*minx* [macska dot org in exile]

2007-03-20

売春者への蔑視発言をめぐる議論(3)

 事情により昨日の飛行機にのりそびれたので、翌日早朝の便に乗ることに。目的地に到着2時間後に講演して、その次の日の朝にすぐ帰ってくるという過酷なスケジュール。

 それはともかく、yukiさんがわたしのエントリに何か反応しているようなので、まだ月曜日だけど火曜日のエントリとして書いておく。どうせ明日は書かないし。

 まずは、わたしが書いた部分。

差別に反対するという側が、論拠も示さずに一方的にそれを差別と決めつけ、異論をトートロジーで退けるという、yukiさんの行動を批判しているのね

 それに対する反論らしきもの。

なに言ってるんだろ、この人。「差別に反対するという側が論拠も示さず」って「差別という言葉が妥当ではないという意味を含んでいる」とわかっているのに、意味を含んでいるというのも変だけど、つまりは不当とわかっている、それは自分でも書いている通り。なのにトートロジーだとかいって論拠を示せってバカじゃなかろうか。差別は不当なんですよね?じゃあ論拠を示す必要などありますか?差別行為が是が非かなど議論の対象にしている方がおかしいんですよ、わかってます?そのへん。自分の頭のイカレ具合を。差別行為は非です。それを必死で正当化しようとするからおかしくなる。どう頑張っても正当化できません。

 なんかもう、いくらなんでもこんなに読解力がない人だとは驚いた。わたしは「差別は不当だと合意されているからこそ、何が差別なのかをめぐって議論の余地がある」、と一貫して言っているわけですよ。もしyukiさんが、「売春者に対する蔑視発言」を差別だと言うのであれば、yukiさん自身がそう断言するだけでは不十分なの。

 yukiさんは「売春者に対する蔑視発言」は明らかに差別だろうと思っているだろうし、わたしも(差別という用語を一般的な意味で使用するなら)それに同意するのだけれども、そうした見解は社会的に広く合意されるところまではきていない。その証拠に、少なからぬ人が、「売春者に対する蔑視発言」は差別とは思わない、なぜなら〜、と主張しているわけ。

 つまり論点となっているのは「差別は良いかどうか」ではなく「売春者に対する蔑視発言は『差別』かどうか」であり、その点については未だに討論当事者同士のあいだで合意が成立していない。合意されていないことを、まるで誰もが認める自明な事実であるかのように前提としなければ、yukiさんの主張は論理的に成り立たないのね。結論として訴えたいことを議論の前提に忍び込ませる論法をトートロジーと呼び、どんな大声で主張しても議論上まったく意味を持ちません。

 さらに悪いことに、yukiさんは論理の欠如を大袈裟な罵倒や侮辱発言によって埋め合わせようとしている様子。それはもちろん、自らの不快感を「公共の利益」にすり替えて売春者を差別する論者とよく似たパターン。そして、今回のエントリに見られるように、批判者を侮辱し罵倒したいがために、普通に冷静に読めばありえないような誤読までしてしまう。まるで、yukiさんが実は差別主義者で、反差別運動の印象を悪くしたいがために醜悪なステレオタイプを演じているのではないかと思ってしまうなー。

 トートロジーの例としては、こんなのも。

「売春婦だったことを理由にそれを持ち出してきて侮蔑する」のは差別行為として自明なんですよ。人間の人間に対する直接的な差別行為なんだから。

 そりゃ、「売春婦だったことを理由にそれを持ち出してきて侮蔑する」のが「差別行為」だという前提が成り立つのであれば、結論として「売春婦だったことを理由にそれを持ち出してきて侮蔑する」のが「差別行為」であると導き出されるのは当たり前。「今年タイガースが優勝するならば、今年タイガースが優勝するだろう」というのと同じで、言明自体は文句なく正しいけれども、実際にタイガースが優勝するのかどうかとは全然関係ない。

 ところがこの先、yukiさんはこう言う。

それをされて当然だ、差別ではない、という言論も差別。これを疑う人は差別主義者だと決めつけられても仕方がない。

 もしかすると、事実「差別ではない」という言論も差別であり、それを疑う人も差別主義者かもしれないよ。そこまで仮に受け入れたとしても、それでもまだ元の「売春者に対する蔑視発言」が差別であるという主張の論拠は空っぽなまま。その空洞を埋めない限り、「自分の主張を前提にすれば、自分の結論は正しい」というトートロジー以上のものではないということ。

 だいたい、自明だ自明だというけれど、「それには納得いかない」という人が一定数出て来た時点で既に「自明」じゃないでしょうが。「差別の定義には、やってはいけないということが含まれる」というなら、「自明の定義には、誰も疑いを抱かないことが含まれている」だよ、まったく。

