Hatena::ブログ(Diary)

RCaO1.0

2007-10-21 テクトニック(tectonic)の日本語訳について

f:id:madhutter:20071129134803j:image:left:W300




















拙訳書『テクトニック・カルチャー、19-20世紀建築の構法の詩学』ケネス・フランプトン著、TOTO出版、2002、では、ゼンパー/フランプトンの”tectonic”という言葉を「結構(的)」と和訳しています。

ところでそのちょうど一年後に出版された同じ著者による『現代建築史』(青土社、2003)/中村敏男訳では、これと同じ言葉が「構築的」と訳され、なおかつ本文中では逐一「テクトニック」とカタカナでルビを振られ、なおかつ本の帯にもわざわざ「構築性」なる売り文句が記されています。

ゼンパーの”tectonic”については、山本学治や大倉三郎らの優れた既往研究があり、また私は”tectonic”という言葉を「結構」とするのは定訳と考えています。拙訳の一年後にわざわざ言葉を変え、それを売り文句として出版するだけでなく、大いなる先達による優れた既往研究もことごとく無視するとは、翻訳者の中村敏男さんはよほど度胸があるのか、それとも建築史や建築論によほどの無知なのか、どちらかなのでしょう。

ゼンパーにおいては、”tectonic”は”stereotomic”(切石積石造)の対概念として用いられています。”tectonic”も”stereotomic”も、どちらも構築的(constructive)です。大雑把に言えば、テクトニックは線材などを架構したり編んだりして構築する方法、ステレオトミックは石などを積み上げて構築する方法と言えます。日本や太平洋の島々の伝統的な建築ではテクトニックな構築法が目立ちますが、中国(支那)や大陸の民家などではステレオトミックな構築法が目立つと思います。あるいは石材のポスト・リンテルによるギリシア建築はテクトニックな構築法ですが、レンガの壁をベースとしたローマ建築は、その表面に付柱をつけていてもステレオトミックな構築法と言えます。『テクトニック・カルチャー』のなかでも、オーギュスト・ペレによるギリシア建築や日本建築のテクトニック(フレーム構造)に対する憧憬について触れられたくだりがありますが、こうした話題について語りだすと長くなるので、ここでは止めておきましょう。また中村訳とほぼ同じレベルのものに、佐々木宏さん(やその受け売りである平尾和洋)によるものもあります。

さて故・山本学治はどうしているかと言えば、”tektonisch(tectonic)”を「骨組的」と和訳し、単純に「構築的」と訳すべきでないことを認識しています(山本氏の理論と著作については『山本学治建築論集』(鹿島出版会)など)。もっとも”stereotomic”との区別は明白になりますが、「骨組的」という言葉の持つ問題は、構築法よりもその形態に注意がいきすぎることにあると思います。”tectonic”という言葉はまた”plastic”(塑造的)という言葉と背反するものですが、プラスティックな骨組構造というものも、実際あるからです。

そして大倉三郎です。大倉のゼンパー研究(『ゴットフリート・ゼムパーの建築論的研究』、中央公論美術出版、概要はこちら)は世界的にみても水準の高いゼンパー研究です。また建築論研究としても水準の高いものと私は思います。同書において大倉はゼンパーの諸研究および諸概念について丁寧に分析をくわえながら、”tektonisch(tectonic)”を「結構的」と和訳しています。

フランプトンの著作を新たに訳出するにあたり、山本訳と大倉訳の折衷として「架構的」とでも和訳してもあるいはよかったのかもしれません。しかし大倉が詳述した広く深い洞察とともに、そもそも著者のフランプトン自身が同書において日本語の「結ぶ」という言葉について考察していることからも、「結構的」と和訳するのが相応しかろうというものです。

フランプトンは『テクトニック・カルチャー』の冒頭において、「テクトニック」概念について述べるにあたり、日本語の「結び(musubi)」と「締め(shime)」という概念にも着目します。注連縄(シメナワ)が縄に結び目をつけたものであるように、「締め」は結びに大きく関係しています。そして結び目とは、そこで二つの要素がそれぞれ別々でありながら、しかし文字通り結びつき、固定されているような位置です。そもそも木であれ、竹であれ、線材による架構を作り出すには、もともとは縄を用いて結び/締めることで全体構造を「編」んでもいました。また日本語には「結界」という言葉もあり、「締め」は「今日はこれで締め」とか「一本締めでいきましょう」といったように、空間だけでなく、時間的な区切りや時間の固定として使われる表現でもあります。言ってみれば何にもまして「結び」とは、原・建築的行為で(あるいは原・装飾的行為でも)あるわけなのです。科学は英語で”science”といいますが、接頭辞の”sci”は分離に関係しています(”scissors”/鋏、”schism”/亀裂、”schizo”/分裂、”scission”/切断など)。ものごとを切り分け、分析していくことが科学の基本にはあるというわけです。建築は科学的でもありますが、しかし分析と切り分けだけではできません。切り分けたあとに「結び」が必要なのです。繰り返すなら、「結び」とは原・建築的行為というわけです。

