Hatena::ブログ(Diary)

 SPOTWRITE このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-07-04

友人がニコニコ大会議に行って来たの話

| 友人がニコニコ大会議に行って来たの話を含むブックマーク

7月4日(金)18時より、東京ドームシティ JCB HALLにて、

ニコニコ大会議2008 〜日本の夏、ニコニコの夏〜」が、催されていた模様。へえ〜。

https://secure.nicovideo.jp/secure/entry_summer

そして、ちゃっかり応募してちゃっかり当選していた友人が、一人で参戦してきたのだ。

ひろゆきを見てきたとか、痛い厨房が多かったとか、そんな話は予想の範囲内で、単純な「いいなあ」「見てみたいなあ」くらいしか感想が出てこないのだけれど。

 

「たのしかった?」と聞いたら

ひろゆきが質疑応答するとき、ステージの左右のスクリーンに、ストリーミング生中継してるニコ動画面が出てるんだよ、コメントとかもリアルタイムで表示されて。そんで、質問のときに、太ってる人が喋ったら、その人が見てる目の前で、『ピザwwwww』とか可哀想なことが流れてて」

「みんな最初笑い堪えてるんだけど、次第にゲラゲラ笑いになって、ひろゆきも笑ってて、俺もゲラゲラ笑っちゃったよ」

「あと、その次に頭の薄いおじさんが質問してて、画面には『ハゲwww』『更年期wwww』とかコメント流れてて、もうみんな笑いすぎてて質問何言ってるかわかんないほどだった」

「『ハゲwww』ってコメントが流れてきたとき、会場のあちこちから小声で『ハゲ…』『ハゲ…w』って聞こえてきてさ、画面のコメントを読んでるだけなのに、その人に直接言ってるみたいに聞こえちゃう不思議」

「このあたりが一番たのしかったな」

 

衝撃を受けた。すごい。すごいことだ。

あまりにも斬新すぎるコミュニケーション現場だ!!


もちろん、現実的な日本社会の風潮から言えば、モラル的に問題になってもいいほどの、罵倒中傷に値する。大観衆の集まる中、衆目に曝され、さらに世界中生中継されている中で、自分の顔の上に、酷い言葉が流れていくのだ。それを見て、会場の人達パソコンの前の人達が、その人に向かって大笑いをするのだ。これほどの恥はそうそう無いはずだ。それを防ぐでもなく、会社組織の公式イベント上で、ダダ漏らしの笑いっぱなしのまま、よしとする。運営側もよしとする。オーディエンスもよしとする。分からないけどきっと、笑われてしまった人達も、よしとしている気がする。

たとえば、こういうトークライブの類で、倫理的に危うい話題(いわゆる地雷みたいな)や、おかしな質問者の登場などで、会場に緊張感が走ったり、妙な空気になって居心地が悪くなったりと言うことは、些細な事ならたくさんあるはずだ。だけどそこに、「ニコ動システム」が介在することで、それは全て「晒されてしまう」。誰もが思ってるけど言えないこと、言わないように顔に出さないように気をつけていることを、そうさせている「その場の空気」が介入しない人達、の介入によって、「誰もが思っていること」は「そこに表示されていること」へ同質化してしまう。

場の空気を読んで、思っているけど黙っておくというのは、相手のためというより、自分がそこで目立つのが恐いという心理の方が強いと思う。その会場で誰かが当人に向かって大声で「ハゲ!」なんて言ったら、白い目、痛い厨房を見る目で見られてしまうに違いない。だけど、その場に居ない、名前も姿も見えない単なる「意思」が、「ハゲw」とモニターに表示させることは、同じ人間なのに、全く違う意味と効果を持っている。それは誰のものでもない、「ニコニコ動画に関わる"みんなの意思"」になるんだと思う。

