Hatena::ブログ(Diary)

無事なる男 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

140823 このエントリーを含むブックマーク

はてなブログに移行しました。

以降の更新はそちらで行います。よろしくどうぞ。

http://magro.hatenablog.com/

140814

[]ザッツエンターテインメントザッツ・エンターテインメント。を含むブックマーク

BUMP OF CHICKEN TOUR「WILLPOLIS 2014」
■2014/05/31@北海道総合体育センターきたえーる

 ザイロバンドというリストバンドが入場時に渡された。これはライブ時に信号を受信することで様々なパターンで光が点灯・点滅するというもの。ソチ五輪の開閉会式で客席が光っていたのと同じ仕掛けによるものだろう。バンドは何色かあったのだけど、僕に渡されたのはピンクだった。後ろの女の子が白と交換してくれというので交換してあげた。

 ザイロバンドの説明やライブの注意事項などのアナウンスの後ろで、ずっとラヴェルボレロSEとして流れている。単調なリズムの中、だんだんと気持ちが高揚してくるのがわかる。いよいよ開演時間という中で徐々にSEの音量が増していき、会場のボルテージも上がってくる。音量MAXとなりいよいよ!というところでアルバムRAY』の1曲目「WILL」と共にスクリーンにフルCGアニメーションが流れる。アルバム『RAY』のブックレットにも描かれていた物語だ。最近の彼らのライブでは何度かあるパターンだけど、映像クオリティがいちいち高い。結構お金かかっているんじゃないだろうか。そして、4人がステージに登場。大歓声の中、升のドラムから演奏が始まる。「Stage of the Ground」。実質の1曲目で、演奏だけでも十分に盛り上がる曲なのだけど、これでもかとアリーナ的な演出を繰り出してくる。ここから「firefly」、「虹を待つ人」と続く序盤は今のバンプ・オブ・チキンのライブがどういうことになっているのか、いやでも伝わるほどの過剰さだった。一斉に光りだすザイロバンド、天井から舞い落ちる金銀のテープ、おそらくはザイロバンドと同じ仕組みで光る巨大な風船、アリーナを埋め尽くすほどの紙吹雪。10年前には考えられなかったようなど派手な演出のオンパレードだ。それが単なる賑やかしの演出なのではなく、音楽の力を増幅させる効果的なものになっていたと思う。満員のアリーナを前に笑顔で演奏する4人を見て、名実ともにアリーナバンドになったのだなあと実感。演奏が不安定でこわばった表情をしていた10数年前を思うと、目が細くなる。

 サブステージでの親密なロックンロールパフォーマンスもアリーナライブではもはや定番。ドラムなんかはPAじゃなく、直で音が聞こえたりするので楽しい。この距離で彼らの演奏が楽しめるのはアリーナバンドとなった今の彼らでは貴重な機会。「ray」からスタートの後半は再び、キラキラとした音の粒が会場に降り注ぐような陽性の時間。「white note」での音ゲー的なスクリーン演出も楽しい。

 バンプ・オブ・チキンは多くの人に自分たちの音楽を届けるために、リリースの仕方やライブのシステムを変えていった。それまでは頑なに拒んでいたベスト盤もリリースした。ソフト楽曲)やハード(バンド)を変えることなく、インフラを変えた、という感じだろうか。逆のアプローチをして失敗するケースが多いと思うのだけど、彼らは賢明だと思う。バンドが変わってしまっていてはこのツアーのように音楽がキラキラと鳴ることはなかっただろう。今の彼らを昔と変わってしまったと嘆く声もあるのかもしれない。それでも、本編ラストに演奏された「ガラスのブルース」は、今の彼らがきちんと10代の頃から地続きであることを示していたと思う。今30代以上の人は考えてみてほしい。10代の頃の自分と今の自分を比べて、考えが変わったこととか、あるでしょう。全く無いのだとしたらそれは成長していないということだ。そういうミュージシャンのライブを見て感動できるとは僕は思えない。

 バンプの曲は、一人の部屋で籠って聞くだけにとどまらず、今は解放された空間で鳴るからこそ意味があるものにもなった。きちんとそれをエンターテインメントとして完成させた今のライヴは、単純に楽しかったし、とても開かれていて感動的なものだった。

SET LIST

1.WILL(SE)
2.Stage of the Ground
3.firefly
4.虹を待つ人
5.サザンクロス
6.ラストワン
7.花の名
8.smile
9.R.I.P
10.銀河鉄道
11.歩く幽霊
12.ray
13.トーチ
14.white note
15.天体観測
16.ガラスのブルース
アンコール1>
17.リトルブレイバー
18.メーデー
<アンコール2>
19.真っ赤な空を見ただろうか

