Hatena::ブログ(Diary)

魔界都市日記

16/08/12 コミックマーケット90 一日目 西3・4 g-02a『魔界都市出版』

ヤンデレ大全発売中

2006/07/03(Mon) くやしい……

「ええー、このタイミングでゴルフなの!?」


 毎年この時期になると特撮が何度かお休みになります

 数週間前にはボウケンとカブトがダブルでお休みになりましたが、今日はなんとかボウケンだけがお休みでカブトは放送

 今回のカブトは制作者が「今までの回は今回のためにあった」というような事を言っていたため、これが放送されたのはまだ良かった

 でも、ボウケンでも6人目のボウケンジャーが初変身するという重要な回なわけで、もう一週ずれていれば……と思わない事はないわけで

 ともかく、そんな風にゴルフで特撮が中止になる事がくやしい……くやしい……

 そんなくやしい気持ちを理解していただけると幸いです

 くやしい……

"Megamiマガジン、アニメ版監督インタビュー要約 "ということらしい(REVの雑記GroupLightnovel) "Megamiマガジン、アニメ版監督インタビュー要約 "ということらしい(REVの雑記GroupLightnovel)を含むブックマーク "Megamiマガジン、アニメ版監督インタビュー要約 "ということらしい(REVの雑記GroupLightnovel)のブックマークコメント

 長門がキョンにみんなの居場所を教えなかった事について自分が思っていた妄想が公式にほぼ肯定された!

 でもエンドレスエイトは話数が足りなくて出来なかったとのこと

 エンドレスエイトも見たかったなあ

 くやしい……

[]今日の長門有希SS 今日の長門有希SSを含むブックマーク 今日の長門有希SSのブックマークコメント

 じめじめとした洞窟の中、鎧に身を包んだ男が歩いていた。

 男がこの洞窟にやって来た理由は、この洞窟の奥底に潜む主を倒すためだ。男は勇者と呼ばれる存在なのだ。

 真っ暗な洞窟の中を手探りで進む勇者。何かの気配を感じ、剣を構え直す。

 現れたのはドラゴンに乗った騎士だった。騎士の剣と、その騎士の乗るドラゴンが同時に攻撃を仕掛けてくるが、勇者の一撃がその魔物の息の根を止めた。彼の剣は多くの魔物を切り伏せて血にまみれているが、それでもその剣の切れ味は衰えていない。

 勇者は今まで歩いてきた道のりを地図に書く。これでこの洞窟はほぼ制覇した。残すは、この洞窟の主だけ。この敵が待ちかまえていたということは、この先に主がいるのだろう。

 勇者はそのまま進み、予想通りに洞窟の主を発見した。手に棍棒を持った巨大な怪物。あの棍棒の一撃を食らえば、通常の人間ならひとたまりもないだろう。

 しかし、勇者はその攻撃をかいくぐり、魔物の王の喉元に剣を突き刺した。


「いやあ参りました」

 俺の勇者にボスを倒された古泉が、ぜんぜん悔しそうにも参ったようにも思えない表情で言った。

 このゲームを持ってきたのは古泉だった。国民的RPGをモチーフにしたボードゲームで、二人で洞窟を作って先に相手の洞窟のボスを倒した方が勝ちというものだ。相当マニアックものらしく、わざわざ機関の誰かに借りてきたそうだ。

 頭脳労働は得意なくせに、相変わらず古泉はボードゲームが弱い。数回やって気がついたが、古泉の洞窟はワンパターンなのだ。敵の配置でボスの居そうなところがなんとなくわかってしまう。そしてそれを古泉自身は気付いていないようなので、敢えて言わないでおく。

「続けますか?」

 もう飽きた。

 古泉は「どうして勝てないんでしょうねえ」とか言いながら、ゲームを箱にしまっている。まだ帰る時間には早いが、今から何か次のゲームを始めるのも中途半端だ。

 ハルヒはいつも通りパソコンに向かって時間を潰している。カチカチとマウスをならしたり、カタカタと何やら打ち込んだり、いつもいつもよく飽きないもんだ。また変なことを企んでなきゃいいんだが。

 朝比奈さんは戸棚の整理をしたり、使い終わったお茶の道具を洗ったりしている。本当のSOS団のメイドと化してるな、本当に。

 長門は読書をしているのはいつも通りだが、今日は珍しく俺の横に座っていた。確か長門が来た時にハルヒが長門の定位置を占領していたとか、そんな理由だったと思う。詳しくは覚えていないが大した理由でなかったのは確かだ。

 まあ、俺としてはこれが定位置でも全く構わないのだが、今さら変更するとハルヒにも勘付かれてしまうかも知れないわけで、泣く泣くいつもの座席位置を維持し続けているわけだ。悲しいね、全く。

 さて、本当に暇だ。

「長門、読書ばかりして飽きないか?」

 ぼんやり長門を見ていると、自然に俺の口からそんな言葉が漏れていた。

「……」

 長門は本から目を離し、視線を俺に向ける。

「飽きない」

 そう言えば最初に会った頃に尋ねたら「ユニーク」って言っていたな。

 他のことには興味がないのに、どうしてそんなに読書が良いんだ?

