Hatena::ブログ(Diary)

maachangの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-09 発展すると失うこともあるのね

世の中便利になると、場所が必要なくなる。 23:45 世の中便利になると、場所が必要なくなる。を含むブックマーク 世の中便利になると、場所が必要なくなる。のブックマークコメント

昔田舎にいたころ田舎は田舎で需要があり、田舎でのみ存在する「スーパー」やら「コンビニもどき」やら「企業」などが多くあった。

その後、田舎に各地に手を伸ばし続ける「アメーバ」の存在のような「大手チェーン店系」「スーパー」や「コンビニ」や「飲食店」など様々なものが進出してくる。

これにより田舎の産業の大半は「大手チェーン店」系に駆逐されていく。

また、交通などのインフラが異常に発展し、日本国内にそれまで拠点を置いていた「大手企業子会社」たちは、こぞって「田舎」から撤退し、よくて「県庁所在地」に「大きく構えて」いるだけのものとなる。

そして何よりも、今世界はインターネットによって注文ができ、次の日には届き送料も安く、何よりも「総額」が「安い」わけでそして最もな理由は「田舎では手に入らない・入りづらい」ものが「買える」と言うことだ。

いやはや便利だよね〜

だけど、田舎らしさは全く無くなり、たとえば「地元」のスーパーは軒並みつぶれてしまい、大手チェーン店系のスーパーで買い物をしたところで、東京で食べる「お刺身」と全く同じ構成のものしか売っていない。

また、こんな状況下において「田舎」の産業は「成り立たず」結果的に若者は「都会」に「少なくとも県庁所在地」に「多く」は「東京」や「大阪」など一等地に進出「せざるを得ない」わけで、結果的に現在の田舎の多くは「老人たち」だらけであるのが現状である。

そういえば「地方創生」だとか「一時期」何か「やっていた」ように思えるが「アベノミクス」とは「そんな田舎を食い物にしている企業」向けの「政策」なので、そんな「地方を食い物」にしている「やつら」が「元凶」で「田舎の景気が衰退」しているのに、それで「地方創生」ってねえw

うまくいくわけがないわな。

って思っていたら、案の定うまくいかず、今はそんなことありましたっけうふふって感じで、全く聞かなくなった。

俺は思うが「田舎」を本当に復興させようとすればどうすれば良いか。

もういっそうの事、田舎は独立して「日本は道州制」にすれば、良いんじゃないか?って思う。

たとえば「東京」に住みたいならば「消費税30%」だけど、一地方の田舎俺の田舎「愛媛」ならば「消費税0%」だとか。

そもそも今のように「田舎」と「東京」の税金の差があんまり無ければ、そりゃあ「皆東京」に住むでしょうし「東京」に「企業」が集中するのは「当たり前」でしょう。

田舎が「東京」と「勝負」できるのは、企業誘致や若者誘致のために「東京」との差別化、現状はそれが「まったく」できないわけで、だって「地方が優遇」するにも「中央省庁」が「みとめなければ」ならないし「予算」も「でない」から。

これが「道州制」で完全独立ならば、どうなるだろうか。

自分たちで「予算」を決め、自分たちで「税」を決めれるので、十分やっていけるだろう。

・・・・

でも何故日本は「道州制」を導入しないのか?と言えば「東京の価値」これが「全く」無くなるから。

でも「アメリカ」とか「州」制度だけど「大都市」と地方都市の格差は大きいから関係ない。

そういえるかも知れないが、まあ「アメリカ」と「日本」の「国土差」を無視すれば、まあ言えるよね。

日本の場合、土地が狭いと言うことは逆を言えば、アメリカと比べて「移動に時間がかからない」と言うこと。

この差は実に大きい。

「地方創生」それは「道州制」をすることであると俺は思うので、誰かやって欲しいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maachang/20180609/1528555532