Hatena::ブログ(Diary)

maachangの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-21 るいとも

さすが安倍先生の朋友やることが姑息杉w 08:15 さすが安倍先生の朋友やることが姑息杉w - maachangの日記 を含むブックマーク さすが安倍先生の朋友やることが姑息杉w - maachangの日記 のブックマークコメント

https://www.sankei.com/politics/news/180619/plt1806190041-n1.html

大体食事やらゴルフやら加計学園獣医学部の大事な時期に14回も会食やらゴルフやら集中的にあっておいて

https://www.huffingtonpost.jp/2017/07/23/abe-kake_n_17568126.html

「もう何十年来の友達だが、仕事のことを話すのはやめようというスタンスでやっている。政治の話は聞いたことはあるが、こちらの話は興味ないと思う」

そんなことを言っているけど、カケイさんは安陪先生に、めちゃ「仕事の依頼」しているんだよね。

f:id:maachang:20171119174155j:image

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/195061

千葉科学大学開校10周年記念で安倍先生が祝辞したのが2014年w

それに、同じく安倍友の「萩生田光一」氏は千葉科学大学の「名誉教授」だし、同じく安倍友の「下村博文」氏は、加計学園秘書が「わざわざ献金」を「集めて」持ってくる関係だったりと、めちゃくちゃ「仕事」とからみまくっているんじゃないか。

あと、何故か「大阪で震度6弱の直下型地震」があった翌日で「サッカー日本代表の試合日」その日に「突然」「その日」に「記者会見」を発表するわけで、しかも「何とか間に合った報道ステーション記者」は「記者会見参加を断られる」わけで、理由が「地元紙のみ」だとw

えーそもそも「記者会見」誰のためにやるのか?

補助金が絡んだ話でしょ。そして「国会」言わば国を巻き込んだ話なので、それを「地元紙のみ」でシャットダウンする理由はないんじゃないのか?

あと短いたった26分で記者会見打ち切り。

4つの意味で姑息すぎる、やはり安倍先生と類友だから「もやもや感」が残ることが「共通項」なんだろうね。

1)天災が話題になった翌日に記者会見

2)ワールドカップで日本が初戦を控えた日

3)地元のみが記者会見に参加可能

4)超短い、たった26分

あと記者会見では色々と「記録」や「記憶」が無いと連呼していたが、まあこいつらは「手のひら」は「返すため」にあると思っているわけで、実際安倍先生は自分が言ったことを「都合が悪くなる」と「そんな事は言っていない」とか「いい間違い」だとかで、平然と「手のひら」を「返す」わけで「彼ら」の「言質」に「意味は無い」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直言って、この記者会見全くの「マイナス」まあこれで「記者会見」したから「解決済み」だとか「一点の曇りも無い」とか言うのかも知れないが、これこそ「疑惑はさらに深まった」感じでしかない。

2015-03-27 気になるネタ

何も「知らない・わからない・秘書を管理できない」自称無能政治家たち。そして下村大臣の答弁「知らなかったキリッ」の次は「秘書が勝手にキリッ」だな。 10:47 何も「知らない・わからない・秘書を管理できない」自称無能政治家たち。そして下村大臣の答弁「知らなかったキリッ」の次は「秘書が勝手にキリッ」だな。 - maachangの日記 を含むブックマーク 何も「知らない・わからない・秘書を管理できない」自称無能政治家たち。そして下村大臣の答弁「知らなかったキリッ」の次は「秘書が勝手にキリッ」だな。 - maachangの日記 のブックマークコメント

自民下村文部科学大臣が言う「任意団体」と国会で言い放った「博友会」の「趣意書」に示された「規約」には

第2条(目的)に「下村博文氏の政治活動を支援することを目的とする」

第4条(会員)には「なお、会費は年払いとし、『自由民主党東京都第11選挙区支部 下村博文』宛に振り込むものとする」

と書かれているそうで、これが「任意団体」で「許可」されるならば、政治資金規制法は要らないし、政治団体を作る理由は無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、これも「政治家」お得意の「逃げ切り」ができる。

私(下村大臣)は一切知らなかった。「秘書が勝手に作ったものだキリッ」と言えばね。

まあ、過去もそれで乗り切った「政治家」先生方も多くいるわけで、昨今では「ドリル」でPCを破壊して「たまたま」で「証拠隠しでは一切ないキリッ」とか言っていた、あの「ドリル優子」議員などは、金庫番だった人間が「私がやったことで、姫(ドリル優子)は全くあずかり知らないことキリッ」と言ったニュアンスで乗り切ったように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来は「有権者」が「選挙」で裁けばいいわけなのだが、しかしながら「有権者」は「ドリル優子」を再選させたわけだし、まあ実際は「ゆるされる」んだろうな。

まあ、与党の政治家で、アメリカ寄りの自民党ならば「無罪」どころか「不起訴」だし、そもそも「大手マスメディア」は、この問題「一切」取り扱わないので、それらを「有権者」が知りえないまま、お蔵入りになる「粛々」と処理されることになるだろうよ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158387

