Hatena::ブログ(Diary)

火薬と鋼

9999-01-01 案内・過去記事

システマ杉並練習会のお知らせ

東京都杉並区でロシア武術システマを教えています。

スケジュールや練習場所は以下のブログで告知。

システマ杉並練習会


過去記事まとめ

図書館司書のナイフ・銃・武術・図書館語り。

人によく資料として紹介する過去記事。初めてここの来た人向けのまとめでもある。

(2016年2月22日更新)

続きを読む

2016-05-29

TRU-SPECのSimply Tactical Cargo Pants

MEN'S 24-7 SERIES® SIMPLY TACTICAL CARGO PANTS | TRU-SPEC : Tactically Inspired Apparel

D

TRU-SPECから新しいタクティカルパンツSimply Tactical Cargo Pantsが発売された。

製品名のわりにタクティカルパンツによくある機能は備わっている。

伸縮性のあるウェスト、ポケットの補強、マガジンを収納できるカーゴポケットがある。

生地は65/35ポリエステル/コットン・リップストップ。

カラーバリエーションはカーキ、ネイビー、黒の3色。

価格は39.95ドル。

Tactical Distributerの新作パンツNeptune Pants

D

Tactical Distributerからパンツの新製品Neptune Pantsが発売された。

タクティカルパンツではなくアウトドアパンツで、ハイキングやクライミングを想定している。

96%ナイロン、4%スパンデックスの軽量・ドライ生地製。この生地は縦横2方向の伸縮性がある。

カラーバリエーションはダークアーバングレーとフラットダークアースの2色。

価格は54.95ドル。残念ながら日本に発送してくれない。

また、これとは別の既存のタクティカルパンツCarlos Ray Pants 2.0にも新色が加わった。

レンジャーグリーンとフラットダークアースの2色だ。

D

このパンツ自体は昨年発売された製品で、ジーンズのようなデザインが特徴的だ。

こちらは日本への発送可能。

2016-05-28

[] コロンビアリバーの分解可能フォルダーHomefront

CRKT's Field Strip Technology Debuts on the Homefront »

D

D

CRKT Knives (Columbia River Knife and Tool)からケン・オニオンのデザインによる新しいフォールディングナイフが発売された。

このフォルダーは工具なしで分解できる新しい技術をとりいれたものだ。

ピボット部分のレバーを操作してロックを解除し、ハンドルにあるホイールを回すとハンドルが分かれてブレードを取り外せる。これで開閉に支障があるほど汚れている場合でも分解して対処できる。

鋼材はAUS-8、ハンドル材は6061アルミニウム。

価格は150ドル。

2016-05-27

5月29日はシステマ後に武士コン7に行く予定。

5.11 Tacticalから市街戦用スナイパーバッグUrban Sniper Bag発売

5.11 Tactical // Urban Sniper Bag | Tactical News

D

5.11 Tacticalから新製品Urban Sniper Bagが発売された。

Urban Sniper Bagはその名のとおり市街地で警察等のスナイパーが使用するためにデザインされたバッグだ。

スナイパーライフル、スコープ、双眼鏡などスナイパーに必要な装備品を収納し、狙撃時には開いてマットとして利用できる。

バッグの長さは対応するライフルに合わせて36インチ、42インチ、50インチの3種類がある。

カラーバリエーションは黒とサンドストーンの2種類。

2016-05-26

[]『ディアスポリス』がモーニング誌上に帰ってきた

【祝・連ドラ+映画化!】 すぎむらしんいち&リチャード・ウー、堂々帰還! 伝説的ハードボイルド巨編の新シリーズ『ディアスポリス —異邦警察— 999篇』本日開幕! - モーニング公式サイト - モアイ

週刊モーニング 2016年 6/9 号 [雑誌]

週刊モーニング 2016年 6/9 号 [雑誌]

システマが登場する作品としてここで紹介した『ディアスポリス 異邦警察』の新シリーズの連載が週刊モーニングで始まった。

過去の紹介→漫画の中のロシア武術システマ 第2回『ディアスポリス 異邦警察』

これもドラマ化や映画化のおかげだろう。

今回の『ディアスポリス —異邦警察— 999篇』ope:1「伝説の警官」では、再登場した久保塚は精彩を欠く姿となっており、プッシュアップや呼吸法などは見せてもまだアクションシーンでの活躍はない。今回を見る限り、過去の同作品と同じようなシステマの描写である。

ストーリーは今後どうなるか気になる引きで終わった。

紙媒体の週刊モーニングにしか掲載されていないので、電子版の週刊Dモーニング読者は注意が必要だ。

Reebokの新しいタクティカルブーツStrikepoint

Strikepoint Tactical Boot | Reebok Duty

リーボックから新しいタクティカルブーツが登場した。

タクティカル要素とアスレチック要素を融合させたブーツで、アッパーはバリスティックナイロンとレザー製。

8インチモデルと6インチモデルがある。8インチモデルは、米陸軍の新しい規格AR670-1に準拠している。

どちらも現在予定されている色はコヨーテブラウン。

護身は簡単だという人は一定数いる

最近、複数の別の事件に関連して護身術に関する話題をいくつか見ることがあった。

そうした話で気になったのは、護身は容易なものだと考えている人が少なからずいるということだ。

護身術と武術については昨年2月に書いた→護身と武術の話に関するメモ - 火薬と鋼


自分の経験でも、

「格闘技・武道経験者から護身に有効な技をいくつか教わればいざという時に使える」

「格闘技・武道を練習すると護身は簡単に達成できる」

という認識の人がいて、会話でそういう話題を出してくることがある。

このブログでよく調べているネット小説でもこれと似たような認識の例があって、武術を知っている人にちょっと教わった・かじった程度で暴力に対処している話は結構ある。まあ、これはフィクションだからそういう手軽な話があっても必ずしも問題というわけではないが。

しかし現実の犯罪に対処するリスクを考えると危険を避ける様々な心得や対人コミュニケーション、メンタリティといった前提がかなり重要で、それほど簡単な話ではない。

特に体格・腕力の差を覆す技を知っていれば犯罪に容易に対処できるという認識はかなり危うい。

全く練習したことがない技―特に急所をピンポイントで攻撃しなければならないような技を実行するのは肉体的にも心理的にも難しいからだ。

昨年、次のようなまとめを見た。護身に有効な技として指折りが紹介されている。

頭突き、金的etc…下手な護身術は失敗する!?より実践的な技が話題に。 - Togetterまとめ

しかし襲ってくる相手の指を折れるようにつかめる人間が世の中にどれだけいるだろう。

格闘技経験者でも難しく、これを実行できるほど技術と度胸がある人は他のもっとやりやすい技を使えるのではないか。親指なら比較的掴みやすいが、それにしてもいざという時に実行するのはそう簡単ではないだろう。

「知らないよりましだ」と思う人がいるかもしれないが、できなかった時の焦りや恐怖を考えると、この種の実行が難しい技に対する過剰な期待があるのも問題だと思う。もっとやりやすい攻撃にしても、突発的な状況で攻撃を実行できるメンタルやフィジカル、適切な技術なしではかなり困難だ。走って逃げれば良いというのも、相手の足が速ければ有効ではなく、状況によっては逃げられない。身を守るには総合的なリスクマネジメントが欠かせない。

しかし護身というとかなり限定的な状況、それも被害者の反撃・逃走が容易なものとしてイメージされがちなのかもしれない。