Hatena::ブログ(Diary)

魔界都市日記

16/08/12 コミックマーケット90 一日目 西3・4 g-02a『魔界都市出版』

ヤンデレ大全発売中

2006/09/06(Wed) ミラクルビーム

 って名前を見ました

拍手レス 拍手レスを含むブックマーク 拍手レスのブックマークコメント

>やったー100万HITげっと〜

>するといいな☆

 たぶん今日の昼くらいになりそうですね

 踏むと死にます、100万年以内に

人狼BBS 1 疑心暗鬼の村 人狼BBS 1 疑心暗鬼の村を含むブックマーク 人狼BBS 1 疑心暗鬼の村のブックマークコメント

 人狼のすごいログ

 かなり長いけど、この戦いは面白すぎると思いました

 思わず人狼側を応援してしまう

メモ、あとできちんとまとめます メモ、あとできちんとまとめますを含むブックマーク メモ、あとできちんとまとめますのブックマークコメント

ハルヒEDのほとんどあなもぐら改変絵(Conflict Room)

七分堂(9/4) もりそばさんの描いた勃○起漫画の続き

「あててんのよ」ならぬ「あててんだぜ」

 自画自賛ですが「あててんだぜ」ってなんか語呂がいいですね

 どなたか801作家の方々、女性向けゲイ漫画で使ってみてください

「せ、先輩……僕の腰に先輩のが……」

「あててんだぜ」

 みたいな

Nana's Everyday Life Nana's Everyday Lifeを含むブックマーク Nana's Everyday Lifeのブックマークコメント

 なんというか、上がって下がる感じが最高

 トラウマになっても責任は持てません

 あ、69番は日本語版がファイル無いみたいなんで、英語版見れば大丈夫です

 台詞ないし

ハルヒ系 ハルヒ系を含むブックマーク ハルヒ系のブックマークコメント

ねこうさプリンさん、鶴屋さん漫画更新(9/5)

 何気に天使な朝倉がいいですね


オルタイン軟膏(医薬品)(9/4)

 やっぱり長門 第10回

 鶴屋さんルート


imageMEMORY(9/5)

 朝倉のむっちり太股で有名な方

 今回もお色気ですね


・涼宮ハルヒの憂鬱番外編 朝倉涼子の誘惑シリーズ(Daily?Diary)

朝倉涼子の誘惑シリーズ

朝倉涼子の誘惑シリーズ2

朝倉涼子の誘惑シリーズ3&4

涼宮ハルヒの憂鬱番外編 朝倉涼子の誘惑シリーズ4&5

 朝倉SSのすごい人

 ご本人のまとめが追加されていたのでリンク


 ぜんぜん関係ないけど帰還・退屈の人

[]今日の長門有希SS 今日の長門有希SSを含むブックマーク 今日の長門有希SSのブックマークコメント

 9/01の長門有希SSを先に読むと幸せになれます


 キョンが来ないと部室にいても孤独感がある。妙に色あせて見えるような、そんな感覚。掃除当番でも無いのに、どこに行ってるのかしら。

 いつもキョンが座っている場所には今は誰もいなくて、その向かいで古泉君がゲームの準備をしてる。アゴに手をあてて何か考えながら、シートの上にコマをひっくり返しながら並べる。

 軍人将棋だ。あたしはやったこと無いけど、たまにキョンと古泉君がやっているのを見かける。なんか審判が必要なめんどくさいゲームらしくて、有希に頼んでやってる事が多い。

 あたしに頼めばいいのに、キョンはなんでか知らないけど遠慮するのよね。あたしを大切に思っているから、そんな雑用みたいな事をさせたくないのかしら。

 その点、有希なら気兼ねしないのは、やっぱり有希が機械みたいだからかな。

 ガチャガチャとドアノブが鳴った。つい、あたしは息を飲んでドアを注目してしまう。やっと来たのね、どれだけ待ったと思ってるのよ?

