Hatena::ブログ(Diary)

辺境灯台 Bibou-log (備忘録) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-22 骨と筋肉の名前の一覧(日本語と英語)

ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典 掲載リスト

筋肉の一覧、日本語名(漢字、ふりがな)、英語名(アルファベット、カナ読み)です。

ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典―部位別にわかりやすくビジュアル解説
ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典―部位別にわかりやすくビジュアル解説

頭部

頭部(表情筋)
No.日本語名英語名
1後頭筋
(こうとうきん)
occipital belly
(オクスィピタル ベリー)
2前頭筋
(ぜんとうきん)
frontal belly
(フロンタル ベリー)
3上耳介筋
(じょうじかいきん)
auricularis superior
(オーリキュラリス スーピアリア
4前耳介筋
(ぜんじかいきん)
auricularis anterior
(オーリキュラリス アンティアリア)
5後耳介筋
(こうじかいきん)
auricularis poterior
(オーリキュラリス ポスティアリア)
6眼輪筋
(がんりんきん)
orbicularis oculi
(オービキュラリス オキュリ)
7雛眉筋
(すうびきん)
corrugator supercilii
(コルゲイタ スーパースィリアイ)
8眉毛下制筋
(びもうかせいきん)
depressor supercilii
(ディプレッサ スーパースィリアイ)
9鼻根筋
(びこんきん)
procerus
(プロスィーラス)
10鼻筋
(びきん)
nasalis
(ネイザリス)
11鼻中隔下制筋
(びちゅうかくかせいきん)
depressor septi
(ディプレッサ セプティ)
12口輪筋
(こうりんきん)
orbicularis oris
(オービキュラリス オリス)
13頬筋
(きょうきん)
buccinator
(バクスィネイタ)
14口角挙筋
(こうかくきょきん)
levator anguli oris
(レヴェイタ アンギュリ オリス)
15上唇挙筋
(じょうしんきょきん)
levator labii superioris
(レヴェイタ レイビアイ スーピアリオーリス)
16上唇尾翼挙筋
(じょうしんびよくきょきん)
levator labii superioris alaeque nasi
(レヴェイタ レイビアイ スーピアリオーリス アリーク ネイズィ)
17小頬骨筋
(しょうきょうこつきん)
zygomaticus minor
(ザイゴウマティカス マイナ
18大頬骨筋
(だいきょうこつきん)
zygomaticus major
(ザイゴウマティカス メイジャ)
19笑筋
(しょうきん)
risorius
(リゾウリアス)
20口角下制筋
(こうかくかせいきん)
depressor anguli oris
(ディプレッサ アンギュリ オリス)
21下唇下制筋
(かしんかせいきん)
depressor labii inferioris
(ディプレッサ レイビアイ インフィアリオーリス)
22オトガイ筋
(おとがいきん)
mentalis
(メンタリス)
頭部(咀嚼筋)
No.日本語名英語名
23咬筋
(こうきん)
masseter
(マスィータ)
24側頭筋
(そくとうきん)
temporalis
(テンポラリス)
25内側翼突筋
(ないそくよくとつきん)
medial pterygoid
(ミーディアル テリゴイド )
26外側翼突筋
(がいそくよくとつきん)
lateral pterygoid
ラテラル テリゴイド)

頸部

No.日本語名英語名
1広頸筋
(こうけいきん)
platysma
(プラティズマ)
2胸鎖乳突筋
(きょうさにゅうとつきん)
sternocleidomastoid
(スターノクレイドマストイド)
3顎二腹筋
(がくにふくきん)
digastric
(ダイギャストリック)
4茎突舌骨筋
(けいとつぜっこつきん)
stylohyoid
(スタイロハイオイド)
5顎舌骨筋
(がくぜっこつきん)
mylohyoid
(マイロハイオイド)
6オトガイ舌骨筋
(おとがいぜっこつきん)
geniohyoid
(ジェナイオハイオイド)
7胸骨舌骨筋
(きょうこつぜっこつきん)
sternohyoid
(スターノハイオイド)
8肩甲舌骨筋
(けんこうぜっこつきん)
omohyoid
(オモハイオイド)
9胸骨甲状筋
(きょうこつこうじょうきん)
sternothyroid
(スターノサイロイド)
10甲状舌骨筋
(こうじょうぜっこつきん)
thyrohyoid
(サイロハイオイド)
11前斜角筋
(ぜんしゃかくきん)
scalenus anterior
(スカーリナス アンティアリア)
12中斜角筋
(ちゅうしゃかくきん)
scalenus medius
(スカーリナス ミーディアス)
13後斜角筋
(こうしゃかくきん)
scalenus posterior
(スカーリナス ポスティアリア)

胸部

No.日本語名英語名
1大胸筋
(だいきょうきん)
pectoralis major
(ペクトラリス メイジャ)
2小胸筋
(しょうきょうきん)
pectoralis minor
(ペクトラリス マイナ)
3鎖骨下筋
(さこつかきん)
subclavius
(サブクレイヴィアス)
4前鋸筋
(ぜんきょきん)
serratus anterior
(セレイタス アンティアリア)
5外肋間筋
(がいろっかんきん)
external intercosta muscles
(イクスターナル インターコスタル マッスルズ)
6内肋間筋
(ないろっかんきん)
internal intercostal muscles
(インターナル インターコスタル マッスルズ)
7最内肋間筋
(さいないろっかんきん)
innermost intercostal muscles
(イナーモウスト インターコスタル マッスルズ)
8肋下筋
(ろくかきん)
subcostal muscles
(サブコスタル マッスルズ)
9胸横筋
(きょうおうきん)
transversus thoracis
トランスヴァーサス ソラスィス)
10肋骨挙筋
(ろっこつきょきん)
levator costarum
(レヴェイタ カスタラム)
11横隔膜
(おうかくまく)
thoracic diaphragma
(ソラシック ダイアフラマ)

腹部

No.日本語名英語名
1腹直筋
(ふくちょくきん)
rectus abdominis
(レクタス アブドミニス)
2錐体筋
(すいたいきん)
pyramiadlis
(ピラミダリス)
3外腹斜筋
(がいふくしゃきん)
external oblique
(イクスターナル オブリーク
4内腹斜筋
(ないふくしゃきん)
internal oblique
(インターナル オブリーク)
5腹横筋
(ふくおうきん)
transverse abdominal
(トランスヴァース アブドミナル)
6腰方形筋
(ようほうけいきん)
quadratus lumborum
(クアドラタス ランボーラム)

