Hatena::ブログ(Diary)

maachangの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-02 壮大な言い訳見苦しい

「主要部分でなければ公文書を改竄しても構わない」なんてことはない。 16:17 「主要部分でなければ公文書を改竄しても構わない」なんてことはない。 - maachangの日記 を含むブックマーク 「主要部分でなければ公文書を改竄しても構わない」なんてことはない。 - maachangの日記 のブックマークコメント

「主要部分でなければ公文書を改竄しても構わない」と、森本問題での「公文書改ざん」に対しての現在の国の見解である。

これについて、少し考えてみたいと思うが、そもそも「公文書」とは何なのか?

・公務員がその職務上作成した文書。

・国または地方公共団体の機関,あるいは公務員がその職務上作成した文書。公文書でないものを私文書というが,そのいずれであるかにより,訴訟上で証拠とする場合の成立の真正の推定や,偽造の場合の刑の軽重などの点で違いが生ずる。

要するに「公務員」が「業務」を遂行する上での「正式」な「文書」であると言うことだ。

で、次に「公務員」とは一体何なのかと言うと。

公務員(こうむいん、英: public servant, civil servant)は、国および地方自治体、国際機関等の公務(en:public service)を執行する人のこと。

要するに「公務」を行う人と言うことで、じゃあ「公務」と言えば

・おおやけの仕事。国家や公共団体の仕事。

有体に言えば、国民が税金を支払って「公務」を代行してもらっている職業=「公務員」であると言うこと。

で、その「公務」でやり取りした「公式」な「文章記録」としてあるのが「公文書」であると言うこと。

要するに国民の税金で、このような「経緯」で「公務」を遂行しましたよと言う「記録」のようなもの。

ITのソフトウェアで言うところの「仕様」とか「成果物」とかそんな感じのものと言えばよいのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

で冒頭の話に戻ると「公文書」は「主要部分でなければ公文書を改竄しても構わない」ものなのか?と言えば、勝手に「上書き」をすることは「駄目」なんじゃないのか?と思う。

理由は簡単で、書き換え前の情報を「無かった」ことにして、後から上書きできればそれが「公務内容」となってしまうわけで、それをころころと「都合のよいように」変更可能ならば、何時何所で誰が変更したとかの記載が無いものを「公の文章」とは出来ないだろう。特に今回のような「問題」が起きたときには、そもそも「前段」から「情報が無い」とか言ってきて、あったらあったで「上書きしてました」ってなっているわけで、その「公文書」の価値は「ゼロ」になる。すなわち「信用できないもの」と化す。

あと「主要部分」とは何かと言えば、それは「様々な解釈」でどうにでもなる。

たとえば

近畿財務局が、森友学園に土地を○月○日に1億3400万円で売却した

これが「主要部分」であると言えば、事実として「何時何所で誰と何をした」これが「主要部分」なわけだから、それ以外、つまり「詳細」については「幾らでも書き換えてよい」と言うことを意味する。

そんな情報は「公文書」ではなく単なる「概要」であり、本来の「公文書」の趣旨とすればその経緯詳細があって、それを後に他の人が読めば大よその内容が理解できるものである必要があるものであろう。

なので「公文書は上書き修正しても無問題キリッ」と言うのは、適当でない言葉だし、それならばそもそも「公文書」は必要ないだろう。単なる「日報」で良いんじゃないのか。

今日○月○日:晴れのち曇り、森友学園に土地を○月○日に1億3400万円で売却した

夏休みの日記だな。絵日記でもついでに書けばよいw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそも「公文書」を書き換えるならば正しい手順を踏まえるべきだ。「改版履歴」書き換えた履歴と日付と書き換え元を保持しておいて、書き換えればよいだけ。そんな「書き換え」ならば、問題は無いだろうし、普通一般的な公な資料とは、そのように運用しているはずだ。

それか「訂正印」なるもので「ここは訂正した」として、追記したりするわけで、この辺のことって社会人になれば、公務関連の書類でミスをすると、書き直しではなく訂正印で対応したりするわけで「公文書の訂正」をするならば、単にそれと同じにすれば良いだけのことだと思うのだが・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

まあ、今回の「公文書の上書き」はないだろうと思うし、それを国側がどやって「主要部分でなければ公文書を改竄しても構わない」なんて言っても、それを決めるのは国民なんだし、そしてそんな「上書きされた公文書」は「信用なし」だから。

そしてそのような「信用なし」な「公務」は「国民」にとっての「対価」としては「ゼロ」ですから、仕事していないわけだから、税金から「給与」を貰う価値もないので、「主要部分でなければ公文書を改竄しても構わない」と開き直るのならば「無給」で仕事をしてほしいと思う今日この頃。

2018-04-19 意味不明!!

