*minx* [macska dot org in exile]

2007-03-20

侮辱しても差別にはあたらない集団

 少し出発前に時間があったので、誤解を受けて叩かれるのは平気だけど、誤解によって議論が進まないのはたまらなくイヤなのでわたしの見解を率直に書いておく。


 「ある集団に属しているということを理由に蔑視発言をされた」として、それが「差別」ではない、という場合があるかどうか。もちろんある。問題は、それがどういう集団ならば蔑視発言をされても差別とは呼べないのか、でしょ。

 それをyukiさんがきちんと述べず、また「〜という理由で差別ではない」という反論に「理由のいかんに関わらず差別はいけない」と答えてしまっているのが問題だと思って批判してきたのだけれど、以下は、どういう基準なら「差別ではない」と言えるか、という、わたし自身の考え。


 売春者が法律を破るから「侮辱しても差別にはならない」のではない。「法律を遵守している善良な一般市民」こそ、侮辱しても差別にはならないのだ。

 売春者が世間のモラルに反する仕事をしているから「侮辱しても差別にはならない」のではない。モラルを押しつける宗教者や教員や政治家こそ、侮辱しても差別にはならないのだ。

 不法滞在している外国人だから「侮辱しても差別にはならない」のではない。世界のどこに行っても日本人という国籍に守られた人々こそ、侮辱しても差別にはならないのだ。

 ひきこもりやニートだから「侮辱しても差別にはならない」のではない。高給を受け取って社会生活を営んでいる正社員こそ、侮辱しても差別にはならないのだ。

 

 わたしは何も、これらの集団に対する侮辱を積極的に行なうべきだとは思っていないよ。侮辱はやるならやっぱり個人レベルでやるべきで、ある一面の属性だけで侮辱しちゃうのは基本的にあんまりよくない。でも、「法律を遵守している善良な一般市民」が、「法律を遵守している善良な一般市民」であることを理由で侮辱されたとしても、全然実害ないじゃん。誰も傷付かないじゃん。「侮辱した側がおかしいだけ」で済まされるでしょ。

 売春婦は、それじゃ済まないんだよ。そうでなくても世間の風当たりは強いのに、そうした「世間の風当たりの強さ」を理由として「侮辱しても差別にはあたらない」という人がいる。まったく逆だよ。世間から差別されている集団だからこそ、本来どうでもないはずの小さな言葉や行為が「差別的」になるわけ。

 どんな偏見や蔑視も表現するだけの自由が欲しいリベラリストのわたしとしては、偏見や蔑視がすぐ差別と連動してしまうような社会では発言を抑制せざるを得ないから、イヤなんだよね。もし性や人種の違いが血液型占いくらいの意味しか持たなければ、性や人種に関する偏見だって平気で堂々と言えるようになるのにね。

 このあたりのもっと詳しい説明は、帰ってきてから。

yuki_19762yuki_19762 2007/03/19 20:38 これ読んでやっとわかりましたよ。売春婦の地位の低さも自明だと思って、もちろんそういうのを含んでるとの前提でわたしは話しをしてましたから。逆差別とかもありますけど、地位が高い職種ならば侮蔑されても痛手は少ない。地位が高いという共通認識があるから。娼婦は逆。これはもう自明のこととしてわたしは話してたんですよ。だからこれを読むまで何を言ってるんだろうと。もともと地位が低い人に対する侮蔑を不当として差別と言っていたんです。皆わかってるだろうと。でも確かにわかっていない人もそういえばいそうでした。

cidercider 2007/03/20 01:09 ここまで読んで私も納得。しかし社会的抑圧が自明視されている状態では、「議論」というそれなりに特殊なコミュニケーション形態は侮蔑の再生産につながりかねない部分もあるでしょう。
「わかりました。私を侮蔑するかどうかは、結局あなた(がた)次第なんですよ」と侮蔑される側に言われたときに、責任とポジションの発生を感じて的確に口をつぐむ「リベラル」と、「そうだよ! ようやくわかったかこのバカが」と調子付く本当のバカを差異化することはできるだろうけど、これは「議論」ではないし。

uumin3uumin3 2007/03/20 09:13 昔中学の社会科の先生がアメリカへ旅行して酒場で「jap」と言われた話をしてくださいました。その話を聞いて正直ぞっとしたのを憶えています。シチュエーションを限定せず「世界のどこに行っても日本人という国籍に守られた人々こそ、侮辱しても差別にはならないのだ」なんていう言葉はあまりに不用意では?

