Hatena::ブログ(Diary)

maachangの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-11 嘘つきは政治家の始まりだねw

加計学園:大体国家戦略特区は対象が誰か、登場人物を考えれば今回の内容が茶番劇であり全てがうそとわかる。 22:36 加計学園:大体国家戦略特区は対象が誰か、登場人物を考えれば今回の内容が茶番劇であり全てがうそとわかる。を含むブックマーク 加計学園:大体国家戦略特区は対象が誰か、登場人物を考えれば今回の内容が茶番劇であり全てがうそとわかる。のブックマークコメント

柳瀬氏は国会答弁で「加計学園側がメインテーブルにいて、それ以外の後ろの方に愛媛県や今治の職員がいたかもしれない」そう答えた。

何故柳瀬氏は面会したのか?それは「国家戦略特区」があるからだ。

あれ?おかしくないか?何がおかしいか?それは「国家戦略特区」の登場人物は「誰であるか」と言うことだ。

国家戦略特区は、国と地方である。決して「加計学園」ではないし、本来の主役は「愛媛県や今治の職員」である。

だから、本来「加計学園」が「メインテーブル」にいて、それ以外の愛媛県や今治職員が「後ろのどこかにいる」なんてことは「絶対」に「ない」わけだ。

逆に「愛媛県側」が言うのことは正しい。

1つは、メインテーブルに加計学園側と共に「愛媛県、今治の職員」が居たと言うこと。

もう1つ、そして愛媛県職員側と柳瀬氏が「名刺」交換までしていること。

普通メインテーブルに居ない人とは「名刺交換」はわざわざしない。

あと、語るに落ちたのか、加計学園と言っていた「メインの人」は4月2日に首相官邸に「行っていない」そうでw

そして一番のことは「愛媛県側」がわざわざ「うそ」をつく必要が一切ないと言うこと。

一部の輩は「名刺なんて普通に作れるキリッ」とか言うが、まあ「財務省」じゃないんだから「公文書改ざん」なんぞ、そんなもの「ばれたら」それこそ「これまでの事柄はすべて嘘」となるような大それたこと、そんなことをわざわざ「愛媛県側」がする必要は一切ない。

・・・・・・・・・・・・・・

まあ、そもそも「出来レース」加計学園が経営傾いて50億を超える金額を「日本私立学校振興共済事業団」から借りたが、これを返すには「今治に獣医学部」を作って開校させれば、それを担保に新たな借金ができるわけで、実際この借金の返済開始時期が「平成30年3月」となっていて、獣医学部の開校が「平成30年4月」加計学園側からとすれば、正に「計画通り」であると言えます。

たまたま?まあ何とでも言えますが、国家戦略特区と言う「超法規的」な上で「首相のお友達」で「50億の借金返済」があり「鳥インフルの世界的権威がいる京都産業大学」が「研究施設を先に作り、獣医学部を作れる土壌がある」そんなところが「募集」すると「加計学園」に有利になる「3つの制限」を設けられ、結果的に「公募は加計学園1校」のみ。

これが「出来レース」でなければ、どれも「出来レース」ではないでしょう。

その後の苦しい言い訳、首相は平成29年1月20日に初めて加計学園が国家戦略特区で獣医学部を作ることを知ったと言うと、今回の「柳瀬氏」は「加計学園」に関することで「突然記憶を無くし」だけど「愛媛県側から色々と加計学園関係者と愛媛、今治職員と会った証拠」を出されると「突然記憶を都合よく思い出して」「加計学園関係者とだけ会った」と言い、数度会っているのに、安倍首相にはそれらの情報を一切共有せず、メモなどの記録も一切残さないと言う、あれこの人「首相秘書官」なんだよな?記憶を突然無くす人が「メモ」も取らないって、でも「優秀な人」なんでしょ?イミフw

・・・・・・・・・・・・・

まあ、このような「つじつま」が合わない内容、どこで誰が嘘をついているのか?まあ普通に考えればわかると思いますw

うそつきは「泥棒」の始まりではなく、うそつきは「政治家」と「国家公務員」の始まりなんだろうな!!って思う今日この頃w

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maachang/20180511/1526045775