やっぱり、権力を不正利用して、女性記者にセクハラしていたのねw 01:11 やっぱり、権力を不正利用して、女性記者にセクハラしていたのねw - maachangの日記 を含むブックマーク やっぱり、権力を不正利用して、女性記者にセクハラしていたのねw - maachangの日記 のブックマークコメント

今回のセクハラ問題、単に女性記者を「キャバクラ」代わりに利用していただけの「ちんけ」な話でしかないわけで。

https://dot.asahi.com/dot/2018041800088.html?page=1

あえて言おう、キャバクラいっとけと。

それを、金を使わないようするためなのか、女性記者を電話で呼び出して、セクハラ発言や、手を握ったりするわけで、そんなことをしたいならば普通に金あるだろうから「キャバクラ」でもいっとけ!!

女性記者も「仕事」だから、わざわざ呼び出されても、律儀に行かなければならないわけで、それで「キャバクラ」まがいの「セクハラ」連発で、まあたまったもんじゃない。

絶対思うのだけど、普通にキャバクラに通っているだけならば、それこそ「言葉遊び」で済むわけなんだし、それで満足しとけば、こんな「かっこわるい」辞め方をしなくて済んだだろう。

それに、個人の「セクハラ」問題、それを財務省組織ぐるみで「隠蔽」する様。

また被害者出てこいやと言わんばかりの、第三者とは程遠い「財務省お抱え弁護士事務所が第三者」とか、そもそも「お抱え弁護士ならば財務省の利益を第一としなければならないわけで、被害者はどんな状況下でもフルボッコ」なわけで、そんな「正当性のかけらもない」ような「条件」を出すような状況にまで発展する始末。

本当、日本の「公務員」は「どうしようもない」状況であると言うことをまざまざと見せられたわけで、それが「個人」の「セクハラ」本当、金銭ケチらず「キャバクラ」で我慢しとけば、ここまでのひどい様を、国民にみせなくてよかったと思うわけでまあ一番の戦犯でしょう、この福田氏はw

・・・・・・・・・・・

財務省は解体だな。こんなに国民に「うそ」しかつかない組織が、日本の舵取りをするって、ありえないでしょう。

こんなのが「消費税は日本は安いキリッ」って言われても、また「うそ」なんでしょってことにしかならない。

税金が足らないといっても、はいそれ「うそ」

全てが「うそ」なんでしょ!!

森友問題でも、それならばダンプ4000台は必要と野党議員が言うと、森友学園側に財務省官僚が「ダンプ4000台の件」を「口裏あわせ」をするように言ったり、それでいて未だに「8億円の値引きは適正キリッ」って、まあそんな話誰も信じないわなw

まあ、昨今見ていて思うのは「国民なんてのは、風化すると忘れるから、その場しのぎをすれば良い」とでも思われているだろうし、実質そのとおりなのだが、今回の「おとぼけ」は「明らかに国民を舐めている」としか思えず「全体の奉仕者」とは何ぞや、ならば国民としては「納税の義務」ってなんですか??でいいんじゃないのか!!って思う今日この頃。

2018-03-27 意味不明!!

森友学園の交渉記録は無かったと言い切ったのは、あくまで(財務省規則の)「一般論」キリッ 23:21 森友学園の交渉記録は無かったと言い切ったのは、あくまで(財務省規則の)「一般論」キリッ - maachangの日記 を含むブックマーク 森友学園の交渉記録は無かったと言い切ったのは、あくまで(財務省規則の)「一般論」キリッ - maachangの日記 のブックマークコメント

えー今回の「佐川氏証人喚問」意味不明と言うか、この部分を聞いて、ああこれは「また噓ね」って思ったのは、タイトルにあるように「森友学園の交渉記録について、問うと無かった」と言い切ったわけだけど、これはあくまで財務省規則にある「一般論」を述べただけ、いやいやいや〜〜ここTVで何度もやるだろうから見ればわかるが、この苦しい言い訳は通用しない。

と言うかそもそも一時が万事のように、これを言うならば「後で噓だった」ことがわかっても、さらに「いやこう言う解釈だったキリッ」と言うに決まっているので、まあ全部の話が「噓」であっても不思議ではないし、こんなことを平気で言う輩は、まあ信用できんわな。

まあ、あまり国民舐めたらあかんよ。今回の答弁で「ご褒美」として「天下り先ポスト」とか「退職金」とか、公文書の「改ざん」を行ったのだから、それはありえないだろう。

まあ、今後は楽しみだよ。

〇だし〇だし 2018/03/28 00:01 ここを訪問すると、「その通り!!!」と、代弁してもらってると感じる自分がいます。

2018-03-16 意味不明!!

