*minx* [macska dot org in exile]

2007-03-18

「いかなる理由があっても差別してはならない」というトートロジー

 二日前、牧波昆布郎さんのエントリへのコメントをした際、めんどうなことになりそうだから(狭い範囲でヒートアップしてるしぃ)飛ばした論点なんだけど、売買春そのものについてはわたしと近い考えを持っていそうな yuki さんの売春者に対する「職業差別」の議論を読んで、やっぱりちょっとだけ口を出したくなった。

 気になった発言というのは、こういうもの。

「いや、職業差別はダメだ。ガードマンやゴミ処理の人を俺は差別しない。だが、売春婦は別だ」あるいはこう言うかもしれない。どうして売春婦は別なのだと問えば「性を商品化しているから」「売春は犯罪だから」とかおそらく言い出すのだろう。理由があれば差別はOKだという恐ろしい発想。まさにこれこそが差別の核心である。

近年は「肌の色を理由に」差別してはいけないということになり「生まれた土地を理由に」差別してはいけないということになった。どうにもならないことだから。しかし、この二十一世紀においてもまだ「自分で選択したことだから」という「理由」で、娼婦は差別してもいいと思っている人たちがいる。貧困のための売春とそうではない売春を別個のものとし、後者は差別してもいいとか、とにかく理由さえあれば、正当化できると勘違いしている人が多い。

たとえばこのように『性道徳に反し、風俗を乱す』だの『社会秩序を乱す』だの、そういう理由で差別してもいいと思っている人たち。『いい印象は持てない』からなんだ?とそれを掘り下げていけば「差別されても仕方がない」という結論が導き出されるのだろう。

レイシストとは、理由さえあれば差別をしていいと考える人たちだ。本来は、いかなる理由があろうとしてはならないのが差別なのに。そもそも理由のない差別などないのだから。

 こういう記述を読むと、ちょっとどうかなぁと思う。

 「いかなる理由があろうとしてはならないのが差別」と言うけれども、この議論ではある行為(この場合は、売春者を侮辱すること)が「差別にあたるのかどうか」が論点となっているのであり、「理由があれば差別しても良いのかどうか」なんて誰も論じていない。というより、妥当な理由があるとした場合、それは定義上「差別」とは呼ばないのね。だからこそ、yuki さんが反論しているコメントの書き手はみんな「これは差別の問題として語るべきではない」と言っているわけです。

 この点、まさかとは思うけど分からない人がいると困るから、きちんと説明しとこう。まず yuki さんは、「いかなり理由があろうと差別をしてはならない」ということを大原則として提示しているけど、それを言い換えれば、差別を正当化できるような「妥当な理由」はありえないということ。さらにそれを逆転させれば、ある行為に妥当な理由が存在するのであれば、その行為を「差別」と呼ぶことは大原則に反するから間違いということになる。だから、「yukiさんの言うそれは『差別』ではない」という人はいても、「理由があれば差別しても良い」と言う人はいないわけ。

 yukiさんは、「そもそも理由のない差別などない」、つまり、差別者は常に理由を持ち出して差別を正当化するものだから、差別者が理由を提示したからといって差別でないことにはならない、と言っている。それは確かにその通りで、だからこそ提示された理由が合理性や社会的公正の見地から見て妥当であるかどうか議論の余地がある。そうした議論のコストを被差別者側が払わされるのは不公平だけれども、暴力的な革命を起こすのでもない限り、とりあえず議論しか手段がない。それなのに、あらかじめある行為が差別と決めつけた上で「どんな理由があっても」認めない、などと言ってしまうのでは、議論のしようがない。

 実際、「こういう理由があるから」差別ではない、と主張する批判者に対して、yuki さんは「理由があれば差別しても良いというのはおかしい、差別主義者だ」と反発するばかりで、それらの理由が不当であるという論理をほとんど述べていない。それは確かに、「どんな理由があってもいけない」と言う以上は一貫した立場だとは思う(どんな理由があってもいけないのであれば、個別の理由に反論などしたらそれこそおかしい)。でも、そのおかげでどうしようもない中傷合戦にしかなっていないように思う。

 これじゃ、困るんだけどなぁ。


 差別問題一般についてや、「差別」「差別的」「蔑視」「偏見」などのクリアな概念整理は、本家でいつか書かないとね。差別はどう定義すると利得があるのかとか、蔑視による差別と偏見による差別ではどちらが深刻かとか、そういう話。

