Hatena::ブログ(Diary)

魔界都市日記

16/08/12 コミックマーケット90 一日目 西3・4 g-02a『魔界都市出版』

ヤンデレ大全発売中

2006/06/06(Tue) 俺は長門になりたい

 だって長門の体を自由に出来るんだぜ

ドイツ少年特集 ドイツ少年特集を含むブックマーク ドイツ少年特集のブックマークコメント

字幕無しドイツ少年(wmvファイル直リンク)

 全ての始まり

 何度も書いてますが、自分はこの字幕がないファイルに『株で失敗した』という注釈があったので、本当に株関係で人生が終わった人の狂気動画かと思ってました


ドイツ少年 双日株

ドイツ少年 IBダイワ株1

ドイツ少年 IBダイワ株2

 そんなわけで株やって死亡シリーズ

 なんて馴染むんだろう

 実際にデイトレードやってこういう感じの人が多いと思われるのが、すごいリアル


ドイツ少年 英語字幕

 英語字幕になって、何となくゲームをやっているような事が理解できるようになりました


ドイツ少年 マビノギをやる

 そんなわけで、ここからしばらくゲームシリーズ

 この動画の場合は晒されたりいろいろ痛い人に

 実際、どこのゲーム行っても掲示板とかで痛い人って何人かはいるものです


ドイツ少年 ROをやる(途中で終了)

 わりとリアルな駄目ROプレイヤーの図

 ガンホーは仕事をしないので、垢BANされるという設定はわりとリアリティがないです


ドイツ少年 いっきをプレイする

 これはYouTubeではなくFlash動画

 ドイツ少年動画に親しんでいる人の場合、初見でも赤忍者が出てくるタイミングが予想できます

 本当です

 現に自分がそうだった


ドイツ少年 ハレ晴れユカイを煽る

 オリコンを見るドイツ少年


ドイツ少年 VIPPERになる

 これもYouTubeではなくFlash動画

 わりと空耳が多いのが特徴

「安藤おまえか」が最高


ドイツ少年 お母さんにエロファイルを捨てられる

 お母さん、念を入れて消しすぎ


ドイツ少年 日本語版

 全容解明

 正解がわかってしまうと切ないもんです

 それにしても、こんなに暴れながらゲームをやっていたら、他のプレイヤーはびっくりしてるんだろうなぁ


番外編 なんか怒ってる韓国の人

 他のものを撮影していたら、遠くの人が突然キレ出した図

 ドイツ少年のオマージュかしら

 会社とか大学とかだと思われますが、もしネットカフェで店の機材蹴ったりしてたら倍賞モンの気が

鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ! 鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ!を含むブックマーク 鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ!のブックマークコメント

綾野なおと@blog(怪奇日蝕web)

爽やか鶴屋さん

たぶん野球中かなにか

鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ!


†[Breakthru]†(6月1日)

腰がなんだかエロを感じさせる鶴屋さん

鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ!


え、があったりなかったり。(6月1日)

笑う鶴屋さん

鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ!


K・A・P(日記内6月4日)

挨拶鶴屋さん

鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ!


鉄葉味

足に何か白いのがついてるハルヒ

ハルヒ、は、ハアーッ! ハアーッ!

素直クールとクーデレの話 素直クールとクーデレの話を含むブックマーク 素直クールとクーデレの話のブックマークコメント

 昨日、調べてわかった事が本当は間違いで、最初に誤解だと思っていたものが真実だったという事が更にわかりました

 つまりクーデレは「クール→デレ」で、素直クールは公衆の面前で堂々とデレるという感じに

 ともかく、(自分の中で)素直クールブームなので下にSSを

[]今日の長門有希SS 今日の長門有希SSを含むブックマーク 今日の長門有希SSのブックマークコメント

 4時間目が終わった直後、ドアの外に珍しい人物を見つけた。

 その人物は、俺の方に視線を向けている。それに気付いた俺は教科書やノートも机の上に置きっぱなしでドアまで直行した。

「長門」

 黙って俺を見上げているのは、いつも無口な読書好きヒューマノイド・インターフェース。

「あら、どうしたの有希?」

 いつの間にかハルヒも来ていた。

 ハルヒの席は俺の真後ろだ。俺じゃなくてハルヒを見ていたって事もありうる。

「あたしに用事?」

「違う」

 即否定。

 長門は無言で、持っていた包みを俺に差し出した。

 布で包まれた立方体。

「食べて」

 もしかして、これは弁当というものなのか?

「そう、食べて欲しい」

「有希……?」

 ハルヒが口をぽかーんと開ける。そんな馬鹿みたいに口を開けていたら、中に虫でも飛んでくるぞ。

 しかし……長門が俺に弁当だなんて、どういう風の吹き回しだ?

「精が付くようなものを入れておいた。食べたら元気になる」

 せい、って……

「あなたはいつも淡泊。平均的な日本人男性と比べて少し早いし、回数も少ない。もっと頑張って欲しい」

 真横から殺気のようなものが立ち上る。

 怖いから、今は考えたくない。

「夕飯も元気になるものを用意しておく。解散した後にいつもの場所で」

 はっはっは、長門さん、いつも部活(団活)が終わってからこっそり合流してるのは、他のメンバーに俺たちの関係を気付かれないためなんですよ。

 一方的に用件を言い終えると、長門は回れ右して帰っていく。

「言い忘れていた」

 まだ何かあるんですか。

「今夜は覚悟しておいて」

 いつもの無表情に、少し楽しそうな感情を読みとれるのは俺だけだろう。

 しかし――

「キョン、聞きたいことがあるんだけど」

 万力のような力で肩を鷲づかみされる。まるで空気に色がついたように、暗黒面のフォースが噴出された事を感じる。

 俺、放課後まで生きていられるんだろうか。

ヤンデレカルタ
メロンブックスにて販売中

<色々リンクとか>