*minx* [macska dot org in exile]

2016-07-17

ニューオーリンズで、奴隷制のモニュメントを巡った件。

先週、セックスワーカーコンファレンスに参加するためニューオーリンズに行ったのだけれど、まあ案の定コンファレンスに参加するだけで疲れてしまってちゃんとした観光をする気力もなく、ちょっとホテルの周辺を散歩してみた。で、そのときたまたま見かけて気になったのが、これ。

f:id:macska:20160714170113j:image

えらく高いポールの上から全てを見下すような像。調べてみると、南北戦争でアメリカ合衆国に反旗を翻して戦った南軍の将軍、ロバート・リーの像だった。

f:id:macska:20160714170259j:image

この像について調べていて見つけたのが、Take 'Em Down New Orleansという団体のサイト。ニューオーリンズ(だけでないけど)には奴隷制や南軍に関連したモニュメントやそれらに由来した施設の名前がほかにも多数あるので、それらを変えていこうという趣旨の団体らしい。そしてこの団体のサイトには、こうしたモニュメントのマップも掲載されており、中でもロバート・リー将軍の像は、そうした運動を受けてニューオーリンズ市議会も昨年から撤去を進めようとしている4つの像のうちの1つだった。

そのマップを使って、近くにあるモニュメントをさらに見にいくことにした。まず行ったのは、ロバート・リーの像から少し北に行ったところにある、ラフィエット公園に置かれているモニュメント2体。

f:id:macska:20160714171348j:image

ラフィエット公園の入り口にあるのは、ボルティモアとニューオーリンズで教育の普及に尽力したことで知られるジョン・マクドノーの像。黒人奴隷所有者でもあり、かれが所有していたプランテーションは南部でも有数の規模だったとされている。

f:id:macska:20160714172157j:image

公園の中心に置かれているのはヘンリー・クレイ上院議員の像。かれも奴隷所有者であり、奴隷州(奴隷制度が認められた州)と自由州(奴隷制度が認められていない州)のバランスを保つことで南部の奴隷保有者の利権を守ったことで南部の白人たちから支持を集めた。

ラフィエット公園から北上し、フレンチクォーターの中心を走るキャナルストリートの目立つ位置に以前は置かれていたのが、「自由のモニュメント」と呼ばれる碑。しかし1989年のキャナルストリートの再開発の際に目立たない場所に一時的に移設されたまま、いまもウェスティンホテルの裏の駐車場の横ひっそりと置かれている。

f:id:macska:20160714173611j:image

「自由のモニュメント」と呼ばれるこの石碑は、「自由の地の戦い」と呼ばれる1874年の動乱を記念して作られたもの。「自由」というけれど実際のところこれは、南北戦争が終わった後に連邦政府が派遣した新政府に反発した「白人連盟」という武装集団が、奴隷制の復活を目指して起こした武装蜂起を讃えるためのモニュメント。白人連盟には何千人もの南軍の元兵士が参加し、数で圧倒的に劣る新政府の警察官などを襲ったほか、3000人の黒人たちも虐殺した。

さすがに「白人連盟」を讃える内容のモニュメントは時代の変化とともに問題とされ、そのメッセージは何度も変更されてきた。けれどもそもそもが人種差別と暴力の象徴でしかない石碑のメッセージを変更するのにも限界があったのか、元の場所への再設置はできないまま、昨年ニューオーリンズ市議会が撤去を決めた。ところがこんどは撤去に反対する白人至上主義者らが裁判に訴えて、まだ揉めそうな気配。

さらにフレンチクォーターを北上すると見つかるのが、ビエンヴィル公園。ここには、フランス領ルイジアナの知事としてフランス政府に派遣され、この地にニューオーリンズ市を作りフランス領ルイジアナの首都にしたジャン・バプティースト・ラ・モイン・ドゥ・ビーアンヴィルの像がある。

f:id:macska:20160714175239j:image

頭の上に交通整理のコーンが置かれているのは、ただのお遊びなのか、植民地主義と奴隷制に対する抗議なのかはわからないけれど、フランス領ルイジアナに黒人奴隷を導入したのはこの人物だとされている。また、先住民チカソー族との何度にもわたる戦争も指揮した。

最後に見学に行ったのは、ルイジアナ州最高裁正面に設置されたエドワード・ダグラス・ホワイト連邦上院議員・連邦最高裁長官の像。

f:id:macska:20160714180045j:image

ホワイトは元南軍兵士であり、新政府に対する武装蜂起を起こした白人連盟のメンバーでもあった。1896年のPlessy v. Ferguson判決では、人種隔離政策を合憲とする判決に賛成票を投じている。

行ったのは別の日だけれども、ルイジアナ最高裁の近くには、フレンチクォーターの名所として知られるジャクソン公園及びアンドリュー・ジャクソン大統領の像もある。

f:id:macska:20160714184617j:image

ジャクソン大統領は、現在20ドル紙幣に肖像が描かれていることからもわかるように「偉大な大統領」の一人とされていたけれども、民兵団の指導者として先住民の虐殺を繰り返すことで出世し大統領にまで上り詰め、さらに先住民の強制移住によって多数の犠牲者を出したことや、100人を超える黒人奴隷を酷使していたことなどが問題とされ、20ドル紙幣からも肖像が外されようとしている。Take 'Em Down New Orleansでも、ジャクソン大統領像を「人種差別的な像」の代表とみなしているようだ。

f:id:macska:20160718113036p:image

ニューオーリンズにはほかにも、南軍大統領ジェファーソン・デービスの像ほか、南北戦争や奴隷制に関連したモニュメントが多数置かれている。しかしここ近年の黒人差別に反対する運動の盛り上がりを受け、前述の通りニューオーリンズ市議会はいくつかのモニュメントの撤去を進めている。その中には、わたしが訪れた「自由のモニュメント」およびロバート・リー将軍像や、ジェファーソン・デービス南軍大統領像が含まれている。しかし白人至上主義者らの抵抗により、現在抗争中だ。

とまー、ちょっと特殊なツアーをしてしまったので記録に残しておいてみた。もしかしたらこれを読んだ人がニューオーリンズに行った時には、いくつかは撤去されているかもしれないしね。

あと、写真が全体的に暗くてごめん。わたしの滞在中、ずっと曇り(ときどき雷雨)だった…

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。