下村大臣を違法献金疑惑で告発 “決定的証拠”添付で万事休す

大臣辞任どころか、議員バッジを外す日も近そうだ。下村博文文科相の後援会組織「博友会」をめぐる違法献金問題で、市民団体「政治資金オンブズマン」が刑事告発に踏み切った。

 24日、東京地検に送付された告発状によると、東北や近畿など全国6つの「博友会」は、政治団体の届け出をせず、会員から集めた“年会費”を下村が代表を務める政党支部「自民党東京都第11選挙区支部」に“寄付”していたと指摘。下村や団体役員らは政治資金規正法違反(虚偽記入など)に当たる、という。

 国会などで数々の「証拠」を突き付けられても、シラを切り通してきた下村だが、今度ばかりは年貢の納め時ではないか。告発状には下村のウソを暴く決定的な資料が添付されているからだ。

 12年の総選挙で自民党が政権に返り咲き、下村が文科相に就いた後に出されたとみられる「近畿博友会」の「趣意書」に示された「規約」だ。

「中四国博友会」と同様、第2条(目的)に「下村博文氏の政治活動を支援することを目的とする」と書かれているだけじゃない。第4条(会員)には「なお、会費は年払いとし、『自由民主党東京都第11選挙区支部 下村博文』宛に振り込むものとする」とハッキリ表記されているのだ。

 告発人のひとり、神戸学院大大学院教授の上脇博之氏はこう指摘する。

「下村氏が国会で答弁しているように、もし、近畿博友会が任意団体ならば、(特定の)政党支部を指定して会費を振り込ませたり、集めたりすることは絶対にありません。常識的に考えれば、政党支部側が、振り込まれたカネが寄付なのか、任意団体の会費なのかを区別できないからです。この仕組みが成り立つのは、政党支部と(各)博友会が会員情報などをやりとりしなければできない。つまり、下村氏の『任意団体だから知らない』との説明は完全に破綻します」

 そもそも、「博友会」は、誰がどう見たってリッパな政治団体だ。これが「任意団体」で許されるなら、世の中に政治団体は存在しないだろう。

 もはや、ここまで「証拠」がそろったら、東京地検は動かざるを得ない。黙認していれば世論の批判の矛先は検察にも向くからだ。捜査着手は時間の問題。下村もいよいよ万事休すだ。

 

2014-11-08 気になるネタ

「ゴルフ場利用税」を廃止して、穴埋めとして「車」の「燃費課税」で対応するの巻 13:30 「ゴルフ場利用税」を廃止して、穴埋めとして「車」の「燃費課税」で対応するの巻 - maachangの日記 を含むブックマーク 「ゴルフ場利用税」を廃止して、穴埋めとして「車」の「燃費課税」で対応するの巻 - maachangの日記 のブックマークコメント

やりたい放題自民党、安倍政権。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141107-00000105-san-bus_all

ゴルフ場、狩猟、自動車…身近な地方税の見直し浮上

産経新聞 11月7日(金)7時55分配信

 ■ゴルフ場利用税の廃止案/狩猟税なくしハンター増/自動車は燃費に応じ負担

 平成27年度税制改正をめぐり、地方税の見直しが大きな議題に浮上してきた。例年以上に国民生活に関連する項目が多いためだ。自動車関連では、購入する車の燃費が悪いと負担が増える仕組みが検討される一方、ゴルフ場利用時の税金や狩猟時にハンターが払う税金を廃止する案などの軽減措置もメニューに並ぶ。自民党と公明党による与党税制協議会は、12月中旬までに具体策を詰め、来年度税制改正大綱に方向性を盛り込む。(今井裕治)

 「今年の議論では、地方課税が極めて中心的な課題になる」

 自民党税制調査会の野田毅会長は5日の会合でこう述べ、来年度改正における地方税見直しの重みを強調した。公明党税制調査会も、7日に開く勉強会から、地方税改革に向けた議論を本格化する。

 与党が検討する地方税改革で、大きなテーマの一つとなるのが「ゴルフ場利用税」の見直しだ。

 現在は、ゴルフ場利用者に対し1人あたり1日800円が課せられている。24年度の税収は507億円だが、消費税との二重課税だとの批判がある。また、スポーツ振興の観点から、政府・与党内は消費税率10%段階で、同税を縮小・廃止する案が急速に浮上している。

 安倍晋三首相は4日の参院予算委員会集中審議で「(同税のプレー料金に占める)比率が高くなっているのは事実」と述べ、見直しが必要だとの考えを示唆した。下村博文文部科学相と麻生太郎財務相は廃止を呼びかけており、与党で具体化の調整を急ぐ。実現すればゴルファーにとって朗報だが、税収減になる地方自治体の反発は必至だ。

 同様に地方税では、イノシシや鹿など野生鳥獣を捕獲するハンターが払う「狩猟税」を廃止する案も検討する。現在の税額は5500〜1万6500円で、24年度の税収は17億円にのぼる。全国で野生鳥獣による農作被害が相次ぐ中で、税負担をなくしハンター数を増やす狙いだ。

