spoon&FREECELL編集長日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-09-27

FREECELL9/29売り号補完企画~FREECELLが一次情報発信メディアになるための斎藤陽道推し 00:34

FREECELLが注目しているろうあの写真家、齋藤陽道。俳優・窪田正孝とのコラボ企画もすでに3回行ってきました。

この号では最近のテレビ露出のスタイリングにつながるハットとカジュアルスタイリング

spoon. (スプーン) 2011年 10月号 [雑誌]

spoon. (スプーン) 2011年 10月号 [雑誌]

このspoonでは愛猫家として知られる窪田正孝を猫と一緒に撮影

そして9/29売りFREECELLでは一心不乱に『感動』を見つめる過去最強と思える透明度の高い写真が!



このFREECELL9/29売号ではデビュー写真集『感動』の 10月刊行にちなみ齋藤陽道×窪田正孝

の撮りおろし10ページ、『感動』の中面も14ページに亘り紹介。当初中面では齋藤陽道×窪田正孝の筆談の掲載も予定していたのですが、齋藤陽道自らが文面にした作品解説がショッキングすぎて「筆談」で会話をする雰囲気ではなくなりこの企画は断念。

それを補完するためにここで改めて齋藤陽道の『感動』に関する公式コメントを掲載したいと思います。

まずは『感動』を見て「深い」としか言えなくなってしまったFREECELL9/29売り号での窪田正孝へのメッセージ。


f:id:macc3131:20110926103035j:image

そして、『感動』刊行前にしてさまざまなメディアから注目されている今の状況に関して。

f:id:macc3131:20110926102454j:image

「写真のわけのわからないおもしろさ」というのは、この号で窪田正孝が「深い」としか

言えなくなったキモであるはず。より具体的にそれについて語ってもらうと…。

f:id:macc3131:20110926102333j:image

確かに齋藤陽道の写真には「それでも世界はきれいだな」と思える強い肯定性がある。

それは障害者プロレス団体ドッグレッグスで彼自身がろうあのレスラー、陽ノ道として

以下のようなあえて偽悪的なアイコンを演じる一方で

http://homepage3.nifty.com/doglegs/guide/index.html

このレポートにあるようにあえての「エグさ」のあとに世界を浄化するように「写真を撮る」

という行為を位置づけているように…。

http://ringer.cocolog-nifty.com/kunst_und_medizin/2010/05/post-03e6.html

f:id:macc3131:20110926102536j:image

奄美大島で友人にシャッターを切ってもらったというポートレート

f:id:macc3131:20110926102601j:image

海鳥がすごく意志的に見えるこのカットも美しい。世界とノン・フィルターで向き合う清々しさがあるというか。


さて、ぼく的には今回のFREECELLの発売を機に齋藤陽道という写真家に対する注目が

一気にピークに達する予感がする。そしてそこからあらゆる意味でタブーに触れている『感動』

という写真集に対する賛否両論が湧き起こる気がする。

そこで最後にこのタイトルに込めた思いを語ってもらおう。

f:id:macc3131:20110926103010j:image

あと齋藤陽道の描く絵もとても味があります。ぼくの好きな二点上げておきます。

f:id:macc3131:20110922191056j:image

f:id:macc3131:20110922191158j:image

ぜひ窪田正孝ページと『感動』のページのご感想コメントください!