Hatena::ブログ(Diary)

mA Blog

2014-10-25

お知らせ

明日はいよいよKAZAGURUMAのオープンハウスでございます。
みなさま、是非是非お越し頂けると嬉しいです(笑)

なお、川本ま。は急な所用のため、15:00以降の参加になります。
ご了承下さいませm(_ _)m


川本ま。

eaves house

いよいよ床の石仕事に突入しました=3=3=3

f:id:mA-style:20141025070722j:image:w360

eaves houseの家族は猫たちであるため、このようなハード系の床石を選定した経緯がありますが、まるで外のような内を感じさせる独特な雰囲気を持っています!
どこまで延びていくのか・・・あぁ〜楽しみ(笑)

とにかく、現場はすこぶる順調なわけです!


川本ま。

2014-10-21

新建築JT

今月の新建築住宅特集JIA東海住宅建築賞の結果が載っています。

それにしても、今月号の長谷川豪さん、いいわ〜!

全体的に見所満載すぎるし、

そんな中に、佐々木さん載ってるし、やるわ〜!


川本あ。

2014-10-20

円郭の住処

本日、円郭の住処の地鎮祭を執り行いました。

f:id:mA-style:20141020200719j:image:w360

RCの外郭と木造の内郭による二重の円郭で構成された住宅です。
久々のRC打放しがあるので、気合が入りますが、まずは監督さんと注意事項の共有に努めていきます。

川本あ。

ミスミの壇

昨日のOPEN HOUSEは、多くの方に来場いただきありがとうございました。
壇という領域を内部まで導き、外と内の境界を曖昧にしながら、拡張性をもった生活領域を体感していだいていれば幸いです。

f:id:mA-style:20141021103634j:image:w360

f:id:mA-style:20141020205151j:image:w360

KAZAGURUMAの建主さんとちょっと怖い顔写真...。


また、多くの気遣いをいただき、皆様ありがごとございました!
建主さん!本当に感謝です!
また、ゆっくりコーヒーをいただきにお邪魔します。

では、みなさん!来週はKAZAGURUMAにて!


川本あ。

2014-10-16

ミスミの壇

いよいよ今週末、静岡県浜松市に「ミスミの壇」という住宅が竣工します。

f:id:mA-style:20141016160051j:image:w360

f:id:mA-style:20141016160042j:image:w360

予約制にて開催致しますが、すでにご案内がお手元にある方々もお時間の制約はございませんので、ご都合の宜しい時にお越し頂ければと思います。
なお、まだの方々は下記宛にお問い合わせ頂き、是非この機会にご覧下さいませ。
建築関係者及び学生は、ご遠慮下さいますようお願い致します。ご了承ください。)

□ 日時 : 平成26年10月19日() 10:00〜17:00
□ 場所 : 静岡県浜松市 (場所詳細については、下記までお問合せください。)
□ 連絡 : 株式会社エムエースタイル建築計画 川本宛
        tel 0548-23-0970 fax 0548-23-0971
        mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp


川本ま。

KAZAGURUMA

足場を解体したので、現場チェック+外構の打合せです。

既存の木々が多くあるので、建築が周辺環境に馴染んでいます。

f:id:mA-style:20141016160109j:image:w360

f:id:mA-style:20141016160130j:image:w360

川本ま。と比べるスケール感の対比。

来週 OPEN HOUSEですが、大丈夫? とデキ杉くんに聞くと、
予定通りなので任せてください・・・と言う事なので、
mAに興味ある方は、ぜひこの機会に!


