Hatena::ブログ(Diary)

病気を乗り越えて(私の奇跡) このページをアンテナに追加

2011-05-06

負けないで・・・ね

06:40


おはようございます。

55歳と163日目の朝です。

今日から家族は仕事ですので、

静かなひとりの日常が戻ってきました。

みなさん、仲良くしてくださいね。



☆--------------------☆



人生にはいろんな「時」があります。

一日24時間、笑ってばかりの人も、

泣いてばかりの人もいません。

そう思うと人間の感情もいろいろあり、

「虹」のようなものかもしれませんね。



雨が上がり、虹が出る。

その一瞬、虹に気づく人も気づかない人もいます。

たしかにその「時」虹はあったんです。

でも永遠にではなく、虹は消えたのです。



見た人の心を明るくして。

そうして、虹を見た人が虹を見なかった人に、

虹を見せてあげる。

これって、すごいことじゃないですか。



運悪く見られなかったことが、

その人の厚意によって、虹を見るチャンスを

いただけたんですからね。



人と言うのは、

自分が思いもしないところで、

人さまを幸せにしているんですね。




人間は弱い生き物ですが、その弱さが、

悪い状態で出るのが「いじめ」という行為です。



家族は、わたしに注意・苦情・文句(?)を言うと、

なぜだか元気になります。



そこで、気づくのです。

いじめ」もストレス発散だと。

ただ、「いじめ」の場合、その対象が、

自分より弱いと思っている

やさしい人になります。

(弱くてもいい http://mahonoai.exblog.jp/8624455/



家族の私への「不満」と

いじめ」の違いは、ズバリ、

双方に信頼関係があるか、ないかだけです。



どうせ向かうなら、自分より強い人に・・・

そうしたら、あなたは本当に強い人になれますよ。

やさしい人をいじめるのは、

「わたしは弱い人間です。だから許して下さい」と、

看板をぶら下げているんです。

こころの奥ではね。。。



あなたはいじめっ子から

「やさしい人」と証明されているんですよ。

だから・・・泣かないで・・・ね。



「あなたは、

 あなたで

 いいのだ。」

あなた自身がそう思えば、

世界は案外、笑いかけてくれる。


人生は、うまくいかないことと、

つらいことと、つまらないこと。

そのあいだに、

ゆかいなことやたのしいことが

はさまるようにできているから。

どうか、あなたの人生を大事に生きてほしい。

(ACジャパンの広告) 

mumuramumumuramu 2011/05/06 07:24 おはようございます☆
まほさんの言葉 ぜひいじめにあっている人たちに見てもらいたい。
まほさんは強い意志の持ち主(思いやり)の人 今日も元気もらいました。

maho2010maho2010 2011/05/06 09:36 ムム・ラムママさん、おはようございます。
とんでもないですよぅ。
自分は弱い人間であるけれど、
弱いから気づける想いって、たくさんありますね。
健康体の時は動ける体があると言うだけで、
自分を我慢強い人間と思いこんでいました。
けれど、病気になったら、強がっていたのは、
動ける体があり、人に頼まずとも自分でできたから
・・・ただそれだけでした。

それからは強くなる必要もないし、
弱いからこそ、人さまの痛みに敏感になれると知りました。
車いすの障害者になったまほにも出来ること・・・
それは弱い人の立場に立って、その人を応援できたら素敵だと。

ムム・ラムママさん、ありがとうございます。
そうおっしゃってくださることが、
またまほの元気のみなもとになります。
うんうん、やさしさ8割、強さ2割のまほを目指します。

aice-buleaice-bule 2011/05/06 10:46 ◆ まほ 様
おはようございます。
今日も学びの場を提供して下さいまして、有り難うございます。
「虐め」をしている人は、自分自身が相手を虐めている自覚がないのでは?と思うんですよね(そこらへんが問題)。
そして自分のストレスを発散する為にやっている…という自覚もないような気がします(それも問題)。

無自覚でやっていると、思わぬところでしっぺ返しがやってくるような気もするんですよね。
しかも、そのしっぺ返しは「カタチを変えて」やってくるので、本人は何故?どうして?と …

私も思い当たる臥があるだけに、こんなことを書いてしまいましたが、当時は自分が相手を虐めている自覚は全くなかったんですよね。
でも、もしかすると相手方にしてみると「虐められている」と、思われていたのかもしれませんね。いま思えば申し訳ない気持ちがします。

