では、スタッフだろうが、学生だろうが、50:50の関係である。

経験が多いから良いアイデアが出るわけではない。

だからこそ、期待している。

ささいな事柄に違和感や疑問、好奇心をもつこと。
人が使うということ。
人⇔建築⇔環境の距離感を考えていこう。

スタッフがいることで自分自身が成長できていることに感謝!


川本あ。

オヤジ来社

オヤジが会社に来て、「留守宅控え」なるパンフレットを渡された。

「来週からアラスカオーロラ見に行ってくるから」

完全にしゃらくさい・・・以外のコメントが見つからず。


ま〜人生を楽しんでいるようで何より。

オイラも今年は海外進出。。。仕事ではなく旅行で。


川本あ。

円郭の住処

週1の定例を含めて、明後日のコン打設前のチェックにデキ杉くんとお出掛けです。

f:id:mA-style:20150127143254j:image:w360

f:id:mA-style:20150127143319j:image:w360

f:id:mA-style:20150127143347j:image:w360

f:id:mA-style:20150127143408j:image:w360

打設計画に関する注意事項・設備配管の逃げ・打ち継ぎ位置・当日の役割分担・かぶり・・・諸々の確認です。

明後日は、朝一からのコン打設ですので、スタッフ総出でタタキに参加です・・・オイラは打合せですが。。。

内郭の木造部分のプレカット図? ほぼ手加工ですが、2月中旬の上棟に向けてチェックです。


川本あ。

2015-01-26

マチノウエ

帷の森も現場がスタートし、マチノウエも続々施工図UP中です。

2物件とも敷地面積30坪以下の狭小案件

都会では知りませんが、地方の自分には十分狭小です。

f:id:mA-style:20150126211305j:image:w360

1/20模型も作成したので写真を撮らねば!

さ〜監督は、安定のえっちゃんですので、安心していますが基礎が間崩れしまくっているので、よ〜チェックです。


川本あ。

waffle

昨年末のどと〜の実施UPから、年始に見積り勢揃いで予算調整しまくっている川本あ。です。

が・・・何と!全てALL1割オーバー圏内!・・・新築は。。。

ALL特命でお願いしているので、監督さん方々に感謝感謝です。

現場監理は大好物ですので、早く現場が始まって欲しいものです。


f:id:mA-style:20150126205100j:image:w360

本日打合せのwaffleもほぼ予算通り、少し調整をして予算内!

1回目の打合せで予算内って幸せ。

現時間も確保できて、新規のPLAN!PLAN!です。


川本あ。

塀の住処(仮)

塀の住処(仮) タイトルが未定ですが、隣地との境界を規定する塀が内部空間の領域も規定していくPLANです。

f:id:mA-style:20150126204043j:image:w360

只今、予算調整奮闘中+既存家屋の解体準備中です。


川本あ。

リノベーション

BLOGには初登場ですが、リノベーションが進んでおります・・・?

f:id:mA-style:20150126202250j:image:w360

プレゼン⇒図面完成⇒見積プレゼン・・・?

え〜え〜最初に戻りました。

無駄ではありませんが、経営的は無駄です。

PLAN的には良い感じな方向性に進んでいるので、頑張らねば。


川本あ。

azmaya house

冬真っ只中というのにポカポカ陽気の昨日、清水でazmaya houseの地鎮祭を行いました!

f:id:mA-style:20150126140602j:image:w360

住環境がとても良い所なので、この土地柄にピッタリな建築が生まれる予感がします(笑”)
それに、前回eaves houseで実施したホームコネクターを使ってまた新たな空間を目指していくので、これから頑張っていかねばと思います!!!

初夏完成予定!・・・ではッ。


川本ま。

2015-01-23

冬期オープンデスク募集

mA-styleは、冬期オープンデスクの募集をします。


スタディ・模型・プレゼンテーション・コンペ・基本設計・実施設計・現場監理など、さまざまな活動に参加できます。

積極的に建築を学んでいる方、一緒にモノを創り上げる意欲のある方、いずれ建築家として独立する気概のある方、または、mAにとても興味のある方からの応募を期待します!

mailもしくはfaxにて、氏名・連絡先(携帯、E-mail)・希望期間・簡単な自己紹介等を記載の上ご応募下さい。
後日、決定事項のご連絡をさせて頂きます。


小さなアトリエですが、楽しく学ぶことができると思いますので、是非ご応募下さい!