川本あ。 

eaves house

2週連続の台風に耐えたeaves house!

f:id:mA-style:20141016141344j:image:w360

現場はちょうど外部廻りの施工途中でしたので、ヒヤヒヤしてました(++;がね・・・。
監督の柴chanや板金屋さんにも我が儘ばかり言って苦労掛けさせてしまいましたが、何も問題なく完璧に仕上がってホッとしてます。

まぁ〜いつもこの角度からの紹介ばかりですが、現場はかなりのハイペースで進んでいますので、来月に行われる予定のオープンハウスまで楽しみにしていて下さい。
新たな領域の拡張性やスケールといった感覚を体感してもらえると思いますので!(笑)

ではでは。


川本ま。

2014-10-14

C&D

C&Dという建築雑誌に、「ワークショップ」が掲載されています。

C&D No.162

f:id:mA-style:20141014151355j:image:w360

mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

林冠の住処

初の台風の中の地鎮祭です。

神主さんが「本当にやるの〜?」

監督さん「え〜え〜やりますよ。台風遅れているから大丈夫ですって!」

監督さんの段取りと準備が良かったので、問題なく完了です。

f:id:mA-style:20141014140518j:image:w360

テニスコートから暫し時間が空いていましたが、住宅部の工事スタートです。


川本あ。

第31回東海支部設計競技

10/11(土)は学生時代の恩師にあったり、名大の学生さんが応募してくれていたりと、充実した1日でした。

空想コンペであったので、過去〜現在〜未来へと繋がる建築の可能性やその断片を感じ取りたいと審査に望んできました。

一般の部、学生の部と7作品に絞ったので、次回は11/22の公開プレゼンにて賞を決めていきます。

審査後は、懇親会にて建築談義をして、翌日はゲスト審査員でいらしていた島田陽さんと建築巡りにお出掛けです。

mAの光の郭も見ていただいたので、次回の審査の際に感想を!


川本あ。

2014-10-10

第31回東海支部設計競技

明日、10/11(土)は、第31回東海支部設計競技に審査員として参加してきます。

先日まで審査を受けていたばかりなので、恐縮極まりないですが、普段の思考の延長で考えるしかないと思っていたのですが、

今回の課題が「特定秘密保護住宅」・・・???

テーマを読んでも、まったく普段考えていない思考である。
さ〜困ったものだが、勉強してくるしかない。

では、明日! 新たな可能性を見出す建築を探してきます。


川本あ。

2014-10-08

KAZAGURUMA

静岡県島田市に、「KAZAGURUMA」という住宅が完成します。

この度、お施主様のご理解とご協力により、予約制にて内覧会を開催させて頂くこととなりました。
下記概要をご覧頂き、ご興味のある方は是非この機会にお問合せくださいませ。
尚、この内覧会は、mAとの家づくりにご興味がある方々のみに限定させて頂いております。
建築関係者及び学生は、ご遠慮下さいますようお願い致します。ご了承ください。

□ 日時 : 平成26年10月26日() 10:00〜17:00 ※完全予約制
□ 場所 : 静岡県島田市 (場所詳細については、下記までお問合せください。)
□ 連絡 : 株式会社エムエースタイル建築計画 川本宛
        tel 0548-23-0970 fax 0548-23-0971
        mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-10-03

ミスミの壇

静岡県浜松市に、「ミスミの壇」という住宅が完成します。

この度、お施主様のご理解とご協力により、予約制にて内覧会を開催させて頂くこととなりました。
下記概要をご覧頂き、ご興味のある方は是非この機会にお問合せくださいませ。
尚、この内覧会は、mAとの家づくりにご興味がある方々のみに限定させて頂いております。
建築関係者及び学生は、ご遠慮下さいますようお願い致します。ご了承ください。

□ 日時 : 平成26年10月19日() 10:00〜17:00 ※完全予約制
□ 場所 : 静岡県浜松市 (場所詳細については、下記までお問合せください。)
□ 連絡 : 株式会社エムエースタイル建築計画 川本宛
        tel 0548-23-0970 fax 0548-23-0971
        mail.ma-style@yr.tnc.ne.jp


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-09-30

自然災害と建築の時間軸

静岡は、自分が小さな頃からいつか東海地震が来ると言われるほど地震が身近な存在にあり、自分自身の住む地域も浜岡原発より数キロの距離で、建築の在り方をいろいろ考えております。

f:id:mA-style:20140620195745j:image:w360

ワークショップという建築も、こんな地震+原発という住環境にあったので、莫大なローンを組んで永住することに価値観を見出せない・・・という話しがありました。

そこで、建築的な強度で災害に対応するのでなく、10年というスパンで建築を考えて、住宅用途以外への転売や賃貸を考えた間取りの在り方やローコスト建築の可能性を追求しています。