「あんた、遅かったじゃないの」

 開いたドアに向かって、つい、イヤミっぽく言ってしまった。

 扉の隙間から見えるキョンの顔はばつが悪そう。

 ごめんねキョン。でも、会えなくて寂しかったのよ。早く来てくれなかったあんたが悪いんだからね。

 キョンはチラリと見回して、古泉君を見て小さく苦笑してから、棚の上に置いてあったカラフルな立方体を取った。

 それも、あたしが最近ちょっとイラついている原因。

 ここ何日か、キョンは6色のカラフルな立方体のパズルに夢中になっている。実物を見たのは初めてだけど、名前くらいは知っている。あれは確か、ルービックキューブって言うんだっけ。古泉君が持ってきたゲームの中にあって、なんとなく手に取ったキョンがそれから毎日のようにやってる。何が楽しいんだろう?

 キョンを誘えなかった古泉君は少し残念そうに肩を落とす。それからキョロキョロ部室を見回して、あたしと目が合った。

「涼宮さん、勝負しませんか?」

 珍しい、古泉君から誘ってくるなんて意外だ。

 古泉君は軍人将棋をする事がどう役に立つのかとか、ルーツの説明とか、色々な事を交えて熱心に誘ってくる。そんなにやりたいならやってあげようかな。たまにはキョン以外の部員にもサービスしないとね。

「有希、審判お願い」

 本をパタンと閉じて、トコトコやってくる。隣にピタリと立つと、本当に判定マシンみたい。ちょっとだけ滑稽で面白い。

「負けたら目でピーナッツを食べてもいいですよ」

 古泉君は本当に自信があるみたい。普段はゲームが弱いのに、ほんとに珍しい。

 対するあたしはこのゲームに関しては素人。今からちゃんとしたルールを知るところ。これは負けるかな。

 軍人将棋は、お互いコマを裏にして自由に並べて、相手のコマがわからない状態でつぶし合うゲーム。普通の将棋と違って、上に乗ったから勝ちってわけじゃなくて、コマ同士の優劣で勝負を付ける。

 お互い裏返したままで見ることが出来ないから、審判が必要ってこと。なるほどね。

 どう並べたらいいかよくわからないし、適当でいっか。あたしは裏返したコマを、ちょっとだけ考えるふりをして並べていく。

 あたしはキョンをチラチラと見ながら、適当に真剣っぽくゲームをする。

 キョンは真顔でガチャガチャとキューブを回転させたり向きを変えたりしながらこねくり回している。あたしの体もあんな風に滅茶苦茶にしてもいいのに。足を無理矢理拡げさせられたり、ひっくり返されたり、何をしてもいいのよ。キョンって奥手なのよね。そこがキョンの良いところ。でも、もうちょっと積極的になってくれてもいいのに。

「いやあ、これは……」

 古泉君がなんだか苦しげな声。気が付くと、なんだかすごく優勢になっていた。

 適当にやってるとはいえ、自分が何のコマが古泉君のどのコマかに負けたかくらいは覚えている。負けた場合は近くにあるそれを倒せるようなコマをぶつけているだけ。わからないコマ同士は運勝負だけど、古泉君は運が弱いみたい。

 考え事をしている時のキョンってちょっとかっこいい。クラスの女子達は気付いてないと思うけど、キョンってすっごくかっこいい。そりゃ、古泉君がかっこいいのはわかるけど、なんかね、ちょっと違うわけよ。アイドルみたいな感じ?

 でも、キョンはなんていうのかな……うん、なんか子宮で感じる魅力って感じ。たぶんあたしの体がキョンの遺伝子を欲してるんだと思う。たぶん、あたし達は遺伝子の相性がいいのね。だから、こんなに強く惹かれあってるんだ。