株式会社エムエースタイル建築計画
〒421-0421 静岡県牧之原市細江212-38
tel.0548-23-0970 fax.0548-23-0971 mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2015-01-20

愛知淑徳大学

昨日は愛知淑徳大学の清水先生からのご依頼で、ゲストクリティークとして参加してきました。

f:id:mA-style:20150120192833j:image:w360

講評前にレクチャーをお願いされたので、「思想とリアルの間」というタイトルで建築をつくるプロセスの話をしました。

講評会では、何だかんだ言いましたが、まずは建築を考える本人が楽しむことが大切=みょ〜な自信を持つことです。

建築は多くの人を巻込みますので、ど〜せ巻込まれるなら楽しいほうが良い。

建築論や思想は、それからでも十分ですので、多くの建物を見てワクワクする体験をして下さい。

では、またお会い出来るのを楽しみにしております。


川本あ。

2015-01-17

帷の森

もろもろの調整+申請業務が完了して、1月末より現場スタート!

ここまでの道のりが長かった分、思い入れが深い。

監督の加藤さんはじめ業者の方々に感謝!

感謝してたら終わったかのようだが、ここからスタート。

経験上、もろもろ苦戦した案件は現場でも苦戦するのが通例なので、気合を再度注入せねば。

まずは、基礎業者さん! よろしくです!


川本あ。

天竜へ。

川本ま。と土地視察のため天竜へ。

土地はイメージ通りなので、問題なし。

やさしい両親の人柄がいい感じ。

若夫婦とスケジュールと資金計画の打合せをし、茶菓子をご馳走になり和やかムードで打合せ完了。


秋野不矩美術館まで車で2分!と聞いて、久々に行ってみる。

f:id:mA-style:20150117135429j:image:w360

f:id:mA-style:20150117135446j:image:w360

作家としての心構えに感銘を受けて帰社。

来週は淑徳大学に作品批評+レクチャーなので資料を準備せねば。


川本あ。

所要で。

所要で東京へ。

f:id:mA-style:20150117134431j:image:w360

f:id:mA-style:20150117134451j:image:w360

f:id:mA-style:20150117134546j:image:w360

f:id:mA-style:20150117134609j:image:w360

所要より寄道が多い・・・って言うかほとんど。。。


川本あ。

2015-01-16

IW magazine

台湾建築誌IW magazineに、「緑縁の栖」が掲載されています。

IW傢飾 101

f:id:mA-style:20150116200901j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

円郭の住処

円郭の住処の配筋検査を行いました。

f:id:mA-style:20150116193552j:image:w360

f:id:mA-style:20150116193551j:image:w360

数箇所是正する所はあるものの、綺麗に配筋されています♪

次のステップは、いよいよ壁・梁の打設です!!
打設前にもう一度、監督と注意事項の確認を行います。

さ〜気合入れて行かねば!!

デキ杉

2015-01-13

豆大福

週末、azmaya houseのお施主サンから差し入れを頂きました!

ウマそぉ〜〜〜〜〜(≧∇≦)

f:id:mA-style:20150113234110j:image:w360

こんなキュートな豆大福に目がないワタシは、すぐさまペロリン(*^◯^*)
噛めば噛む程甘みが出てくる美味しいお餅、塩味と食感が絶妙な豆、更にこしあんはあっさりとしてキメが細かい☆☆☆
とにかく、めちゃくちゃ美味しかった(*^^*)
ごちそうさま!!!

ってか、後から気付いたのですが、かもかしというこのお店、最近ワタシが密かに行こうと思ってたお店のモノでした(笑)

わッ、スゴ偶然…(^ー^)ノ


川本ま。

2015

2015年も順調にスタートです。

いろいろ目標をたてましたが、何だかんだ言っても1つ1つの建築を丁寧につくっていくのみ!

