spoon&FREECELL編集長日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-17 10/30発売 FREECELL特別号30 木下百花、祝! NMB48卒業、初の(NMB48)

10/30発売 FREECELL特別号30 木下百花、祝! NMB48卒業、初の(NMB48)の冠なしの表紙巻頭30ぺージ! 表紙と 内容を最速で公開します!! 02:29

木下百花さんのNMB48卒業後ももロス(ネーミングbyまおきゅん)に苛まれている皆さん、お待たせしました。アマゾンその他ネット書店にも間もなくアップされる「FREECELL特別号30 木下百花さん表紙巻頭30ぺージ」をフライングして公開いたします。

まずはメッセージ性ありすぎの表紙がこちら!

f:id:macc3131:20171018020050j:image


そしてこちらがその概要です!

木下百花、祝! NMB48卒業、初の(NMB48)の冠なしの表紙巻頭30ぺージ!

スタジオ特写の私物2コーデに加え、表紙に記したキラーフレーズ以外にも以下のようなキレキレの最新百花語録を多数収録したロング・インタビューを

掲載!

「私は自由でいることよりも自由を勝ち取ることの方が好きなんです。 ライヴや公演で声援がどんどん大きくなっていって、NMB48の中での木下百花が完全に確立されたなという思いが強くなって、同時にもういいかなという気持ちになったんです」

NMB48 にとっても私や須藤さんみたいな飛び道具的な人がいなくなると、色は変わると思います。けど、百花がいないと終わるっていうなら一回終わったらいいと思うんですよ。それは自分がそこまで言われるぐらいまでやってきた成果が出たということだと思いますし、逆にそこで "いや、NMB48 は終わんないよ!"と不屈のパワーを出してくれるメンバーがいると思いますし」


そして2017年9月26 日大阪味園ユニバースで開催された『木下百花・更生施設祝!出所イベント』の1部、2部のドキュメントを掲載。以下、同ドキュメントの冒頭を記します。早くも伝説化しているあのイベントの尋常でない熱量をぜひ活字から感じ取ってください!

 自分の好きな人が自分の考えていたような人でなかった場合→失望する。

 自分の好きな人が自分の考えていた通りだった場合→愛情が深まる。

 恋愛感情にしろ、ファン感情にしろ、対象となる人の内実を知った場合のリアクションは概ね、このマイナス方向かプラス方向かの2種類だろう。

 が、ごく稀に例外のレスポンスが起こり得る。それは、自分の好きな人が自分の想像を超えたスケール感の持ち主だったことを知った場合だ。

 その時、相手を好きだった側は、震える。自分の好きだった相手はまだ底知れぬ才気や闇を抱えていた!それがわかった以上、もう軽い気持ちで自分の恋愛感情やファン意識に酔えない。自分の好きな人が自分の想像を超えた魅力やヤバさを持った人物だと知ってしまった以上は、もうその人の行く末を本気で追い続けるしかない-----。

 2017年9月26日大阪味園ユニバース木下百花 更生施設 祝!出所イベント』。

 企画・演出の全権を木下百花が担った、いわばNMB48在籍時最初で最後の「木下百花プロデュース公演」と呼べるこのイベントこそ、木下百花の規格外の人間力が炸裂したものだった…。

以上木下百花表紙巻頭特集に加え

玉城ティナ「たまぴよみーてぃんぐ 〜玉城ティナ 20th Birthday Event〜in東京」イベント・ルポ

小林聡美大島優子が共演する、話題のWOWOW×Hulu共同制作ドラマ『コートダジュールN°10』について大島優子が語るロングインタビュー

とかなりエッジの効いたエンターテインメント情報満載でお届けするFREECELL特別号30は10/30(月)発売です。おかげさまで早くもたくさんの方にご予約いただいているので、早期の品切れも予想されます。確実に手に入れたい方は下記などでお早めのネット予約をお勧めします。

個人的にも、この号はずっと身近において、事あるごとに読み返そう! 早く印刷されないかな~、と楽しみにしているぐらいなので、皆さんにも是非その編集者熱を感じてほしいです。それでは10月30日誌面にてお会いしましょう!

2017-08-05 8/31発売 ひづめみか〜るの福音コレクション~ありがとう30周年!~Bye

8/31発売 ひづめみか〜るの福音コレクション~ありがとう30周年!~Bye Bye SWIMMER 内容一部公開! 00:24

f:id:macc3131:20170806001513j:image

8/31発売 ひづめみか〜るの福音コレクション~ありがとう30周年!~Bye Bye SWIMMER

内容一部公開!

22年に亘りスイマーデザイナーとして活躍したひづめみか〜るさんが秘蔵スイマーグッズを大公開!