140606

[]日本一無責任バンド日本一の無責任バンド。を含むブックマーク

ユニコーン ツアー2014「イーガジャケジョロ」
■2014/04/26@札幌市民ホール

 『イーガジャケジョロ』というアルバムは、再結成以降のユニコーンとしてはい意味で最もいい加減に作られたアルバムだと思う。『シャンブル』『Z』とバンドの音楽イニシアティブを取っていた阿部(ABEDON)に代わり、本作では作曲においても、ボーカルにおいても。EBI、川西さん、テッシーの3人が全体を引っ張っている。民生のボーカル曲がアルバムの中で半分に満たないのはユニコーン史上初めてのことだそうだ。前述の3人は現在ユニコーンとは別個に「電大」というユニットを組んでライブレコーディングを行っている。その勢いが本作のエンジンになっている部分は大きいのだろう。結果、最初に書いたように非常にいい加減で、そしてとっ散らかったアルバムになっている。一聴してどういう方向でまとめたいのかがよくわからないが、しかしユニコーンでしかできない絶妙なバランスとなっている。過去作でいうと『ハヴァナイスデー』とか『踊る亀ヤプシ』のテイストに近いかもしれない。

 再結成以降のユニコーンを見ていて思ったのは、とにかく、数年に一度の活動でもいいからこの5人がユニコーンを続けるのを見ていたい、ということだった。『イーガジャケジョロ』を聞いて、もうそんな心配はいらないのではないかと思った。本作のいい加減さ、やりたい放題さはバンドがいい状態であることを何より示している。バンドで息苦しくなった分を各々のソロ活動で解放する、というのが通常のあり方だと思うけど、本作を聞いてると逆にみんなソロで頑張った分ユニコーンでガス抜きをしてるのではないかと思うくらいだ。

 そういうわけで見てきた今回のツアーは、やはりいい意味で肩の力が抜けた、現在のユニコーンを非常によくあらわしたものになっていた。『Z』ツアーの時のような大掛かりなセットや仕掛けはほとんどなく、ステージそのものは非常にシンプル。曲によって小道具や、スクリーンを使用しての仕掛けがあり、それはそれで手が込んでいるのだけど、前回の派手さに比べればこじんまりしている。映像MCのゆるさはいつものことで、肩肘張らずに5人がそれぞれの立ち位置で楽しんでいるのがわかるし、それを見てこちらも楽しくなる、という癒し感のあるライブだった。「俺のタクシー」の前の寸劇や映像を見ていて、これを40代後半〜50代のおっさんたちが考えて練習しているのかと想像するとたまらない気持になってくる。

 冒頭から飛ばしていたEBIのロックスターボーカルに始まり、途中の川西さんコーナーやテッシーコーナーも含め、やはりライブでも電大の3人がいつも以上に頑張っていた印象。メンバーそれぞれにスポットが当たる場面がきちんと用意されているのはユニコーンのライブでは当たり前のことだけど、それがより5人均一になった感がある。

 セットリスト的にもいわゆるベスト的なおなじみの曲は少なく、新作を中心にちょっとおふざけ的な曲も多く盛り込んだ印象。その中で、彼らが楽しそうに演奏しているのをいいなあと思って見ている2時間だった。さんざん楽しませつつ、アンコールラストの「すばらしい日々」ではしっかりと涙腺を刺激してくれた。ライブ中にライジングサンへの出演情報が解禁となったけど、このツアーでやりたい放題やった分、夏フェスヒット曲満載のサービスセットになるんじゃないか、と少し期待してる。

SET LIST

1.夢見た男
2.KEEP ON ROCK’N ROLL
3.スターな男
4.あなた太陽
5.あやかりたい'65
6.お前Baby
7.ハヴァナイスデー
8.WAO!
9.鳥の特急便
10.俺のタクシー
11.トキメキーノ
12.イーガジャケジョロ
13.We are All Right
14.ユトリDeath
15.新甘えん坊将軍
16.それだけのこと
17.早口カレー
18.オレンジジュース
19.大迷惑
20.Boys&Girls
21.Feel So Moon
<アンコール1>
22.はいYES!
<アンコール2>
23.すばらしい日々

イーガジャケジョロ(初回生産限定盤)(DVD付)

イーガジャケジョロ(初回生産限定盤)(DVD付)

140531

[]You Can Change. You Can Change.を含むブックマーク

 前作『COSMONAUTから約3年ぶりの新作。アルバムの間隔は相変わらずだが、この間、彼らにしてはこれまでにないペースでシングルを量産し続けてきた。結果、このアルバムには純粋新曲は少なくなってしまっているが、この創作ペースの加速こそが今作に大きな意味を与えているのではないかと思う。

 それは何だろうということを自分なりに考えてみると、それは「変わること」ではないかと思う。このアルバムでは繰り返し「変わる」あるいはそれに類する意味のことが歌われている。変化を恐れず前に進むこと。これが今のバンプを動かすテーマの一つなのではないか。変化には、内からにしろ外からにしろ、動機必要だ。自分から変化を欲することもあれば、変わらざるを得ないこともある。それは過去の自分の否定かというと、そうではない。

 藤原基央は変化し前に進むことと同時に、変わる前の自分への想いと変わることへの葛藤をもきちんと描き出す。重要なのは変化した結果ではなく、なぜ、どうやって変わったかというその道程だ。ブックレットに描かれたサイドストーリーでも「記憶」というのが一つのキーワードになっている。変わっても、かつての自分たちの記憶は残っている。それを踏まえたうえで、前に進む。結果としてそれが「ray(光)=希望」として描かれていることが、僕はとてもいいと思う。

