Hatena::ブログ(Diary)

maachangの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-21 狂ったねとうよ群!!

セクハラは「される方が悪いキリッ」「ならば男性記者に換えれば良いキリッ」自衛隊が野党を罵倒したら「表現の自由キリッ」・・・ 17:20 セクハラは「される方が悪いキリッ」「ならば男性記者に換えれば良いキリッ」自衛隊が野党を罵倒したら「表現の自由キリッ」・・・を含むブックマーク セクハラは「される方が悪いキリッ」「ならば男性記者に換えれば良いキリッ」自衛隊が野党を罵倒したら「表現の自由キリッ」・・・のブックマークコメント

日本の場合は「セクハラはされる方が悪い」そうでw

http://bunshun.jp/articles/-/7134

 

セクハラされたのは「記者が女性だから悪い」そうでw

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00010011-bfj-soci&p=4

 

番外編:よく左翼が「自衛官に対し、人殺し」と言うけど【言論の自由】で守られるので、自衛官も守られるべき。

https://samurai20.jp/2018/04/konishi/

日本の倫理って一体なんだろうね。

女性記者が無断で録音した内容を「第三者に勝手に公開したキリッ」と言うことを全面に出して、それを攻め立てる。

だけどよく考えて欲しい。「第三者に提供した音声データ」これは「オフレコ」な情報でも何でもなく、単なる「セクハラ録音記録」でしかない。よって今回の問題は別に「取材で得た内容」を「第三者に漏らす」ことでの「報道倫理の問題」に当たらないと思う。

また「無断録音」とか「盗聴」だとか「実にけしからん」と言わんばかりの勢いだが、べつに「当事者間」の「許可ない」「録音」は「秘密録音」となるわけで、何ら問題にはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・

「現職のエリート自衛官」が「野党議員」に対して「大声で罵倒」をして「気持ちが悪い」「お前は国民の敵」などと、社会通念的に言っても「常軌を逸した」こと、それを「公の場」である「道のど真ん中」で「大声で罵倒」することが「表現の自由」だとか「言論の自由」にはならないと思うが。

別に自衛官でなくて、普通の人でも「キチ○イ」扱いされるのではないでしょうか、それに「公の場」である「道のど真ん中」で「大声で罵倒」されて、決して「よい気持ち」にはならないでしょうね。

 

まあ、何でもそうだけど「問題の根本」これを「様々な新しい情報」が上書きされていく中で「それらを見失う」ことはあるが、その場合もう一度「問題の根本」これを改めて見直してみると、話の本筋と、それを「捻じ曲げようとする」様がまじまじと見えるだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maachang/20180421/1524298833