もちろん案の定しっぺ返しはやってきましたよ(苦笑)。
もう懲り懲りです(笑)。

誰かを、ストレス発散のゴミ箱扱いするのは出来るだけ意識して、止めようと自戒する努力をしている途中です。
今日もためになるお話を、有り難うございます。

あっこあっこ 2011/05/06 11:45 まほさん、こんにちは。

あなたがただ存在してくれているだけで
幸せな人が沢山いる・・。
人って皆そういう存在だと思います。

子供の「いじめ」が、その子の中のストレスの
発散だとしたら・・いじめる子の
ストレスの原因を考えてあげることも
必要だと思います。

そして、いじめられて傷ついてしまった子供には・・・
沢山の愛情で
「いじめられても、悪口を言われても
 あなたの存在意義は何も傷つかない」
って伝えたいです。

大人の社会でも批判や悪口があり・・
大人の社会の縮図が子供の社会に出ている
のかもしれないのなら・・

「いじめ」の問題は自分達ひとりひとりの
問題として受け止めていかないといけないな・・って
感じています。

いつもまほさんのお考えに深く共感します。

「優しい子供」がいじめられたときに、その
痛みが解るから、

maho2010maho2010 2011/05/06 11:54 aice-buleさん、こんにちは。
無傷でこの世に生まれてきて、傷がつかない人間などいませんし、
また生きているということは、誰かを傷つけてもいることですよね。

転んでみなくっちゃ痛みがわからないように、
わたしたちも人から傷つけられたと感じることにより、
これからは気をつけようと思えます。

人間は愚かで弱く、不完全ですから、
人を傷つけていると気づかない場合も多いです。
そんなつもりで言った言葉ではなくとも、その時の気分や相手によっても、
反応は異なりますものね。

わたしは50代になって、
自分が傷ついてみてこそ、もうほかの人に、
こう言う悲しみを与えてはいけないと決意出来るんだと強く思いました。

実際、体験してみないとわかりませんね。
まほは足に感謝などしませんでしたが、
歩けなくなって、どれほど歩けることがありがたいことか、身にしみました。
経験は宝ですね。そこから学びとっていける人間は素晴らしいです。
いつも同じ所にとどまっているのではなく、成長出来る・・・
歳を重ねられるって、ありがたいですね。

みんな大なり小なり、傷つき、
また人さまを傷つけながら、生きているんですね。
人間だもの、それでオッケー。
気がついて、努力することに勝るものはないですね。
こちらこそ、ありがとうございました。

maho2010maho2010 2011/05/06 12:32 あっこさん、こんにちは。
おっしゃること、共感いたします。

>大人の社会でも批判や悪口があり・・
>大人の社会の縮図が子供の社会に出ている
>のかもしれないのなら・・
>「いじめ」の問題は自分達ひとりひとりの
>問題として受け止めていかないといけないな・・って
>感じています。

そうなんです。これは大人の影響です。
生まれたばかりの赤ちゃんはやさしい心を持っています。
そのこころを汚してしまうのが、環境ですが、
いちばん小さい社会が家庭です。
その家庭が、温かい家族の集まりの場じゃなくなっています。

当然、子は親をみて育ちますから、おとなの影響は大きいです。
まほ自身も自分の子育てには必至で、
そういうことを考えたり、いじめのお子さんの原因など、
わかりませんでした。・・・というより、
真剣に考える立場になかったと言えます。

少しはやさしく思われていたかもですが、
「いじめ」について、深く考えもしませんでした。
なぜだろうと思った時、自分の身近にいじめがなかったからです。

なんでもそうですが、
自分がその立場にならないと考えられないのが人間かもしれません。
ですから、まほぐらいの、子育てを終了した人間が、
しっかり愛をそそいで応援できるのじゃないかって思います。

あっこさんがおっしゃるように、
「あなたはかけ外のない存在」ということを、
抱きしめて伝えてあげなくてはいけませんよね。
今、テレビドラマでもありますね。

人間は弱さゆえに、人をいじめてストレスを発散させますが、
弱くてもストレスがたまりにくい環境づくりは可能です。
欠点まるかかえで、お互いを尊重できたらいいですね。

それができるのは、「弱いこと、出来ないことは駄目じゃない。
あなたが生きていてくれることが尊い」と教えることが
できる大人でありたいですね。
わたしの子どもも成人しちゃいましたので、
行動から生きざまを感じて行ってくれることを望みます。

いじめを少なくするには、根気強い愛しかないと思います。
むかし「愛は地球を救う」ってありましたが、
愛はいじめっ子もいじめられっ子も救いますよね。
つらいお子さんが、少しでも笑えますように。。。

あっこさん、お考えを聴かせてくださって、ありがとうございます。
わたしぐらいの年代が軌道修正し、こころの賢い人間に成長しないといけませんね。

good-archergood-archer 2011/05/06 13:09 やさしさ=強さ
マホさんの云う通り、まさにそう思います。

maho2010maho2010 2011/05/06 17:16 あにかっぷさん、こんにちは。
ブログ更新されていて、安心しました。
お誕生日だったのですね。おめでとうございます。
お誕生日が迎えられるって、ありがたいしわせですよね。
まほもお寿司、大好きです。

何かと厳しい世の中で、ストレスも多く、
こころがやんだりされる方も多いのが現状です。
少しでも、こころが軽くなられるよう、つぶやいていきますね。

>やさしさ=強さ
>マホさんの云う通り、まさにそう思います。
共感いただけてありがたいです。
自分にやさしくできたら、もっと人さまにやさしくなれそうです。