Hatena::ブログ(Diary)

まどぎわ観望日記

2018-08-10

火星FC-76で見た

夜中12時前くらいにFC-76で火星を見てみた。夕方晴れていたけれども、夜中は雲が出てきてやや雲越し。ナグラー7mm+バロー(170倍)とOr4mm+バロー(250倍)。北側に極冠らしいのが白っぽく見えた。なんか極冠が盛り上がっているように見えるのは私だけ? 模様は170倍で中央付近が少し黒っぽい感じもしたのですが、250倍ではかえってわからなくなった。250倍ではかなり大きかった。

気流は薄雲のせいか悪くて、火星はぶよぶよだった。

2018-08-01

火星大接近(7/31)

東の窓から広角レンズで記念写真だけ写した。

f:id:madogiwakanbou:20180801094052j:image

20mmF1.7(F2.5)+E-PM2、固定撮影、適当に縮小とトリミング

赤く写らなかったけど、中央の星が火星(たぶん)。肉眼でやけに明るくてオレンジよりも少し赤っぽい星があった。双眼鏡でも星があまり見えなくて、上のやぎ座の星がやっと見える程度だった。

2018-05-18

五藤テレスコープのスペクトル観測キット

meinekoさんのところに紹介されていました。

http://gototelesco.co.jp/spectroscopy_kit.html

STARANALYSER100(SA100?)という回折格子と、RSpecというソフトの日本語版のセットみたい。税別48000円でけっこう高いんですけれども、本家のサイトらしいサイトを見たら、SA100とRSpecで300ドルくらいらしいので、そんなにバカ高いわけでも無さそう。

スペクトルの撮影なんてなにもわからないので、こういう初心者向きセット?があるといいかも。

今の所なにもできないのですが、そういえば星のスペクトルを撮ってみたいなーと思っていたので、メモ。

スペクトルはspectrumみたい

そういえば天文用語スペクトルと、電気用語のスペクトラムって非常に似ているんですけれども、なにが違うのかと思って調べてみたら、スペクトルもスペクトラムも同じspectrumの事だったみたい。なーんだ。

spectrumなので普通に日本語化?するとスペクトラムが合っているような感じですが、なんで天文用語だとスペクトルなの? スペクトラムだと言いにくいからとか?

2018-05-15

ハーモニックドライブ赤道儀

トミタさんというところのサイトにCrux MINIというのポータブル赤道儀が載っていて、とってもいいなーと思った。

http://www.y-tomita.co.jp/hobym_obs/cruxmini.html

2軸が1つの個体に入っていてコンパクトで形もすばらしいです。重さ2.5kgで8kgまで載せられるらしい。

値段が50万なので、ただただ写真をみていいなーと思っているだけなんですけれども、最近何もできなくなってしまったり頭にくることも多いので、もう自暴自棄で買っちゃうかも(汗)

最近ウオームギヤの代わりに、ハーモニックドライブという小型軽量で高性能な減速装置?を使った赤道儀がはやっているみたいですが、重厚長大な赤道儀はそのうち過去のものになるんでしょうかねー?

2018-04-02

今朝の火星土星とM22?

アストロアーツのサイトに、火星土星が接近すると書いてあったので写してみた。夜中起きると薄曇りで、肉眼では木星ベガくらいしか見えない。双眼鏡で探すと、2つの接近した星が見えたので、これだろうと思って写した。

f:id:madogiwakanbou:20180402124948j:image

ZD50mmF2レンズ+E-PM2。Higlasi-2Aで追尾撮影。1/2縮小+トリミング、コントラストをかなりアップ。

これで合っているのかしらん?と思って、アストロアーツのサイトの大雑把な星図とポケットスカアトラスを見比べたら、M22と接近しているみたいなので、それも見えるようにコントラストをかなりアップしてみた。

せっかく早起きしたので、もうちょっと透明度が良かったらよかったのに。