Hatena::ブログ(Diary)

魔界都市日記

16/08/12 コミックマーケット90 一日目 西3・4 g-02a『魔界都市出版』

ヤンデレ大全発売中

2006/06/07(Wed) Skypeをやっていた時に

 いきなり知らないフランス人から「アロゥ! アロゥ!」と挨拶された事を思いだした

 何しろ私はエスペラント語を母語とするアフガニスタン在住の少女(6歳)

 興味を持たれても仕方あるまい

涼宮ハルヒの憂鬱 第10話『涼宮ハルヒの憂鬱IV』感想 涼宮ハルヒの憂鬱 第10話『涼宮ハルヒの憂鬱IV』感想を含むブックマーク 涼宮ハルヒの憂鬱 第10話『涼宮ハルヒの憂鬱IV』感想のブックマークコメント

 OP無いとかアナーキー

 時間が足りなかったんだろうか

 朝倉さんは眉が太くて可愛いなぁ

 もっとキツい感じかと思ってた

 でも坦々としゃべるのがヤンデルでいい


 バトル部分

 京都アニメーションすげぇ

(↑思わず4人に分身して熱狂する己)


 世の中には、アクションシーンが紙芝居のアニメもあるっていうのに……

 眼鏡無くなった直後の長門の表情に惚れた


 そして朝比奈さん

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

 微妙に雰囲気が違うという演技がうまいなぁ


 そして予告……


 …………………………

 …………………………

 …………………………


 !?


(↑感動のあまり4人に分身して昇天する己)


 9話でノートパソコンがあったから射手座の日があるかもしれないと淡い妄想を抱いていたのですが、まさかこれが実現するとは……

 でも、消失メインで長門メインの回を交えて第二期をやることを期待していたので、射手座の日がここで使われたのはちょっと残念な部分もあるかも

長門、な、ナアーッ! ナアーッ! 長門、な、ナアーッ! ナアーッ!を含むブックマーク 長門、な、ナアーッ! ナアーッ!のブックマークコメント

ほーむぺえじでチュッ!

さすが長門だ、貫かれてもなんともないぜ(トップ絵)

ブログの方にもエロスがいろいろと

長門、な、ナアーッ! ナアーッ!


OVERALL QUARTER

カーディガンをかける図

長門、な、ナアーッ! ナアーッ!


半角すぺーす(日記内 6/4 6/5)

4日の笑顔に思わず4人に分身して昇天(画像省略)

長門、な、ナアーッ! ナアーッ!


野麦茶電舗ver2.4

長門ライダーがどの部分を触ったらキャストオフするのか気になると夜も眠れない

長門、な、ナアーッ! ナアーッ!


わんとんランド組合(6/2)

ぺたぺた長門漫画

左側のページはやはり金田一かしら

長門、な、ナアーッ! ナアーッ!


ハルモニア*(絵日記 6/2)

良い雰囲気の朝倉と長門

自分の中では朝倉は長門を愛してます

ヤンデレです

長門、な、ナアーッ! ナアーッ!


闇ナベ亭(6/6)

妙に男らしい鶴屋さん

鶴屋さん、つ、ツアーッ! ツアーッ!

[]今日の長門有希SS 今日の長門有希SSを含むブックマーク 今日の長門有希SSのブックマークコメント

「ちょっと、何これ!?」

 静寂を破ったのは、当然のように我らが団長涼宮ハルヒその人。遅れてきて早々、平穏な一時をぶち壊してくれるもんだ。

 せっかく朝比奈さんが入れてくれたお茶をこぼしたらどうしてくれるんだ?

「そんな事より、これ見てよこれ!」

 ハルヒが天に掲げたのは、一個の封筒だった。

 その表面にはコンピューターで打たれた『直訴』の二文字。

 なんだそりゃ?

「あたしが来たら、机に置いてあったのよ。誰か知らない?」

 俺たちは無言で顔を見合わせる。

「誰も知らないのね」

 そりゃそうだ、知ってたらお前の目に付かないところに隠しておくだろう。

「直訴? 誰かしら、私たちSOS団の活動に文句があるのは!」

 それを探したければ、廊下で石を投げてみればいい。俺たち――いや、お前の行動に不満のある誰かにぶつかるだろうよ。

「いちいちうるさいわね。あんたは気にならないの?」

 ハルヒの目はキラキラと輝いている。

 嬉しいんだろうな、いつもは週末を潰して探しても見つからない謎が飛び込んできてくれたんだから。

 白状すると、俺もその中身は気になった。

 心当たりが無いこともない。ノートパソコンを4つ奪われたお隣さんが、俺たちがもてあましているのを見かねて引き取りたいとかな。

「開けるわよ……」

 俺たちのテーブルまでやって来て、ハルヒは封筒の口に手をかける。

 中から出てきたのは、几帳面に折り畳まれた便せんだった。

 ゴクリという音。誰かの喉。

 カサカサとそれを開いていくハルヒ。

「何よ、これ?」

 便せんには、いかにもコンピューターで打たれた以下の文字列が並んでいた。

『わたしの恋人をあまり振り回さないで欲しい』

「恋人? どういう事?」

 さっきまでやる気満々だったハルヒは、すっかり拍子抜けしてしまったようだ。

「見ての通り」

 突如、口を開いたのはいつも無口な読書好きヒューマノイド・インターフェース。

「ちょっと有希、どういう事!?」

 本から目を離し、ツカツカと詰め寄ったハルヒを見上げる。

「彼のこと」

 長門の視線が俺を貫く。

「この……恋人、ってなによ?」

「3ヶ月前から平均して週に4.25回家に来て夕飯を食べてくれている。土曜の夜は毎週泊まりに来てくれる。一般的に、これは恋人関係と称しても差し支えないはず」

 それが何か、といった風情の長門。

「だから、あまり振り回さないで」

 再び本に目を落とす。

 どうやら、長門的にはそれで終了したらしい。

「キョン。質問があるんだけど」

 錆びたロボットのようにギリギリと首を回転させるハルヒ。

 どうやら、俺の人生もこれで終了したらしい。

茜吉茜吉 2006/06/07 23:45 初めましてこんにちは。長門SS爆笑させていただきました!うーん良いですね長門!更に長門萌え度上がりましたvご馳走様デス’`,、 ( ´∀`) ’`,、

maepymaepy 2006/06/08 00:06 コメントありがとうございます
素直クールのつもりで書いていたのですが、ある意味これはヤンデレじゃないかとも言われました
確かにそうも思いました

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maepy/20060607
ヤンデレカルタ
メロンブックスにて販売中

<色々リンクとか>

Connection: close