あのにゅえあのにゅえ 2007/03/18 22:33 泥棒は嘘つきだから議論に参加してはいけない。とか

yuki_19762yuki_19762 2007/03/19 01:08 売春が悪かどうかと、売春婦を差別してよいかは別問題。皆ここを混同してる。差別心と差別行為も別。これも混同してるっぽい。で、差別が不当かどうかという理由があげられてないとのことですが、それは差別の意味を理解していないのだと思います。差別というのは不当なものですそもそも。だから差別なんですから。不当なんだからいけないに決まってますよね。差別という言葉そのものが不当をあらわしているんだから。なので不当じゃない理由なんてあげる必要もないんですよ。妥当な差別なんてないんですから。なにが言いたいのはよくわかりませんが、売春か悪かどうかは好きに論じればいい。で、あなたは売春が悪かどうかが争点で、悪なら差別が妥当であるとしたいんでしょう?違いますか。そこを論じたいんじゃないですか。売春が良いか悪いか。それを理由にできると思ってる。ちなみに私は悪と思わないですが、売春が悪だろうとなかろうと、それと実際に侮蔑を投げることは別です。売春が悪だから差別は妥当なんてありえないんですよ。たとえ売春が悪でも、それはそれ。それを理由に差別を正当化できない。売春婦に言われたくない立場をわきまえろ卑しいさもしい心から軽蔑する、そんな言葉を投げれば、それは差別だし妥当じゃない。

あと蔑視と偏見というのは常に一体になっているものだと思います。どちらが深刻もないでしょう。どちらも深刻だし、切り離せない。

yuki_19762yuki_19762 2007/03/19 01:25
 「いかなる理由があろうとしてはならないのが差別」と言うけれども、この議論ではある行為(この場合は、売春者を侮辱すること)が「差別にあたるのかどうか」が論点となっているのであり、「理由があれば差別しても良いのかどうか」なんて誰も論じていない。

売春婦を侮蔑するのは差別かどうか。皆こんなこんなこと論じようとしてたのか。一部のバカだけじゃなくて?皆が?そうは思わなかったけど。まああなたは論じようとしてたわけね。じゃあ噛み合うわけない。差別に決まってるだろうが。それが差別じゃなくてなんだよ。売春婦を人間扱いしてない。侮辱するのが差別に当たるか論じるってその存在をいったい何だと思ってるの?

takisawatakisawa 2007/03/19 03:56 売春者を侮辱することが差別に当たるかどうか、という論点であれば、どう考えたところで、一方的にid:yuki_19762さんが正しい。それは差別です。
もし、売春婦を侮辱することをみんなが差別ではないと、本当に言っているのならば、それは、全員が莫迦だからです。
売春者を侮辱することが差別ではないと言うのなら、それは何だと言うのでしょう?
何故にこんなに議論の余地なく明白な差別に対して、差別にあたるのかどうかが論点に成り得るのかがわからない。
macskaさんが、論点を「売春者を侮辱することが差別にあたるのかどうか」に定めた時点で、この議論は、一方的にyukiさんが正しいと成らざるを得ないと思われます。
「売春者を侮辱することは差別に当たらない」という無茶な主張をする人がいること自体、逆に驚きます。
ほとんど不戦勝によりyukiさんの勝利としか言いようがない論点設定と言えるでしょう。
http://d.hatena.ne.jp/takisawa/20070319#1174233369

bathrobebathrobe 2007/03/19 10:22 泥棒を侮辱することは差別に当たるのだろうか。

進山進山 2007/03/20 00:14 売春者を侮辱するのは差別だと思う。
売春者だろうと泥棒だろうと侮辱はしないほうがいい。
でも、売春者と売春をしていない者は違う。
単純に、そう呼ばれるか呼ばれないかというだけの違いがある。
これは職業が違うのと同じ次元で、違う。
職業でも人に与える印象が違うように、売春者と非売春者では印象が違う。
たいていの場合売春者は印象が悪い。
とある何かについて悪い印象を持つこと自体を制限することは出来ないしするべきでもない。
ただ、悪い印象を持ったからといって侮辱するなどといったことはするべきではない。
これが差別だから。
売春者を泥棒と言い換えても同じことが言える。
そして泥棒を差別するべきではないし必要もない。
ただ、泥棒は法によって裁かれるべきだし、非泥棒と比べたときその信用は低く評価だろう。

#なんていうか当たり前にある差を評価することと、侮辱することが混ざってる気がします。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。