背部・腰部(浅層・中層・深層)

No.日本語名英語名
1僧帽筋
(そうぼうきん)
trapezius
(トラピーズィアス)
2広背筋
(こうはいきん)
latissimus dorsi
(ラティッスィマス ドーサイ)
3小菱形筋
(しょうりょうけいきん)
rhomboid minor
(ロンボイド マイナ)
4大菱形筋
(だいりょうけいきん)
rhomboid major
(ロンボイド メイジャ)
5肩甲挙筋
(けんこうきょきん)
levator scapulae
(レヴェイタ スキャプュリー)
6上後鋸筋
(じょうこうきょきん)
serratus posterior superior
(セレイタス ポスティアリア スーピアリア)
7下後挙筋
(かこうきょきん)
serratus posterior inferior
(セレイタス ポスティアリア インフィアリア)
8頭板状筋
(とうばんじょうきん)
splenius capitis
(スプリーニアス キャピティス)
9頸板状筋
(けいばんじょうきん)
splenius cervicis
(スプリーニアス サーヴィスィス)
10腸肋筋
(ちょうろくきん)
iliocostalis
(イリオコスタリス)
11最長筋
(さいちょうきん)
longissimus
(ロンジッシマス)
12棘筋
(きょくきん)
spinalis
(スパイナリス)
13半棘筋
(はんきょくきん)
semispinalis
(セミスパイナリス)
14多裂筋
(たれつきん)
multifidus
(マルティフィダス)
15回旋筋
(かいせんきん)
rotaitor
(ロウテイタ)

上肢

上肢(上肢帯・上腕・前腕)
No.日本語名英語名
1三角筋
(さんかくきん)
deltoid
(デルトイド)
2小円筋
(しょうえんきん)
teres minor
(ティリーズ マイナ)
3棘上筋
(きょくじょうきん)
supraspinatus
(スープラススパイネイタス)
4棘下筋
(きょくかきん)
infraspinatus
インフラスパイネイタス)
5大円筋
(だいえんきん)
teres major
(ティリーズ メイジャ)
6肩甲下筋
(けんこうかきん)
subscapularis
(サブキャピュラリス)
7上腕二頭筋
(じょうわんにとうきん)
biceps brachii
(バイセプス ブラキアイ)
8烏口腕筋
(うこうわんきん)
coracobrachialis
(コラコブラアリス
9上腕筋
(じょうわんきん)
brachialis
(ブラキアリス)
10上腕三頭筋
(じょうわんさんとうきん)
triceps brachii
(トライセプス ブラキアイ)
11肘筋
(ちゅうきん)
anconeus
(アンコウニーアス)
12円回内筋
(えんかいないきん)
pronator teres
(プロウネイタ ティリーズ)
13橈側手根屈筋
(とうそくしゅこんくっきん)
flexor carpi radialis
(フレクサ カーパイ レイディアリス)
14長掌筋
(ちょうしょうきん)
palmaris longus
(パルメイリス ロンガス)
15尺側手根屈筋
(しゃくそくしゅこんくっきん)
flexor capri ulnaris
(フレクサ カーパイ アルネイリス)
16浅指屈筋
(せんしくっきん)
flexor digitorum superficialis
(フレクサ ディジトーラム スーパーフィシエイリス)
17深指屈筋
(しんしくっきん)
flexor digitorum profundus
(フレクサ ディジトーラム プロファンダス)
18長母指屈筋
(ちょうぼしくっきん)
flexor pollicis longus
(フレクサ ポリスィス ロンガス)
19方形回内筋
(ほうけいかいないきん)
pronator qudratus
(プロウネイタ ウワドラタス)
20腕橈骨筋
(わんとうこつきん)
brachioradialis
(ブラキオレイディアリス)
21長橈側手根伸筋
(ちょうとうそくしゅこんくっきん)
extensor carpi radialis longus
(イクステンサ カーパイ レイディアリス ロンガス)
22短橈側手根伸筋
(たんとうそくしゅこんくっきん)
extensor carpi radialis bravis
(イクステンサ カーパイ レイディアリス ブレヴィス)
23(総)指伸筋
(そうししんきん)
extensor digitorum
(イクステンサ ディジトーラム)
24小指伸筋
(しょうししんきん)
extensor digiti minimi
(イクステンサ ディジタイ ミニマイ)
25尺側手根伸筋
(しゃくそくしゅこんしんきん)
extensor carpi ulnaris
(イクステンサ カーパイ アルネイリス)
26回外筋
(かいがいきん)
supinator
(スューピネイタ)
27長母指外転筋
(ちょうぼしがいてんきん)
abductor pollicis longus
(アブダクタ ポリスィス ロンガス)
28短母指伸筋
(たんぼししんきん)
extensor pollicis brevis
(イクステンサ ポリスィス ブレヴィス)
29長母指伸筋
(ちょうぼししんきん)
extensor pollicis longus
(イクステンサ ポリスィス ロンガス)
30示指伸筋
(じししんきん)
extensor indicis
(イクステンサ インディスィス)
上肢(手部)
No.日本語名英語名
31短母指外転筋
(たんぼしがいてんきん)
abductor pollicis brevis
(アブダクタ ポリスィス ブレヴィス)
32短母指屈筋
(たんぼしくっきん)
flexor pollicis brevis
(フレクサ ポリスィス ブレヴィス)
33母指対立筋
(ぼしたいりつきん)
opponens pollicis
(オポウネンス ポリスィス)
34母指内転筋
(ぼしないてんきん)
adductor pollicis
(アダクタ ポリスィス)
35短掌筋
(たんしょうきん)
palmaris brevis
(パルメイソス ブレヴィス)
36小指外転筋
(しょうしがいてんきん)
abductor digiti minimi
(アブダクタ ディジタイ ミニマイ)
37短小指屈筋
(たんしょうしくっきん)
flexor digiti minimi brevis
(フレクサ ディジタイ ミニマイ ブレヴィス)
38小指対立筋
(しょうしたいりつきん)
opponens digiti minimi
(オポウネンス ディジタイ ミニマイ)
39虫様筋
(ちゅうようきん)
lumbrical
(ランブリカル)
40掌側骨間筋
(しょうそくこっかんきん)
palmar interossei
パルマ インターロスィアイ)
41背側骨間筋
(はいそくこっかんきん)
dorsal interrossei
(ドーサル インターロスィアイ)