それにしても「結構」と最初に訳出した大倉は、つくづく慧眼であったと私は思います(もっとも「結構」という言葉自体は古くから日本語にあります)。

中村敏男訳にはほかにもいろいろと突っ込みどころがありますが、それは拙訳とは直接関係ないので、いちいち論っていくのは控えておきましょう。





いまフランスの若者のあいだで流行しているのはTECKTONIK


人気ブログランキングへ

2007-10-20 デザイン書2冊、ファイバー

f:id:madhutter:20071020165552j:image:w97:leftf:id:madhutter:20071020165627j:image:w100:left原研哉 『ポスターを盗んでください』新潮社、1995、『デザインのデザイン』岩波書店、2003









日本のデザイナーの世界には亀倉雄策天皇制という「天皇制」があるという話がむかしあったが、いまはどうなっているのだろう。田中一光なきあと、無印良品のディレクターも務める原研哉の著書二冊。

締め切り直前にコンプレヘンシブ・ドローイングの要求を高く出しすぎて担当者がドローイングを破いて最初から描きなおしたとか、エッシャー展のポスター制作で切羽詰って「絵っ」というコピーが出てきたとか、デザインでも建築でも、実務をやれば現場にはいろいろな人間ドラマがある。

”haptic”という言葉が示すように、デザイナーも当然素材にはこだわる。同じ紙でも、厚いのか薄いのか、ざらざらして触覚的なのか、つるつるしてインクののりがいいのか、不透明なのか、半透明なのかによっても、随分印象が異なる。長野オリンピック・プログラムでは、雪肌のような表紙の上に文字をデボス(型押し)し、雪上の足跡を髣髴させるような効果が生まれているが、文字内容以外にもこうしたデザインから、観者は情報を受けとっているはずである。

文字そのものもそうである。チャールズ・サンダース・パース風に言えば、東洋の漢字はイコン的、西洋のアルファベットはシンボル的とも言えるが、その文字自体もデザインの対象となる。フォントについて言えば定番もの以外に毎年多くのフォントが開発されているらしいが、そうだとすればフォントにも流行廃りがあることになろう。また扱う文字数が少なければ、デザイナーは文字をロゴデザインすることもある。当書に登場するニッカ・ウィスキーのラベル・デザインや、コシヒカリの米袋のデザインでは、紙質や商品の性質にあわせて文字自体のあり方も考えられている。

ところで紙は何からできているかといえば、セルロース繊維からできている。今年開催された繊維を主題としたSENSEWAREという展覧会も、著者たちによって企画されている。繊維と産業の狭い意味での関係では、プラダやルイヴィトンを中心としたLVMHなど、衰退しかかっていた繊維業をMBA仕込みの新しい経営術で再生するケースが1990年代には目を引いたものだが、この展覧会では、本田技研による柔らかい外表皮による自動車など、ひろくプロダクトデザインでの繊維素材の使用が提案されている。

繊維素材への着目は日本だけでなく、1990年代には金融工学(不動産証券化や企業買収などで一躍有名になった技術の元です。ミサイルやロケットを発射したあと、目標に誘導するための軍事目的の制御工学から発達してきた)とか、ウェブ(これも元は軍用技術だった)で産業のあり方を大きく変えたアメリカなどでも、あるのだとか。また炭素繊維までひろげれば、すでに日本では航空機や自動車の部品にも使用され始めており、いずれは建築素材としても浸透してくるのかもしれません。ファイバーに関心を持っている人は、少なくないのでは。


人気ブログランキングへ

2007-10-17 黒川紀章没後ほぼ一週目

f:id:madhutter:20071017005942j:image:w180:right










建築について話すのはこれが最後と語っていた今年8月の森ビルでのレクチャーでは、「イタリア未来派の連中は志願して戦場に赴き、わざわざ弾が飛んでくる方向に向かって突撃し、みんな死んでいきました。天才はやはり早世すべきですね。僕も60歳を過ぎて自分がまだ生きていることに気付いたとき、これからは凡人として生きようと思いました」といったことを述べていたように記憶します。