では、賃貸住宅で良いのでは? という話も出たのですが、建主が住宅用途に加え料理教室をしたり、多くの活動や発信の場となるクリエイティブスペースを望んでいたこともあり、新しい建築を選定しています。


こんな10年先も読めない社会状況の中だからこそ、建築が存在する時間軸を考えていくと多くの建築の成り立ちが変わってくると考えています。


昨日のシンポジウムで5分スピーチがぶっとび、ローコストと言っただけだったので、安い自慢をしたい訳でなく、建築の時間軸を考えたと伝えたかった・・・


あ〜思い出すだけで恥ずかしい


川本あ。

住宅見学

ベロシティーの栗原くんと仲良く泊まったので、新作の2物件と事務所を案内していただきました。

その後、五十嵐さんと米ちゃんに便乗して、南川さんの建築を見学させていただき、刺激ある1日を過ごし、名古屋から静岡に帰宅です。

建物の感想は、お会いした際に。

でわ!

川本あ。

JIA東海住宅建築賞 シンポジウム

その後は、シンポジウムです。

まずは、審査員の方々が現地審査を行い、賞を決めていった経緯と感想からスタートです。

まずは、五十嵐さんらしい現地の建物を見た素直な感想=大賞をはじめとした受賞者7人全員切られるというコメントを皮切りに、伊藤先生、横河先生と多くの貴重な批評が聞けました。

その後は、生田さんの上手な司会のもと受賞者を交えながら、
東京という都市にベースを置いている建築家VS東海をベースにおいている建築家という構図による対談、テーマパーク議論、エクステリアインテリアからの建築へのアプローチの違いと意識などなど、多くの論議が交わされました。

横河先生から、「審査員をここまで扱き使う賞は初めてだ!」
という笑いとともに、
「賞を賞で終わらすのでなく、今後の建築の発展につながる良い機会である」

まさに、そのとおりの良いシンポジウムでした。

その後は、2次会、3次会、4次会・・・当然の建築談議です。


川本あ。

JIA東海住宅建築賞 受賞者講演会

さ〜会場にお越しの方は、お気付きかと思いますが、川本あ。5分スピーチでぶっとびました。

スタッフ+オープンデスク+知人の方々がいる前で大恥をかいてきました。
表彰をされに来たのに、恥をかくという辛さというか、脳のスペックの悪さ。

伊藤先生からも、お前普段あれだけ喋るのに情けない・・・痛恨の一言

前々から気付いていましたが、人前で喋ることが大変苦手なようです。


批評の場に立つということは、実際の建物に加え、建築を考えてきた道筋を伝えていく大切な場ですので、もう少し慣れなくては・・・


大賞のエウレカさんをはじめ、他の方々はしっかりした講演をされていました。

受賞者にとって貴重な機会ですし、良い試みであると改めて感じ・・・

あ〜思い出すだけで、情けない。


川本あ。

JIA東海住宅建築賞 表彰式編

JIA東海住宅建築賞の表彰式+シンポジウムに参加してきました。

審査委員長である横河先生より表彰状をいただき、賞の存在が引き締まった印象を受けました。

また、受賞記念としてgalleryNの二宮さんが素敵なガラス作品をご用意していただき、他の賞と同じ通例の盾をいただくより、価値ある記念になるように思います。

f:id:mA-style:20140930090559j:image:w360

最後に受賞者と審査員の方々による記念写真です。


川本あ。

2014-09-26

JIA東海住宅建築賞

9/28(日)は、JIA東海住宅建築賞のシンポジウムに馳せ参じてまいります。

http://tokaiarchiprize.jp/archives/1603

審査員の横河氏、伊藤氏、五十嵐氏による対談を聞くだけでも来る価値ありアリです。

川本あ。も奨励賞をいただきましたので、少しだけ話します。

みなさん、ぜひご参加を!