下肢

下肢(寛骨部)
No.日本語名英語名
1腸骨筋
(ちょうこつきん)
iliacus muscle
(イリアカス マッスル)
2大腰筋
(だいようきん)
psoas major
(ソウアス メイジャ)
3小腰筋
(しょうようきん)
psoas minor
(ソウアス マイナ)
4大殿筋
(だいでんきん)
gluteus maximus
(グルーティアス マクスィマス)
5中殿筋
(ちゅうでんきん)
gluteus medius
(グルーティアス ミーディアス)
6小殿筋
(しょうでんきん)
gluteus minimus
(グルーティアス ミニマス)
7大腿筋膜張筋
(だいたいきんまくちょうきん)
tensor fasciae latae
(テンサ ファッシイ ラティ)
8梨状筋
(りじょうきん)
pirifomis muscle
(パイリフォーミス マッスル)
9内閉鎖筋
(ないへいさきん)
obturator internus
(オブテュレイタ インターナス)
10上双子筋
(じょうそうしきん)
gemellus superior
(ジェメラス スーピアリア)
11下双子筋
(かそうしきん)
gemellus inferior
(ジェメラス インフィアリア)
12大腿方形筋
(だいたいほうけいきん)
quadratus femoris
(クワドラタス フェモリス)

下肢(大腿部)
No.日本語名英語名
13縫工筋
(ほうこうきん)
sartorius
(サートウリアス)
14大腿直筋
(だいたいちょっきん)
rectus femoris
(レクタス フェモリス)
15内側広筋
(ないそくこうきん)
vastus medialis
(ヴァスタス ミーディアリス)
16中間広筋
(ちゅうかんこうきん)
vastus intermedius
(ヴァスタス インターミーディアス)
17外側広筋
(がいそくこうきん)
vastus lateralis
(ヴァスタス ラテラリス)
18恥骨筋
(ちこつきん)
pectineus
(ペクティニーアス)
19長内転筋
(ちょうないてんきん)
adductor longus
(アダクタ ロンガス)
20短内転筋
(たんないてんきん)
adductor brevis
(アダクタ ブレヴィス)
21大内転筋
(だいないてんきん)
adductor magnus
(アダクタ マグナス)
22薄筋
(はくきん)
gracilis muscle
(グラスィリス マッスル)
23外閉鎖筋
(がいへいさきん)
obturator externus
(オブテュレイタ イクスターナス)
24大腿二頭筋
(だいたいにとうきん)
biceps femoris
(バイセプス フェモリス)
25半腱様筋
(はんけんようきん)
semitendinosus
(セミテンディノウサス)
26半膜様筋
(はんまくようきん)
semimembranosus
(セミメンブラノウサス)

下肢(下腿部)
No.日本語名英語名
27前脛骨筋
(ぜんけいこつきん)
tibialis anterior
(ティビアリス アンティアリア)
28長母趾伸筋
(ちょうぼししんきん)
extensor hallucis longus
(エクステンサ ハリュスィーズ ロンガス)
29長趾伸筋
(ちょうししんきん)
extensor digitorum longus
(エクステンサ ディジトーラム ロンガス)
30第三腓骨筋
(だいさんひこつきん)
peroneus tertius
(ペロウニーアス ターシャス)
31長腓骨筋
(ちょうひこつきん)
peroneus longus
(ペロウニーアス ロンガス)
32短腓骨筋
(たんひこつきん)
peroneus brevis
(ペロウニーアス ブレヴィス)
33下腿三頭筋
(かたいさんとうきん)
triceps surae
(トライセプス スューリー)
34足底筋
(そくていきん)
plantaris
(プランタリス)
35膝窩筋
(しっかきん)
popliteus
ポプリティアス)
36後脛骨筋
(こうけいこつきん)
tibialis posterior
(ティビアリス ポスティアリア)
37長趾屈筋
(ちょうしくっきん)
flexor digitorum longus
(フレクサ ディジトーラム ロンガス)
38長母趾屈筋
(ちょうぼしくっきん)
flexor hallucis longus
(フレクサ ハリュスィーズ ロンガス)
下肢(足部)
No.日本語名英語名
39短母趾伸筋
(たんぼししんきん)
extensor hallucis brevis
(イクステンサ ハリュスィーズ ブレヴィス)
40短趾伸筋
(たんししんきん)
extensor digitorum brevis
(イクステンサ ディジトーラム ブレヴィス)
41短母趾屈筋
(たんぼしくっきん)
flexor hallucis brevis
(フレクサ ハリュスィーズ ブレヴィス)
42母趾内転筋
(ぼしないてんきん)
adductor hallucis
(アダクタ ハリュスィーズ)
43母趾外転筋
(ぼしがいてんきん)
abductor hallucis
(アブダクタ ハリュスィーズ)
44小趾外転筋
(しょうしがいてんきん)
abductor digitis minimi
(アブダクタ ディジタイ ミニマイ)
45短小趾屈筋
(たんしょうしくっきん)
flexor digiti minimi brevis
(フレクサ ディジタイ ミニマイ ブレヴィス)
46短趾屈筋
(たんしくっきん)
flexor digitorum brevis
(フレクサ ディジトーラム ブレヴィス)
47足底方形筋
(そくていほうけいきん)
quadratus plantae
(クアドラタス プランティー)
48虫様筋
(ちゅうようきん)
lumbrical
(ランブリカル)
49底側骨間筋
(ていそくこっかんきん)
plantar interossei
(プランタ インターロスィアイ)
50背側骨間筋
(はいそくこっかんきん)
dorsal interossei
(ドーサル インターロスィアイ)

ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典―部位別にわかりやすくビジュアル解説ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典―部位別にわかりやすくビジュアル解説
山田敬喜

成美堂出版 2012-07-12
売り上げランキング : 93339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2016-07-21 「茶道具百科」の本、掲載項目まとめ

床の間の道具――「茶道具百科」の本、掲載項目まとめ

床の間の道具―扱いと心得 (茶道具百科)
淡交社編集局・淡交社 2007-02-01
床の間の道具―扱いと心得 (茶道具百科)


