Artistic Spirit このページをアンテナに追加 RSSフィード

 日本教育再生機構 光の集い  EXAPON Becky! はちま寄稿まとめwiki

2006-01-14

「皇室典範改悪阻止」草莽崛起の会(日比谷野外音楽堂、13:00-)

| 「皇室典範改悪阻止」草莽崛起の会(日比谷野外音楽堂、13:00-)を含むブックマーク

を、見てきました。


近所のビルにあった温度表示は「5℃」。


画像1

現場では、豚汁やカイロ、座布団代わりの新聞紙を配るなど、かなり細かな配慮がされていました。



西尾幹二氏は、

天皇制は、自由、平等、人権等の、近代的価値とは相容れない。

天皇制信仰の問題。信仰を、理性で説明することは出来ない。内政干渉される謂れは無い」

といった話を、クリスマス問題等と絡めて、されていました。


画像2

光学5.8倍ズームと手ぶれ補正の威力は凄い。私はかなり後方にいましたが、

中西輝政氏、名越二荒ノ助氏、西尾幹二氏といった面々が、はっきりと見えます。

両端に、今日一番重要な話を述べた御3方がいます。

左端の大高未貴氏は、アインシュタインの「万世一系発言」が、

同日東京国際フォーラムで行われている朝日新聞社主催の展示会で省かれていることについて。

右端の百地章氏と八木秀次氏は、宮内庁の危険性について。

皇室典範改悪は宮内庁が主導している」「宮内庁は朝敵」といったことを、話されていました。

宮内庁といえども、役所の1つに過ぎないので、

他の官公庁と同じく、敵陣営の工作員が多数送り込まれている可能性は高いでしょう。

http://www.kunaicho.go.jp/15/d15-01.html

特に、フェミニズム汚染されている内閣府の所轄になってから、腐敗が進んだのでは無いでしょうか。



画像3

途中から雨が強くなって、非常に過酷になりました。



デモという手法は私の主義に合わないので、集会が終わった時点で帰宅。

元々風邪気味だったこともあって、死ぬほど寒かった。



内容はともかく、今回も、装飾が気色悪いと感じられました。

ゲーム業界人兼真正保守という逸材でありながら、

| ゲーム業界人兼真正保守という逸材でありながら、を含むブックマーク

イメージ戦略の重要性を、まるで理解されていないようです。

http://d.hatena.ne.jp/kikori2660/20060110#p1

前半は良いのですが、後半が駄目。


ニンテンドーDSPSPを圧倒した最大の理由は、岩田社長がマカーであったため、

アップルのデザイン戦略やイメージ戦略を、忠実に模倣したことにあります。

ただ出来の良いゲームを作れば売れるという山内時代の考え方で、

SCEにやられっぱなしだった過去を、思い返すべきです。



今日の集会も、会場外に、街宣右翼のような外装の車が、止まっていました。

また、配布されていた「郷守人」という冊子も、香ばしい作りでした。

今日撮影した画像でも、証明されています。このような街宣ウヨ坊的な装飾では駄目です。

集会を見る度に、うんざりしています。



認知度や好感度を上げる為には、敷居を下げて、分かりやすく、親しみやすく、

消化吸収しやすい形で伝えることを、考えるべきです。

「関心の薄い第三者から、どう見られるか」という他者の視点が、真正保守人には、抜け落ちています。

もう少し「身づくろい」をすることを、考えるべきです。

この点は、ポップカルチャーやコンテンツに強い左翼が、大きく先行しています。

TVドラマも同人界もエロゲー界も、殆どサヨフェミで埋め尽くされています。



ピーコでは弱い。絶対的な影響力を国民に与えられるイメージ戦略と司令塔、

小泉純一郎を簡単に倒せる、颯爽とした若く恰好良い英雄」が、必要です。

喩えるなら、真正保守ラインハルトのような輝かしい指導者だけが、全国民を開眼させることが出来ます。



こちらの方が説得力があります。が……

http://silly-talk.cocolog-nifty.com/silly_talk/2005/12/post_0480.html

もうお解りでしょうが、真正保守組織は現在、「窮乏の極み」にあるので、やりたくても出来ないのです。

お金も企業の支援も、人手も有能な人材も無いので、それらが必要です。

真正保守人達は、皆、一杯一杯で、ボロボロでギリギリの極限状態なのです。


この人のしている事は、瀕死の病人に説教しているようなものです。

真性保守に必要なものは、勿体ぶった策では無く「金と人材」に他ならないのです。


また、人には、「向き」「不向き」があります。学者にTVコマーシャルを作らせることは出来ません。

解決するには、

・「優秀な広報」にお金を出して、協力して貰う。

・「優秀な広報」が真正保守思想に目覚めて、協力してくれることに期待する。


元々、この手の政治組織や、代議士事務所等に、使える人材が集まってくることは、ありません。

現実に人生が上手く行っている人は、人生を楽しんでいて、危機感や関心を持つことは無いからです。

組織を回して高給を払える金が無い限り、使える人材は、得られません。


※「使える人材」とは、「有能な人材」では無く、

「良い環境で育ち、潜在能力が充分に発揮されている『運の良い』人」のことを指します。

「無能な人材」という物は、存在しません。能力を開花させる環境が無く、運が悪いだけです。



まさに、「貧すれば鈍する」という言葉通りの状況です。


日本的な日本人の思想シェアを伸ばすには、

先ず、自らの資金源の確保と、敵の資金源を断つことが不可欠です。

例えば、憂国系の企業を応援して、ユニクロのような売国系企業を駆逐することが、必要です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mahotan/20060114