では、週末! 名古屋大学にて。


川本あ。

2014-09-25

KAZAGURUMA

今朝は土砂降りの最中、現場で打ち合わせ...。
バケツをひっくり返りたような大雨でしたが、KAZAGURUMAの屋根が僕らを守ってくれました!!笑
特に庇に関しては、現場で悩みに悩んで決めた水切りのお蔭で軒天のラワン合板はほとんど濡れません!

f:id:mA-style:20140925162139j:image:w360

さぁいよいよ仕上げ工事に入り完成までもうひと踏ん張りです!
頑張っていきましょう!!

デキ杉

2014-09-22

掲載

建築JTのアンケートに寄稿しましたが、考えていたことに対して他の建築家の解釈が聞けることは、良いものです。

つたない文章ですが、みなさん読んであげて下さい。


住まいの設計 やっと出ましたね。

嬉しいことに表紙を飾っています。
鈴木編集長が見たいということで、日程を調整したことを思い出します。

ローカルな環境で建築を伝えていく為に、雑誌の力をお借りしていますので助かります。


では、今後も精進していきます。


川本あ。

住宅特集

新建築 住宅特集という建築誌の「建築・建設の現状と課題」という企画に、コメントが掲載されています。

建築 住宅特集10月号

f:id:mA-style:20140922135950j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

住まいの設計

住まいの設計という雑誌に、「緑縁の栖」が掲載されています。

住まいの設計 11-12 2014 No.655

f:id:mA-style:20140922115643j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

建築家と建てた家

ニューハウス出版のここが自慢!建築家と建てた家という雑誌に、「緑縁の栖」が掲載されています。

ここが自慢!建築家と建てた家

f:id:mA-style:20140922115612j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

2014-09-21

建築の力

吉岡賞の批評が素敵過ぎる!

403おめでとう!

新たな建築の可能性を感じるとともに、1つの建築や1つの写真から感じる可能性を信じたい気持ちがフツフツ滾る。

言葉にならない感覚を追い求めたい。


川本あ。

2014-09-20

職人不足

さ〜大変。。。

名古屋呑みに行ってる場合ではないです。

建築でも緊急アンケートを組むなど、建築業界の状況が切迫している模様ですが、mAでもリアル体感中です。

関東圏の職人不足が異常で、鉄骨から木造へ設計変更しても見積調整がコントロールしきれず、元請さんが決まりません。

建主に気苦労ばかりを掛けています。
ある程度の目処が見えれば、前進してる感があるのですが、現実を目のあたりにして後退感がいなめません。

が!が!が!きのう仏様が光臨しました。
まだ、気が早いですが、
別件の見積でフラッとmAに寄った監督の加藤さんが相談に乗ってくれて、神奈川は隣県でもあるので何とか静岡の人材を使いながら建築が可能であるか?模索をしてくれるとのこと。

建設会社や業者にとって多くのリスクが伴うことは承知していていますので、感謝しかありません。

建築家として出来る事は諦めずに考えていくしかありません。
全責任をかけて道を探しております。


川本あ。

2014-09-18

eaves house

検討事項や施工図、机の上に山積みィ=3=3=3
・・・ワタシが追いつかないドスッ<<<

けど、現場は順調そのもの!!!

f:id:mA-style:20140918150131j:image:w360

f:id:mA-style:20140918150120j:image:w360

f:id:mA-style:20140918150110j:image:w360

では、明日も検査、打合せ、行って参る(笑)


川本ま。

2014-09-12

eaves house

eaves houseは、構造部材のほとんどが露出して空間をつくるため、上棟後は外部を覆うのに必死です。

f:id:mA-style:20140912164057j:image:w360

急勾配なので、大工さん、「常にアキレス腱伸ばしをしながら仕事してるんだッ!」って言ってました(苦笑)
ご苦労様でござるm(_ _)m

けど、迫力あります♪


川本ま。

ミスミの壇

ミスミの壇も残すところ竣工まで1ヶ月ほどになってきましたが、わりと時間がかかったなぁ+++

少し壇の様子が見えてきましたね!

f:id:mA-style:20140912163739j:image:w360


明日は、施主塗装!
さて、これからこれから〜


川本ま。

2014-09-10

まりも?たわし?