会場の人達は、参加しながらも、いつも通りニコニコ動画を見るように笑っている。パソコンの前の人達は、いつも通りニコニコ動画を見ながらも、会場に参加していて、会場の人達と同じことを考えている。ただ違うのは、考えたことがそのまま文字という「大声」になってしまうところ。「大声」を発しても、誰にも変な目で見られない、「ネット」で保護されているから何も恐くない。脊髄反射的なネットからのコメント書き込みによって、会場の人達の頭の中を代弁する。会場の人達は、代弁されてしまった以上、もう黙って耐える意味もないので、笑ってしまう。いつもニコ動を見るときと同じようにゲラゲラと。

ライブコミュニケーションの、これほど異質でダイナミックな現場居合わせた友人を、いよいよもって本気で羨ましく思えた。

 

2ちゃん的、ニコニコ動画的、と言われるような独特のコミュニケーションは、環境さえ合成されれば、そのまま現実空間にも適応可能なんじゃなかろうか。それは、重苦しい場の「空気」や「無言の圧力」から解放された、とってもオープンフラットで、それでいて視認的な、強い「一体感」を体感出来る、とても新しくて刺激的な「未来ライブ」になるのではないか。

ニコニコ動画で付加される楽しさだって、多くの場合「一体感」が強い。誰かと見ている感じ、誰かと同じ所で同じ反応をしている喜び。誰かは分からない不特定多数の「意思」と輪になって遊ぶ感じ。その楽しさは、現実ライブイベントとほとんど同じ要素を持ち合わせている。その輪の中に居る以上、どんなに曝され、悪口を言われ、笑われても、言われる方も、面白いのだ。

既存の価値観がぶっ壊されてしまった。そして、より人間的な(むしろ本能的な?)新しい価値空間の誕生の瞬間を、この友人の話から嗅ぎ取り、いたく興奮してしまった。きっとこの会場はその瞬間、世界の何処よりも「インターネットのような空間」だったはずだ。言い換えれば、「夢のような場所」かしら。

つくづく、ネット空間と現実空間を分けて考えることが、もう古臭いなあと思わせられる。

 

なお、大会議についての情報動画などは僕はまったく見ておらず、敢えてその友人の主観から語られた言葉だけで、ここまで妄想を巡らしているので、おかしなところや思い込みすぎなところが絶対あると思うけど、別にそれでいいと思った。

僕自身は正直ニコニコ動画を全然見ていなくて、この大会議のことも応募が終わってから知ったのだけど、ニコ動中の人達の思想というか、「ただ楽しいと思うことをやってるだけだぜ」というスタンスが、結果どんどん新しい刺激と価値観を生み出し、ネット上をひっかき回しているように見えて、すごくカッコ良く捉えてます。これもまた僕の思い込みですけど、別にそれでいいじゃないか。

 

「『MAD削除問題こたえて!』ってコメント流れてたのを見た美人な女の人が、空気読んでその質問してたら、『MAD美人www』とかコメント流れ始めて、イベント終わって会場出た後に、30人くらいに囲まれて写メ撮られてた。撮影おわったらキモヲタ5人ぐらいに囲まれて、馴れ馴れしく話しかけられてた、可哀想だと思った」


これは、ネットアイドルって言えるのでしょうか?質問するまでは、ただのイチ観覧者だったのに。うーん、難しいけど、なんだかどれもダイナミックな話だ。何が起こるか分からないからこそ、面白いんだね、インタラクティブってやつぁ。

sakoto00sakoto00 2008/07/05 15:10 会場に参加した人です。
ズバリ! そういうキモチになりました。
まるでサトラレになったような気分でした。
「(あ、ハゲ・・・)」って思ったらそこに書かれてるんですよ。「美人だなあ」っておもったら書かれてる。会場2000人の誰かが思ったことは、12000人の誰かによって書かれてて、みんなの脳みそがゆるくふわふわとつながったかのような不思議な空間でした。