掛物 (P6)

名称と種類 (P16)
  • 部分名称
    • 本紙(ほんし)
    • 一文字(いちもんじ)
    • 風帯(ふうたい)
    • 露(つゆ)
    • 中廻し(なかまわし)
    • 上下(じょうげ)
    • 表木(ひょうぼく)
    • 鐶(かん)
    • 掛緒(かけお)
    • 軸木(じくぎ)
    • 軸(じく)
    • 総裏(そううら)
    • 巻絹(巻絹)
    • 軸助(じくたすけ)
    • 外題(げだい)
    • 巻紙(まきがみ)
  • 掛物の種類 (P18)
    • 墨蹟(ぼくせき)
    • 古筆切(こひつぎれ)
    • 消息(しょうそく)
    • 懐紙(かいし)
    • 詠草(えいそう)
    • 色紙(しきし)
    • 短冊(たんざく)
    • 絵画(かいが)
    • 画賛(がさん)
  • 墨蹟の筆者 (P26)
    • 裏千家四代 臘月庵仙叟(ろうげつあんせんそう)
    • 五代 不休斎常叟(ふきゅうさいじょうそう)
    • 六代 六閑斎泰叟(りっかんさいたいそう)
    • 七大 最々斎竺叟(さいさいさいちくそう)
    • 八大 又玄斎一燈(ゆうげんさいいっとう)
    • 九大 不見斎石翁(ふけんさいせきおう)
    • 十代 認得斎柏叟(にんとくさいはくそう)
    • 十一代 玄々斎精中(げんげんさいせいちゅう)
    • 十二代 又玅斎直叟(ゆうみょうさいじきそう)
    • 十三代 圓能斎鉄中(えんのうさいてっちゅう)
    • 十四代 無限斎碩叟(むげんさいせきそう)
    • 十五代 鵬雲斎汎叟(ほううんさいはんそう)
    • 十六代 坐忘斎玄黙(ざぼうさいげんもく)
  • 軸の種類 (P28)
    • 頭切(ずきり)
    • 宗旦(そうたん)
    • 蛇腹(じゃばら
    • 撥(ばち)
    • 削面(そぎめん)
  • 表具裂(ひょうぐぎれ)の種類
    • 金襴・銀襴(きんらん・ぎんらん)
    • 金紗(きんしゃ)
    • 竹屋町裂(たけやまちぎれ)
    • 印金(いんきん)
    • 風通(ふうつう)
    • 緞子(どんす)
    • 間道(かんとう)
  • 掛物の格
    • 裱褙(ひょうほえ)
    • 幢褙(どうほえ)
    • 輪褙(りんほえ)

花入(はないれ) (P52)

名称と種類 (P62)
  • 部分名称

〈かねの花入〉 口、咽喉、耳、胴、台座、底

〈竹の花入〉 輪、釘穴、背(柱)、花窓、花受(胴)

  • 形状と種類

〈かねの花入〉 (P63)

    • 鶴首(つるくび)
    • 桃底(ももぞこ)
    • 曽呂利(ぞろり)
    • 下蕪(しもかぶら)
    • 把綿(たばねわた)
    • 角木(つのぎ)
    • 杵(きね)
    • 爵(しゃく)
    • 経筒(きょうづつ)
    • 薄端(うすばた)
    • 月(つき)
    • 舟(ふね)

〈竹の花入〉 (P66)

*寸切糸

    • 尺八(しゃくはち)
    • 御酒筒(みきづつ)
    • 送り筒(おくりづつ)

*一重切

    • 一重切(いちじゅうぎり)
    • 獅子口(ししぐち)
    • 鮟鱇(あんこう
    • 円窓切(えんそうぎり)
    • 歌花筒(うたはなづつ)
    • 鷽切(うそぎり)

*二重切

    • 二重切(にじゅうぎり)
    • 窓二重(まどにじゅう)
    • 再来切(さいらいぎり)

*置筒糸

    • 置筒(おきづつ)
    • 三徳(さんとく)
    • 稲塚(いなづか)

*舟系

    • 沓舟(くつふね)
    • 油差(あぶらさし)
    • 太鼓舟(たいこぶね)

〈籠の花入〉 (P71)

    • 唐物籠(からものかご)
    • 宗全籠(そうぜんかご)
    • 唐人笠(とうじんがさ)
    • 桂籠(かつらかご)
    • 蝉籠(せみかご)
    • 鵜籠(うかご)
    • 繭籠(まゆかご)
    • 加茂川籠(かもがわかご)
    • 脛当籠(すねあてかご)
    • 虫籠(むしかご)
    • 時雨籠(しぐれかご)
    • 末広籠(すえひろかご)

〈やきものの花入〉 (P74)

    • 青磁(せいじ)
    • 砧青磁(きぬたせいじ)
    • 飛青磁(とびせいじ)
    • 天龍寺青磁(てんりゅうじせいじ)
    • 七官青磁(しちかんせいじ)
    • 染付(そめつけ)
    • 高砂(たかさご)
    • 芙蓉手(ふようで)
    • 彩磁(さいじ)
    • 白磁(はくじ)
    • 祥瑞(しょんずい)

〈陶器の花入〉

*唐物(高麗物)

    • 絵高麗(えごうらい)
    • 雲鶴(うんかく)
    • 三島(みしま)
    • 井戸(いど)
    • 南蛮(なんばん)
    • 安南(あんなん)
    • 絞手(しぼりで)

*国焼(くにやき)

    • 備前(びぜん)
    • 火襷(ひだすき)
    • 伊賀(いが)
    • 信楽(しがらき)
    • 唐津(からつ)
    • 朝鮮唐津(ちょうせんからつ)
    • 絵唐津(えがらつ)

*京焼(きょうやき)

