spoon&FREECELL編集長日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-28

3.11後のセカイを生きるためのガイドブックを目指して……@2.5発刊までのハード&ワインディング・ロード 08:31

2.5次元女子、2.5次元男子のための雑誌@2.5(アットニイテンゴ)が誕生する経緯書きます。

f:id:macc3131:20110323212837j:image

最初は原宿アキバREMIXというコピーで別冊spoon.として企画が動いてました。

ねむきゅんがユーストなどで「別冊spoon.表紙だよー」と言っていたのはそのためです。

で、原宿代表・きゃりーぱみゅぱみゅ、アキバ代表・ねむきゅんというツーショット

表紙がまず決定。当初はピザのハーフ&ハーフのように原宿アキバ半々の比率で

誌面を構成しようと思っていました。


しかし、ほどなくして、そのニ項対立案は間違いであることに気づかされることになります。

ねむきゅんはアキバ、きゃりーちゃん原宿と、ホームグラウンドが真逆で

わかりにくいのですが、じつは両方とも夢眠ねむ、きゃりーぱみゅぱみゅという

「自分のアバター」を初期設定して、そこから「自分のセカイ」を世の中に発信して

いるというやり方の部分では被っていたのです。

アキバ・モエジャパンの社長もふくちゃんはクロスカルチャーという言葉をよく使いますが、

表現すべきは原宿アキバの「被ってる部分」であることがわかりました。さて、では、

具体的にそのクロスカルチャーをどう表現すべきなのか?


そこで、もふくちゃん、ネオ・コス、カオス*ラウンジがみんな絶賛していた「魔法少女まどか☆マギカ」が

浮上してきます

f:id:macc3131:20110328061619j:image

このAとBの重なる部分が「まどか☆マギカ」。

魔法少女まどか☆マギカ」は本当にポストエヴァンゲリオンと呼べる傑作。そして、

まどか☆マギカ」が刺さっているもふくちゃん、ネオ・コス、カオス*ラウンジら、

"実家が二次元"の表現者はまさにエヴァンゲリオン原体験とする1983年以降に

生まれた世代。


であるならばそんなエヴァデフォルトな世代を2.5次元世代と呼んでその人たち

に向けた雑誌を作るべきなのでは?

魔法少女まどか☆マギカ」の取材で岩上Pにすごく深いお話をうかがい、それは

ますます自分のミッションだと確信を得ます。


ぼくは90年代、音楽雑誌を作っていましたが、当時は一枚のCDについて

音楽雑誌を起点にして語りあうという文化がありました。


その「語るべき素材」は、今は二次元にあったのです!


この方向性が見えた時点で雑誌のタイトルも当初予定していた別冊spoon@ガールから@2.5に変更。

この雑誌は2.5という記号に反応してくれる人なら男女問わずに読めるものであるべきで、ガール

という限定性を持たせるべきでないと思ったからです。

と、明解な方向性が見え、どんどんその軸に沿った記事が出来上がります。


ねむきゅんがアキバ・ビギナーの人たちにアキバドン・キホーテを起点にアキバのお店の魅力を伝える

「夢眠ねむのアキバ女子ウォーカー」10ページ


ネオ・コス展の田口まきさんが撮った2.5次元女子のストリート・スナップ満載で展開する

「ネオ・コス展2.5次元ファッション」8ページ


初音ミク二次創作江戸時代人形浄瑠璃にも通じる日本人のシェア文化なのでは?という仮説が展開される

初音ミク in Tokyo Kawaii Magazine」4ページ


「泊まれるカオス*ラウンジ」をコンセプトに蒲田駅近くのビジネスホテル「ホテルサンライン」の客室を

カオス*ラウンジ絵師たちが大改装した「カオス*サンライン」

そして、二次元コスパのファッションページを作るために、きゅうべェTシャツを借りにさて会社を出ようかと

思った矢先あの地震に遭うことに。

古いビルの14階の事務所の内扉が落下した棚とぶつかり崩壊。その日はスタッフ全員即時帰宅。

さいたま県在住のスタッフを車で送るが世田谷浦和の往復で6時間かかる。

自宅に帰り、テレビをつける。この日は東京での「まどか☆マギカ」放送日

でしたが、もちろん放送休止。テレビに映る「嘘だと思いたい重い現実」

はどんどん重くなる。この雑誌出せないかも……最悪の想定も考慮に入れる。

が、ありがたいことに関係者各位の「@2.5前例がない雑誌でおもしろそうですね。

やりましょう!」と強い後押しをいただき、無事3/31刊行される。アマゾン予約可能

になった24日に情報を流すと、「一瞬で予約した」とのツイートが。マジ泣きそうになる。

今はこのタイミングでこの雑誌が出るのも、ある種運命かなと思います。


@三次元日本、本当に先行き不透明になってきましたが、だからこそ@2.5に掲載した「自分のやりたいこと」を

今やっている人たちの記事は、2.5次元世代の人たちにとってのある種のスイッチになるのでは、と。


確実に手に入れたい方は下記アマゾンなどでご予約ください。

では3/31誌面でお会いできればと!

@2.5  62483‐81 (カドカワムック 378)

@2.5 62483‐81 (カドカワムック 378)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/macc3131/20110328/1301268697