y_arimy_arim 2008/07/06 09:28 それが「在日」とか「チョン」とか「プロ市民」とか「創価」とかだったとしても、言われたほうは楽しいのでしょうか? というか「言われたほうも楽しいはず」という、内面が見えないことを盾にした推測(の体裁をとった断定)って、最悪の同調圧力だと思うんですが。「これに怒るような野暮はしないよな?」という。
韓国人の「歌ってみた」投稿者が叩かれたとき、「わざわざ韓国人が日本のニコ動なんぞに投稿してるんだから、叩かれることくらい織り込み済みのはず」という意見があったんですよ。それと同じ。
こうやって抑圧は隠蔽されていくのかと、暗澹たる気持ちになりました。

goukaigoukai 2008/07/06 11:41 イベントについての解釈や、
友人のかたのイベントレポート参考になりました。
ありがとうございます。

書かれた記事を見まして、
思ったことを一本記事として書かせていただきました。

記事を引用させていただいたことを、
トラックバックなどでお伝えできないため、
ここにコメントとして残させていただきます。

http://blogs.itmedia.co.jp/kudou/2008/07/post-1558.html

rairairourairairou 2008/07/06 14:24 y_arimさんに同意だなあ……
ネタ化することで煽りや叩きがなくなるわけじゃないのに、
増田や2chやニコニコでは平気で行われてるからなあ。
叩くならそれなりの意識を持ってやって欲しい。

sido_dtvsido_dtv 2008/07/06 15:50 僕はイベントの現場を取材していました。
ほんと、そのものズバリ!です。

まー、あそこにいる人は「身内」なので、OKでしょう。
イベントの前説で出ていたお笑い芸人もいじられまくっていましたが、彼らはいじられるのが仕事なのでもちろんOK。
問題はこれが外部に向かっていったらどうなるのか、という事で、それはどうなんだろうなぁ。

ustreamの中継なんかもチャットで色々言われるわけですし、「ニコ動だからキモい」わけではないでしょう。

とにかく今後はそういう事態に対応できない人は参加してはいけないという事です。
というか、これからは「人前に出る」という事の意味が変わってきますね。
ある意味、歴史的イベント。

magoshinmagoshin 2008/07/06 16:44 うおお、なんかえらいことになっている。
改めてニコニコ動画なるものの注目のされ方と、「いじめっぽい香り」へのネット上での敏感さを、思い知りました。
そんでそんで、もし悪口を顔の上に流された方々が、不快な思いを感じていたらば、軽い気持ちで書いた事をここでお詫びします。

もし自分がその場に居合わせて、同じ様な状況に立たされていたら、どう感じただろうかを想像した結果、「面白く」思うだろうと感じたのですね。悪口陰口を言われてるのにそう感じるのはなぜだろうと思ったら、ふと、コメントがネットで守られているように、会場に居る人は、そこの人達に守られているからかな、という思いつきがでました。顔の見える同士の場所では、ネット的な傷つけ合いはまず起きないと思う。特に今回のようにニコ動に興味を持ってる人同士が集まればなおさら。「ハゲww」というストレートな言葉の表示は、周りの人達が声で笑ってくれること(「w」よりも豊かな声のニュアンス)で、柔らかく砕いて伝わるのかも。もしも「死ね」とか表示されたら、むしろ会場は静まったり、コメント消せと怒鳴る人もいるかもしれない。

まあ結局すべて、話を人づてに聞いた自分の思い込みに過ぎないので、説得力はないわけですが。

顔の見えない言いたい放題の安心感と、顔の見える人達と一緒に見る安心感、そのブレンドされた空間に、危険スレスレのスリリングさを感じたのかもしれない。そして、その内容ではなく空間の在り方自体が今までにない刺激を与えてくれそうだと思って、書いた記事です。もちろん、そこに混じって「一緒に笑いたかった」という類の羨ましさでは無いこと、誰かがほんとに犠牲になって傷付く楽しさなら、やめたほうがいいと思うことは、記しておきます。


>sakoto00
サトラレ!なるほどお。
会場よりネットで見てる人達の方が遙かに多いんですよね。それをリアルタイムに表示しながら、大きな破綻もなく、サトラレと思えるくらい共感が共有されていたというのは、驚くべきことかもしれない。脳がゆるくふわふわと繋がるとはステキな表現。ネットの技術なくしてあり得ない感覚ですね。

