Hatena::ブログ(Diary)

maachangの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-01-03 気になるネタ

この記者アホすぎ、青色ダイオードは「赤色ダイオード」があるからできたわけで、天狗になるなと言いたげ。 01:01 この記者アホすぎ、青色ダイオードは「赤色ダイオード」があるからできたわけで、天狗になるなと言いたげ。を含むブックマーク この記者アホすぎ、青色ダイオードは「赤色ダイオード」があるからできたわけで、天狗になるなと言いたげ。のブックマークコメント

http://diamond.jp/articles/-/63993

この記事の中に

「そもそもLEDは、最初に赤色の革命的な光源を発明したニック・ホロニアック・イリノイ大名誉教授の研究から全てが始まっている」

 この事実を見逃してはならない。ノーベル物理学賞を受賞した教授に「もう少し謙虚に」とは言いにくいが、稲穂も実るほどに頭を垂れるのです。すごいことをやった人が傲岸不遜だと、なんだか天狗になっているように見えてしまう(マスコミはそういう人を叩くのが大好き)。

こんな文言がある。

青色ダイオードが作れたのは、先の先駆者がいるから、できたキリッ。だから「偉そうに言うな」と言う。

それを言ったら、何も作れないし、対価は求められないね。

Webアプリ1つ作るにも、最低限、プログラム言語がJavaならば、Javaの元のC言語やC++の亜流、通信は、HTTPプロトコル、その下はTCP、Databaseは、Oracle,DB2,SQLServerに至っては、元はSybaseだ。

OSは、Windows、前身はMS-DOSだが、IBMと絡んで作ったものだし、IBMもWindowsライクなOS/2なども作っているし、元々DOS自身、Unix系の劣化版でしかない。それに、Linux系、元はUnixを模倣したものだ。

そんな、先駆者たちの技術が基盤となっているので、それを使った上で開発しても、新しいものを作っても発明とはいえなくなる。

また、昨今の流行のIoT(物のインターネット)にしても、すべては、OLD技術の新しい使い方でしかない。

私が専門とするコンピューターは、言わば「特許の塊」と「特許の残骸」の元で成り立っている技術だ。

この「ダイヤモンド」の記事から言えば、ノイマンだとか、粒子コンピュータや、IBMのSyNAPSEチップ以外での、新しいコンピュータ上で、何か開発しなければ、新しいものとは「いえない」らしい。

それに「発明の祖がすべて」だとか言うならば、現在のGoogleだとか、FaceBookとかTwitterなど、現在の当たり前に利用される技術も、別段「目新しい」発明でも何でもなく、ごく普通の「発想」なので、このダイアモンドの記者からすれば「天狗になるな」と言うぐらいの、発明でしかないのか?

根本の発明には、それは「敬意」を払う必要があるが、それにすべて囚われていて、それらを元に何か作ったからといって、「天狗になるな」と言われる程度のものなのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は思うが、この「青色ダイオード」は世界の大発明であるし、それを「商用化」させたのは、すばらしいわけであって、それで、2流の会社が一流会社になったわけで、それが「天狗になっている」とは、それは、お前らみたいな「机上」で面白おかしく飛ばし記事書けば、それでよいものとは、比べるまでも無い。

また、発明と「商用」は別物で、商用化させたから「えらそうに言うなキリッ」と言いたげだけど、じゃあ、たとえば「粒子コンピュータ」は、現在でも開発は続いているが、それを「何処が商用化」させるのか、それが「ビジネスチャンス」であると、多くの国や大企業が研究しているわけで、実際には「研究過程」は終わっている状態だが、それを「商用化」させるのは、難しすぎるわけで、これが仮に「できた」としても「それができたのは、大学の偉い先生のおかげキリッ」「それができてもたいしたことが無い、だから偉そうな顔をするなキリッ」とでも、この記者は言うのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔から「青いバラ」の研究は盛んだが、これを日本の企業が「商用化」させた。

これもたいしたことが無いのか?