90年代、00年代、2010年代の各時代を網羅する形でそれぞれの

アイテムの制作秘話をオーディオ・コメンタリーならぬ

アイテム・コメンタリーという形式で語る永久保存版スイマーグッズクロニクル。

以下にこにこスニーカーと森の歯ブラシに関するコメンタリーを公開します!

f:id:macc3131:20170806000648j:image

f:id:macc3131:20170804164341j:image


デザイナー自らが過去アイテムに関してここまで語ったクロニクル本は本当に貴重。

初回の制作数には限りがあるので確実に手に入れたい方はぜひ以下よりご予約ください。

https://goo.gl/DLeVRV

2017-07-23

玉城ティナちゃん×Angelic Prettyパリ撮り下ろしとNMB48吉田朱里さん撮り下ろし&インタビュー掲載の7/31売り別冊spoon.vol.70内容アップしました! 11:21

お待たせしました。玉城ティナちゃん×Angelic Prettyパリ撮り下ろしとNMB48吉田朱里さん撮り下ろし&インタビュー掲載の7/31売り別冊spoon.vol.70内容アップしました。

f:id:macc3131:20170723030012j:image

Angelic Pretty in Paris

Angelic Pretty Paris 1st Anniversary Tea Partyに ティナちゃんが初登場! エッフェル搭の回転木馬、 カラフル広場、市松模様フロアのアーケードetc  AP的パリスポットをティナちゃんが新作 8コーデで巡ります

玉城ティナが着るAngelic Pretty2017 A/W最新アイテムを8コーデ

Angelic Prettyパリ店1周年記念パーティー最速ルポ



玉城ティナ 2012109 spoon.2012年12月号に掲載されたティナちゃんのspoon.初登場ビジュアルを完全再録。

ラストにはパリで収録した以下気になる見出しのティナちゃん最新インタビューを掲載

「自分が旅先でなくしたものが、例えば人の手に渡ってそれからもずっと使われているとか考えていると面白いです。私、ものに 対して所有欲というものがないんですよね。欲しいものは欲しいんだけど、それをずっと手元に置いておこうという気にはなら ないんです。だから昔からずっと持っているものって全然ないですし、自然に身軽なんです」    


吉田朱里(NMB48) 「女子力動画」で世の中を振り向かせた吉田朱里を、自分でガラスの靴を作り自分でそれを履いたDIYシンデレラという見立てで撮り下ろし&インタビュー12ぺージ 以下その見出しの一部です

「これが最後のチャンスだと思ってYouTubeの「女子力動画」に取り組みました。 本当に、これがダメだったら私はNMB を卒業しようと思っていたんです」

「私は 小嶋陽菜さんにはなれないけど、アカリンぐらいにはなれるか な という庶民的なところで女子の目標になりたいんです」

アマゾンカートは以下です

https://goo.gl/LpXSLR

2017-04-25

spoon.4/27売り6月号、亀梨和也橋本愛が"本当の(やけに目力が強い)兄妹"に見える映画のマジック満載の『美しい星』について 02:38

f:id:macc3131:20170425130334j:image

先日、完成記念試写会も開催され、リリー・フランキー亀梨和也橋本愛中嶋朋子らの”火星人ポーズ”が話題になっている『美しい星』。

この映画を早くも今年ナンバー1邦画と認定した今回のspoon.では最速で橋本愛撮りおろし&インタビュー、メイキング画像満載の吉田監督インタビューの2本立てで22ぺージに亘って特集していますが、個人的に1番よかったのは、自分が水星人であると目覚めた一雄(亀梨和也)が、金星人であると目覚めた暁子(橋本愛)に”お前、何星人?”と尋ねるシーン。

このシーン、二人がちゃんと本当の兄妹に見えるのです!

本作は、リリー・・フランキー、橋本愛は当て書きで一雄役は、吉田監督が充電前のKAT-TUNでの亀梨和也の眼差しと居づまいに惹かれてキャスティングしたそうですが、こうした"役に呼ばれる”形での客演は、亀梨和也史上でも類はなく、結果的に彼の役者としての今後のキャリアに大きな”武器”を寄与するものになったと思います。

『美しい星』は、浮わついたお天気キャスターだったものの火星人として目覚めてからは過激なエコ思想に走る父・大杉重一郎(リリー・フランキー)、大学生活に馴染めず一人ですごすことが多かったものの、金星人として目覚めてからは自分の美しさで世の中を正そうとミスコンに出て、金星交信を始める娘・暁子(橋本愛)、日常に埋没していたものの、サイキック波動が入っているミネラル・ウォーター「美しい水」の販売を始めてから意識高い系の地球人になる母・伊余子(中嶋朋子)と、主要キャラの覚醒が濃密な群像劇として描かれますが、ある種の挫折感を抱えながらメッセンジャーボーイをしている一雄(亀梨和也)が水星人として目覚め変容していく演技は、本当に各種の助演男優賞確実のクオリティーだと思います。

特に何かにつけてのれんに腕押しの前半部のC調の重一郎に対する一雄の「眼差しの反逆」パートは最強。本誌では貴重な亀梨和也と吉田監督の『美しい星』メイキング画像もたくさん掲載したので、ぜひ吉田大八監督作品を未見の方もご一読&『美しい星公開時は映画館に足をお運びください!


spoon.6月号

spoon.6月号

[rakuten:hmvjapan:15575401:detail]