髪を切って、すこぶる評判の悪い僕です。


10年前のアフロ以来のパーマをかけてきました。

建築家らしい絵心で美容室への依頼書を作成

f:id:mA-style:20140910204953j:image:w360

まんまジャン仕上がり! 

では、会った際のお楽しみで!


川本あ。

eaves house

ブログ、ご〜〜〜無沙汰の川本ま。失礼します!!!


昨日は、eaves houseの上棟!
もちろん、普段の行いがとってもよろしい晴れオンナ・・・ってわけだが、まぁ〜朝から過剰な新陳代謝<<<
汗ダックダック===333

さて、eaves houseは、
全体は1階のボリューム群によって空間構成される小さな案件ですが、その上に掛けられた大屋根の架構がつくり出す懐の深い領域が、立体的にも平面的にも繋がり、開放感や閉鎖感や領域の交錯といった空間体験を得ることができる住まいです。

全体構造は木造ですが、部分的に鉄骨やSPFを使用して、構造でありながら様々な用途を担う部分となっているため、納まりや施工手順や精度確保、そして意匠の見通し判断など、事前協議はハンパなく大変でした。
この上棟を迎えるまで、ホント眠れない日々を過ごしていた(苦笑;)・・・かな。

けれども、この日ばかりは順調そのもの!圧巻でした!

f:id:mA-style:20140910141253j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141238j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141154j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141139j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141052j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141224j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141209j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141031j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141424j:image:w360

f:id:mA-style:20140910141403j:image:w360

無事一日でここまで組み上げて、正直ホッ!
これも、お施主サンの期待と信頼と気遣いが監督や大工さんたちに伝わり、この現場を成功させよう!という切磋琢磨する姿勢のあらわれでもあります。
それに、笑いも絶えない上棟でした。(大笑)

f:id:mA-style:20140910141107j:image:w360

この場所にようやく姿を出しちゃったので、これからはご近所と馴染みながら徐々につくり上げていきたいです!
お施主サン、うま〜いお弁当とうま〜いお菓子、心からありがとう★

これからも頑張って参るぞッ!!!


川本ま。

2014-09-08

のんびり日曜日

錦織!ヤベ〜〜〜です!
昨日から今日の朝まで、NEWSは錦織ばかり。
何回見ても良いですが、明日が勝負!がんばれ!

錦織とジョコビッチの胸のユニクロマーク目立ってましたね。
めっちゃくちゃ宣伝なってました。
オイラには、まったく関係ないですが。

土曜日は、友人とのんびり朝ラ〜+ゴルフ打ち放し+BBQ

日曜日は、川本ま。が友人と自分磨きボルダリングに出かけたので、川本い。を誘ってララポに映画鑑賞にGOです。

見たのは、「トランスフォーマー ロストエイジ
基本ドンパチSF映画が大好きなのですが、最近のSF映画クオリティーの高さハンパないです。
珍しく寝ずに鑑賞できたので、よかったです。

