記憶の記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

  Copyright(C) 2006-2017 azumaya Some Rights Reserved.

2017-10-19

[] 09:56 を含むブックマーク

その1)どこかに行った帰り、ある駅にいた。そこへ高校時代のクラスメイトABがやってきた。俺は昨日のことを思い出し「昨日行った富士山良かったよね」といった。ABは怪訝な顔をした。俺は気づいて「あれはおとといか」といった。富士山に登らないと見られない景色の場所に行った記憶があるし、帰りに秋川渓谷を通ってここまで来たから、あのとき登ったのは富士山でいいんだよなと思った。

それにしても、どうやって富士の頂まで行ったのか全く覚えてなかった。ともかく行ったらしいので、後で母に教えてやろう(リアルで俺に富士に行かせたがっていたので)と思った。ただ、よく考えてみるとあれは夢の中で登っただけかもしれないと思った。


<解釈その1>

駅・・・(ベサーズ解釈)人生の旅の途中で立ち寄るところ。変化する段階。目標を決める明快さを得るための休憩所。(ウォレス解釈)仕事のチャンスをつかまえる場所。

山・・・(ベサーズ解釈)全体的に把握する能力、明瞭、魂の気づき。登っているなら正しい方向。彼方の山を見ているのは、あなたを導く経験、チャンス、新たな学びが待っていることを表す。(ケイシー解釈)より高度な精神段階に到達する。物質界についてより完全に理解する。真実についての理解を手に入れられる場所。ある概念を完璧または充分に理解する。霊力の上昇。高いが堅実な理想。障害と困難。(ウォレス解釈)一定レベルの業績を達成しようと努力している。傾斜が急なほど目標達成に向けての学びは厳しい。厳しい現実とさらに前進するための努力を受け入れた。険しくても適度なペースでコツコツやれば実現や前進できる。(フォンタナ解釈)性的な活動や願望。男性的な面。精神的な進歩。(個人的観念)作曲は登山のようなものという観念があり、それに喩えることがある。

-----

【洞察】

0.リアルでは富士山にはまだ登っていない。

1.ここ数日は休んでいるだけで大したことはしてないはずだが、おとといといえば、マイケル・スターンズの伝説のアンビエントアルバムを買って聴いて感動したことくらいか。それが富士山に喩えられる高いレベルの経験や気づき(自分のやりたい音楽の指針?)ということなのか。

2.秋川渓谷が謎である。富士から東京まで帰ったきたのか?




その2)あるクイズ(?)ゲームをはじめた。ただ、そこにログインするためには、ある分数計算式で分子のIDらしき数字『4〜5桁の数+小数点以下第1位』を割り出さなくてはならなかった。はじめは苦心したが、その数値をなんとか割り出した。

計算式自体の解は『4』で、T(?)4クラスの難易度(数字が大きいほど難しく4はけっこう難しい方)という意味だった気がする。

f:id:mabara:20171019094836j:image


<解釈その2>

【4】

  • 数秘術・・・4は(ベサーズ解釈)完全にバランスをとること。
  • エンジェルナンバー・・・天使があなたとともにいます。彼らに助け、導き、そして愛と安らぎを求めてください。

-----

【洞察】

1.クイズゲームは人生の疑問や難問に挑むことを示しているのか。今回は難易度が高い問題なのか。

2.特定のIDを割り出すことは、自分らしさやアイデンティティ(小数点まであるのは精密さが求められること?)を見つけることを意味するのか。それがなぜ数式から導かれるのかは、よくわからない。