 さて、あと1時間後に空港に出発だ。

gimmesheltersgimmeshelters 2007/03/20 01:47 はじめまして。私なりに意見を申しますと、「売春者に対する蔑視発言は『差別』かどうか」という問題については、もしmacskaさんが売春者という立場を理由にそれを一般的でないと思われるのならば、それは誤りであると考えます。

それは主語の問題ではありません。売春者がもちろん他の被差別者であったとしても変わらないし、たとえ犯罪者であろうと同じです。

差別とは極論すればその人の権利、つまりチャンスを奪うことではないかと考えます。

例えば思想的な自由を奪われること、また就職の機会を奪われること。

ある男女が愛し合っていたとして、その女性が元売春婦だからという理由で親類が結婚の機会を奪うというのは、明確と差別であると断言できます。

では、yukiさんの例ですが、どう見てもarisiaさんの発言は性風俗を生業にしている人間に対しての侮蔑表現にあたると思われます。但しそれは個人の思想的な自由の範疇でもあると思います。人を傷つけてはいけないという道徳的な問題はありますが、やはり思想的な自由は守られなければならない。

この場合、どういったケースがyukiさんに対しての差別になるかと言えば、彼女の発言を認めないことでしょう、つまり黙らせること。しかしながらyukiさんは自由に反論しているわけです。すでに権利を行使できているのですから、それを差別と呼ぶのは不適当だと思います。

一方で売春婦は見下されているのは不当だという一連の主張があるわけですが、基本的な人権を奪われてはいけないものの、侮蔑されるリスクは致し方ないと考えます。実際、売春婦に対してのそれは歴史的背景も相俟って決して看過できる物ではないわけですが、実はどの職業も本質的に負っているリスクです。例えば一時は皆の羨望の的であったライブドアですが、事件を起こしたことによって後ろ指を指される存在に堕してしまった。今は侮蔑される要素がなくても、なにかがあればそれに転落するリスクは常に負っている、あるいはどの職業も程度の差はあれ不可避に侮蔑される要素を有していると思います。一部に金に汚い政治家がいれば「政治家は汚い商売」という考え方が通説になってしまうわけです。

yukiさんの主張する侮蔑発言=差別という考え方ですが、それはリスクの範疇ではないですかと思うわけです。

ただ彼女のブログでコメントをしてみて初めて気づいたのですが、yukiさんと言う人は随分被害妄想が強いなと感じました。「娼婦は美しいと言えますか」と聞けば、そう言う質問をするのは娼婦を汚いと思っているからだろうと切り返してくる。私は一言も娼婦を汚いとは言っていないのに先回りして悲劇のヒロインになってしまう。私の質問が意地悪(これは答えにくいという意味で)ということもありますが、やはり現代は娼婦に対して人間としての尊厳をじわじわと奪っていく社会なのではないか、もしくは現代においてもまだそうだと言わなければならないのかもしれません。

で、yukiさんがまずい点というのは”差別”という大義名分を持ち出して、それを人を攻撃する道具にしていることです。被差別者であれば人を傷つけていいなんて理屈はどこにもありません。”差別”と言う理由で人の発言の自由すら奪おうとしている。白痴は黙ってろと気づいてか知らぬか差別的な表現まで連発する。これは批判されてしかるべきですね。

黒人も部落も自らの権利を掴むための輝かしくも血みどろの歴史であったはずです。そう言うものを自分の喧嘩の道具に使ってはいけない、それほど難しい理屈ではなく、私はただそう思うわけです。

ただ現在のトートロジーに陥った彼女にそれを分かってもらうのは不可能でしょうね。被害妄想に独占されてアリもしない差別まで幻のように浮かび上がってくる。トートロジーの原因は被害妄想だと思います。yukiさんを味方をしている女性達のうちもしかしたら風俗出身の人がいるのかも知れませんが、精神的にスポイルされた彼女たちもやはりyukiさんの暴力にすがっている。

社会制度と言うより社会通念でしょうね。売春婦を見下す社会通念というのが我々部外者が感じるよりもはるかに強く、風俗出身者をノイローゼにしているのかも知れません。

以上、長文失礼しました。

Marco11Marco11 2007/03/20 14:39 黒人や部落民が自らの地位向上と生の持続のために編み出した手法やメンタリティを分析して盗むのが、俺みたいな天才の生き方。大きな括りでタブー視して、感情とか道徳とか盗めない要素だけ消化するのが凡人の生き方。それ以下の衆愚に関しては、気持ち悪いから分析しないほうがイイとみた