>y_arim
それが小学生レベルの悪口だったから、こう平和なトーンで言ってられるのかもしれないっすね。「在日」とか「創価」という叩きって、相手の精神まで入り込んで叩く、意味性の強い文句なのに対して、今回取り上げたようなのは、意味のない表面的なことへの同調に過ぎないから、会場でもとりあえず許容された(ステージ上の人達も笑ってやり過ごした)のかも、と。だからそこはちょっと問題が違うかなと思いました。
でも確かに、「織り込み済みのはず」という思いはどこかにあるかもしれません。ニコ動も何も知らない人がいきなりこの場面を見たら、愕然とするだろうし。

失礼な話だけど、「その人がどう思ったか」というのは割とどうでもよくて、「こういう現象が起こった」ということへの興奮を書いたに過ぎないんですね。だから確かに、ちょっと余計なことまで踏み込みすぎたかな、とも思います。

>goukai
学校裏サイトというものの現状を把握してないのですが、なんとなく陰湿な陰口的なものを感じる裏サイトに対して、やり過ぎなほどリアルタイムでオープンな「超オモテ」な今回の場合は、むしろ悪い方向への加速が抑えられる可能性も考えられないかな、とも思いました。反響した声は、その人に直接向けられたものとはちょっと違うし(本人がどう思うかの断定はできないけど)。
なんにせよ報告&考察ありがとうございます!

>rairairou
煽りや叩きがネタ化するのって、無くなってはいない反面、煽りや叩きそのものでも無くなっている、という捉え方はどうでっしゃろ。2chのそういうネタ化文化って、「自分の心からの意見」みたいなものが消えるので、なんだか優しさみたいなものを感じる事もあります。ああ、これは僕がただの2ch脳だからですね、わかります。
会場に居合わせたら、面と向かって「ハゲ!」なんて絶対言えないですよね。それって、叩くという事への強い意識が働いてるんだと思います(ネットだけだと忘れがちな)。↑で加速が抑えられる・・・って書いたのも、そんな思いに根差してるのかな。


>sido_dtv
「身内」じゃなきゃOKじゃないというのは、確かにありますね。
ニコ動を見てコメントというものを知っていれば、ああいうのを受け入れられるほど身内になる、というのも凄いけど。
これを、身内外にも適用させるのは、まだまだ無理でしょう。こういう空間の実験場(ていうと「人柱」みたいで嫌な感じするけど)として、楽しさを装いながら敢行したニコ動の勇気は、相当なもんだと思います。
僕も今回の記事で、「人前で書く」ということの意味が変わりそうです(笑)

sakoto00sakoto00 2008/07/06 20:39 2chのコメントは誰にもコントロールできないし、
ニコニコ動画にアップされた動画に対するコントロールも殆どできません。だからコメントスクラムが発生すると、あとは感情が盛りあがるままに暴徒と化すことがしばしば発生します。

しかし、ニコニコ生放送ではコントロールが可能です。「カメラマン」が全てを握っていて、
何を映して何を映したくないか、
つまりどういうコメントを欲するかはカメラマンが制御できるんですよ。
今回の男気溢れるお兄様にコメントが集中したのも、カメラマンが雰囲気を読んで「彼へのコメントなら大丈夫そうだ」と判断したからアップで撮影した。もしヒドイ誹謗中傷が暴走するようであれば、撮影を即座にやめてひろゆきを映していたでしょう。そうしたらコメントはひろゆきへの意見なりカメラマンへの意見となり、個人への攻撃は相当数減ります。

また、このシステムがネットで完結するシステムとは違って必ずプロジェクターとカメラマンが必要であることもコントロールを生んでいます。設置する人が、必要ですから。その人には社会的な制約が産まれます。悪意の発生しそうな被差別的な場所や、あまりに公共性の高い渋谷の路上に無理矢理設置して好き放題するようなことは、できません。