「青いバラ」に対する研究は、それまでは、幾人が作ることができたが、次世代に残せない状態だった。

これは「研究としては、一部成功」したが、条件にある、複数代の生成ができなかった。

これを日本の企業である、サントリーは成功させたが、これに対しても「赤いバラ」があるから、できた「出来事」でしかないのか?「赤いバラ」があるから、たいしたこと無いのか?

それまでの先駆者がいるから「たいしたことない」と言うのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、冒頭の記事を読んで、それこそ「違和感ばかりを覚えた」わけだが、そもそも「人間がたくさん居て、その中で、精神疾患持っているやつは確立的にそれなりに居る」わけで、それを態々「行事」のように「小一ギャップ」だとか「中一ギャップ」だとか「親の過保護が問題キリッ」と誇らしげに語ることにそもそも違和感覚えたし、今話題の元フィギュアスケートの悪口を書いたりするならば、それよりも「エボラの日本流入を助けるのが民主党キリッ」と言ったニュアンスの、誤報を流す「安部の友達」で「NHK経営委員」で「ベストセラー」作家の百田とか、それこそ「たかじん問題」で「嘘ノンフィクション」書き、アホな発言する「禿」に「違和感」を覚えればいいんじゃないの。

これの方が、話題性としては十二分にあるのではないだろうか?

まあ、だけど「百田」のことは、いろいろ雑誌関連の「利益にならない」とあって「書けない」ようで「書かない自由を行使キリッ」なんだろうが、権力の強い人間には、それを行使して、弱い人間には「表現の自由キリッ」とか、本当に屑過ぎる。

この、安藤元選手のような「後ろ盾ない」弱い人間攻めることと、ゴシップ的なことを発言したことに俺は「違和感」しか覚えなかったよ。

また「日本」では「研究者」は失敗しても、首にはならない「厚遇されているキリッ」。

「アメリカ」では、結果の残せない「研究者」はすぐに首にされるし、そもそも「契約」で「結果は会社のもの」となるから、8億もらえるなんてことは、アメリカでは「一切無いキリッ」と言うが、「日本」で「契約」で「結果は会社のもの」と言う契約をしていなかったのだから、裁判で訴えて何が問題なんだろうか?

都合の良い部分だけを「アメリカでは」と言うことが、この記事最大の「違和感」だったわけで、おいしい部分を「つまみ食い」する記事でしかないと私は思った。

「アメリカ」では「研究者」はすべて「結果は会社のもの」としか「契約」できないのか?

そんなわけ無いだろう。

もうねえ、都合の言い分を「つまみ食い」しただけの「隣の芝生」理論で、物事を言うのは、違和感より、うさんくささを覚えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俺の認識では「ダイアモンド」と言うところは、もうすこしましな所と認識していたが、しかしながら、単なる、チラシの裏でしかないと言うことが、良くわかったそんな内容だった。

非常に残念な内容である。

 

ssss 2015/01/04 21:45 ・・・・・・のおかげで日本の再生可能エネルギー発電は壊滅しましたhttp://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-406.html

おいおいおいおい 2015/06/28 16:00 お前みたいに上から見ていられるkuzu富裕層の評論家はそんなまったり言ってられるが、今の社会解雇されたらで一体どれだけの失業者が出ると思ってるんだ
そんなのに国民が納得するか?
企業は好き放題、労働者はポイ捨て野垂れ死に。
ふざけんな
金持ちの自分勝手な事ばかりほざきやがって
市ねや人でなし

かのかの 2015/06/28 16:06 (続き)しかしまあブラック企業対策だのなんだの言ってる割にはブラック企業の悪事はやらせ放題、正社員が首を切られ、路頭に迷う
そんなことが起こるようになる
正社員って窓際族だけではない大勢の人がいる。
一部のよほど有能な人間だけは助かり、平凡な人間はどんどん落ちていく
派遣社員なんでもっと恐ろしい
株で生きてるのか知らんが、金持ちだから平気だと庶民を見下し庶民・労働者奴隷化に大賛成。ひどい世界だ。そして今後の日本経済を支えていくのはきっとこういった部類の人間なんでしょう...

正社員はごみ正社員はごみ 2016/06/06 08:33 その通り、正社員はゴミくず以下、早く駆除してほしい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maachang/20150103/1420214478