聖戦士聖戦士 2007/03/20 15:05 ”弱者的立場”を錦の旗としたアイデンティティ政治を売文芸風としてるんだから、その自分だけが語る資格をもつ”聖域”設定を侵されようとするのなら、後はひたすら意味より強度を高めるしかないでしょ。

takisawatakisawa 2007/03/20 23:30 随分と前のことですが、関西に行ったとき、関西のある町から日本海方面に車を向けたところ、地元の同乗者から「この辺、アレだから、当たり屋に気を付けてね」と言われました。
もちろん「アレ」とは「同和地区」という意味でしょう。私は、普段よりさらに気を付けて運転しましたが、当たり屋は出ませんでした。
これが都市伝説による注意喚起だったのか、実際に統計上も現われている事実なのか、私は地元民ではありませんし、調べてないのでわかりません。とにかく私の前には出ませんでした。
同和については、糾弾や吊るし上げが怖いとか、あるいは似非同和の問題や、同和利権の問題や、関西方面の自治体の言いなり採用の問題などがあり、あるいは他地域とのいざこざなどを理由にして、差別をすることに「こういう理由がある」という人は社会に少なからずいるのが現実です。
私はこれを差別だと認識しているわけですが、世の中には「同和差別というが、むしろこちらのほうが弱いんだから差別ではない」という主張もある。
私は明らかに差別だと思います。部落解放同盟は「差別だ差別だ」と糾弾している。しかし「差別ではない。こっちが弱者だ」という人もいる。

macskaさんは、被差別の当事者であるyukiさんに
>「差別は不当だと合意されているからこそ、何が差別なのかをめぐって議論の余地がある」、と一貫して言っているわけですよ。もしyukiさんが、「売春者に対する蔑視発言」を差別だと言うのであれば、yukiさん自身がそう断言するだけでは不十分なの。
と言っている。
であるならば、同じ被差別の当事者である部落解放同盟にも、
>「差別は不当だと合意されているからこそ、何が差別なのかをめぐって議論の余地がある」、と一貫して言っているわけですよ。もし部落開放同盟が、「同和に対する蔑視発言」を差別だと言うのであれば、部落解放同盟自身がそう断言するだけでは不十分なの。
>しかし、そうした見解は社会的に広く合意されるところまではきていない。その証拠に、少なからぬ人が、「同和は怖い」は差別とは思わない、なぜなら〜、と主張しているわけ。
>つまり論点となっているのは「差別は良いかどうか」ではなく「同和に対する蔑視発言は『差別』かどうか」であり、その点については未だに討論当事者同士のあいだで合意が成立していない。合意されていないことを、まるで誰もが認める自明な事実であるかのように前提としなければ、部落解放同盟の主張は論理的に成り立たないのね。
という主張もする、ということでしょうか?

私は「討論当事者同士のあいだで合意が成立していな」かろうが、差別は差別だと思っています。

macskaさんは、yukiさんに対して「あなたのやり方は差別をなくすための議論を阻害する」と批判しているわけでしょ?
ならば、ネットの片隅にいるyukiさんよりも、はるかに社会で大きく「差別」を糾弾している部落解放同盟のほうが、よほど「差別をなくすための議論を阻害」しているんじゃないですか?
ならば、標的を部落解放同盟に変えて挑んだほうがはるかに有益ではないですか? それをしない手はないでしょう。労力は大して変わらないんですから。

私は、売春婦も同和も、どっちも差別と言ってしまって差し支えないと考えています。
ただ、その働きかけへの興味はありますので、macskaさんが部落解放同盟にメールを送った結果の報告を楽しみにしています。

当事者主義当事者主義 2007/03/21 02:23 「(社会的弱者たる)売春婦(=全人格)差別するな」vs「自己主張するのに(元/現売春婦であろうがなかろうが)相手方立場を封摂する根拠を示さない悪口雑言(=方法論)は不適当」ということかな。方法論に対する行動批判を、売春婦ということでキャラ立してるyukiさんはすべからく全人格存在批判に受け取ってるから、語調が激しくなるのだろうね。東京シューレvs木戸理恵問題とかと、似たような徴候を感じます。

tasoitasoi 2007/03/21 03:23 差別、という語の捉え方というか重みの違いもあるのかもです・・・

macskaさんはたぶん、「差別差別と断言する前に、なにが差別なのかきちんと論証した方が説得力出るよ、主観の入り混じる微妙な問題だし。」「差別者と相手を断定するのは、とても強い意味を持ってしまうのだから、少し慎重にしてくれないと困る。」ぐらいの感じなのではないでしょうか?(`・ω・´;)

takisawaさんは、これの後者の部分に対して特に、「差別者?いや、別に強い意味は持たないし、持たせてはイカンだろう。」と考えて・・・・・
な感じだと思います。

たぶんだけど、(たぶんって言葉が多くてごめんなさいなのだけど、)
みんな、何が良くて何がダメっていう具体的な方向性、倫理観はほぼ一致しているのではないでしょうか?
自分にとっては、もうそれだけでも充分というか、
それ以上は、細かいことなので、じっくりゆっくり暇なときに語ってみればいいんだと思います。

tasoitasoi 2007/03/21 03:24 あ、なんだかもし場違いだったら、スルーしてもらえると・・(´・ω・`;

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

Connection: close