本年も多くの出会いがあることを期待しながら、建築道を邁進してまいります!


川本あ。

円郭の住処

昨年末に土間打設が完了し、1月末の壁打設+2月上棟の予定です。

順調に遅れていますが、丁寧につくっていただいての遅れですので問題なく。

f:id:mA-style:20150113165915j:image:w360

f:id:mA-style:20150113165931j:image:w360

f:id:mA-style:20150113165946j:image:w360

f:id:mA-style:20150113170001j:image:w360

久々の打放しですので、気合を入れて監理をしています。


川本あ。

林冠の住処

祝!上棟です・・・先週ですが。。。おめでとうございます!

f:id:mA-style:20150113162832j:image:w360

f:id:mA-style:20150113162956j:image:w360

f:id:mA-style:20150113163117j:image:w360
ご主人はお仕事のため不在でしたが集合写真。

BOX建築を結ぶ床と屋根レベルを操作しながら多様な場を構築している建築です。
監督の加藤さんのがんばりでノーミスで建て方完了です。

では、引き続き監理していきます。


川本あ。

2015-01-10

Casa BRUTUS

Casa BRUTUS 最強・最新!住宅案内2015に、「ワークショップ」が掲載されました。

Casa BRUTUS vol.179

f:id:mA-style:20150110194217j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

ARCHITECT

ARCHITECT 2015/JAN に、第31回JIA東海支部設計競技の審査講評が掲載されました。

ARCHITECT 2015/JAN

f:id:mA-style:20150110194219j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

L'ARCHIPEL DE LA MAISON 家の列島

L'ARCHIPEL DE LA MAISON 家の列島に、「光の郭」が掲載されています。

L'ARCHIPEL DE LA MAISON 家の列島

f:id:mA-style:20150110195051j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2015-01-05

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

今年もたくさんの年賀状を頂き、ありがとうございました!
心温まる思いの中、新たな気持ちと決意を持って一年のスタートを切ることが出来ました!

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-12-26

年末年始休暇のお知らせ

年末年始休暇のお知らせを致します。

12/28()〜1/4() 8日間

上記期間中、電話やメールでのお問合せにお応えする事ができませんので、予めご了承下さいませ。
1/5(月)より業務再開致します。


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-12-14

層の住処

解体も順調に進み、後は基礎を残すのみ。

こちらも、本体見積が出てきて珍しい予想以内の価格!
それでも減額は必要であるが、正直ホット一息。

しかし、別件の確認申請に行ったら、

建築基準法上は問題ないのですが。。。県条例が。。。」

「ハッ? この前、事前確認に行ったら問題ないって言ったから進めたのに、ど〜してくれるの〜」・・・と駄々をこねる。

同じ内容が、この層の住処でも引っかかる。

大きな声で言えないが、他に危害がないなら法律は交わすもの。
法律重要視で考えるほど住環境は荒んでいないし、そんな論点から建築を考えていない。
だから、ど〜にか交わす方法を検討するしかない。

f:id:mA-style:20141214121846j:image:w360


まっ予算がスムーズな方が良いので、順調!順調!


川本あ。

オシャレ

先日も新規の建主さんがいらして、建築のオシャレについて熱弁してしまった。

ファッションであれば、オシャレは全然OK。
インテリのオシャレも全然OK。
毎日、気分で変えれるし、季節ごとに変更は可能。
でも、建築は中々変えることが出来ないから、もっと自然を感じる・・・

と毎度の様子で熱弁。。。

小さな地域で建築をつくっていると、自分たちのことは全く知らないのに実物を見て、興味を持って来てくれる方が多くいる。

だから、自分の意志を伝えることが大切。
それを共感してくれないと、只の表面オシャレ建築になってしまうから。

アカデミックな環境やアトリエ事務所で勉強してきていない現場出身の自分は、元々そんな概念を持ち合わせない状態で独立したが、最近は、少しずつその意志を建主に伝えれるようになってきた。