2017-02-25

飯豊まりえ×清野菜名「暗黒女子」、ALICE and the PIRATES、木下百花×三田麻央の「ダークファンタジー2017」2/28売りspoon.4月号、詳細と見出し一式公開します! 10:22

f:id:macc3131:20170221151926j:image

ミステリー仕立てかつ耽美的なビジュアルで女子校ヒエラルキーものをやるというアイデア、清水富美加さん以外は世の中に名前が知られつつある孵化直前の若手女優を競演させるというキャスティングの両面からすごく攻めている『暗黒女子』。これは、口コミで絶大な 支持を集めると確信して今回表紙巻頭の収録を終えたのが1月下旬。

それからくだんの一件がありましたが、この映画に対しては一貫して予定通り4月1日に公開されるという確信がありました。なぜなら、本作は清水富美加さん、飯豊まりえさんのみならず、それぞれ大きな見せ場があるメインキャストの清野菜名さん、平祐奈さん、玉城ティナさん、小島梨里杏さんの6人全員の現時点での代表作と呼べる、女子高集団劇の新傑作だからです。

誌面では、劇中で聖母マリア女子高等学院文学 サークルの女王的存在の白石いつみを 演じる飯豊まりえさん、女子高生作家 としてテビューして周囲に注目されているのにいつみに重大な秘密を握られている高岡志夜を演じる清野菜名さんに「ダークファンタジー」をテーマに撮り下ろし、そこを起点に「ダークファンタジー2017」という特集が生まれました。


飯豊まりえ×清野菜名『暗黒女子』

清水富美加飯豊まりえW主演の、いろいろな意味で本当に話題作になったエイプリルフール公開の『暗黒女子』。

SNS時代の妬み、そしりを初めて完全映画化に成功したダークファンタジーの新傑作を飯豊まりえ×清野菜名のキャスト撮りおろし&対談で完全解読

清野「小百合が鏡を見て あたしは美しい って言うシーンは本当に怖いです。ああいう女子 絶対いると思いましたもん。あと、今はいつみみたいな女子もじつはたくさんいると思うんで す。インスタやTwitter見ていると結構そこにその子の いつみ的な本性 が出てたり するんですよ」

飯豊「『暗黒女子』は普段は出さないけどじつは女の子たちが内に秘めているものを全部 表現している作品なんだと思います。自分にないものを持っている子を羨ましいと思う気 持ちや、自分の世界を作りたいという女の子の隠れた願望がかなりイタい形で現れている と思います」

『暗黒女子』に続いて、ファッションサイドからダークファンタジーを表現したのがALICE and the PIRATESとBABY,THE STARS SHINE BRIGHTの春夏新作アイテムの撮り下ろし。外国人モデルを使いAPとBABYをかなりハイブロウなイメージで表現します。


ALICE and the PIRATES

ハウエルシリーズ

レディ・ヴァネッサの フォーチュンテラーBOX柄

ラブリーマダムシリーズ

ブシュケー~博士と永遠のひだまり~柄

●BABY,THE STARS SHINE BRIGHT

Chere princesse, vivez un brillant avenir

My Dear Sweetheartワンピース

SweetheartSweet Dot ワンピース

Strawberry’s Heart Drops


そして、『豆腐プロレス』でも謎のイケメン設定女子レスラーとして存在感を発揮している木下百花さんにも、まさにダークファンタジー2017と呼べる『木下百花 presents 百合劇場』(『僕以外の誰か』のType-D収録)について『百合劇場』のナレーター三田麻央さんと共に登場してもらいました。

『豆腐プロレス』では元々「工事現場同盟」の一員の予定だったそうですが、『プライオリティー』や『百合劇場』でイケメンのクズ男キャラが定着したこともあり、役の上でも文字通りプライオリティーが上がっている木下百花さんと百花さん評論の第一人者・三田麻央さんの絶妙の掛け合いをお楽しみください!




木下百花×三田麻央 IDOL IN THE DARK

木下百花×三田麻央がダークファンタジーをテーマに私物コーデ撮りおろし

&『僕以外の誰か』のType-Dに収録されている『木下百花 presents 百合劇場』について解説する対談を18ページ掲載



木下「私にとってのダークファンタジーってファンタジーではあるんですけど、その奥底にある核心は現実に根ざしてい るべきだと思うんです。ですから今回の『百合劇場』の台詞もよくよく考えると現実世界にあり得ることを言っている んです。黒い現実をデフォルメして台詞にしているというか 」


三田チームMのメンバーの卒業ラッシュが続いたときに百花さん、 三田、今日するから って言うんですよ。 それで私、卒業発表だと思い込んでしまって、めっちゃ泣いちゃったことがあって、 あとで改めてこの人ホントにクズだなと思ったんです(笑)」

木下「いや、私、人が泣いているのを見るのが本当に好きなんで」


以上、多方面からダークファンタジーの今に迫ったspoon4月号、お近くの書店に見当たらない際は是非下記などのネット通販をご利用ください。

[rakuten:hmvjapan:15437012:detail]

spoon.4月号

spoon.4月号