個人的には黒川氏はむかしからライブが素晴らしいという印象があります。まだ若かった黒川氏のライブを初めて目の当りにしたとき、その鮮やかな弁舌に、まるで魔法でも見たような衝撃を受けたものです。頭の回転の速さ、博学多識、奇想天外な発想、まわりにいる人たちへの気遣い、エキセントリックでありながらお行儀のよい物腰、人間工学的にみてぎりぎりの姿勢、表情のつくり方、人を鼓舞するように話すか、重い内容の話を低い声で粛々と話すかなど、変幻自在の話し振り。冗談やハッタリをかましているときでも、正論は外さない。

こうしたことはある程度は模倣できるのかもしれませんが、おそらく生得の才能という要素が大きいのでしょう。もちろん逆のタイプの人がいることも知っています。口下手で、声も悪く、何を言っているのかよくわからない。しかし文章を書くと、読んでいるものを引き込んでいくような素晴らしい文章を書く。

裏を返して言えば黒川氏の話を活字にしてしまうと、ライブのときの生彩がいまひとつ失せてしまう。先述した色々な要素がごっそり抜け落ちてしまうからかもしれません。オペラはオペラ座で見てこそ、演劇は劇場で見てこそ、落語は落語座で見てこそ、黒川節は生で見て聞いてこそ、なのでしょう。もはやできなくなってしまったのですが。

今年年頭の国立新美術館開館にあわせた黒川紀章展では、本人が頻繁に登場してセッションを繰り広げます。これを見過ごす理由はありません。今のうちに目に焼き付けておこうと思っていたら、なんとゴージャスなことに都知事選に立候補するという。文化人相手の建築・都市談義ではなく、刺されるかもしれない政治演説です。以下はその個人的備忘録。


まず主要四候補による政策討論。

都市政策に関しては、もしかしたら古臭い都市論を振り回すのかと思いましたが、驚いたことに70歳過ぎてなお最新のセオリーや動向も丹念に勉強しています。こうしたところが単なる営業話術とは異なる点だろうと思います。結果、討論というよりもほとんど独壇場といった感じなのです。都市論や都市政策に関してみれば、日本では黒川氏の右に出るものはいなかったのでありますまいか。


中野サンプラザの講演会。

2,222席ある大ホールの席のうち、埋まっていたのはその一割以下。それでもいやな顔一つ見せずに颯爽と登場し、にこやかに淡々としゃべっていきます。一通りの演説が終わったあと、予想外の闖入者の登場です。年配の女性が黒川氏を押しのけるように登壇し、マイクを握ってしゃべり始めたのです、あらあら。「石原慎太郎はハンサムで格好いいですよね。それに比べて黒川さんは(以下略)」と身体的特徴をあげつらって小馬鹿にした挙句、黒川候補のマニフェストに逐一つっこみを入れ始めます。それも誤解や素人の思いつきといったレベルのものも含めて、いささかサディスティックにさえ問うていきます。

さて黒川候補、どう対応するのか、これは見ものです。第三者が見ていてさえ、不愉快に思えることもあった質問者の態度ですが、黒川候補、あわてず、怒らず、相手を素人といって馬鹿にもせず、物腰柔らかく、丁寧に返答していくではありませんか、入るか入らないかも分からない一票のために。そのやり取りの過程は、名交渉人の交渉術を見ているようでもありました。「黒川をとっちめてやろう」という感じだった相手の態度は、最後は「あたし、黒川さんに投票するかも」という態度へと変わっていったのでした。


文京シビックセンターの講演会

「今日の朝、演説していると、黄色い声で『キショーちゃーん』の大声援を受けましてね。見ると選挙権のない幼稚園児の集団だったんです」という自虐ネタで始まったこの会は、先回とはまるで違ったものでした。「会場に孫が来てるんです」など、途中からほとんど選挙の演説なのか、ただの好々爺の話なのか、あるいは自分が幼児退行してしまったのか、なにがなんだかよく分からない、まぁそれもまた面白かろうというものなのか。


共生新党創立大会

「共生新党の党員は全国でなんと100万人」(黒川)というハッタリは、いったいどこまで妥当なのか。この目で確かめるべく赴いてみることにしました。少なくとも100人よりは多い。もしかしたら200人よりも多いかもしれない。それはともかく、演説時だけでなく、他人の演説を聞いているときの態度もなかなか大したものです。人間工学的にいえば、どんなに我慢強い人でも20分に一度は姿勢を変えます。ずっとみていても、党首は大きく姿勢を変えません。表情もほとんど変えません。まるで宇宙人かなにかのようという形容も、この有様を見ていると当たらずとも遠からじでしょうか。