「本にはわたしの知らない事が書いてある」

 なんでも万能にこなせる長門だが、そういや生後三年だったか。必要最低限の技術や知識しか持っていないような長門にとって、読書をする事で自分と関わっていない世界を知ることが出来るのかも知れない。

 そうか、長門は三歳か……そう考えると何だか自分がひどく外道な人間のように思えてきたが、気にしたら負けなのだろう。見た目の年齢と精神年齢は高校生……に相当すると思う。いやまあ、長門の容姿なら中学生で通らない事もないのだが、本人が高校生という事にしているのだから、高校生の肉体という事で良いだろう。そうじゃないと俺が困る。

「……」

 いつの間にか本を閉じていた長門が、俺の方を見ていた。見つめているのではなく、なんとなくぼんやりとしている。

「読書とあなたは似ているかも知れない」

 それは、俺にも読書並に興味があるって事だろうか。光栄だな。

 具体的にはどういうところが似ているんだ?

「めくればめくるほど、新しいものが見られる」

「あら、楽しそうな話じゃない。有希はキョンの何をめくるのかしら?」

 気がつくと、ハルヒが横に立っていた。小声で話していたつもりだったが、聞こえていたらしい。

 楽しそうとか言うくせにその顔に笑みはない。今にも人を殺しそうだ。人ってのは俺のことだが。

「まさか服とか言うんじゃないでしょうね」

「違う」

 ふるふると首を横に振る。

「えっ? それじゃあ、何をめくるの?」

「……」

 長門はしばらく間をおいて、

「皮」

「か……皮ってどういう事よっ!?」

 食ってかかるハルヒに対し、

「包皮」

 と冷静に答える長門。

 ああ、この頬を伝う熱い液体はなんだろうね。

「キョン君、どこの皮のことですか?」

 何を話しているのかわからず、不思議そうな顔をして俺に問いかけてくる朝比奈さん。天然にもほどがありますよ。

「おやおや」

 いつもよりニヤけ度50%増しの古泉。

「ふーん……キョンはかぶってるんだ」

 まるで蔑むような視線を俺に向けるハルヒ。

 くやしい……

通り通り 2006/07/03 00:03 ・・・・・・・・・・・・・・・・被ってるんだ。じゃなくて、あれライダーの話終わったの?確か朝倉出てきて終わり?

名前がない程度の(略名前がない程度の(略 2006/07/03 00:10 長門が色々と暴露するのは特殊なぷれいの一種なんじゃないかと思えてきましたw

軍曹軍曹 2006/07/03 00:41 生キョン様の生包茎を拝見してもよろしいでしょうか

逃 2006/07/03 01:26 アニメに則ってシャッフル構造なんですよね
「えっ、ライダー編しないの!?」

中尉中尉 2006/07/03 01:28 許可する、但しみるだけだッ!!なんせ、世界の運命が掛かってるからな。

ちょうもんちょうもん 2006/07/03 01:43 あだ名の由来は恐らく『巨根』から来ている。
む、矛盾じゃないのこかこれは、それとも巨根にも劣らずなほどの皮なのか、気になるところだ

紳士紳士 2006/07/03 02:15 世の中(SS)ご都合主義で出来ているものなのだよ少年。

D,D, 2006/07/03 02:47  このボードゲーム持ってる・・・・・アレは良いゲームだぁぁぁ

通りすがり通りすがり 2006/07/03 03:33 「皮」で吹いたwww

U16U16 2006/07/03 04:30 羞恥プレイか!!

RzRz 2006/07/03 04:49 良い話かと思ったらこんなオチだなんて……くやしい!

通3通3 2006/07/03 09:25 実は優越感に浸ってる古泉

kenken 2006/07/03 16:50 俺は「『かぶってる』仲間を見つけて同類を見る目で見ている小泉」に一票。

Q10Q10 2006/07/03 20:54 ホモのカップルはお互いに皮かむりの方が楽しめるらしい。いろいろと。

maepymaepy 2006/07/03 23:57 皮の話題にみなさん食いつきすぎです
断面図の時並にコメントがつかないと思ってましたが
特に男性同士の特殊な皮の遊び方があるという知らなくて良かったような知識を教えて頂きありがとうございます

ライダー休止は自分のくやしい気持ちを分かち合ってもらいかったのかも知れませんし、そうではないかも知れません

ちなみにドラクエダンジョンは最高です

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maepy/20060703
ヤンデレカルタ
メロンブックスにて販売中

<色々リンクとか>