    • 仁清(にんせい)
    • 永楽(えいらく)
    • 楽焼(らくやき)
  • 口造りのいろいろ (P80)
    • 細口(ほそくち)
    • 柑子口(こうじぐち)
    • 雁口(かりくち)
    • 広口(ひろくち)
    • 桔梗口(ききょうぐち)
    • 鍔口(つばぐち)
    • 鯉口(こいくち)
    • 朝顔口(あさがおぐち)
    • 輪花口(りんかぐち)
  • 耳のいろいろ (P82)
    • 鳳凰耳(ほうおうみみ)
    • 龍耳(りゅうみみ)
    • 獅子耳(ししみみ)
    • 象耳(ぞうみみ)
    • 鬼面耳(きみえんみみ)
    • 魚耳(うおみみ)
    • 笹耳(ささみみ)
    • 管耳(くだみみ)
    • 遊環(ゆうかん)
    • 不遊環(ふゆうかん)
  • 薄板の種類 (P84)
    • 矢筈板(やはずいた)
    • 蛤端(はまぐりば)
    • 丸香台(まるこうだい)

床荘り (P103)

  • 床の部分名称 (P108)
    • 床框(とこがまち)
    • 床柱(とこばしら)
    • 相手柱(あいてばしら)
    • 落掛け(おとしがけ)
    • 床畳(とこだたみ)
    • 墨蹟窓(ぼくせきまど)
  • 床の形式 (P109)
    • 上座床(じょうざどこ)
    • 下座床(げざどこ)
    • 風炉先床(ふろさきどこ)
    • 亭主床(ていしゅどこ)

床の間の道具―扱いと心得 (茶道具百科)床の間の道具―扱いと心得 (茶道具百科)
淡交社編集局

淡交社 2007-02-01
売り上げランキング : 534130

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2016-07-20

「アンチエイジング革命」の本、掲載項目インデックス

アンチ・エイジング革命
阿保義久・ 講談社 2008-11-28
アンチ・エイジング革命


序章:病気をつくらない
No.
項目一言解説
1
(19)
老衰で死ぬ人は、2.8%しかいない日本人の9割以上が病気で死亡している。長生きという観点からも、病気にならないことがとても大切となる。
2
(20)
医療先進国では予防が最も重視される米国は、国家破産を起しかねないほどの医療費の増大を背景に、国をあげて食事と健康の研究に取り組み、予防医学を大きく発展させた。
3
(22)
「驚異の健康老人」が、日本を救う95歳以上に達した「オールディスト・オールド」には、驚くほど健康な人が多く、加齢による心身の機能低下は避けがたいとのこれまでの固定観念は、改める必要がある。

第1章:心臓を強くする
4
(28)
狭心症なら、まず落ち着いて」は大間違い狭心症は心筋梗塞の予備軍中の予備軍であり、不安定プラークの突如の破裂から、心筋梗塞になる。
5
(30)
狭心症と心筋梗塞は、生活習慣改善で予防できる1日5分余計に歩くだけで、善玉コレステロールを増やし、血圧を下げ、動脈硬化、狭心症・心筋梗塞のリスクを減らすことができる。
6
(32)
心臓発作に気づかないこともある心臓の神経は、直接的には痛みを感じることはないので、高齢者の心臓発作は5人に1人は軽い症状があるだけであったり、無症状であったりする。
7
(34)
体内の水分量の調節は、心臓と腎臓で行っている人工透析の技術は飛躍的に向上しているものの、腎臓病にならないようにすべきであり、そのためには過食に気をつけ、適度な運動をし、糖尿病にならないこと。
8
(36)
アスピリンは「血管の障害」の有効な予防薬消炎鎮痛剤のアスピリンには、血小板の凝集を抑制する作用もあり、脳梗塞、心筋梗塞の予防にダブル効果を発揮する。
9
(38)
心臓にオリーブオイルを給油するオリーブオイルは、悪玉コレステロールを減らして血管壁をきれいにし、動脈硬化、高血圧を予防してくれる。
10
(40)
「たかが歯周病」が、心筋梗塞の原因に歯周病は老化のトリガー(引き金)、知らぬ間に静かに進行して、糖尿病や心筋梗塞発症の原因になるので、正しいブラッシングと禁煙を。

第2章:血管の若さを保つ
11
(44)
ドロドロ血液よりサラサラ血液に動脈硬化は「血管」の問題であり、ドロドロ血液は、血管のなかを流れる「血液」の状態を指すので、両者は基本的に別のことだが、密接ではある。
12
(46)
潜在的な血管の炎症をとらえることが可能に急性の狭心症、心筋梗塞は、「血管内の炎症」をきっかけに、不安定プラークの破裂によって起こるものが多い。「血管内の炎症」は、一般の血液検査で容易に測定できるCRP値によって知ることができる。
13
(48)
足首を上に向けると血液の流れは10倍以上に下半身から心臓へと静脈血を戻すのは、ふくらはぎの筋肉群のポンプ力によるもの。ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれている。
14
(50)
「上の血圧」よりも「下の血圧」に注意「下の血圧」が高いのは、心臓が日夜全力で拍動し続けているということ。そのことにより、心臓を疲れさせ、廊下を促進している。動脈硬化症に陥っている疑いもある。
15
(52)
高血圧と動脈硬化のスパイラル高血圧は、動脈硬化を引き起こす要因の一つにすぎないが、一度動脈硬化になったならば、動脈硬化と高血圧が相互に悪化していく。
16
(54)
塩分摂取を1日6グラムにすれば、血圧は劇的に下がる三度の食事で、ほとんど塩味を感じないくらいの塩分(1日6グラム以下)にすると、降圧剤を飲むのと同じくらい血圧を下げることができる。
17
(56)
動脈瘤はMRA検査で発見できる40歳を過ぎた方、クモ膜下出血を発症した親戚のいる方、高血圧などメタボリック症候群関連に不安のある方は、定期的にMRA検査を受け動脈瘤のチェックをしよう。
18
(58)
石原裕次郎は、胸部の解離性大動脈瘤だった大動脈瘤は、破裂するまでは無症状だが、完全に破裂しなくても、破れたときの痛みは激烈。
19
(60)
動脈硬化の症状一つで、全身の動脈硬化を疑う動脈硬化の予防に若いうちから取り組むと、病気全般の予防がはかどり、健康的なライフスタイルを無理なく築くことができる。
20
(62)
睡眠不足が続くと、動脈硬化になりやすい男性は7時間半、女性は7時間熟睡すると、甘いものや煙草へ手が伸びにくくなり、動脈硬化、心臓発作の危険性が減る。
21
(64)
メタボリック症候群が注目される理由メタボリック症候群の予防は、心筋梗塞・脳卒中などの発症を抑える転ばぬ先の杖。この言葉を心に響かせて、生活管理を実践することが求められている。
22
(66)
慢性腎臓病を見逃すなこれまでマイナーであった腎臓に注目し、定期的な検査を励行することにより、心筋梗塞や脳梗塞の発症を予知できる。
23
(68)
アテローム血栓症(アテローム動脈硬化症)って何?心筋梗塞、脳梗塞の原因となるアテローム血栓症は、国際的には死亡原因のトップ。その管理には生活習慣の改善が必須。
24
(70)
動脈硬化が発症する部位は限られている心臓や脳など動脈硬化が進行しやすい臓器は限られている。ありふれた腹痛だと思われていたものが、緊急対応の必要な動脈硬化性の疾患である場合もある。