 安倍政権が進める「地方創生」を税制面から支援するため、地方自治体に寄付すると、税金が減額される「ふるさと納税」の拡充も議論する。減税対象となる寄付の上限額を、現行の2倍に引き上げる案を軸に調整している。

 一方、自動車関係税は負担増となる恐れが高い。与党は消費税率10%時に廃止する「自動車取得税」に代わり、購入する車の燃費に応じて税負担が変わる仕組みの導入を検討している。

 このほか企業向けでは、法人税減税の原資として外形標準課税を大企業向けに強化し、赤字を放置すると税負担が重くなる仕組みを導入する。来年3月末で期限を迎える軽油引取税の免税措置の範囲や、固定資産税の評価替えの手法も焦点となる。

増田和子増田和子 2014/12/02 16:23 なぜ 公務員の年金が守られているのですか?運用する人達が公務員、政治家だからですか。凡人には理解出来ません。若い人達に将来支給されないから、年金をかけるのをやめましょう、といいたい。

2014-11-05 気になるネタ

ゴルフ税廃止キリッ「消費税との二重の課税がある」のが問題キリッのアホ発言は、自民党のお偉方。 09:35 ゴルフ税廃止キリッ「消費税との二重の課税がある」のが問題キリッのアホ発言は、自民党のお偉方。 - maachangの日記 を含むブックマーク ゴルフ税廃止キリッ「消費税との二重の課税がある」のが問題キリッのアホ発言は、自民党のお偉方。 - maachangの日記 のブックマークコメント

http://www.sankei.com/politics/news/141104/plt1411040033-n1.html

ゴルフ場利用税「廃止すべき」と下村文科相 麻生財務相も“同調”

下村博文文部科学相は4日の参院予算委員会で、ゴルフ場利用者に課せられるゴルフ場利用税について「生涯スポーツであるゴルフの振興を考えると廃止すべきだと考えている。文科省として廃止を総務省に要望し、関係団体とも連携して廃止への理解を深めて参りたい」と述べた。

 下村氏は「スポーツの中でゴルフだけが唯一、施設の利用に伴い課税され、なおかつ消費税との二重の課税がある」と指摘した。

 また、麻生太郎副総理兼財務相は利用税が地方自治体の税収となっていることを念頭に「仮に消費税が来年10月から上がるとなれば地方税も増える。(廃止するには)良いタイミングかなという感じはする」と述べた。ただ、「総務省の所管だ」とも繰り返し語った。

 いずれも松沢成文氏(みんな)の質問に答えた。

幾ら「安倍」が「ゴルフ」大好きだからって「広島」の「土砂災害」が起きても「ゴルフ」の「プレー」を「直ちに」やめなかったぐらい「ゴルフ」が大好きだからって「ゴルフ税をやめろ」とか「消費税との二重の課税がある」ことを問題視するのは、どうだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ず「消費税との二重の課税がある」ことの問題で、多分最も影響があるのが「ガソリン税」と「消費税」の二重課税。

次に大きいのは「酒税」と「消費税」の二重課税。

これらを無視して「ゴルフ税」は「消費税との二重の課税がある」と言うのは、一体なんだろうか?

まさか「安倍」が好きな「ゴルフ」だから?

それが理由で「ゴルフ税」やめろって言うのは、権力の私物化以外の何者でもない。

それとも「ゴルフ」は「自民党のお偉方」がプレーするが、その時に「初めて」「消費税との二重の課税がある」ことの存在に「気づいた」のか?

これならば、お粗末よね。日本の政治はお先真っ暗。

また、自分たちがプレーする機会が多い「ゴルフ」に「税金」はもってのほかキリッとか、そんな傲慢な考えで「ゴルフ税」をやめろと言うならば、日本の政治はお先真っ暗。

「ゴルフ税」やめろと「自民党のお偉方」が言うことの「背景」を鑑みると、どれをとっても「日本の政治はお先真っ暗」でしかない。

安倍政権の増税リスト

○消費増税5%→8% →(10%)

○所得税増税

○住民税増税

○相続税増税

○年金支給減額 

○国民年金料引き上げ

○高齢者医療費負担増

○診療報酬引き上げ(医療費値上げ)

○40−64歳介護保険料引き上げ

○児童扶養手当減額

○石油石炭税増税ガソリン代リッター5円UP!

○電力料金大幅値上げ

○高速料金大幅値上げ ETC割引縮小

○軽自動車税は、現在の7200円から1.5倍の10800円に値上げ

○タバコ5%増税

○法人税減税の財源に配当や売却にかかる税率の引き上げ

○固定資産税増税

○議員歳費20%削減廃止

○残業代ゼロ合法化

○配偶者控除廃止

○死亡消費税導入

○発泡酒増税

○携帯電話税   ←NEW!

生活保護費削減  ←new!

○ゴルフ税減税  ←NEW!!

ゴルフ税が云々の前に、他の2重税金の対応が先だろう。

もっとまじめに「仕事」してくれよ。

思いつきで「仕事」すんなよ。