Hatena::ブログ(Diary)

目のまぶたの痙攣と病気の関係

2009-04-07 まぶたのケイレンの病気〜女性は要注意

片側顔面痙攣は、40歳から70歳くらいの女性に多い病気だといわれています。

顔の片側のまぶたが痙攣する原因は脳とつながった神経が血管に圧迫されていることです。

まぶたのけいれんに関係する病気には、眼瞼けいれんという病気もあります。

眼瞼けいれんは、下まぶたのけいれんから始まって、両方の目の上まぶたにもけいれんが広がり、

左右上下のまぶたが同じように痙攣します。

症状が進むと、まぶたが開かなくなってしまうことまであるようです。

>>目の疲れはアイマッサージャーでケアしましょう

2009-04-06 まぶたの痙攣と病気

目のまぶたの痙攣は、疲れたり寝不足の時に出やすいようです。

こんな時のまぶたのけいれんは一時的なもので、ピクピクするのは

いつの間にか自然におさまっていることが多いですね。


でも、まぶたのけいれんが何日も続いてしまう時は、

片側顔面痙攣などの病気の事があるので、

神経内科等の診察を早めに受けてみたほうがいいようです。


片側顔面痙攣は、顔の片側のまぶたが痙攣することから始まって、

次第にけいれんがほほからあご、口へと広がってくる病気です。