 でも、最近ちょっと冷たすぎると思わない? いくら愛し合ってると言っても、もうちょっと大事にしてくれないとね。浮気されてもいいの? ま、しないけどさ。

「参りました」

 古泉君がお通夜みたいな顔してる。あら、勝っちゃったの? あっけない。

 キョンを見ると、まだ難しそうな顔してキューブをいじってる。もう少しで揃いそう。

 なんかシャクだ。

「キョン、そろそろ帰るわよ」

 別にもう少し遅くてもいいけど、あたしはそう声をかけた。キョンは少しびっくりして窓の外を見てから、ため息をついて伸びをする。

 キョンと古泉君は慌ただしく荷物をまとめて部屋を出て行った。あたしと有希は、みくるちゃんの着替えを横目にゆっくり荷物をまとめる。

 机の上にキューブが置きっぱなしになっているのを見つけた。こんなの、どこが面白いんだろう。

 今、ずれているのがこことここの部分よね。あとは、ええと、こっちがここで……頭の中でくるくるとキューブを回す。

 なんだ、あと少しで揃うじゃない。あと5分くらい放っておけば完成していたかな。簡単っぽいわね、これ。

「終わりましたぁ」

 みくるちゃんが着替え終わったから、あたしと有希も一緒に部室を出る。

 みんなと一緒に下校。なんか、こういうのって青春って感じよね。本当はキョンと二人きりで帰ってもいいけど、そういうのって別に結婚してからでもできるじゃない? こんな風にみんなで帰るのは、大人になってからじゃ出来ないもん。今を楽しまなきゃ。

 だから、下校の時は必要以上にキョンにべたべたしない事にしてる。

 しかし、キョンはどこが楽しくてあんなのをいじってるんだろう。6色の面が揃うだけでしょ? どこをどう回せばどこの部分をどこと入れ替えられるなんて簡単にわかるし、あんなに熱くなるなんて、キョンはやっぱり子供ね。そこがいいんだけど。

 でも、あんな6色の――

「あ」

 思わず声が出る。横にいたみくるちゃんが一瞬だけ怪訝な顔をしたけど、あたしが気付かないふりをしたらすぐにいつもの顔に戻った。

 あたしって馬鹿ね。なんで今までこんな簡単な事に気付かなかったのかしら。

 キョンがあんなに熱心にやっていたのは、6面を揃えるというのが特別な意味を持っていたから。キョンは、キューブを一生懸命組み立てて見せることで、今の『5』に満足できていないから『6』にしたいってアピールしてるのよ。

 つまり、キョンはあたしとの子供をSOS団に加えたいと主張しているのだ。だから、あのキューブの完成は、あたし達の子供を象徴している。

 なんか、そう考えると嬉しくなってきた。でも、そんな回りくどい事をしなくてもいいのに。あたしだから良かったけど、他の人ならそんな遠回しなアピールなんて通じないわよ。まったく、しょうがないわね。あたしがいないと本当に駄目なんだから。

 でも、キョンの真意がわかってあたしは嬉しくなった。

 あ、そうだ。すっかり忘れてた。

「ピーナッツってスーパーに売ってるわよね?」

 振り返って笑いかけると、古泉君は困ったような顔をしていた。

 あの技って見たことないのよね。ちょっと楽しみ。


 その次の日は、朝から放課後が待ち遠しかった。昼休みに食堂の帰りに部室に寄ろうかと思ったくらい。なんとなく、行ったら駄目な気がして行かなかったけど。でもそれくらい、部室に行くのが待ち遠しかった。

 放課後、掃除当番のキョンを残して部室に向かった。いつもの席に向かおうとして……つい、例のキューブを棚から取ってしまった。昨日のイメージは頭に残ってる。

 確か、ここをこう回して、こっちはこうでしょ?

 ちょっと試しにやってみようかな? キョンが来るまではもう少し時間があるはずだし、すぐ戻せばばれないよね?