なんだこいつは「やんきー先生」(笑) 23:50 なんだこいつは「やんきー先生」(笑) - maachangの日記 を含むブックマーク なんだこいつは「やんきー先生」(笑) - maachangの日記 のブックマークコメント

義家弘介と言う男、何なのか。やんキー先生?保身の塊のような男。どちらかと言えばヤンキーとツルんで、俺にはバックがいるんだぜ的な、そんな「すねお」タイプがお似合いのような雰囲気の男でしかない。

本当「犬」だよね。反骨な人ではないよね。

この男「加計学園問題」でも「犬」っぷりを発揮するような「質問者」として出てきてたけど「森友学園」でも「犬」っぷりが浮き彫りになる「質問者」w

本当くそ杉w

2018-03-11 言い訳はいいよ

評論家って笑える商売なんだね。 20:29 評論家って笑える商売なんだね。 - maachangの日記 を含むブックマーク 評論家って笑える商売なんだね。 - maachangの日記 のブックマークコメント

>小川榮太郎

と言う人曰く「近畿財務局職員を自殺に追いやったのは朝日新聞と反日野党だ」

笑ったね。あとこのフレーズが今回の「森友問題」を軽視している側の常套句であると言えるもの。

安倍問題があったのか。どんな政権の不祥事があったのか。どんな日本国民の不利益があったのか。

どんな国家的損失があったのか。

お金的な損失それだけで見れば、殆ど無いでしょう。国民的な不利益、実害は殆どないでしょうね。ただし政治家と懇意的な存在が率先して恩恵を受けると言う事を除けばね。そして国としてはそれをやっちゃいけないでしょ。

何のために「国民」から「税金」を集めているのか?それで親族やお友達を優遇するための「税金」ではないはずだ。

逆にそれをしていたのではないか?と言うのが今回の「森友問題」の発端であるわけだから、それが一切無かったとするために、関係者である「安倍の嫁、谷元婦人付秘書、佐川元理財局長」かれらの証人喚問をすれば良いだけなのに、それは「1年2ヶ月」も経過していて、未だに行われていない。

それ以前に「資料が無い、破棄した、紛失した」関係役人たちは「記憶に無い」「記録が無い」これで問題解決に全力で対応している姿なのか?と言うかこれまで「資料が無い、破棄した、紛失した」と言っていたものは「大概存在していた」わけで、そして次に「改ざん」していたわけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

俺は思うが「確かに森友問題はたいしたことが無い」し「学校とか作られる」から、損失的なものは殆ど無いだろうと思う。しかしながらそれが問題になると「隠蔽・改ざん」を行う行為、これが「大問題」であると言えるのではないか?これが現在の自民党の「本質」であると。

そもそも何も問題が無ければ「隠蔽・改ざん」これをする必要は全く無かったのではないか?そして証人喚問も同様に行えばよいのではないか?大体呼ばれている人たちは「私人」じゃないわけだし「安倍の嫁」も「総理婦人」なわけで、まあ普段から「政治活動」したり「旦那の代わりに地元の選挙活動を行っていたり」と、また「安部の嫁」でなければ「森友学園」の「名誉校長」になれるわけもなく少なくとも「森友問題」では「公人・またはそれに類するもの」であると言えるわけで、それに「李下に冠を云々」とか言うのならば「旦那の代わりに地元の選挙活動を行う」「安倍の嫁」を真っ先に証人喚問に応じるべきではないかと思う。

だけど現実は間逆だし、今回の「改ざん」も「単なる訂正」だからね。物事の本質を見誤っていると言うか、国民を舐めているとしか思えない。

最後に「近畿財務局職員を自殺に追いやったのは朝日新聞と反日野党だ」とか、かっこ悪いこと書くのではなく、もっとまともなことを書いて「飯」を食ってほしいと思う今日この頃。