話はずれるが、スタッフにも自分らしい概念を持って独立しろよ・・・と伝えている。


川本あ。

2014-12-13

名古屋へ

DIGさんの愛知県大府市のOPEN HOUSEに参上です。

f:id:mA-style:20141213180826j:image:w360

ヘタクソ写真で、すみません。

内外の領域が立体+距離感を持って複雑に絡み合う体感が良い。
外部の緩衝空間を立体的に体感する動線計画が良い。
立体的な構成+スケール感が相変わらず上手。
さらに、この建築を木造で紐解いていることにビックリ。
植栽が入ることで、より内外が入り組む空間レイヤや距離感を感じそう。
夜は、間接照明により空間レイヤが顕著に生まれそうなので面白そう。
外壁の白はmA指定業者のFRP屋さん。
屋根と外壁の見切りがないのでRC感。
白い建築は難しいと改めて感じる。
美しい建築ほど完璧につくる必要がある=コストが掛かると感じる。

いろいろ羅列に書きましたが、DIGさんらしい素晴らしい建築
さて、午後からの打合せにダッシュで帰らねば。

また、忘年会で色々聞いてみよ。


川本あ。

海辺の扉

名古屋からダッシュで戻って「海辺の扉」の打合せです。

本日も良い感じの打合せ!
話すと良くなるので、建主さんに感謝です。


f:id:mA-style:20141213175553j:image:w360

f:id:mA-style:20141213175602j:image:w360

f:id:mA-style:20141213175517j:image:w360


ランドスケープと融合することで、建築を超えた可能性を導き出せると考えています。


川本あ。

2014-12-12

林冠の住処

さみ〜

見るからにめんどくさい基礎形状ですので、職人さんの労をねぎらいながら雨の中の配筋検査です。

f:id:mA-style:20141212114721j:image:w360

年内は基礎のみ、来年の上棟に向けて複雑なプレカット図をチェックです。


川本あ。

2014-12-11

第46回中部建築賞

昨日は、第46回中部建築賞を受賞した「コヤノスミカ」と「ワークショップ」の表彰式及び祝賀パーティーでした!

この建築賞は、中部圏域の9県において、「持続可能な社会」を目指した地域と環境に根ざした建築作品を称えるものであり、建築主、設計者、施工者の三者を賞して頂くものです。

f:id:mA-style:20141211145144j:image:w360

f:id:mA-style:20141211145158j:image:w360

施主サン少々緊張気味・・・!?!?
心もお腹も満足でしたけどね(笑)

mAは二人で始めて10年、この価値ある賞を5年連続、そして、mAを信頼下さっている施主さんと監督、こういった継続やつながりが未来を生む。また、建築家の新居審査員長にもmAの力を評価・記憶して頂き、今後の建築活動はより前向きな姿勢で取り組まなければと改めて思いました!!!


で、場を変えて・・・

f:id:mA-style:20141211145210j:image:w360

仕切り直しの乾杯ィ〜〜〜でござる!
毎度楽しく美味しいお酒を頂けて、ホントホント良いではないかぁ〜(笑)


川本ま。

2014-12-09

層の住処

昨日から既存解体工事始まりました!
腕っ節の強そうな職人さんが、短時間で足場+養生で既存宅を囲ってくれました。

f:id:mA-style:20141209091336j:image:w360
開始してから10分程度で既にこの状態です。

f:id:mA-style:20141209120031j:image:w360
チラ見せですが、いろいろな階層が緩やかに繋がり合う「層の住処」が、
この土地に新たに誕生します。

さて、同時進行で減額調整に入っいきます!!
職人さんに負けぬよう、こちらも頑張らねば!