その後は、御前崎港に釣りタイム!
餌は、青イソメ
釣果は、河豚*2、小さな鯛みたいなヤツ*1

写真を忘れたので、残念。

オールフリー*2+コンビニつまみ、川本い。もオロナミンC+菓子で一杯やりながら、のんびりダラダラ。

夜は、今更ながらの「24」シーズン1より鑑賞中・・・完全な寝不足。。。


くだらない日曜日の1コマでした。


川本あ。

2014-09-05

archicree

フランス建築誌archicreeに、「光の郭」と「緑縁の栖」が掲載されています。

archicree 367

f:id:mA-style:20140905170706j:image:w360

f:id:mA-style:20140905170927j:image:w360

f:id:mA-style:20140905170634j:image:w360


mA-style architects 川本敦史+川本まゆみ

狭小

長閑かな環境なので広い敷地の設計が多いのですが、狭小地の案件も増えています。

f:id:mA-style:20140905130427j:image:w360

まだタイトルは未定ですが、mAでは珍しく3階建ての案件です。
建築は断面に解けていくと面白くなりますね。


川本あ。

のんびり釣りでも。

HPを変更したいなと思って手付かずのまま更新ができず・・・
釣りをしながら、バーベーキューをしている今日この頃です。

f:id:mA-style:20140905115613j:image:w360

息子の川本い。を誘って、男はサバイバルに生きろ的な感じの男のロマンを完全な押し売りしています。
釣ったものを焼くぞ〜と意気込んでいくのですが、ヘタクソなので河豚しか釣れず、今だ魚を焼けないのでビールばかり呑んでいる完全ダメオヤジです。

クライアントが自宅でキャンプするからという要望があって、せっかく新築を建てるんだから〜なんて思っていたんですが、最近気持ちがよく分かります。

形から入るので、キャンプ道具を買いあさっているのですが、肝心のテントが決まりません。何を基準にするのかさっぱり分かりません。


そんな川本い。と夏休みの課題

f:id:mA-style:20140905111017j:image:w360

ショボショボすぎるペットボトルロケット。これ小学校低学年レベルの出来栄えです。本人、中学生ですが心配な限りです。


川本あ。

2014-09-01

近況報告4

eaves houseは、ホームコネクターという金物+接着による構法を採用して、RC+鉄骨+木造の接合を試みておりますので、現場はヒ〜ヒ〜悲鳴をあげており、川本ま。の携帯は鳴りっ放しの質問攻めです。

まずは、ホームコネクターのレクチャーから。

f:id:mA-style:20140901102843j:image:w360

f:id:mA-style:20140901102910j:image:w360

f:id:mA-style:20140901103014j:image:w360

配筋状況です。

f:id:mA-style:20140901103230j:image:w360

f:id:mA-style:20140901103445j:image:w360



現場は、基礎工事が完了し、建方の準備に入っています。
RC・鉄骨・木 と別々の業者さんが準備しているので、施工図の量がハンパありません。

シバタさん! ありがとうございます!


川本あ。

近況報告3

ミスミの壇も順調に進んでおります。

f:id:mA-style:20140901100333j:image:w360

天井の納まりで、大工さんの丁寧な仕事ぶりが伺えます。

f:id:mA-style:20140901100519j:image:w360

屋根工事も完了していますが、川本ま。の割付のこだわりを感じます。

ミスミの壇は500峩瓩敷地ですが、やみくもに広い庭は維持管理が大変になるので、適度な庭サイズを建築に取り組みながら、敷地の余白は周囲との関わりをつくることを考えている建築です。

長閑な地域で設計をしていると、ここまでが自分の敷地ということを誇示することより、周囲の環境とつなぎ合わせることで、建築敷地という小さな単位を越えて、周囲の環境も含めて居心地の良い環境をつくれないかと・・・建築家らしい思想を描いております。

10月ころにオープンハウスを予定していますが、おそらくHP告知になりそうなので、要チェックしておいて下さい!


川本あ。

近況報告2

3年ほど前にリニューアルした「和ダイニング助六」さんから、更なる改装の相談があり、お手伝いしていました。

f:id:mA-style:20140901095735j:image:w360

改装の様子は、呑みに行ってのお楽しみということで!

流行っているようで嬉しい限りです。


川本あ。

近況報告1

サボリにサボっていたBLOGをまとめてUPです。

まずは、KAZAGURUMAの現場状況です。

f:id:mA-style:20140901094132j:image:w360

軒天が予想以上に苦戦を強いられたので、現場も遅れ気味ですが、大工さんが一生懸命がんばってくれていますので、建主さんも納得の工期延長です・・・すみません。

大工さんも内装工事に突入していますので、監督さん建具急いで下さい!

古い分譲地の規則正しい建並びに対し余白=庭が生まれ、良い感じに仕上がってきております。



川本あ。