第3章:脳の老化を防ぐ
25
(74)
中高年に忍び寄る「プチ(微小)脳梗塞」脳細胞が死んでいく最大の原因は、微小脳梗塞といわれるもの。ほとんど症状はないが、50代の2人に1人は、微小脳梗塞がみられる。
26
(76)
日常に変化をつければ脳の老化を予防できる日常生活をパターン化せず、視覚以外の五感もできるだけ使うことにより、脳は活性化され、老化しない。
27
(78)
65歳以上で「微小脳梗塞」のない人はスーパー老人微小脳梗塞は65歳を過ぎればほとんどの人に見られるので悲観する必要はない。予防方法は、メタボリック症候群予防と同じメニュー。
28
(80)
急に物忘れがひどくなったときは急に物忘れがひどくなった時は脳腫瘍の疑いがある。高齢者の場合は、慢性硬膜下血腫の可能性がある。
29
(82)
アルツハイマー病は薬で治すことができるようになった早期に服用すれば、アルツハイマー病の悪化を抑えることのできる画期的な新薬「塩酸ドネペジル」が開発された。決して悲観する必要はない。
30
(84)
脳梗塞は3時間以内に血管の詰まりを処置脳梗塞は時間との勝負なので、もしものときはどの病院に行くかをあらかじめ決めておき、設備の整った病院で、しっかり検査しよう。
31
(86)
イチョウ葉は世界55カ国で脳力開発医薬品記憶力、学習能力の向上によりハーブ系のサプリメントとして、イチョウ葉エキスは、欧米で人気がある。
32
(88)
脳神経を再生させる物質が発見された神経は一度損傷されると再生しないとされていたが、徐々にではあるものの、脳神経を再生できる物質が発見された。
33
(90)
脳は衰えを防ぐことも、生き返らせることもできる生活の単純化は脳をどんどん衰えさせる。あまり使われていない脳の領域を使いこなすと複数の脳機能が調和する。また、創造作業は、脳を生き返らせる。

第4章:骨、筋肉、関節を老化させない
34
(94)
骨はヒトの身体で新たに再生する唯一の物質骨は、古い骨のカルシウムミネラルを再利用し、身体のすべての場所で、たえず再生され続けている。
35
(96)
30代後半からは、必要なカルシウムは食物から20代後半から骨内の貯蔵が減り始め、35歳あたりから骨の成長が止まるので、運動を欠かさず、カルシウム、ミネラルの摂取を怠らないことが大切。
36
(98)
骨粗鬆症になっても、ほとんどの人は気づかない70歳の60%が骨粗鬆症になっているが、骨が折れるまで症状がないので、高齢に達したならば、定期健診時に骨密度も調べよう。
37
(100)
骨粗鬆症の本当の怖さは、骨折のあとからやってくる高齢者が寝たきりになる原因の第2位は、骨粗鬆症による背骨、大腿骨の骨折です。骨粗鬆症になったからといって、運動を一切やめてはだめ。
38
(102)
いまの子どもを取り巻く骨を弱くする環境骨粗鬆症は、高齢者、中高年だけでなく子どもにも増えている。親子三代で取り組むべき重要なテーマになってきた。
39
(104)
スキムミルクで、カルシウム摂取毎日スキムミルクを飲み、緑野菜、葉野菜を意識的に食べるようにすると、80歳を越えても、カルシウム不足にならない。
40
(106)
高タンパク食とカフェインが骨を壊すコーヒー、カフェイン入りソフト・ドリンクは、多くても1日3杯までに。肉、塩分、食物繊維の摂り過ぎは、骨にとってマイナス。
41
(108)
ビタミンDビタミンCが、骨量の減少を抑えてくれるビタミンCが、骨量の減少を抑えることが分かり注目を集めている。コラーゲンの生成、関節の軟骨修復にも不可欠。
42
(110)
骨、関節の最悪の敵は運動をし過ぎること運動は、不足はもちろん、し過ぎもよくなく、必要な運動量は一般に信じられているよりもはるかに少ない。やり方を変えることにより、修復は可能で簡単。
43
(112)
適度な運動で筋肉減少をくい止める毎日数分のレジスタンス・トレーニングが、骨と筋肉を増やし、関節の柔軟性を高め、身体全体の構造をつくり直し、強化してくれる。
44
(114)
ケガをしたら冷やすといいのか温めるといいのかケガをしたときには、まずは冷やし、体液や血液がたまらないようにする。48時間ほど経過した後に、患部を温める。
45
(116)
筋肉が脂肪を燃やしてくれる筋肉が増えると消費カロリーが増え、筋肉は脂肪を燃焼させるので、身体にますます脂肪がつきにくくなる。
46
(118)
ヨガは体力も筋肉もつけてくれるヨガには植物的な運動(スタミナ・トレーニング)、動物的な運動(レジスタンス・トレーニング)、ストレッチングの3つが含まれていて、深層の見えない筋肉を鍛え、外側の筋肉とのバランスをよくしてくれる。
47
(120)
私が筋トレを欠かさない理由2度の大ケガにより、患者さんの立場と気持ちがよく分かり、今も週に1回のレジスタンス・トレーニングが習慣に。