 くるくるとキューブを回転させると、まだバラバラだった面が揃っていく。イメージしていた通りだ。やっぱり簡単なもんね。

 でも、最後の一カ所を揃える時はちょっとだけドキドキした。くるっと回してこれで完成。完成するのは、つまり、あたし達の子供の象徴だ。

 さて、そろそろ戻さないと、

 ガチャ――

 扉が開く。

「あらキョン」

 びっくして、間の抜けた声を出してしまったかな。まさかもうキョンが来るなんて思ってなかった。いつもはもう少し時間がかかるはずなのに……

 でも、いいわよね。だってこのキューブはキョンとあたしの子供の象徴。二人の共同作業なんだから、あたしが完成させても問題ないはずだ。

「組み立てておいてあげたわよ」

 と、キョンの手元にキューブを投げる。空中でくるくると回転して、カラフルな面を見せながら、キョンの手の中にすっぽり。

 キョンはしばらく、呆然としていた。あたしが完成させちゃったからちょっとびっくりしてるみたい。キョンとしてはキューブを完成させてからあたしにはっきり告白するつもりだったから、そのタイミングがいきなり来ちゃって困ってるみたい。

「――!」

 キョンはあたしに向かって、何か、言った。でもあたしは、キョンが何て言ったのかよく聞き取れなかった。

 そのまま部室に入らないで、キョンはどこかに向かって走り出した。手から滑り落ちたキューブは、床に落ちてグシャッと音を立てる。

 あたし達の子供が、グシャッと。あたし達の子供の象徴が、壊れてる。

 今度はあたしが呆然とする番だ。二人の子供の象徴なんだから、二人で揃えた方がいいはずなのに。

 なんで、怒ったの?

 それに、なんで、キョンはあんなひどい事を言ったの?

 あんな、ひどい。

「……」

 スタスタと、あたしの横を通り抜けて、有希が廊下に出た。

 後ろ姿だからどんな顔をしているかわからないけど、なんとなく、いつもの無表情とは少し違うんじゃないかなと背中を見て思った。

 そして有希は、壊れたキューブを持ち上げて、小さい両手でぎゅっと押さえ付けた。バラバラだったけど、なんとなくがっちりはまったみたいだ。

 あ、キョンを探しに行かないと。

「だめ」

 あたしの心を読んだように有希の声。その言葉で、なんか部室から出ることが出来なくなったような気がする。

 有希は壊れたキューブを持って、小走りに廊下を駆けていく。ぺたぺたという上靴の音が耳から離れない。部室から離れていくはずなのに、有希がキョンに近づいていく音が、いつまでも聞こえる。嫌だ、やめて。こんな耳なんて無ければいいのに。こんな耳なんて要らない。

「恐らく、長門さんが説得して、頭を冷やして戻ってくると思いますよ」

「あの……キョンくんの事、許してあげて下さい。キョンくん、本気で言ったわけじゃありませんから……」

 二人がフォローしてくれる。

 でも、何を言ってるんだろう、みくるちゃん。やっぱりちょっと抜けてるわね。

 許すも何も、今回の事はあたしが悪かった。たぶんキョンは、最後のところだけ「お前と一緒にやりたいんだ」とか言って、一緒に回したかったんだと思う。その楽しみを奪っちゃったのは失敗だった。今度から気を付けよう。


 それからしばらくして、有希と一緒に戻ってきたキョンは、妙に縮こまって謝ってきた。

 なんでか知らないけど、唇が妙にしっとりしていたのが、なんか嫌だった。

RzRz 2006/09/06 00:16 キタヨキタヨー!

通り通り 2006/09/06 00:17 久しぶりに来ましたね病ンデレ・・・一歩手前って所でしょうか?

furanfuran 2006/09/06 00:22 久し振りにヤンデレキタゥアー! ハルヒはヤンデレが似合う女。

とおりとおり 2006/09/06 00:25 ヤンデレキタァァァァァァァァァァァァァ

ななすななす 2006/09/06 00:26 師匠ぉぉぉぉぉ、お会いしとうございましたぁぁぁぁぁ!!!!

kykykyky 2006/09/06 00:28 ヤンデレハルヒ、光臨。 この論理の飛躍具合、斜め上をいく発想がステキデス。

通3通3 2006/09/06 00:32 相変わらず、常人には理解しがたいハルヒの超論理。そこに痺れる憧れるぅ!