 創作ペースもそうだが、バンプというバンドは昔とは違う。かつては絶対に出さないといっていたベスト盤も出したし、初音ミクとのコラボに驚いた人は多かっただろう。彼らの言葉を借りれば、それらは「どうやってもっと自分たちの音楽を届けられるか」を考えた結果だという。自分の書いた曲がどう届くかということは、前作でも「angel fall」や「イノセント」で歌われたテーマだ。本作にも、「white note」で同様のテーマが歌われている。そういう部分に真摯に向き合った結果、彼らは変わったのだ。「昔はよかった」「やっぱ『LIVING DEAD』でしょ」なんていうのは簡単だ。しかし、そうしたオールドファンの言葉は、山下達郎が言うところの「自分史の反映としての芸事の評価」に他ならない。

 バンプの4人も気づけば30代半ば。この年齢になると、いやでも自分の人生やこれからの人生、残り時間について考えることが多くなる。彼らの変化は真摯に音楽とファンに向き合った結果であり、彼らの人間的成長の結果でもあると思う。丁寧に言葉と音を紡いでいる半面、前作以降どんどんロックバンドとしての快感を覚えるようなスピード感のあるリフ主体の曲が少なくなっている。スタジアム向けというか、きれいな音に終始している印象。不満があるのはその部分。ただ、これもまたオールドファンの戯言と聞き流していただければ、と思う。

140518

[]売れるのには理由がある。 売れるのには理由がある。を含むブックマーク

アナと雪の女王 FROZEN
監督クリス・バック/ジェニファー・リー ■出演:イディナ・メンゼルクリステン・ベル

 とにかく大ヒットしてるということでブームに乗って見に行ってきました。松たか子神田沙也加の評判もいいようですが、映画館洋画を見るときは原語で見るポリシーなので、字幕版。ちなみに僕はディズニー全般にはほとんど興味はありません。

 アンデルセンの「雪の女王」を下敷きにしているとはいえ、キャラ設定からストーリーまでほぼオリジナルと言っていいくらい改変しています。そこをつっこむのは無粋だと思うけど、問題はその改変のために若干全体のバランスを欠くような歪さが生じてしまっている部分があることです。元々、エルサは原作の通り、ヒロインではなくもっと悪役寄りのキャラとして設定されていたようです。しかし、「Let It Go」という、エルサが歌う曲があまりにも良すぎたために、当初の予定を変更しダブルヒロインということになったそうです。これが製作のどの時点で起こったのかはわからないけれど、作品全体に影響する大きな変更だと思います。ということで作品としては違う悪役を設定しなければならず、それが王子ということになります(もう公開してずいぶん経つしネタバレしてもいいよね)。この悪役が若干、確かにとってつけた感がないわけじゃない。イメージなんだけど、こういうディズニー的作品は、悪役といい人って割とはっきり出てきた瞬間に分かるという印象があります。けど、今回は全く前フリや演出的な仕掛けがないまま、突然豹変して悪者になるのですね。驚きやどんでん返しを狙ったにしても、全体のバランスとしては、ちょっとした表情や仕草で本性を垣間見せるような演出が序盤にあってもいいかなあ、という気はします。その方が作りとして上品だと思う。

 あと、アナがエルサの宮殿から帰ってきて、物語が急転していく後半からラストまでの展開があまりにも一本調子というか、ハッピーエンドになるのは分かっていても、そこに向けて流れ作業的に問題を処理していくのがおざなりな感じがして少し入り込めなかった。前半の展開が手際よすぎて、ちょっと手抜き感が見えてしまいました。もったいない

 ただ、全体としては、ミュージカルとして素晴らしく良くできていると思います。「Let It Go」はもちろん、「Do You Want to Build a Snowman?」や「For the First Time in Forever」も曲が出色の出来だし、今回のコメディリリーフである雪だるまオラフによる「In Summer」は楽しい。曲自体が素晴らしく、そして当然作品のストーリーを進める上でも重要な位置を占めています。主要曲はメインシーンだけでなく、メロディーが劇判のオーケストラでも繰り返し出てくるなど、作品の中でも非常にうまく使われていました。特に、エルサとアナが幼少期に楽しい思い出と別離経験する中で象徴的に用いられている「〜Snowman?」のメロディーが大団円のハッピーエンドの中で出てくるのには参った。あれは、グッと来ます。

 映画としての瑕疵は確かにあるのですが、ディズニー作品としてはこの先20年、30年と語り継がれる大ヒット作であることは間違いないでしょう。そして、ディズニーに限らず、珠玉の映画主題歌として「Let It Go」がこの先歌われ続けていく名曲であることも確実だと思います。そのくらい力のある曲だと思います。みんなで歌おう的なイベントもその曲の力あってのものなので、盛り上がってる今のうちに映画館で見ておくべき作品かな、とは思います。

 吹替版のオラフ役をピエール瀧がやっているのはぜひ聞きたかったのですが、そのためだけにもう一度映画館に行くのも何なので、それはDVDが出てからの楽しみにしておこうと思います。