第5章:肺の正しい動きを保つ
48
(124)
ファーストクラスでも、エコノミークラス症候群になる予防対策は、ときどき身体を動かすこと、水分を摂ること、アルコールを飲みすぎないこと、通常の量の半分ほどのアスピリンを飲むこと。
49
(126)
下肢にできた血栓が肺梗塞を起こすエコノミークラス症候群は、下肢にできた血栓が肺動脈の入口で詰まる現象のこと。十分以内に処置をしなければ、生命に危険が。
50
(128)
睡眠時無呼吸症候群は、高血圧を招く適度な運動とバランスのとれた適量の食事による肥満の改善は、無呼吸症候群、動脈硬化、高血圧、不整脈を、いっきょに改善する。
51
(130)
肺は鍛えることができる横隔膜を使った腹式呼吸による朝晩十回の深呼吸が、肺を襲うさまざまな病気の根本的な予防になる。
52
(132)
ぜんそく患者さんの気道には普段から炎症があるステロイドの炎症をしずめる強力な作用により、喘息の発作を抑えることができ、炎症にともなう肺組織の老化も防ぐことができる。
53
(134)
タバコ病は、世界で死亡原因の第4位COPD(慢性閉塞性肺疾患、タバコ病)が日本で死亡原因の10位なのは、「隠れ患者」が多いためであり、肺気腫と慢性気管支炎の両方に罹ったような症状のときにはCOPDの疑いがある。
54
(136)
タバコはまわりの人のほうが、健康被害が大きい灰皿に置かれたり、指に挟まれたりしているタバコは不完全燃焼で、多くの有害物質を空気中に放出する。
55
(138)
結核を「再興感染症」にしないために結核の予防は、規則正しい生活、十分な睡眠、バランスのよい適量の食事、適度な運動という病気予防のスタンダードを忠実に実行することから。
56
(140)
肺炎は男女年齢を問わず、日本人の死因の第4位心臓・呼吸器の慢性疾患、腎不全、肝機能障害、糖尿病の人は、肺炎にかかりやすく、病状も重くなる傾向にある。

第6章:消化器系の健康を増進する
57
(144)
手洗いは、ウイルス、真菌、細菌から身を守る最強手段病気予防に手洗いが浸透したのは比較的最近のこと。皮膚に一時的に付着した細菌を、石鹸で丁寧に洗うことによって、大きな病気予防効果がある。
58
(146)
ピロリ菌を除去すれば、胃炎、胃潰瘍、胃ガンを防ぐことができる胃の粘膜の下にもぐりこんだピロリ菌が胃ガンの原因だとまだいえないが、胃ガンの発生リスクを高めていることは、医師の共通認識になっている。
59
(148)
ピロリ菌の検査と除菌の方法ピロリ菌の検査方法は、内視鏡によるものなどいくつかる。除菌は、1日2回、1週間連続で薬を服用するだけ。
60
(150)
下痢のいちばんの治療方法は、出しきること便に血液やかき卵のような膿が混じっている細菌感染による下痢、食中毒は、命にかかわることもある。
61
(152)
内臓脂肪が諸悪の根源の悪玉サイトカインを分泌する内臓脂肪の分泌する悪玉サイトカインが、治療薬の邪魔をするので、運動と食事によって内臓脂肪を減らすことが、最も早くて確実な方法だ。
62
(154)
内臓脂肪の異常蓄積は、心筋梗塞、脳梗塞を招く血液中に悪玉コレステロールが増えると、善玉コレステロールが減り、中性脂肪が、悪玉コレステロールと同じような振る舞いをしはじめる。
63
(156)
内臓脂肪は外科手術のリスクを高くする「メタボリック症候群」規定の腹囲は、男性85センチ、女性90センチ。内臓の手術をする外科医の観点からも、腹囲は90センチ以下に抑えるべき。
64
(158)
女性のメタボリック症候群激増は40代から男性の場合、20代から該当者があらわれはじめ、加齢とともに増えるが、女性の場合、40歳を越えたあたりから急に増えはじめる。
65
(160)
なぜ腎臓の重要性が強調されているのか腎臓は、1日ドラム缶1本分の血液を濾過している。その際に、体調にあわせて、水分、栄養分、電解質を選り分け、体内環境を一定に保ってくれている。
66
(162)
慢性腎不全になる前の段階で食い止めるために腎臓病は元に戻らないばかりか確実に進行するケースが多いので、暴飲暴食をさけ、睡眠を十分にとり、糖尿病、高血圧の段階で食い止める。
67
(164)
尿検査でタンパク尿が続いたら腎臓が悪化している可能性がある腎臓を守るためには、1日2リットルの水を飲んで脱水を防ぎ、食事は塩分を控えめにし、高脂肪、高タンパクの食事をやめること。
68
(166)
尿が出なくなるのは死のサインラストステージに入った患者さんは尿が出なくなってから、長くても24時間以内に亡くなる。腎臓は、それくらい最後まで機能し続ける強い重要な臓器。

第7章:目、皮膚の若さを保つ
69
(170)
ドライアイは水を飲むことによって防ぐことができる脱水状態のときは涙が十分に出なくなるドライアイになりやすい。1日に必要な水を小まめに分けて飲むことによって防ぐことができる。
70
(172)
1日に水を2リットル飲もう私たちの胃腸の内外を出入りする水分の総量は、1日に約10リットル。麻酔をかけた大きな手術では、14リットルもの水を補液することもある。
71
(174)
白内障は、血圧管理、紫外線カットで予防できる白内障は、技術の進歩により、比較的簡単ににかつ安全に手術ができるようになり、かえってよく見えるようになることもある。
72
(176)
緑内障でも視力保持のチャンスが多くなっているかつては失明の危険が高かった緑内障も、太陽光線対策とともに早期発見、早期治療で回復できる。最悪の場合でも視力を保持できるチャンスは多くなっている。
73
(178)
気象庁が「紫外線予報」を出すようになった波長の長いUVAは雲を通り抜け、ガラス窓も透過する。波長の短いUVCも、オゾン層の破壊により、地表に降り注ぐようになった。
74
(180)
紫外線が「光老人」をつくる紫外線の本当の怖さは、日焼けによる炎症ではなく、徐々に蓄積し、皮膚を根底から老化させる「光老化」だ。
75
(182)
太陽の光を浴びる時間は、1日に10分から20分に紫外線による皮膚の老化は、老若男女を問わない。日常生活の範囲ならSPF10、長時間野外で活動するときはSFP30くらいの日焼け止めクリームを塗る。
76
(184)
太陽の光が顔にシワをつくるのは30年後10代の女性が「真っ黒に焼いても、シワなんて、できない」のは当然で、「こんなにお肌が傷んで……」と嘆くのは、40代後半になってから。
77
(186)
シミはレーザーで簡単にとれるレーザーをシミにあて、メラニン色素に吸着させ、シミになっている表皮や角質層を剥がす。そのあとには正常な皮膚が再生される。
78
(188)
肌を若返らせるアルファ・ヒドロキシ酸加齢にともない皮膚の新陳代謝が悪くなり「弾力のない肌」になる。この物質は、死んだ角質層を剥がし、生きた細胞を活性化させる。
79
(190)
顔を洗いすぎることは、肌によくない1日に4回以上も顔を洗うと、皮脂がなくなりすぎて、これはたいへんだと皮膚が皮脂をつくりはじめ、かえって脂っぽい傷みやすい顔になる。