ともあれ、世間の誹謗中傷悪口雑言を屁とも思わず、さいごは歌って笑って逝かれました。なかなかできることではありません。


「建築家とはつらい職業である。この職能が持たざるをえない経済上の不安定に直面し、そのうえかくも多くのこと・・・工学、社会学、心理学、経済、ビジネス、政治、ファッション・・・について、かくも多くを知っていなければならならず、それでいて見えない幸運の四葉のクローバーを胸にさりげなくつけているようでなければならないからである」 アルフレッド・バー


人気ブログランキングへ

2007-10-12 二度あることは三度ある

昨日のクレマスターで。少し早くついたのでお店の人とお話していると、建築家の手塚貴晴さんをご存知という。そこで二度あることは三度あるという話になったのであった。

ずいぶんむかし、ロンドンの建築家リチャード・ロジャースの事務所に遊びにいったときのこと、日曜日というのに一人の日本人スタッフが出勤し、躁状態のように仕事をしています。そのときはヘンなヤツだなと、いくつか言葉を交わしただけでわかれました。

それから何年かして、九州は博多の地である会合に顔を出してみると、まぁ何ということでしょう、斜め前になんだか見覚えのある顔が座っているではありませんか。こんなところで何をしているのですかとおききすると、「いま九州で仕事してるんだ」とのお返事。ロンドンで偶然お会いし、さらに博多でまた偶然お会いする。針にラクダを通すことより低い確率のことが起こったのです。

そしてそれから数年の歳月が流れ、打ち合わせで鎌倉山に行ったときのこと。少し早く着いたので海の方に散歩がてらぶらぶらと歩いていきました。新築したばかりの家のあたりが騒がしいので覗いて見ると、まぁ何ということでしょう、それは手塚さんの設計になるもので、それもちょうどいまオープンハウスをやっているというのです。ロンドン、博多、鎌倉山、コブ二つのラクダを針に通すことより低い確率のことが起こってしまったのです。早く着くことがなければ、ちょっと足をのばすこともなかったでしょうし、ここで偶然に再会することもなかったことでしょう。

どうですか、すごいでしょう? タカハルとボクはまるで赤い糸で結ばれているみたいでしょう? ふふふ。

という話なのであった。


人気ブログランキングへ

2007-10-11 ノイトラ、シニフィアンにも着目せよ

f:id:madhutter:20071014184245j:image:leftSylvia Lavin, FORM FOLLOWS LIBIDO Architecture and Richard Neutra in a Psychoanalytic Culture, The MIT Press, 2004








新宿ゴールデン街フジタゼミ@クレマスターで「戦後アメリカの住宅と精神分析文化」と題したギグを行う。といっても実際は上記著作を主としてノイトラについて話す。当書のフリンジな部分からいくつか。

マイケル・ヘイズの『ポストヒューマニズムの建築』もそうだったが、当書も冒頭にジークフリート・ギーディオンの『空間・時間・建築』のなかの有名なテーゼに対する批評がある。ヘンリー・ラッセル=ヒッチコック/コーリン・ロウ以降、あるいはヒッチコック/ロウのおかげで、ギーディオンはアメリカの建築アカデミズムにとってトラウマであり続けているのだろうか。

むかしコロミーナの『マスメディアとしての近代建築』の翻訳をしていたとき、プライベート/パブリックの向こうにある親密性という議論を、ふぅーんと思いながらそのまま訳した。あれはE.T.ホールやドナルド・ウィニコットを意識した議論だったのか。

最近のアメリカのこの手の著作のお約束として、最後は胸キュンとなる一節で括られている。その少し手前の部分から。

エコロジー運動は自然への愛から生れたのではなく、そうではなく汚染への恐怖から生れた。ナガサキののち、人間の文化と自然の力のあいだの相互作用を、放射能汚染は議論の余地なく如実に示したのだった」。

ところで「ノイトラはフランク・ロイド・ライトに師事したあと、オットー・ランクに影響を受けたわけだよね。アナグラムを見ると面白いのではないのかな」とは、藤田博史氏の言葉。


FRANK LLOYD WRIGHT      OTTO RANK      RICHARD NEUTRA

FRANK  RANK  R N-TRA


すっぽり入っていますね。こういうのを無意識における反復というのか。誰が誰に影響を与えたかを見る場合、まず影響を与えた人の思想とか人柄(シニフィエ)に目が行きますが、