またこのエントリーでは「世間」が自明のものとして語られていますがこれにも疑問です。立ち位置によって世間も違ってみえてくるでしょうし、かなりそれは相対的なものでしょう。そして、その世間がいかなるものであれ、そこから「ある一面の属性だけ」で切り取られてしまえば(たとえば「政治家」でも「主婦」でも)それは残りの側から不当な蔑視=差別的侮辱を受けることはあると思いますので、この前後に書かれて納得できていた「蔑視発言をめぐる議論」ほど賛同できないという感想です。
お帰りになられてからの続きに期待します。

tasoitasoi 2007/03/21 01:13 差別の「内容」とか「される対象」とかそれのもたらす「影響」とか、
色んな要素で、構造的には同型の差別でも、扱いが変わってきそうです。

macskaさんの言う
『全然実害ないじゃん。誰も傷付かないじゃん。「侮辱した側がおかしいだけ」で済まされるでしょ。売春婦は、それじゃ済まないんだよ。』
がすごく分かりやすい(uuminさんの仰るように例えに出した対象が不用意かもしれないけど(汗 )です。

・・・。
そんな自分は、

ごはんにマヨネーズかけて食べる人を差別しまくってます!

「おまえの茶碗見ると、生理的にダメなんだけどwwwwwwwきんもー☆wwww」

ごめんなさいっごめんなさいっ

takisawatakisawa 2007/03/21 02:00 「ダメよ、あの人は侮辱してはいけないのよ、差別になるんだから」というのがもはや差別であり、順位付けでしょ。しかも固定化される。
http://d.hatena.ne.jp/takisawa/20070318#c1174195450
ここで書いているコメントの中の「この問題の複雑なところ」というのが、まさしくこの順位付けなのです。

noraneko7noraneko7 2007/03/23 18:46 >侮辱しても差別にはあたらない集団

差別以前に、侮辱は犯罪だろう!!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%AE%E8%BE%B1%E7%BD%AA

親告罪なので、訴える前に謝ったら許してもらえるケーズが多いから、そう感じないだけで、侮辱は痴漢と同じく、立派な犯罪です。相手が売春婦だろうが、日本人だろうか、サヨクだろうが、ウヨクだろうが 金持ちだろうが、貧乏人だろうが、侮辱をしてはいけません!! まったく、「人権屋」って、そんな常識レベルの道徳感覚もわからなくなってしまうんですか?

老子に「大道すたれて仁義あり、六親、相和せずして忠孝あり」という言葉があるけど、さしずめ「礼節すたれて人権あり」ってところでしょうか? 「人権」や「反差別」が声高に主張される社会って、ろくな社会じゃないんです。

macskamacska 2007/03/24 03:22 「法律=道徳」というバカがでてきた。
差別かどうかを議論しているのであって、犯罪かどうかなんて議論してませんが。

noraneko7noraneko7 2007/03/24 12:39 「法律=道徳」というバカがでてきた

法律は道徳の最小限

そんな、法律の基礎知識も知らないんですか?
多分、侮辱と批判の違いも分かっていないに相違ない。
だから「差別」めぐる発言も屁理屈ばかりで
捻れた議論になってしまっているんですよ。
Macskaさんもyukiさんも、いっぺん頭の中を整理してみな。

macskamacska 2007/03/24 13:08 「法律は道徳の最小限」とかいうバカがでてきた。
あんた論外だから二度と来ないでちょうだい。

keya1984keya1984 2007/03/24 15:49 いやあの…

法治主義vs徳治主義は東洋二千数百年の歴史があるから…混ぜこくんないほうが良いと思われ。始皇帝の、韓非子からこのかたの主題ですから。西洋事情はひとまずおいといたほうが、日本の場合はいいと思う、だって血肉になってますでしょ、「法」とか「徳」とかいう言葉自体。

なまえなまえ 2008/10/09 16:45 なるほどね

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。