第8章:ホルモン、免疫の力を保つ
80
(194)
性ホルモン補充療法の「若返り」効果は大きい性ホルモン補充療法は、慎重に行う必要があるが、男女とも更年期にともなう症状をいっきょに改善することができ、若返り効果のあるよい療法。
81
(196)
感情がホルモンをコントロールしている怖いと感じるホルモンが分泌されたことにより、怖くなるのではなく、感情が、脳内の生化学的変化を通じて、ホルモンをコントロールする。
82
(198)
撫でても撫でられても、幸せホルモンが分泌される愛犬を撫でることはもちろん、子どもと手をつないで散歩をしても、夫婦でダンスをしても、職場で肩を叩き合っても、双方に「幸せホルモン」が分泌される。
83
(200)
やる気と快感はつながっている人一倍仕事をする人、勉強をする人、次々と大作を仕上げる芸術家などは、エンドルフィンが大量に分泌され、快感が行動に駆り立てているに違いない。
84
(202)
涙は、ストレスを解消するホルモンを運んでいる悲しいときに泣くと、すっきりするのは、体内のストレス・ホルモンが排出され、涙のなかに含まれる副腎皮質刺激ホルモンによって癒されるから。
85
(204)
鼻呼吸は口呼吸よりも免疫力をあげる鼻呼吸だと、副鼻腔でホコリや細菌などが除去され、肺胞で酸素が吸収されやすい状態になるので、口呼吸の人は鼻呼吸に変えたほうがいい。
86
(206)
ビタミンCは、免疫系を強化するビタミンCは免疫系を強化し、さまざまな病気に予防効果を発揮する。三食ごとにしっかり野菜を食べれば、必要なビタミンCは確保される。
87
(208)
微量ミネラルの亜鉛が、免疫系を若返らせる免疫にとくに深くかかわっている微量元素は亜鉛ですが、バランスよく食事をしている限り、不足することも、摂りすぎることもない。

第9章:ガンは、もはや「地獄の細胞」ではない
88
(212)
外科医の腕は、ガン治療の決定的な要因ではないガンを治すのは、外科医ではない。ガン治療を決定するのは、なによりも時期。ガンについてはとくに早期発見、早期治療にまさるものはない。
89
(214)
直径1センチのガンに、10億個のガン細胞が詰まっているガンが直径1センチになるには10年近くかかる。しかし、そのガンが、直径2センチになるには3回の細胞分裂で十分なので、あっというまだ。
90
(216)
ガンは免疫を悪用している自然免疫は、ガン細胞に寝返りやすく、「免疫を活性化させれば、ガンをやっつけることができる」というような単純なことではない。
91
(218)
いまやガンのほとんどは治すことができる膵臓ガン以外の、だれもがよく知っているガンについては、だいたい治すことができるといっていい段階にきている。
92
(220)
乳ガンは、マンモグラフィを使えば早期発見ができる月に1度は自分で触ってみて、わずかでもしこりがあったり、リンパ節が腫れていたりしたならば、受診しよう。乳がんの早期発見には、それくらいのことをしてもよいほどの大きな価値がある。
93
(222)
前立腺ガンは、早期発見も治すことも比較的簡単ガンは、早期発見、早期治療により治すことのできる病気だが、前立腺ガンは、とくに早期発見しやすく、治しやすいガン。
94
(224)
米国では、便潜血検査は毎年、大腸ファイバー検査は5年ごと大腸ガンは、早期発見しさえすれば必ず治るが、大腸ファイバー検査はもちろん、検便にすら抵抗を感じる人が多く、困った状況になっている。
95
(226)
大腸ファイバー検査で、ポリープやガンの芽を切除大腸ファイバー検査は、とても優れた大腸ガン検査であり、これを徹底することにより、大腸ガンをなくすことさえ不可能ではない。
96
(228)
食物繊維で大腸ガンを防ぐことができる?食物繊維をしっかり食べることにより、大腸ガンを予防することができる。両者に直接的な因果関係はないものの、間接的には大きな因果関係がある。
97
(230)
不老不死と発ガンの皮肉な接点細胞の老化に関係があるテロメア。そのテロメアの短縮を防げば不老長寿が可能になるが――。
98
(232)
若年で発生するガン乳ガン、子宮頸ガン、胃ガンは、30代で発症する可能性もあるが、早期発見で完全に治癒させることができる。
99
(234)
ガンを防ぐための基本的なポイント脂肪、塩分をとりすぎないバランスのよい食生活をこころがけ、お酒はたしなむ程度にし、タバコはやめよう。
100
(236)
ガンの可能性を見つけるスクリーニング「ガンのスクリーニング」に必要な検査は、疾患により異なるので、うまく組み合わせて必要十分な検査プランを立てることが重要。

第10章:「排出、排毒」が大切になってきた
101
(248)
10分間のシャワーで大量の毒性物質を吸収するシャワーを10分間浴びると、そのシャワーの水をコップ8杯飲んだのと同じ量の毒素成分、有害成分を鳩首する。
102
(250)
水銀、ヒ素、カドミウムが体内に蓄積している日本人には、動物性脂肪による疾患は少ないが、魚介類を多く食べたことによる、水銀、ヒ素、カドミウムの体内蓄積が懸念される。
103
(252)
大切な体内毒素の排出有害化学物質、有毒金属は、排毒が困難なため、加齢とともに体内蓄積が増えるので、中高年になったならば、キレーション両方を行ったほうがよい。

アンチ・エイジング革命アンチ・エイジング革命
阿保 義久

講談社 2008-11-28
売り上げランキング : 717963

Amazonで詳しく見る
by G-Tools