デキ杉

2014-12-08

bob

韓国建築誌bobに、「光の郭」が掲載されています。

bob125

f:id:mA-style:20141208152051j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

eaves house

天候に恵まれた週末の2日間、eaves houseのオープンハウスを無事終える事が出来ました!
mAに興味のある方々、OBサン、学生、建築関係者、友人などなど、かなりたくさんの方々にお越し頂き、空間体験を通して様々な意見交換も出来ました!
心から感謝です!!!
ありがとうございましたm(._.)m

f:id:mA-style:20141208095824j:image:w360
超越した軒の懐が場を包容しつつ、地続きによる内外の曖昧な領域は開放的!

f:id:mA-style:20141208095841j:image:w360
軒の懐から垣間見る地続きの先の人。

f:id:mA-style:20141208095812j:image:w360
小さな家にたくさんの人々!
あ、ヤバい…なぜか座ってボケてる?!(^^;;

建築…とくに住宅はいろんな要素が入り混じる中であらゆる状態を整えていくわけですが、自由に感じる心、素直な心を一番大切にしたいものです。難しいコト並べたらとてもツマラナイし、人が日々生きてく場ですからね!!!

また楽しい住まいの場が生まれて、今、ホッとしてます(*^^*)


ってなトコロで…乾杯\(^o^)/してきました!!!

f:id:mA-style:20141208113423j:image:w360

庭の住処の施主サンも加わってだったので、ワタシは獺祭で酔い酔いィ〜〜〜(e_e)
こうやって施主サンに囲まれるのが、何より何より幸せです*\(^o^)/*

ありがとうございました!!!


川本ま。

2014-12-04

前田圭介氏

JIA静岡講演会で来られていた前田さんをお誘いして、今週末OPEN HOUSE予定のeaves houseを見ていただきました。

f:id:mA-style:20141204212651j:image:w360

前田さん・諸江さん・佐々木さん・川本あ。
4人いるだけで小さく感じるスケール感。


ランチを食べて、前田さんの講演会

f:id:mA-style:20141204213345j:image:w360


イアイヤ!まじで良かった。
作品説明は、ほぼナシなのに2時間半があっという間。
ものすご〜く情熱をいただきました。

只、静岡建築家の少なさが残念極まりない・・・


その後は、当然の建築談議。
面白かったわ〜。
スタッフも良い刺激をいただき、今日も一日スタッフと前田議論です。


川本あ。

2014-12-03

eaves house

静岡県浜松市に、「eaves house」という住宅が完成します。

f:id:mA-style:20141120150828j:image:w360

f:id:mA-style:20141203142720j:image:w360

f:id:mA-style:20141203142719j:image:w360

f:id:mA-style:20141203142718j:image:w360

eaves houseは小さな住まいですが、全体は1階のボリュームを主体に構成され、大きく斜めに架けた大屋根架構が懐の深い2階の領域をつくり出しています。
超越した軒に従って、その立体的領域が外部にはみ出しながら、特殊な開放感と内外の領域が交錯する空間体験を獲得できる場となり、軒下という程よい閉鎖感と安堵感を併せ持った豊かな住まいとなっています。

この度、お施主様のご好意とご協力により、2日間、内覧会を開催させて頂く運びとなりました。
多くの方々に拝見して頂き、良い空間体験の場、良い意見交換の場になればと思いますので、mAのイエづくりに興味のある方は、下記概要を御覧頂き、是非足を運んで頂けたらと思います。
なお、詳細等は下記までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

□ 日時 : 平成26年12月6日()・7日() 2日間  10:00〜17:00
□ 場所 : 静岡県浜松市中区富塚町 (場所詳細については、 ⇒⇒⇒ PDF )
□ 連絡 : 株式会社エムエースタイル建築計画 川本宛
        tel.0548-23-0970 fax.0548-23-0971
        mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp


mAにとって今年最後の竣工作品となります。
住宅とは何か・・・住まうとは何か・・・人とは何か・・・建築とは何か・・・そんな単純なコトを深く深く考える日々もありながら、より贅肉を削ぎ落とすコトで獲得できる素直な喜びを模索してきたつもりの一年です。
ワタシも少し本物の贅肉を落として、何かを見出そうと思考を繰り返してきました(大笑)!!!
新たな一年を迎えるに相応しいOPEN HOUSEになると思います。
だいぶ寒さが増している今日この頃ですが、是非是非遊びに来て下さい(笑)!