ゆゑゆゑ 2006/09/06 00:37 長いと思ったら…ヤンデレキターーーーーーーーー!!
『あんな風に滅茶苦茶にしてもいいのに。足を無理矢理拡げさせられたり、ひっくり返されたり、何をしてもいいのよ。』とあるがそれはキョンが長門にしていたりする。

通りぃ通りぃ 2006/09/06 00:41 ヤンデレキターーーーーー!!!!ハルヒの思いこみ激しすぎる…
でも今回のはハルヒが少し可哀想とも思えた…。つまり長門は優しくて可愛いんだ!!

dysdys 2006/09/06 00:41 幸せ予告に期待したらキタコレwww
今回は『あたし達の子供が、グシャッと』『ぺたぺた』『こんな耳なんて要らない』あたりが鳥肌ポイントでした。

頭痛頭痛 2006/09/06 00:42 ヤンデレヤンデレヤンデヤンヤヤヤッヤヤ!!

それは兎も角、誤字というかヌケ文字報告。
「そりゃ、古泉君がかっこいいのはわかるけ、」
「ど」が抜けております、サー。

通り通り 2006/09/06 00:43 次回もヤンデレに期待しているオレガイル。

Zn-MgZn-Mg 2006/09/06 00:45 か、解釈の仕方が尋常じゃない。いつもあんなこと考えてて頭が狂うんじゃ……ってすでにもう……。
それに子供ってお前……もうギョヌは、ながもんルート爆進中なんだから手遅れだよ。それでも諦めない狂人ハルヒがおいは大好きなんですけど。またヤンハル読みたいです!

ももいももい 2006/09/06 00:50 ハルヒ人称の回(それに対応する回も含めて)を纏めて本を出してくれたら絶対買います。
北海道だろうがドコだろうが買いに行きます。

通りすがり通りすがり 2006/09/06 00:53 皆騒ぎすぎwまあ俺も萌えたわけだが。

通りすがり2通りすがり2 2006/09/06 01:02 ハルヒのキョンへの愛情が直接的というか、身体的(?)になってますな。・・・キョン、捕食寸前?

jackjack 2006/09/06 01:12 ハルヒにリアル「おまえは何を言っているんだ」と伝えたい・・

銘無し銘無し 2006/09/06 01:17 みんなヤンデレ好きですね〜w
そんなヤンデレを一言で制する長門に萌えます。

サイトーサイトー 2006/09/06 01:22 油断した!ここのところ静かで平和な日々が続いていたから、完全に油断していた!
ヤンデレ様再び。もう、心臓に悪いっすよ。
古泉やみくるがどんだけ生きた心地がしてないか想像しただけで胃が胃がぁぁぁぁ‥

りむりむ 2006/09/06 02:03 うにゃああああああああ
ヤンデレハルヒだあああああああ!!!!
だいすきだよおぉぉぉ、ずっとまってた;ω;b
やっぱり先生は天才ですね!>w<b

D,D, 2006/09/06 02:21 流石パラノイアハルヒ!略してパラハル!完全に自己論理武装により自己の行動を正当化するとは・・・・

般若般若 2006/09/06 04:10 皆好きだなぁヤンデレハルヒ。私も好きですけど。こう、いつ危険な行動にでるかとハラハラしながら読んでいく過程がスリルがあって。

LEOLEO 2006/09/06 04:45 やっと来たぁ〜!
ヤンデレハルヒ大好きです。
子供〜、のあたりが痺れます!
また忘れた頃にヤンデレお願いします!

U16U16 2006/09/06 05:29 相変わらずヤンデレハルヒは凄いっていうか、恐ろしいまでの人気だなぁ……。

スーパーCDROM2スーパーCDROM2 2006/09/06 06:45 ちょwいつもよりコメントが熱すぎる件ww

相馬相馬 2006/09/06 07:26 ヤンデレハルヒktkr
これで今日は仕事に燃えられますぜwww

耳たぶ耳たぶ 2006/09/06 07:41 ヤンデレって、ほんとうにいいものですね。

蒼原蒼原 2006/09/06 08:01 ここ暫くほのぼのメインだったのはこの為だったのですか…!?
ハルヒの思い込みっていうか妄想力は天井知らずだなぁ。5から6→+1は私達の子供とかありえねえ。
そのハルヒを一言で押さえ込む長門。キョンへの愛の差か。