シニフィアンにも着目せよ。


人気ブログランキングへ

2007-10-07 京からかみ

f:id:madhutter:20071007160159j:image:left  千田堅吉 『唐長の「京からかみ」文様』 紫紅社文庫 2003









「からかみ」は「唐紙」ではなくあくまで「からかみ」。日本の「かみ」なのである。「からて」も「唐手」ではなく「空手」と書く。からかみにはおおきく京からかみと江戸からかみの二種類があって、京からかみは版木によって文様を作るのに対し、江戸からかみは版木だけでなく、型紙やブラッシングなど文様の技法に多様性がある点が、大きく異なるといわれる。京からかみの文様は趣味によって「武家好み」、「公家好み」、「寺社好み」、「町屋好み」などに分かれている。

江戸からかみはまだ十数軒ほどの紙屋さんが残っていますが、京からかみで残っているのはこの「唐長」さんだけです。絶滅危惧種みたいですがな。京都の人たちも「京都はむかしからアバンギャルドですねん」とかいって変なもの造るのも結構ですが、「絶滅危惧種」が絶滅してからでは手遅れなんちゃうかぁ。


人気ブログランキングへ

2007-10-06 ジュリウス・シュルマンの有名な一枚

f:id:madhutter:20071006195235j:image:w180



昨日のTNプローブのサイトのなかを辿っていくと、シルビア・ラビンが来日してノイトラとシュルマンについて語っているのですね(http://www.tnprobe.com/contents/other/lavin.html)。ラビンの FORM FOLLOWS LIBIDO によれば、建築家だったエルンストを通してその父ジクムント・フロイトとノイトラは面識があり、また彼と同じくウィーンからアメリカにわたってきたオットー・ランクやウィルヘルム・ライヒといった元フロイト派のメンバーとも関わりが深かったとされています。ノイトラは精神分析に単に造詣が深かっただけでなく(もっともアメリカの精神分析はヨーロッパのものとはいささか似て非なるもので、ラビンの著書でも「精神分析」ではなく「精神分析的文化」という言葉が使われています)、精神分析医が使う転移操作のテクニックも、みずからマスターしていたようです。ノイトラの住宅の竣工写真では、クライアントやクライアント個人を示すものは極力排除されたが、それは鑑者がそれらに転移しないよう(ということは住宅自体への転移操作を目論んでいたともいえる)配慮していたからだといいます。

ところでシュルマンによるカウフマン・デザート・ハウス(1947)の有名な一枚は、そうした竣工写真とは異なる意味で精神分析的にも見えますが、どうでしょう。

まず中景の灯りのともったカウフマン邸と、後景の暗く崇高な山岳を重ね合わせ、薄暮のなかで撮影された全体印象は現実とも夢のなかのものともつかない、なんともシュールレアルな感じです。いわずもがなシュールレアリスムは精神分析から大きな霊感を授かっています。ついでながら精神分析自体も少し暗めの部屋で行う方がよいのだそうです。次に画面右側に寄せられた住宅から左手前に向かってプールの縁が下降するような遠近法を描いていますが、何とも不思議なことに、そのプールサイドにはカウフマン夫人がマットレスの上に横たわり、上体を起こしながらこちらを見ているではありませんか。フロイトは被分析者をカウチに寝かせて分析を行ったといわれ、今日でも被分析者はカウチやベッドの上に寝そべって分析を受けることが多い。そしてラビンの著書にはラカンのラの字も出てこないのですが、ラカン派理論でいう対象aの転移の一つとしてあげられるのが、視線なのです。薄暮の逆光ゆえにおぼろげで気付くのに時間がかかるように、視線がこちらに向かっているのです(対象aの転移の一つが、住宅のなかではなくそこにあることでもある)。鑑者はまず住宅を見、そこから視線をずらしていくと奇妙な彫刻のような人物に遭遇し、その人物はこっちを凝視しているという、不思議な三角形です。


人気ブログランキングへ

2007-10-05 レセプション

f:id:madhutter:20071006095934j:image:w130


TNプローブ企画の展覧会のレセプションにお招きいただく。会場で長尾事務所の長尾亜子さんにお目にかかる。長尾亜子さんと話しているとむかし私が書いた原稿(けっこう力作だったぞ)の原稿料を踏み倒そうとした編集者の話がでてきてワインを吹きそうになるにこやかに談笑する。展覧会の内容は2年前に国立近代美術館で開かれたドイツ写真の回顧展とかぶるかと思いきや、そうではなかった。展覧会についてはこちら。そのご中目黒の聖林館(旧サヴォイ)で軽く会食。


人気ブログランキングへ

Connection: close