川本ま。

林冠の住処 & 円郭の住処

今日は朝から川本あ。と共に現場監理へ=3=3=3

まずは基礎工事の真っ最中の「林冠の住処」に到着!!

f:id:mA-style:20141203002650j:image:w360

第一段階の基礎に続き、第二段階の基礎も着々と進行中で、
現場監理と平行して行っているプレカットの打合せも大詰めです!!


続いて「円郭の住処」へ=3=3=3

f:id:mA-style:20141203003415j:image:w360

蓄熱式の床暖房を採用している為、基礎工事前に床暖房設備を埋設してます。
設置位置+注意事項の確認してきました。

さて、年内も残すところあと1ヶ月となりましたが、
現場の切り良い所まで頑張りましょう!

デキ杉

2014-12-01

12/3 静岡

12/3(水)ですが、UIDの前田圭介さんがJIA静岡で講演をされるので、その後の静岡建築談議にお誘いしました。

誰でも参加できる建築談議ですので、気軽に連絡をください。

建築談議の参加のみでもOKです。

場所:静岡市街
時間:18:00〜(前田さん19:30ころ合流予定)

連絡は、川本あ。携帯ormAまでメールください。


川本あ。

名古屋へ

数件の図直し+実施設計図+予算調整・・・遅れに遅れています。。。汗

年内は完全に仕事量のキャパオーバーですが、
新規のスタッフも参戦してくれていますので、何とか年内を乗り切りたい希望的観測です。

さ〜そんな状況ですが、新規の問い合わせは嬉しいものです。
先日の日曜日に新規建主さんの敷地調査+ヒアリング名古屋へ参上です。

ヒアリングにおいて、どんな建主さんでも住宅に求めるものは多く変わらないのですが、予算と要望のバランスをとることが大切と考えています。
しかし、まだPLANも出来ていない架空の状態で、予算バランスをどこまで伝えるのか、毎度悩みますが、決まった答えはなく臨機応変な判断が必要になります。

先日も別件で、このくらい予算がかかりますとメールしたら、さ〜っと引いていく予感がしました。

この予算という荒波を一緒に乗り越える熱意があると嬉しいのですが、伝え方も大切だと反省しております。

さ〜12月に突入しましたが、がんばりまっせ!


川本あ。

JIA東海支部設計協議

先日のJIA東海の審査の様子です。

f:id:mA-style:20141201151838j:image:w360

我ながらデブい。。。

f:id:mA-style:20141201151912j:image:w360




f:id:mA-style:20141201151933j:image:w360

学生部門金賞の住田百合耶さん(横浜国大4年)「棲息する壁」

来年からYGSAで勉強する羨ましい限りの建築家のたまご。
終電で帰宅予定だったのに、朝までコースにお付き合いするツワモノです。


f:id:mA-style:20141201151943j:image:w360

一般部門金賞の市川雅也さん(立命館大学M1)「浮かび上がる隠された場所」

発表は代理の方ですが、ひじょ〜に優秀なプレゼンテーション
接戦を制しての金賞獲得です。


パチパチパチパチ
受賞者の方々、おめでとうございます!

大変な課題でしたが、リアルな未来を描ける可能性を見出せました。


まだ、オイラは審査講評の宿題が残っています・・・時間がない。。。ヤバッ!


川本あ。

海辺の扉

HPには全然UPできていませんが、新規プロジェクトが続々動いています。

先日プレゼンしたばかりの「海辺の扉」

建主さんは、「いくつかの気に入る建築がmA作品だったので、自然に導かれて来ました」という嬉しいコメントをいただきました。

敷地は何と御前崎にあるワークショップの隣!

f:id:mA-style:20141201150702j:image:w360

敷地につくるのは、扉とデッキのみ。

コンセプトでなく、これは完成CG!

建築は、環境に開くことで敷地を越えた大きな可能性を導き出せる・・・ワークショップで考えた建築の思考を継続しています。


川本あ。