てstてst 2006/09/06 08:36 おまえらちょっと落ち着けwww そういいつつ、漏れも久々のヤンデレにゾクゾクかつニヤニヤしながら読みましたよ 子供の象徴がグシャッと グシャッと…

通4通4 2006/09/06 09:02 冒頭の「先に読むと〜」を見た瞬間、
深呼吸を10回行い、
新鮮な空気を取り入れてから取り掛かった。
ちょwwルービックキューブにヤンでる人なんて初めて見たよwwwカワイイwww

kinkin 2006/09/06 10:33 ここ数日、長門とキョンの小さな幸せ確認みたいなあっさりしたSSが続いていたのはヤンデレへの布石だったのかと勘ぐってしまいますね。
ヤンデレ最高くぁwせdrftgyふじこlp;

wawawawawawa 2006/09/06 10:47 いつもの長門SSよりも病ンデレハルヒのほうがコメントが多いのに恐怖を感じるw

lainwatalainwata 2006/09/06 10:47 ちょwwwwwマジみんな普段よりktkrし杉wwwww
でも俺もヤンデレキタァァァアと思いますたwwwww
ハルヒ可愛杉wwwww

あsdfghあsdfgh 2006/09/06 11:14 ハルヒには幸せになってほしヤンデレエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ

誤字?誤字? 2006/09/06 11:24 カラフルな面を店ながら

カラフルな面を見せながら
ですかね?
IQ高い+強運+厨は恐ろしいなぁ。ギョヌ以外に矛先が向かないことを祈るばかりです

すがりすがり 2006/09/06 11:28 コメント数がすっげーことにwみんなヤンデレ好きなんですね
ハルヒの論理飛躍が凄すぎですw
でも、それ以上にちょっと怒った感じの長門がgj!

ngng 2006/09/06 12:12 いやぁ〜いいすねぇ〜!いいすねぇ〜!!
ホントに病んでますねハルヒさん。

,e,e 2006/09/06 12:56 一行目見た瞬間「ヤンデレキター」と叫んだ自分が少し憂鬱だ…。

高田高田 2006/09/06 14:09 素晴らしい!

鹿鹿 2006/09/06 15:32 こんな強力な電波を近くで飛ばされてたら
キョンが長門に癒しを求めたくなるのも分かるな。
で、ハルヒ的「二人の子供」の象徴である
キューブを長門ががっちり嵌めたというのは
どういう隠喩で(ry

ななしななし 2006/09/06 18:55 >でも、それ以上にちょっと怒った感じの長門がgj!
 全 米 が 同 意 し た !

ナッマ〜エナッマ〜エ 2006/09/06 20:47 微妙に伏線が張ってあることにwktkっす
ヤンデレって素晴しい〜
長門の純真な可愛さとの対比がもうたまらない

i-nakabitoi-nakabito 2006/09/06 21:00 > あたしって馬鹿ね。なんで今までこんな簡単な事に気付かなかったのかしら。
簡単じゃないよハァァルヒィィィィイ!!

五月病五月病 2006/09/06 22:54 キタキタキター!!
これだ!これを待っていた!!

くぅくぅ 2006/09/06 23:06 ヤンデレキター!!
うはwwwwwww素晴らしい病み具合www素敵スwwww

グ 2006/09/06 23:11 なんだこれコメントの伸びがやべえw

lucluc 2006/09/06 23:22 なんか、途中がMMRっぽくて笑った。

SaltSalt 2006/09/07 05:40 ハルヒのヤンがコメントに移った!?
というかコメント長EEEEEEEEEEEEEE

mmrmmr 2006/09/09 12:35 なんだってー!!!
ハルヒはキバヤシですかw

凡人凡人 2007/06/17 06:50 長門のやさしさを感じるな。
ハルヒは、むちゃくちゃに考えすぎー。

ヤンデレカルタ
メロンブックスにて販売中

<色々リンクとか>

Connection: close