「ニコニコ生放送をその場の観客とストリーミングユーザーで共有すること」は以上のような制約から暴走の可能性は相当少ないと考えます。

iroiroattenairoiroattena 2008/07/07 01:37 規模や場所からすると、身内と言い切るには厳しいような気がしますが、そういう場所でハゲとかデブで笑いが取れていたのが不思議でなりません。これセクハラみたいなもんじゃないですか。
生でコメントがかぶって来る事そのものは面白いですが、内容が酷すぎる。それがずっと許されて進められていたのならば主催者もどうかしてると思いますね。
自分だったら残念に思っちゃうなあ。システムは楽しくて優れているのに残念。
id:sakoto00さんが、「彼へのコメントなら大丈夫そうだ」と判断したからアップで撮影した。なんて書いてますけど、カメラマンにそんな権限も能力も無いのではないですか?その判断、本当に正しかったんですか?仮に違っていたらどうするんですか?カメラマンがそんな責任負えないでしょ。

kimoikimoi 2008/07/07 12:42 あんなのを「すごい」だなんて、はてなユーザーはやっぱり駄目ユーザーだなあ。

YUZUDAYUZUDA 2008/07/07 14:11 今回の例ならば、運営側はそのようなコメントが出来ないように、差別、誹謗中傷的なコメントはあらかじめフィルタリングするべきだったと思います。
技術的には可能なはずなのに、今回しなかったのはわざとなのか、見込み不足かわかりませんが、運営側にも責任があると思います。
いずれにせよ、今回の大会議をふまえて、次回は運営がどういう対応を取るのか、ユーザーのコメントはおとなしくなるのか、注目したいですね。

trshugutrshugu 2008/07/07 15:06 ところによっては国際問題に発展しそうですね。

magoshinmagoshin 2008/07/08 00:39 津田さんのTwitterに書いてあったけど、

>質疑応答途中から明らかにカメラマンがそれを誘発するカメラワークになった。頭頂部だけアップにしたり、終了後MAD美人映してみたり。

これマジなんすか!知らなかった!
sakoto00さんのその見方もなるほど面白いなあと思う反面、その問題をここに持ち出すより、新たなエントリーで提起しなおしたほうがまた広がりがありそうだなと思ったんですが、ここまで「きっかけ」としての影響力を握っていたとなると、無視出来ないですね。

ある程度の自由さや楽しさ「フリーダムすぐる場所」として参加者に委ねて巨大化していったのが、2chでありニコ動なので、ここでどこまでフィルタをかけるか、あえてかけないか、カメラマンにどこまで要求するか、そこのさじ加減は、倫理という問題によってとっても微妙なレベルまできちゃった気がしました。次をやるとしたら大変そうだ、運営の方々も。
それも含めて期待したいっす。

tepontepon 2008/07/08 14:35 こういうのって、最初は
「今までになかった現象が起きた事に対する純粋な感動」によって
悪質さが中和されるんですけど
すぐに新鮮さは失われて単なる嫌がらせに変わっていくのが目に見えてしまうので
素直に「すごい!」と思う気持ちに賛同できないんだよなあ。

magoshinmagoshin 2008/07/10 04:55 今回は内容がネガティブだっただけに、
悪質さが目立ってしまいましたね。
悪口なんかじゃなくて、同じシステム内で、建設的なやり取りが行われてれば、それこそもっと気楽に「すごい!」って言えたり、期待感の含まれた考察が交わされたかなあと思うと残念です。
でも、そんなニコ動こそ気持ち悪いかもしれないという罠。

悪口だったからこそ話題になった・・・というのが、悲しいかな現実なのね。
「ハゲww」のあとに「コメ自重しろ」というフォローもいくつか流れたという点も、ニコ動らしいというか微笑ましいというか。
こんな論争の種にされるより、微笑ましいトコロであってほしいのが本音。

でも、そうなるためにはまだまだ課題だらけってことなんだろな。

なまこなまこ 2008/07/10 06:08 コメントで気になったのだが、
創価って、創価学会員じゃない人相手なら問題だが、実際の学会員に対してそういうコメが流れても問題あるのか?